嵐 ライブ ビュー イング チケット ぴあ。 嵐「5×20」ライブビューイングの当選倍率がやばい!当落結果も

嵐5x20ライブビューイングの当選倍率予想!狙い目会場や確率アップは?応募申し込み・当落発表まとめ

嵐 ライブ ビュー イング チケット ぴあ

目次 Contents• 800円(指定・税込) ・TOHOシネマズ天神・ソラリア館 ・TOHOシネマズ直方 ・TOHOシネマズ福津 ライブビューイング上映会場は 2019 年 11月 11日(月)が正式発表となりますが、全国 328箇所( 520スクリーン)の TOHOシネマズでの上映となっていますので、福岡会場も必ずあると思います。 わかり次第、記載させていただきますね。 登録メールに抽選結果が配信されます。 入金期間内に選択した方法で支払いを済ませる• チケット発券は公演 2日前( 12月 23日 10:00)~公演当日までに行ってください。 チケットに記載された会場、開場時間をご確認の上、ご来場ください。 抽選は誰でもできるの? 嵐ファンなら誰もが気になっていることでしょう。 残念ながら、抽選に参加できるのは、 ファンクラブ会員のみとなっております。 抽選申し込み時にファンクラブ「会員番号」を入力しなければ、チケットぴあでの申し込みができません。 ファンクラブについての詳細はこちらをご覧ください。 ライブビューイング注意事項 ・上映映画館への問い合わせはご遠慮ください ・チケットの譲渡、転売行為はできません。 ・劇場内での録音、録画、撮影、配信は禁止です。 ・来場の際は、ファンクラブ会員証、本人確認書類をご準備ください。 グッズ種類については、現在まだ不明ですので、わかり次第記載させていただきます。 ファンクラブ以外での、コンサート、ライブビュー入場は厳しいものがありますね。 ファンクラブに入会していても抽選になるくらいですから、理解はできますが・・。 ファンクラブ希望の方は、今からでも遅くないと考えられますので、今後のイベントのためにご入会されることをおすすめ致します。

次の

【5×20】嵐ライブビューイング大阪会場はどこ?チケット販売時期や倍率も

嵐 ライブ ビュー イング チケット ぴあ

こんにちは、Saraです。 そんな方たちへ向けたライブビューイング、気になるのが 当選倍率 当落結果 ではないでしょうか。 現時点では、会場の詳細が明らかにされていませんので、総動員数からみてみます。 今回のライブビューイングの総動員数は、17万人動員の見込みとのことです。 次に、嵐の現時点のファンクラブ会員数をみてみましょう。 2019年現在、ななななんと 288万人です!! このうち、オーラスの東京ドームで行われる予定のライブへ行く方約55,000人を引いてみると、 274万5千人となります。 274万5千人の方が、1人1回、ライブビューイングへ申し込むとすると、当選倍率の予想は、 約16.1倍となりました。 1人2回、ライブビューイングへ申し込むとすると、当選倍率の予想は、 約32. 2倍となりました。 ライブビューイングであっても、かなりの倍率予想となりました。 こんな高い倍率予想ともなると、少しでも倍率の低い会場へ応募したいですよね。 現時点でわかっている会場の情報はこちらです。 つまり、全国各地の映画館で観ることができるということですね。 となると、やはり 大都市よりは地方の映画館で観る方が倍率は低くなってくるのではないでしょうか。 私が、以前人気韓国グループのライブビューイングの倍率を調べていた時に、やはり大都市に比べると、地方の映画館の方が当選している方若干多かったのかなと感じました。

次の

【5×20】嵐ライブビューイング大阪会場はどこ?チケット販売時期や倍率も

嵐 ライブ ビュー イング チケット ぴあ

2018年11月16日にスタートし2019年12月25日をもって終了という、 全50公演、 1年にわたる長いツアーで、最終日までには237万5000人動員予定。 嵐は2020年12月31日をもって グループ活動を休止することが決まっていて、 リーダーの大野智くんが2021年以降 芸能活動を休止する予定になっている為、ファンの皆さんもこの20周年記念ツアーには並々ならぬ想いがあると思います。 まだ活動再開時期は未定ですが、解散は否定しているので、きっとまた会える!。。。 とは思いつつも、やはり20周年を皆でお祝いしたい気持ちは強いと思います。 そして上がる倍率。。。。 一応1人チケット2枚まで応募できるそうなのですが、ぶっちゃけそんなん関係ない(1人1権利しかない)。 ってことなので、応募されるチケットの最大数は、ファンクラブ会員数から東京ドーム公演当選者をのぞいた人数 約280万人ということになります。 逆に、都会は会場数が多くて、地方は会場数が少ないため 結局一緒くらいになるという可能性もあります。。。 おそらく、クレジットカード決済なら申し込みの際に即座に決済されますので、のちのち 支払いが滞ってキャンセルになるような可能性がないためではないかと言われています。 当たっているほとんどの方がクレジットカード決済だったこともあるようなので、 クレジットカード決済は有力ではないかといえます。 取引数制限や興行主との連携で 不正取引の対策を行っている• 24日間365日チケットの お問い合わせに対応している• はじめてのチケット購入で ポイント10%還元• 代金一時預かりとチケット入場補償サービスで 安心安全な取引を実現• チケット 出品者は 手数料無料• 準備だけは万端に!).

次の