不正出血 ストレス。 【医師監修】不正出血が止まらない時の対処法

不正出血が茶色い原因は?病気のサインなの?少量でも病院に行く?

不正出血 ストレス

妊娠していないのに不正出血が止まらない原因のひとつとして「機能性出血」が考えられます。 機能性出血とは、ストレスや排卵期、更年期などが原因で生じるホルモンバランスの乱れによりおこる出血のことです。 機能性出血は、過度な心配をしなくても自然と治るのが一般的です。 しかし、出血量が多い、血のかたまりがたくさん出る、2~3週間に渡って出血し続けている、ひどい出血により貧血をおこすなど、症状があまりにも強い場合は治療が必要になります。 子宮がんや膣炎など、女性特有の病気が原因でおこる出血は「器質性出血」といい、症状に応じて治療が必要です。 細菌の感染が原因で炎症がおこり不正出血する「膣炎」や「膣部びらん」は、細菌の種類により治療法が異なります。 慢性化しやすく治りにくいため、病院で適切な治療をうけましょう。 このほか、ポリープや内膜症、筋腫などの良性腫瘍が不正出血の原因となっている場合があり、手術が必要になることも。 また、子宮がんからくる不正出血も、主な治療法は手術となります。 子宮がんは初期であれば治る可能性の高い疾患ですし、比較的簡単な手術のみで抗がん剤治療が不要なこともあります。 不正出血に気がついたら、できるだけ早めに病院で診察を受けるようにしましょう。 更年期といわれる閉経前後の45~55才ころになると、生理時の出血量や回数が増えたり、あるいは生理周期が定まらなくなったりと、不正出血をおこす人が増える傾向にあります。 更年期に不正出血が止まらなくなる原因は、おもに女性ホルモンバランスの乱れと女性特有の疾患の2つ。 女性のカラダは、妊娠に備えて子宮内膜が厚くなり、妊娠がおこらないと子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。 これが生理です。 子宮内膜が育つのもはがれるのも、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンの分泌によりコントロールされています。 しかし、閉経が近づいて卵巣の働きが弱まってくると、無排卵の生理がおこりやすくなります。 無排卵では黄体ホルモンが分泌されないため、子宮内膜の厚みだけが増していき、はがれ落ちたタイミングで一気に大量出血しやすくなります。 更年期の不正出血は閉経後におさまることが多いため、あまりに症状が重い場合を除き、治療をせずに様子をみることになります。 しかし、繰り返す出血により重い貧血を生じている場合は、治療が必要です。 また、突然の出血に悩まされている場合は、ホルモン補充療法をおこなうことで出血時期が安定します。 1年間生理がこなければ閉経と判断できますが、更年期の不正出血には女性器の疾患が隠れている可能性もあるため、自己判断はリスクがあります。 不正出血がおこったら、できるだけ早めに婦人科で診察を受けるように心がけましょう。 不正出血が止まらない原因には、ホルモンバランスの乱れによる「機能性出血」のほか、子宮頚がんや子宮体がん、子宮筋腫、子宮頚管ポリープなどの子宮の病気が原因の「器質性出血」もあげられます。 子宮筋腫は30~50代に多くみられる良性の腫瘍で、初期段階では自覚症状はほとんどありません。 しかし、筋腫が大きくなるにつれ生理痛が強くなり、生理中の出血量も増えて生理期間も長くなります。 不正出血の量も多く、周辺臓器にも影響を及ぼし、下腹部の張り、腰痛、頻尿、尿が出づらい、便秘などを招くこともあるため早期発見がとても大切です。 子宮頚がんは20〜30代に多くみられるがんですが、更年期に発症しないとは限りません。 子宮頚がんの初期症状はほぼありませんが、症状の進行とともにおりものの量が増えて茶色がかった色になり、不正出血を生じるにようになります。 また、子宮体がんは50代以上に多いがんで、初期症状で不正出血がある人は全体の9割を占めます。 同時におりもの量が増えて色も茶褐色に変化するため、これらの症状があらわれたらすぐに婦人科で相談しましょう。 子宮頚管ポリープは、主に20~50代の女性に発症する疾患です。 おりもの量が増えて茶褐色になるのは子宮頚がんや子宮体がんと同様ですが、比較的出血量が少ないのが特徴。 排便時やスポーツの後に出血することがあります。 不正出血で婦人科を受診すると、子宮筋腫やがんの検査、超音波検査などによるスクリーニング検査に加えて、血液検査によりホルモン値の測定も可能です。 ホルモン数値から更年期かどうかを判断できるため、自分の不正出血が「機能性出血」によるものなのか、病気が原因の「器質性出血」なのかもわかります。 不正出血で不安を抱えながら生活するよりも、早めに婦人科で不正出血の原因をはっきりさせるようにしましょう。 不正出血の状態や出血量には個人差があるため、大量の出血ではないから大丈夫と、安易に判断することはできません。 少量でも不正出血が続くようであれば、すぐに婦人科へ行き適切な治療を受けるようにしましょう。 ホルモンバランスの乱れによる機能性出血の場合、症状が重くなければ閉経まで様子をみるのが一般的ですが、頻繁に出血がおこり、出血量があまりにも多い場合は、女性ホルモン補充療法などの治療が施されます。 閉経前の場合は、まず妊娠の有無を確認します。 妊娠の可能性がある場合は、切迫流産や子宮外妊娠も疑われるため早期の治療が必要です。 妊娠していない場合には、超音波検査やMRIなどの画像検査をしたり、血液検査でホルモン値を調べたりして原因を特定し、それぞれの診断にあわせた治療をおこないます。 もしこれらの検査で異常がなければ、機能性出血と判断されるケースが多いです。 もし、閉経後に不正出血をおこしているようであれば、まず検査するべきなのは、子宮頚がんと子宮体がんです。 病院で細胞診の検査や超音波検査を受け、決して放置しないようにしましょう。 子宮頚がんと子宮体がんは、早期発見できれば治る可能性が高いがんです。 たとえ不正出血がなくても、自治体や会社の健康保険組合などで、婦人科検診の助成金制度が設けられていますので、年に一度は婦人科健診を受けるよう心がけてください。 不正出血が止まらない原因は、女性ホルモンバランスの乱れによる機能性出血から、女性器の疾患によるものまでさまざまあります。 不正出血の状態や量だけでは判断できませんので、少しでも不正出血があれば早めに婦人科で医師の診断を受けるようにしましょう。 ホルモンバランスの乱れが原因の機能性出血でも、不正出血に悩まされているようであれば、適切な治療を受けることができます。 また、万が一、女性特有の疾患による器質性出血による不正出血であれば、完治するためにも早期発見が欠かせません。 病院で受診する際、基礎体温表があるなら持参するようにしましょう。 基礎体温表があれば、医師が適切な診断をしやすくなります。 また、普段から基礎体温表をつけておけば、生理や更年期などの自分のカラダの変化も把握しやすくなるというメリットもあるので、習慣化することをおすすめします。 アプリの利用も便利です。 自分のカラダを大切にするためにも、何か異常を感じたらできるだけ早めに病院で相談しましょう。

次の

不正出血が茶色い原因【排卵日・生理前後・妊娠初期など】

不正出血 ストレス

不正出血とは、月経時以外に腟から排出される出血のことです。 若者から高齢者まで幅広い年代で起こりうる症状であり、場合によっては重篤な病気が潜んでいる可能性があります。 月経時以外に出血がみられるようになった• したのに月経様の出血がみられるようになった• 下腹部痛や腰痛、発熱、おりものの変化などの症状がある 不正出血は、他の症状を伴うケースも少なくありません。 こういった場合に原因として考えられるものにはどのようなものがあるのでしょうか。 病気が原因の不正出血 不正出血は、腟や子宮、卵巣などさまざまな部位の病気によって引き起こされます。 腟の病気 腟内の出血は、不正出血として体外へ排出されます。 腟の病気が原因で生じる不正出血には以下のようなものがあります。 腟炎 腟は性行為などによってさまざまな細菌やウイルスに感染されやすい部位です。 また、肛門と隣接しているため、便中の大腸菌などが腟内に入り込んで感染を引き起こすことも少なくありません。 性感染症や細菌性は腟の粘膜にダメージを与えて出血の原因となることがあります。 おりものの臭い・量・性状の変化を伴うことが多いほか、腹痛や発熱などの症状も伴うことがあります。 萎縮性腟炎 後の女性によく見られる病気です。 によって女性ホルモンの分泌が低下すると腟粘膜が萎縮し乾燥した状態となることで、些細な摩擦などの刺激によって粘膜にダメージが生じやすくなります。 悪化すると粘膜から出血することもあり、不正出血の原因になります。 特に性行為によって腟内が傷つきやすいため、性行為後の不正出血や痛みが多く見られます。 子宮の病気 子宮に生じた出血は、腟を通じて不正出血として排出されます。 子宮の病気が原因で生じる不正出血には、以下のようなものがあります。 子宮がん 子宮にできるがんには2種類あり、子宮体部にできる「」と子宮頸部にできる「子宮 頚 けい がん」があります。 いずれも病変部位から出血を引き起こして不正出血の原因となることがあります。 症状はがんの進行度によって異なりますが、進行すると腹痛や腰痛、おりものの悪臭などの症状が見られるようになります。 子宮筋腫 とは、子宮の筋肉にできる良性腫瘍のことです。 が生じると、月経量が多くなるだけでなく、月経時以外にもダラダラとした出血を引き起こし、慢性的なにおちいることがあります。 また、月経時の下腹部痛などを生じることもあります。 子宮腟部びらん 女性ホルモンの分泌が盛んな若い世代に生じやすい病気です。 女性ホルモンが活発に分泌されることで、子宮と腟の移行部である「子宮腟部」の粘膜が過度に成熟して、びらん状になる病気です。 通常は痛みなどを伴わず多くは無症状ですが、びらん部分から出血を生じて不正出血を引き起こすこともあります。 子宮ポリープ 子宮内にできるポリープです。 発生する場所により子宮頸部ポリープと子宮内膜ポリープに分類されます。 多くは無症状であり、健康診断などで偶然発見されることが多いですが、サイズが大きくなると出血を引き起こすことがあります。 特に子宮頸部にできるポリープは、性行為によってダメージを受けやすいため、性行為後の不正出血の主な原因の一つとなり得ます。 異常妊娠 中は月経が停止しますが、流早産や胎盤剥離、などの異常によって不正出血を生じることがあります。 不正出血だけでなく、お腹の張りや痛みなどを伴うことも少なくありません。 また、胎盤剥離やでは大量の出血が生じるため、血圧の急低下や頻脈、意識消失などの重篤な症状を引き起こすこともあります。 卵巣の病気 卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。 排卵と月経といった性周期はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量によって左右され、これらのバランスが乱れると不正出血を引き起します。 その原因には以下のようなものが挙げられます。 卵巣機能不全 とは、卵巣のホルモン分泌能が低下し、正常な性周期が生じない病気です。 女性ホルモンの分泌バランスが乱れるため、不正出血が生じやすくなります。 の原因はさまざまですが、卵巣を刺激して女性ホルモンの分泌を促す性腺刺激ホルモンが分泌される脳の下垂体や下垂体に指令を出す視床下部などの異常、加齢による卵巣機能の低下などが挙げられます。 多嚢胞 たのうほう 性卵巣症候群 卵巣の多数ののう胞が形成される病気で、卵巣の機能が低下するため性周期の乱れや排卵障害が生じます。 その結果、子宮内膜の成熟が不安定になりやすく、性周期が乱れることで不正出血を引き起こしやすくなるのです。 受診の目安とポイント 不正出血は、単なる月経周期の乱れと思われがちです。 このため、不正出血が生じても適切な検査・治療がなされないケースも少なくありません。 しかし、腟や子宮、卵巣に何らかの病気が潜んでいる可能性もありますので、不正出血が続く場合はなるべく早めに婦人科を受診しましょう。 特に中の不正出血は早急にかかりつけの産婦人科に相談する必要があります。 また、やの原因になることも少なくありません。 受診した際には、いつごろから症状がでたのか、出血の量や頻度、その他の症状などをしっかり伝えましょう。 また、排卵の有無や卵巣機能の異常を確認するため、基礎体温の記録は非常に重要な情報となります。 記録している場合は、必ず持参するようにしましょう。 日常生活上の原因と対処方法 不正出血は日常生活上の原因によって引き起こされることがあります。 ストレスや睡眠不足、疲れなど 過度なストレスや睡眠不足などは性腺刺激ホルモンの分泌を抑制するCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)の分泌を促し、結果としての原因となることがあります。 ストレスが溜まったときは 日頃から、適度なストレス解消方法を身に着け、しっかり睡眠・休息を取るようにしましょう。 よくならないときには 生活習慣の改善を行っても不正出血が治まらないときは、何らかの病気が潜んでいる可能性が高いです。 一度婦人科を受診して適切な検査・治療を受けるようにしましょう。

次の

不正出血とストレスについて知っておきたいこと

不正出血 ストレス

女性は約30日周期で1週間ほど生理があります。 生理は妊娠が成立しなかったために、不要となった子宮内膜が血液とともに流れ出てきます。 そしてその排泄が終わると生理が終了します。 ところが生理時期以外でも出血が見られることが時々あります。 これを不正出血と言います。 不正出血の原因は一つではありませんが、病気が原因で出血が起こることもあります。 少量だから大丈夫だろうとか、短期間で出血が止まったからいいだろうと自己判断してしまうのは危険です。 不正取出血が見られたら早めにお医者さんを受診しておくのが安心です。 お医者さんを受診する目安にするためにも、不正出血で考えられる原因について詳しく理解しておきましょう。 不正出血はおもににホルモンバランスの乱れが原因で起こる 生理時期以外に出血があると誰もが驚くと思います。 中にはそれほど心配する必要のない不正出血もありますが、病気が原因で早急に治療を必要とするケースも考えられるのです。 不正出血を引き起こす原因は一つではありません。 まずは一通り不正出血の原因を覚えておきましょう。 女性はエストロゲンとプロゲステロンの二種類の女性ホルモンが多く分泌されているのですが、その分泌量が減少してしまったり、分泌バランスが崩れてしまったりすることで不正出血が起こるのです。 排卵が原因!排卵日付近に起こる排卵出血 平均的な生理周期を約28日とした場合、生理が終わってから約14日前後に排卵が起こります。 この 排卵期を境に女性ホルモンの分泌バランスが変わります。 それまで活発に分泌されていたエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少して、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えてくるのです。 このホルモンバランスが変わる際に出血が起こる、卵子が排卵されるときに卵巣の表面が敗れることで少量の出血が起こると言われています。 ちなみに排卵出血だと思われる不正出血ですが、出血の色は個人差があります。 鮮やかな鮮血であることもあれば、おりものに血が少し混じったような程度で出血に気が付かないケースもあるのです。 量も少量であり、ナプキンやおりものシートをあてる必要もないほどの出血量ですし、期間も3日前後で終わることが多いようです。 また基礎体温を計っている方は、体温の変化によってある程度排卵日を特定できると思います。 排卵日前後に出血が起こっている場合は、排卵出血だと判断できるでしょう。 排卵していない!無排卵月経が原因 女性ホルモンはストレスなどのちょっとしたことでその分泌バランスが乱れやすくなります。 このホルモンバランスの乱れが不正出血を引き起こす原因となってしまうのです。 排卵しているかどうかは、基礎体温をきっちりとつけていればわかります。 無排卵月経は生理周期が乱れているケースが多く見られます。 生理周期が短い、長い 生理周期の正常な範囲は25日以上38日以内です。 これに当てはまらない方、生理周期が短すぎる、長すぎる方は無排卵月経である可能性が高いと考えられます。 出血期間が短い、長い 正常な生理期間は3日から7日それよりも少ない、長いのは無排卵月経である可能性が高いです。 出血量が多い、少ない 最も出血量が多い2日目でもナプキン取り換える必要がないくらい出血量が少ない、逆に一時間に一度程度ナプキンを取り換える必要がある場合は出血量が多すぎると判断できます。 ところがこの黄体の機能が上手く働かないと、妊娠しやすい、妊娠しても流産しやすくなるのです。 これを黄体機能不全と言います。 黄体機能不全も• ホルモンバランスの乱れ• 卵巣や子宮の働きが鈍っていること で起こります。 これが原因で不正出血を起こすこともあるのです。 冷えや疲れ、ストレスも不正出血を引き起こす 女性ホルモンの分泌バランスはストレスや生活習慣の影響を強く受けやすいのです。 不正出血を引き起こしやすい生活習慣の乱れについて理解しましょう。 冷え 女性は冷えで悩む方が多いのですが、冷えは女性機能の低下を招きます。 体が冷えると心臓などの生命維持の臓器に優先的に栄養を回すようにするため、生殖機能への栄養や熱は後回しになります。 その結果機能低下が起こり、ホルモンバランスも乱れて卵子や子宮の機能低下により不正出血が起こりやすくなります。 強いストレス 日常的にストレスを強く受けると自律神経の働きを鈍らせるようになります。 自律神経はホルモンバランスをコントロールする働きがあるため、その機能が低下するとホルモンバランスが乱れてしまうのです。 睡眠不足 睡眠はダメージを受けた体の機能を修復してくれる働きがあります。 睡眠不足が続くと卵子や子宮も機能が低下しやすくなってしまいます。 過度なダイエット、偏った食生活 食生活が乱れている、極度の食事制限をしていると十分な栄養が摂れなくなります。 栄養不足の時は、体は優先的に生命維持に必要な機能に栄養を回しますので生殖機能への栄養は後回しになります。 それが機能低下や不正出血を引き起こすのです。 着床出血が起こる時期ですが排卵してから約1から2週間後に起こります。 生理予定日と近いと生理の始まりだと勘違いしてしまう方も少なくありません。 病気が原因で出血することも…不正出血で疑われる病気 他の部位でもそうですが、出血したことが原因で病気が発覚することもあります。 不正出血は子宮や卵巣といった機能が病気に侵されていることを示すサインかもしれないのです。 不正出血で疑われる病気について詳しく紹介していきます。 子宮頸管や内膜のポリープが原因で出血 子宮頸管や内膜に良性の腫瘍であるポリープができることがあります。 これが出血を引き起こす原因となることがあります。 ポリープは超音波で発見されることが多く、その場で簡単に処置できるケースがほとんどです。 念のため処置したポリープは組織判断に回されます。 自覚症状がないから怖い、子宮体がん、子宮頸がん 子宮体がんは子宮内膜に発生するがんであり、子宮頸がんは子宮頸管に発生するがんです。 どちらも自覚症状が見られないため、発見が遅れがちながんです。 どちらのがんも• 不正出血• 血の混じったおりもの が出ることがあります。 がんが疑われた場合はその場で正確な判断をすることができませんので、組織の一部を採取して診断してもらうためすぐに結果はでません。 がんが見つかった場合は手術による除去、抗がん剤による治療が一般的です。 頸部びらんが原因で出血 子宮の入り口である頸部の部分が炎症していると、ちょっとした刺激で出血が起こりやすくなります。 性交したときにもその刺激で出血したりするのです。 頸部びらんは治療の必要がないケースがほとんどです。 痛みや出血が長く続いてしまう場合は膣洗浄の抗生物質が投与されたりします。 良性の腫瘍、卵巣のう腫が原因で出血 卵巣のう腫とは卵巣にできる良性腫瘍の総称になります。 卵巣のう腫ができても自覚症状がないことも多く、腹痛や生理時期以外の出血で発見されることも多いのです。 卵巣のう腫は大きさがそれほどではない限り経過観察都なることが多いのですが、症状によっては摘出手術が必要となることがあります。 腫瘍の大きさによって切除する範囲も変わってきますし、手術の方法も開腹や腹腔鏡手術のどちらかになります。 女性の4人に1人!?子宮筋腫が原因 子宮筋腫とは子宮内に筋腫ができてしまう病気のことです。 これが不正出血を引き起こす原因だとも言われています。 実は成人女性の4人に1人が子宮筋腫にかかっているというデータがあり、子宮筋腫があるのにそれに気が付かずに日常生活を送っている方も少なくないのです。 筋腫の大きさがさほど大きくないときは経過観察になりますが、貧血を起こすほどの出血量がある、生理痛が酷い場合は薬物療法や手術による治療が行われます。 どうすればいい?婦人科を受診するタイミング 不正出血が見られたら心配ですよね。 早めに受診をして医師の判断を仰げば安心なのですが、安易に受診していいものかどうか悩むところだと思います。 まずは基礎体温表をつけてみよう 不正出血が確認できたらまずは基礎体温をつけてみることをおすすめします。 基礎体温表は生理用ナプキンを製造しているメーカーのホームページなどから簡単にダウンロードできます。 また最近の基礎体温計はスマホと連携していて計ったデータがスマホアプリに転送されて自動的にグラフが作成されるのです。 基礎体温をつけた時に不正出血があった日をチェックしておくといいでしょう。 それが強いストレスになってしまって不正出血を悪化させる原因となりえます。 婦人科は何となく敷居が高いように感じますが、不正出血があればちゃんと診てもらえます。 お医者さんの診断を受けた方が安心できますから心配な時、迷ったときは婦人科に行きましょう。 自己判断は禁物!不正出血は子宮や卵巣からのサイン! 心配する必要のない不正出血もありますが、不正出血の中には病気が原因で起こっているものがあります。 子宮や卵巣の病気は自覚症状が表れにくく、検診などで発見されることが多いのです。 病気を早期発見できれば治療期間も体への負担も少なくて済みます。 自分の体を大切にするためにも不正出血の有無をしっかりとチェックして、必要に応じて婦人科を受診するようにしましょう。

次の