障害 年金 更新 厳しい。 障害年金が更新できない理由

障害年金が更新できない理由

障害 年金 更新 厳しい

障害で生活、仕事に支障が出ている特定の障害 すべての障害が障害年金の対象となるわけではなく、障害によっては生活や仕事に支障が出ているということと、その障害の重さが一定のレベルにあることが不可欠の条件です。 障害の重さに応じて1級、2級、3級(障害厚生年金のみ)の等級が定められていて、該当する等級に応じた金額が支払われます。 この条件を満たす障害であれば、ほとんどすべての傷病が対象となっています。 具体的には、発達障害や知的障害などの先天性の障害、手や足切断などの肢体の障害のほか、 糖尿病や脳血管疾患、癌、うつ病や若年性アルツハイマーなどの精神疾患、パーキンソン病などなどが該当します。 ちなみに、総務省の統計によると、 傷病カテゴリ別で見た受給者の割合は、精神障害31. 初診日要件と言うのは、当該の傷病を医師に最初に診察してもらった日のことで、この日に国民年金か厚生年金 共済年金 に加入していたかどうかという要件です。 国民年金に加入していたら障害基礎年金 定額 が支払われ、厚生年金に加入していれば、障害基礎年金に厚生年金の報酬比例部分が上乗せされて支払われます。 年金をしっかり払っている 保険料納付要件というのは、 初診日に国民年金か厚生年金(共済年金を含む)に入っていて、一定の保険料を納付していたかどうかという要件です。 具体的には、以下の要件を満たした要件です。 1 初診日の属する月の前々月迄の年金加入期間において、年金保険料の納付月数と免除月数の合算月数が3分の2以上あること。 2 初診日の属する月の前々月迄の過去1年間に年金保険料滞納月が無いこと。 初診日から1年6か月たっている 原則として、初診日から1年6か月後が「障害認定日」です。 障害認定日とは、障害年金の請求資格が発生する日です。 障害認定日を超えてからでないと、障害年金は請求できないということです。 基本的に20歳になってからもらえる 障害年金は、基本的に20歳になってから支給されます。 20歳の誕生日の前日が、障害年金の受給資格となる障害認定日となるわけです。 ただし、誕生日が初診日から1年6か月以内である場合は、初診日から1年6か月たった日が障害認定日となります。 たとえば、19歳の誕生日の時が初診日であったとしたら、1年後の20歳の誕生日ではなく、1年6か月後の20歳と6か月たった日が障害認定日になります。 障害年金の手続き、申請方法 条件を満たしているか確認する 障害年金を請求するにあたっては、先に上げた4つの要件を満たしているかどうかを確認しなければなりません。 4つの条件のうち一つでも要件を満たしていなければ、障害年金を受け取ることはできません。 なかでも重要なのが、初診日です。 初診日の確定からすべての手続きは始まります。 必要書類の取得、作成 障害年金の受給を請求するためには、複数の書類を作成しなければなりません。 4つの要件を満たしていても、初診日がわからないとか途中で転院したとかの事情があると提出書類も増え、かなり厄介なことになります。 自力で作成することも可能ですが、手に余るようであれば、民間の障害年金相談センターや社会保険労務士などに依頼することも考えなければなりません。 作成しなければならない主な書類と添付書類は、以下のようなものです。 書類の提出先 役場の年金の窓口、あるいは年金事務所で必要書類をもらい、記載事項を記入した上で、住所地の市区町村役場の窓口に提出します。 なお、初診日が国民年金第3号被保険者 サラリーマンの被扶養配偶者 の期間中であれば、最寄りの年金事務所に提出します。 一度審査が落ちても絶対ではない 提出した書類が全て受理されるとは限りません。 審査に通らないケースがしばしばあります。 それは書類の不備であったり、障害の認定の問題であったりしますが、一度審査に落ちても再審査の手段が残されていますから、正当な資格をもち、どうしても受け取る必要がある場合は、障害年金の専門家に相談し、再審査への手立てを考えてください。 障害年金を受け取るまで 初診日によって申請する年金の種類が変わる 現在、年金は国民年金と厚生年金(共済年金を含む)の2本立てで運営されています。 年金の額は、初診日にどの年金に加入していたかによって変わります。 初診日にサラリーマンであった人で、後に脱サラして自営業になった人は、サラリーマン時代は厚生年金、自営業の時は、国民年金です。 このケースでは、初診日に加入していた障害厚生年金になります。 基礎年金と厚生年金で等級の幅が異なる 障害年金には、障害の支障の大きい順から1級、2級、3級に区別されています。 1級は常日頃から助けが必要で、ベッド周りぐらいのことをいくらかできる程度、2級は家の中での軽い作業ぐらいならできる程度、3級は仕事に支障が出る程度となっています。 国民年金に加入している自営業の人に支払われる障害基礎年金は、1級、2級しかありませんが、厚生年金に加入しているサラリーマンなどには、3級があります。 つまり、3級のない自営業の人たちの方が、要求される障害の程度が厳しくなっているわけです。 厚生年金の審査のほうが厳しいともいわれている 障害年金の請求書は、受給の適否が審査されたのち、審査にパスすれば、年金証書が届きます。 請求から受理されるまでの期間は、障害基礎年金で2~3ヶ月、障害厚生年金で3ヶ月から半年というのが相場のようです。 この審査の長短から類推して、厚生年金の方が、審査が厳しいという見方もあります。 精神障害のほうが審査は厳しい? 身体的障害よりも精神的障害の方が審査は厳しい、ということも言われていますが、確証はありません。 ただ、先にふれたように、傷病カテゴリ別で見た受給者の31%が精神障害です。 請求件数が多ければ、受理されない件数も多くなるというのは事実でしょう。 地域によって支給格差があることも 障害年金の地域格差は、新聞でも報じられました。 厚労省が平成22年~24年までの3年間について不支給になった障害基礎年金の割合を都道府県ごとに調査した結果、不支給率が最も高かったのは大分県の24. 4%、最も低かったのが栃木県の4. 0%でした。 不支給になった障害の種別では精神障害・知的障害が67%を占めています。 先にふれた精神障害の審査が厳しいというのは、こうしたデータに基づくものと思われます。 わからないことは相談を 障害年金の手続きは、複雑です。 とくに初診日がわからないとか請求に不可欠の書類が見当たらないということになると、素人では手におえなくなってしまいがちです。 そんなときは、医療機関に相談してみてください。 医療機関でアドバイスすることもあれば、障害年金に詳しい社会保険労務士を紹介してくれることもあります。 ちなみに、社会保険労務士は、労働、社会保険などの書類作成、手続き代行等の専門家です。

次の

本当に障害厚生年金の方が障害基礎年金より審査が厳しいのですか?

障害 年金 更新 厳しい

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、障害状態確認届(診断書)の提出期限が1年間延長される予定となりました。 具体的には、令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方について、提出期限がそれぞれ1年間延長されます。 これに伴い、令和2年2月から令和2年6月の間に提出期限を迎える方は、現時点で、診断書を作成・提出いただく必要はありません。 また、令和2年7月から令和3年2月までの間に提出期限を迎える方には、本年は日本年金機構から、障害状態確認届(診断書)が送付されません。 障害状態確認届(診断書)は、来年以降改めて送付されます。 なお、今回の提出期限の延長の対象となる方々には、おって個別にお知らせ文書が送付される予定です。 (日本年金機構HP) 障害年金は、原則として期限のある「有期年金」と「終身年金(永久認定)」があります。 次回診断書提出年月のおよそ1ヶ月前に 「障害状態確認届」(更新用の診断書)用紙が、日本年金機構より送られてきます。 H31年8月より更新月の3ヶ月ほど前に日本年金機構から、送付されてきます。 まだすべての方ではないですが、順次そのようになります。 大きく変わりましたね。 その際の更新の注意点、診断書のチェックが、非常に重要となります。 提出してからでは、あとの祭りです。 当事務所には、「 不支給になって駆け込んでいらっしゃる方」が非常に多いです。 どうにもならず歯がゆい思いを沢山して参りました。 診断書がすべてです。 このチェックがキーポイントになりますので、 前回請求した診断書の写しを必ず 取っておくことが必須です。 障害年金は、一度認定を受けると 「障害の程度が該当する限り」 継続して支給されます。 是非 提出する前に、ご一報いただきたいものです。 対策を練るため3か月前にはご連絡ください。 「障害年金受給中ですが、仕事したらもらえないのですか?」 当事務所にこのようなご相談をされる方が、多数いらっしゃいます。 障害年金は、働いていても 「障害の認定基準」を満たせば受給できます。 実際透析患者様で、障害年金を受給しながら働いている方が多くいらっしゃいます。 上記のご心配は、ほとんどが精神疾患の方々です。 精神の場合は、数値で障害状態を表すことができませんので、非常に厳しいです。 発達障害と 知的障害以外の精神疾患の方が、就労するとまず健常者並みとみなされてしまうことがあります。 いまやうつと仕事との関係は、社会問題ですが非常に厳しい対応は避けられません。 しかも障害年金の不正受給が、大きく問題化されています。 ご自分の日常生活の状態が、精神の認定基準にそっていれば医師とご相談ください。

次の

障害厚生年金の更新の時に、障害者雇用で働いていることはわかるのですか?

障害 年金 更新 厳しい

障害年金には 2種類の認定がある 障害年金の等級認定には、 「有期認定」と 「永久認定」の 2種類があります。 名前の通り、有期認定は期限付きの障害年金となり、永久認定は無期限に障害年金の認定を受けられるというものです。 それぞれの認定の障害状態や、期限について詳しくご紹介します。 永久認定とは 永久認定は、障害年金の 更新期限を持たない認定であり、決定した障害年金をずっと受けることができます。 具体例として、手足の切断や失明など今後症状が改善する見込みがないような場合に永久認定となります。 先天性の知的障害や精神障害などは永久認定となる場合もありますが、有期認定になるケースも多くなっています。 有期認定と更新期限 有期認定は期限のある障害年金となるので、更新が必要です。 有期認定となる場合は、 症状が固定されていないような障害の場合に認定されるので、治療や経年によって症状が軽くなることもあれば重くなることもあります。 そのため、受給者の障害程度が年金受給に相当するかどうかを確認するために期限が設けられているのです。 この更新年は、国民年金や厚生年金保険の年金証書にある障害等級の欄に「次回診断書提出年月」として記載されています。 障害年金更新の手続きに関する変更点 障害年金の更新手続きについて紹介する前に、 2019年8月より手続きに関する変更点があったので間違いのないように知っておきましょう。 主な変更点は、更新時に提出する診断書である障害状態確認届(以下「診断書」という。 )の作成期間と発送時期です。 診断書の発送時期の変更 これまで診断書は、誕生月の前月末頃に送付されていました。 この診断書を受け取ってから障害年金更新の手続き準備を行いますが、変更によって 「誕生月の 3ヵ月前の月末」に送付されるようになります。 これにより、診断書を作成する期間が拡大されることになりましたので、余裕を持って準備が出来るようになったと言えます。 診断書の作成期間の変更 これまで診断書は、 提出期限前 1ヶ月以内の障害状態を記した診断書でした。 しかし、この規定では診断書を受け取ってから病院に行って医師に診断書を書いてもらう必要があるので、タイトなスケジュールで手続きの準備を進めなくてはならなかったのです。 今回、診断書の作成期間が変更になり、 「提出期限前3ヵ月以内」に作成された診断書の添付が可能になりました。 診断書の発送時期も早まることから、手続きに十分に時間が取れるようになります。 障害年金の更新手続きの流れ 障害年金の更新手続きは、診断書が日本年金機構から届いてから準備を開始します。 2019年8月から診断書の発送時期や作成期間も変更になったので、これまでよりも時間に余裕を持って準備をすることができるでしょう。 どのような流れで更新手続きの準備を行えばいいのかご紹介します。 病院へ行く 診断書が届いたら、病院に行って主治医に診断書の作成を依頼します。 医師によっては何度か通院して症状を見なければ診断書は書けないというケースもあるので、 診断書が届く前に診断を事前に受けておく方がいいでしょう。 また、前回から病院が転院しているというケースもあります。 その場合には、診断書の作成は 前の病院ではなくて現在の主治医の作成でも問題ありません。 新たな主治医に依頼する場合には、前回提出した診断書のコピーを持っていき参考にしてもらうといいでしょう。 どんな場合でも、医師は多忙なことが多いので、 診断書の依頼前には事前に話しておくべきです。 診断書を提出する 診断書を医師に書いてもらったら、必要な場所に空欄などがないか確認をしてからコピーを取っておきましょう。 コピーがあれば次回更新の際に比較もできるので便利です。 更新の際には病歴・就労状況等申立書の提出は必要ないので、 診断書に症状や状況がしっかりと書かれていなくてはなりません。 診断書は障害基礎年金の場合は市町村にある国民年金課へ、障害厚生年金は日本年金機構に提出しましょう。 更新結果の通知 更新結果は、提出してから 3ヵ月ほどでハガキもしくは文書にて通知されます。 受給中の障害年金は 提出から 3ヵ月後までは保証されており、その後は審査結果に応じた障害年金が受給されることになるのです。 更新前と同じ障害等級であれば、「次回の診断書の提出について」という内容のハガキが届きますので、ハガキを保管して次回の更新時期を忘れないようにしておきましょう。 また、等級が変更になる場合には「支給額変更通知書」という書類が届き、支給停止の場合には「支給停止のお知らせ」が届きます。 支給停止は、通知が届いた翌月から実行されます。 障害年金の更新における注意点 障害年金の更新は、 再び障害等級の審査を書面で行うため、受給額が変更になることもあります。 場合によっては支給停止になる可能性もあるので、とても大切な手続です。 そこで、更新手続きの際に注意しておきたい点について押さえておきましょう。 提出期限について 診断書の提出期限が変更になったことで余裕を持って準備ができるようになりましたが、何らかの理由で期限に間に合わないというケースもあるでしょう。 もし、 提出期限に間に合わなければ支給は一時的に停止になります。 しかし、 1ヶ月ほどの提出遅れであれば認定されれば再び支給されるようになります。 提出期限ぎりぎりの診断書になると、焦ってしまい内容を見落とす可能性もあるので、専門家に更新の代行依頼することも考えておくのが無難です。 診断書の重要性 障害年金の更新手続きは、診断書の書面のみによる審査になります。 つまり、診断書の内容によって等級の変更や支給停止もあり得るのです。 症状が悪化しているにも関わらず、診断書にはきちんと内容が記されていなければ等級の変更がないというケースもあります。 適正な審査を受けるためにも、 医師に現在の自分の病状は正確に伝えることや、日常の不便さなどを理解してもらえるように話さなければなりません。 審査請求で再審を求められる 更新手続きによって以前よりも等級が下がってしまったり、支給停止になるケースもあります。 もし審査結果に不服がある場合には、 審査請求という手続きで再び審査をしてもらうことが可能です。 また、更新時には障害の程度が軽かったものの、結果が通知されるまでに症状が悪化してしまったという場合には 額改定請求という手続きで等級変更を求めることができます。 この手続きを行うには、 更新から 1年以上が経過していることが条件です。 まとめ 障害年金の更新期限や手続きについて説明してきましたが、 更新は提出する診断書で全てが決まります。 3ヵ月という短い準備期間になってしまうので、不備がないように期限前から医師へ障害年金のことや症状について話しておくようにしましょう。 また、診断書に不備のないよう社労士にサポートしてもらう選択肢もあります。 手間や不安がなくなるうえ、実態よりも症状を軽く判断されて等級が下がったり支給停止になる可能性がぐんと減りますし、最初から適正な等級に認定される確率が高まりますのでおすすめです。 お金の窓口では、提携する社労士が障害年金に関するご相談を受け付けております。 ぜひお気軽にお問い合わせください!.

次の