終わり の セラフ ネタバレ 90。 【終わりのセラフ:90話】最新話のネタバレ!ミカエラの命が尽きる時優一郎は

終わりのセラフ【20巻83話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

終わり の セラフ ネタバレ 90

【終わりのセラフ:90話】最新話のネタバレ 優一郎を助けたいシノア シノアは『泣いている優一郎を助けないと』と思った。 まだその力が残っているのか…? 使えるのはしーちゃんか、それとも四鎌童子なのか確認する。 現れたのがしーちゃんで、シノアは喜ぶ。 ジープを運転していた君月が、急カーブだから何かに捕まるよう指示する。 「そのまま行ってください、鎌でビルをつかみます」と言うシノア。 そんなことができるのかと君月は思いながらも、シノアの言う通り突っ込む。 ビルを掴むことはできたが、シノアが掴んでいたジープの部分が壊れてしまう。 そしてシノアは外に投げ飛ばされる。 みんなでシノアを掴み、なんとかジープに戻ってくることができた。 シノアは今助けに行くと、心の中で優一郎に向け思った。 ミカエラの命が消える 上半身だけで苦しむミカエラを抱きかかえ、優一郎は泣き叫ぶ。 「誰か助けてくれ、俺を殺していいからミカを助けてくれ」と優一郎は助けを呼ぶ。 ミカエラは体から力を放出させながら、空中に浮いて行く。 優一郎は「誰か、嫌だ」と叫んだ。 意識空間の中で、阿朱羅丸が「ミカはもうダメだ」と言ってくる。 優一郎がミカエラのことを一番知っていて、ミカエラの命が消えたこともわかっているはず。 どんなに頑張っても、欲望を暴走させても、手に入らないものはある。 「君のせいじゃない」と話す阿朱羅丸に、「黙らないならお前を殺す」と言う優一郎。 それが優一郎の望みなら、叶えるのが鬼だと阿朱羅丸は言う。 「優一郎の傷が癒えるのならば、言うことを聞くから泣くな」と声を掛ける阿朱羅丸。 「どうしてほしい?」と阿朱羅丸に聞かれ、「もう独りになりたくない」と答える優一郎。 もうこんな辛い思いはしたくない、これ以上は頑張れない。 もう消えたい、生きる価値がないと親も言っていた。 悲しみの中にいる優一郎 「死にたい?」と阿朱羅丸が聞くと、優一郎は頷いた。 優一郎の心の底には、いつもその気持ちがあった。 自分は誰にも求められずに生まれた化け物。 だから生きる意味が見つからない。 誰かが好きと言ってくれないと、存在する理由が見つからない。 「でもその誰かが死ぬ、もう生きられない」と話す阿朱羅丸。 優一郎の心が死んだら、阿朱羅丸は優一郎を乗っ取れる。 「死んだ方がお前は嬉しいんだ、俺も役に立つな」と言う優一郎。 自分の弱さを謝る優一郎。 「強い人間なんていない、強い必要もない、だから君は悪くない」と阿朱羅丸が話す。 いつだって泣いていいし、辛ければ逃げてもいい。 優一郎は「俺はもう疲れたから殺してくれ」と手を広げる。 阿朱羅丸が剣を首に当てると、優一郎が「ごめんな、じゃあな」とつぶやく。 鬼として言うことではないが、最後に一応あることを伝えることにした阿朱羅丸。 阿朱羅丸は「ミカが最後に言った言葉、もう一度だけ思い出した方がいいと思う」という。 『大丈夫、優ちゃんは僕が守る』 そうミカエラは言っていた。 ひとりじゃない 優一郎はミカエラに愛され、そして生かされていた。 「ミカエラは生きる意味を残して死ぬのに、あっさり死ぬんだな」と阿朱羅丸が言う。 それでもなんとか生きるための理由を見つけるための欲望が。 「そろそろ目を開けろよ、これから生きる意味を見ろ」と阿朱羅丸は言う。 優一郎に生きる理由を与えて消えるミカエルの死を。 意識が朦朧とする中、「泣かないで」とミカエラが言う。 優一郎は「独りじゃ無理だ」と泣き叫ぶ。 シノアたちの姿を見つけたミカエラは、「大好きだよ」と優一郎に言う。 そしてミカエラは爆発したのだった。 終わりのセラフなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法! 以上、終わりのセラフ【90話】のネタバレまとめでした。 ミカエラが目の前で消える姿を見るのは、とても辛いと思います。 優一郎は独りじゃないとミカエラは思ったはずです。 シノアたちがいることに気づいて、独りじゃないと優一郎には悲しみを乗り越えてほしいです。 グレンたちと乗った赤いはどうなっているのか、気になりました。 優一郎を助けたいシノアですが、どうやって悲しみの中から救い出すのか? いろいろ気になるところが多いので、次の発売日が待ち遠しいです。 まとめ 以上、終わりのセラフ【90話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。 次回の終わりのセラフ【91話】ネタバレあらすじの掲載は6月4日の予定になります。

次の

終わりのセラフ 最新 91話 ネタバレ 感想 斉藤 VS フェリド 再び

終わり の セラフ ネタバレ 90

Contents• 終わりのセラフ90話最新話のネタバレ・あらすじ 優一郎たちを救出するため、ハンヴィーで疾走するシノア隊一行。 瓦礫の中の優一郎は、今まさに鬼になろうとしているミカエラに必死に呼びかけていた。 上半身をほぼ失ったミカエラは、徐々に空中へと舞い上がっていく。 阿朱羅丸と言葉を重ねていく中で、優一郎は自身の無力さを痛感していた。 こんなにも無力なら、こんなにも醜いなら、もう消えてしまいたい。 ミカエルを失ったら、優一郎にはもう生きる理由がなくなるのだ。 優一郎は阿朱羅丸に、殺してくれと依頼する。 そうすれば阿朱羅丸は優一郎を乗っ取ることができ、優一郎もこれ以上絶望を味わわなくてすむ。 だが阿朱羅丸は、もう一度ミカエラの最後の言葉を思い出せと諭した。 どんなに強く求めても、手に入らないものもある。 だから人間には欲望があり、それが生きる理由につながるのだ。 高く舞いあがっていくミカエラ、優一郎の叫び、駆け付けるシノア隊。 様々なものが渦巻く中で、ミカエラが消滅する! 終わりのセラフ90話最新話(絵付き)を今すぐ完全無料で読む 『タイトル最新刊』の内容が気になって、今すぐ読みたいけど、発売がまだされていなかったり、数か月後に発売とかだと正直言って待ちきれないですよね。

次の

終わりのセラフ【20巻83話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

終わり の セラフ ネタバレ 90

暮人を中心とした帝鬼軍は、撤退していく百夜教を追い拘束しようとする。 フェリドはその戦場を闊歩し、戯れに兵士を吸血。 そして傍にいたクローリーを挑発する。 そんな中、二人はリーグの匂いを感知。 殺しに向かうと、リーグは「罪鍵」の影響で身体を真っ二つにされたまま、回復できずにいた。 再び「罪鍵」を突き刺そうとするフェリドの腕を、リーグは鎖で拘束。 しかしフェリドにもう片方の腕で何度も剣を突き刺されてしまう。 そんなフェリドに対し「おまえを吸血鬼にしたのは失敗だった」と告げるリーグは、かつてフェリドが王子だった頃、両親を笑顔で殺したことを踏まえ、「おまえは最初からおかしかった」とも零した。 そこへ、袂を分かったはずのウルドが上位始祖を連れて現れる。 キャラクター紹介• 百夜 優一郎 (ひゃくや ゆういちろう).

次の