ドメスティックブランド。 ハイセンスなドメスティックブランド6選|メンズ&レディス別にご紹介

それぞれ違いを解説!ドメスティックブランド?インポート?ファストファッション?セレクトショップ?

ドメスティックブランド

・生地 ・シルエット ・デザイン性 ・色 この辺りがいわゆるファストファッションや、リーズナブルな価格帯のブランドの商品とは異なるドメスティックブランドの良い点かと思います。 価格で一概に良い、悪いを判断できかねることもあるかと思いますが、1つの意見としてお聞きください。 【生地】 こちらに関しては、価格が高くなるにつれ生地がより良い物になる。 一般的な話かと思います。 例えば、ドメスティックブランドを例にすると、生地の単価も質が良いので上がりますが、生産地から制作過程に発生する手間代、手数料等も含まれるので、高くなるかと思います。 【シルエット】 こちらも一概には価格で判断できないですが、違いはあるかと思います。 例えば、Dulcamara19AWのペンギンパンツ。 立っているペンギンの体のシルエットから着想を得て名前がペンギンパンツ。 シルエットも伝わってきます。 そのような名前が付けられたそうです。 このように、デザイナーさん独自のこだわりもデザイナーズブランドのアイテムの魅力ではないでしょうか。 【デザイン性】 具体的には、ポケットの有無、ボタンの材料、形、ロゴ。 デティールのデザイン。 このような内容がデザイン性にあたります。 ドメスティックブランドのアイテムはそのような点に独自性があり、面白いです。 【色】 色の展開も独特なアイテムがありますね。 他にはあまり展開の無い色のアイテムを買えるという点も魅力の一つ。 例えば、URUやcrepusculeなどは絶妙の色のアイテムが多い印象。 グレーが混じった青や、ベージュのような絶妙な色合いを感じられるのもデザイナーズブランドならではなのではないでしょうか。 服好きの方と仲良くなれる By: 私自身そうですが、服が好きな方と服について話すという機会や経験が増えたかと思います。 例えば、 ブランドはどこが気になっているの?どんなアイテムが気になっているの?着こなし方のポイントは?的な服に関する話題を通して、好きな方と仲良くなることができるのもドメスティックブランドを買うメリットかと思います。 実際に他の人の着こなし方やブランドに関する情報なども取り入れて学ぶことができますので、最高です。 就職、将来のプランニングに役立つ By: こちらも結論から言うと、バイトや就職する際に役立つという内容になっております。 具体的にどんな職業に役立つの?という点で、具体例を紹介します。 ・服の種類 ・素材に関する知識 ・デティールに関する知識 ・着こなし、組み合わせに関する知識 こちらが役立つと考えるからです。 私自身アパレルのバイト経験があるのですが、実際に店頭に立って働く際に役立つということがありました。 また、バイトに応募する際にも服について以上の知識を持っておくことで、有利に仕事に就けるというメリットもあるかと思います。 デメリット1点についてご紹介 お金が掛かる By: こちらは至ってシンプルな内容。 ドメスティックのデザイナーズのブランドですと、ファストファッションやリーズナブルな価格帯のブランドと比べ、単価の高い商品が普通。 具体的にいくらかかるの?という点ですが、ブランドやアイテムによってバラバラ。 参考に、私が好きなDulcamaraというブランドだと、トップスが1万円前後、パンツが2万円弱、ジャケットだと3万円弱という風に一万円超えるアイテムがざらです。 (それでもDulcamaraは価格帯が優しい方。 ) ですので、自分が気に入ってかつ、この値段でも納得できる。 というものをセレクトショップで試着してご購入を検討するのが無難かと思います。 セレクトショップ、ブランドに関しての情報収集の方法に関しては、の記事をチェックしてみてください。 また、おすすめのドメスティックブランドを6点でご紹介しておりますので、チェックしてみてください。 スポンサードリンク.

次の

今シーズン注目のドメスティックブランド特集♪

ドメスティックブランド

ファッション好きの注目株&海外でも高い評価を受けるブランド18選 国内ブランドながら海外でのコレクション発表やブティックでの商品展開を行う注目株。 服好きの間では知名度が高く、定番とも言えるブランド。 他のブランドより価格が高いものが多い。 kolor(カラー) 文化服装学院を卒業した阿部潤一が2004年にスタートしたファッションブランド。 異素材の組み合わせやブロックカラー、パイピングなど、「素材と色遣い」に定評があり、世界でも高い評価を受ける。 現在はパリでコレクションを展開中。 FACETASM(ファセッタズム) コム デ ギャルソン、ZUCCa、アンダーカバーなど国内を代表するファッションブランドに素材を提供する会社「ギルドワーク」に勤めたのち独立した落合宏理によるブランド。 ビッグシルエットやマルチカラー遣いなど、目下大注目のストリートウェアとして話題に挙がることも多い。 アイテムはやや着こなしの難易度が高いものが多い。 ANREALAGE(アンリアレイジ) 2003年にデザイナー森永邦彦が設立。 ブランド名はA REAL-日常、UN REAL-非日常、AGE-時代 という意味。 サイズが変わる洋服、細かすぎるパッチワーク、スポットライトで照らされたようなデザインなど、コレクションのたびに斬新なテーマを打ち出すことで飛躍的な知名度を獲得。 難しいテーマ性を持ったものが多いものの、ウェア自体は着こなしやすく1枚取り入れる事でコーディネートのスパイスになりそうなものばかり。 デザイナーは2014年に「情熱大陸」にも出演しているので、チェックしてみるのも面白いかも。 sulvam サルバム YOHJI YAMAMOTOでパタンナーを務めてきた藤田 哲平が2014年から展開しているブランド。 モノトーンカラーを基調とし、着崩すようなテーラードウェアやメンズでもデニムスカートを展開するなど、自由な発想でリリースされるモードウェアに注目が集まる。 デザイナーは「TOKYO FASHION AWARD 2015」も受賞し、新鋭として今後の益々の活躍が期待されているところ。 UNUSED(アンユーズド) ハイブランドのような着心地と機能美、ストリートブランドのようなデザインが特徴の2004年設立のブランド。 個性的でありながらも自然とコーディネートに溶け込むようなバランスのいいアイテムに定評あり。 メンズとウィメンズで同じデザインのアイテムを展開しているため、サイズ選びの自由も効きやすい。 bukht(ブフト) ブランド名は「中東の良質なラクダ」を意味し、どのような環境下に置かれても馴染むモノ、邪魔にならないモノ創りを信条とする2012年スタートのブランド。 複雑なパッチワークやモダンにアレンジされたシンプルなクラシックウェアまで、そのクオリティの高さに大きな注目が集まっているブランド。 その他の注目ドメスティックブランド 、、、、、、、、、、、、 ハイファッション系 日本を代表するハイファッション系ブランド。 独創的なデザインや見たこともないような素材感がファッションオタクから強い支持を受ける。 価格はかなり高め。 Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト) 1972年に設立された国内ブランドの代表格。 80年代に「黒の衝撃」と言われる全身黒のスタイルでヨーロッパのファッションに旋風を巻き起こしたのを始め、男性服と女性服の垣根を取り払うようなジェンダーレスなスタイルをいち早く取り入れるなど、常に世界のファッション界をリードしてきた存在。 最近はアディダスとの協業であるY3やNew Eraとのコラボ、アクセサリーブランド、ディフュージョンライン、ハイエンドなスポーツウェアなどより多角的に展開中。 ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ) 1971年にニューヨークでコレクションをスタートさせた歴史あるドメスティックブランド。 一枚の布で身体を包み込む洋服の原点とも言えるスタイルが世界で評判となり、その後もコンパクトで皺を気にせず着用できるプリーツ・プリーズなどファッション界に新しい提案を与え続けてきたことが今日まで評価されている。 創立者の三宅一生は文化勲章を始め国内外で様々な賞を獲得。 現在は様々なデザイナーが携わり時計・香水・バッグなど様々な派生ラインや商品を展開中。 ちなみにスティーブジョブズのタートルネックもISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)のもの。 sacai(サカイ) 1999年に元コムデギャルソンの女性デザイナー・阿部千登勢が設立したファッションブランド。 元々はニットブランドとして少数のコレクションからスタートし、細部に渡るデザインへの配慮と徹底した品質管理(商品に不具合があると自己負担で回収するなど)が話題を呼び、人気を拡大。 2009年からメンズをスタートし、モンクレールとのコラボレーションも行うなど世界規模で支持を獲得。 ハイクラス層の中でもファッションに特に拘りのある人たちから絶大な支持を受けています。 その他のハイファションブランド 、、 機能的・アウトドア系11選 フェスファッション人気の拡大やファッションに実用性を求める人が増えたことを背景に存在感を増す、機能的かつファッション性にも優れたブランド。 White Mountaineering ホワイトマウンテニアリング 「服を着るフィールドは全てアウトドア」という言葉でも有名な相澤陽介による2006年スタートのブランド。 アウトドアウェアの機能性に現代的なデザインを加えたことで評判となり、モンクレールやアディダス、アグ、セイコー、ポーターなど様々なブランドともコラボレーション。 ベーシックなロゴものや総柄のアイテムが多い。 デザイナーズブランドながらそれほど高額ではないのも特徴。 MINOTAUR(ミノトール) 機能・タフさ・着心地などのクオリティー向上のために縫製や素材選びから再構築し、ベーシックながら唯一無二の個性あふれるプロダクトを生み出す日本のファッションブランド。 一見ベーシックながら品質の高さを充分に感じられる。 ノースフェイスやアークテリクス、パタゴニアなど本格スペックのウェアとは異なり、あくまで「都会のスタイルが中心」のアウトドアウェアであることが特徴。 機能的であると同時に動きやすさや洗練性を重視している。 デザインはあくまでクリーンかつベーシックで街着にも最適ながら、雨や風などの気候や環境の変化、レジャーにも対応しうる機能性や耐久性を持っています。 meanswhile(ミーンズワイル) 「身体に最も近い道具」をコンセプトに、デザインだけでなく、パターン、縫製など細部にまでこだわった大人のカジュアルウェアをリリースする2014年スタートの注目ブランド。 洋服に気張らないオシャレさと機能性が欲しい人は要チェック。

次の

ドメスティックブランドの服の魅力5つを言語化する|One Style depot.

ドメスティックブランド

ファッション好きの注目株&海外でも高い評価を受けるブランド18選 国内ブランドながら海外でのコレクション発表やブティックでの商品展開を行う注目株。 服好きの間では知名度が高く、定番とも言えるブランド。 他のブランドより価格が高いものが多い。 kolor(カラー) 文化服装学院を卒業した阿部潤一が2004年にスタートしたファッションブランド。 異素材の組み合わせやブロックカラー、パイピングなど、「素材と色遣い」に定評があり、世界でも高い評価を受ける。 現在はパリでコレクションを展開中。 FACETASM(ファセッタズム) コム デ ギャルソン、ZUCCa、アンダーカバーなど国内を代表するファッションブランドに素材を提供する会社「ギルドワーク」に勤めたのち独立した落合宏理によるブランド。 ビッグシルエットやマルチカラー遣いなど、目下大注目のストリートウェアとして話題に挙がることも多い。 アイテムはやや着こなしの難易度が高いものが多い。 ANREALAGE(アンリアレイジ) 2003年にデザイナー森永邦彦が設立。 ブランド名はA REAL-日常、UN REAL-非日常、AGE-時代 という意味。 サイズが変わる洋服、細かすぎるパッチワーク、スポットライトで照らされたようなデザインなど、コレクションのたびに斬新なテーマを打ち出すことで飛躍的な知名度を獲得。 難しいテーマ性を持ったものが多いものの、ウェア自体は着こなしやすく1枚取り入れる事でコーディネートのスパイスになりそうなものばかり。 デザイナーは2014年に「情熱大陸」にも出演しているので、チェックしてみるのも面白いかも。 sulvam サルバム YOHJI YAMAMOTOでパタンナーを務めてきた藤田 哲平が2014年から展開しているブランド。 モノトーンカラーを基調とし、着崩すようなテーラードウェアやメンズでもデニムスカートを展開するなど、自由な発想でリリースされるモードウェアに注目が集まる。 デザイナーは「TOKYO FASHION AWARD 2015」も受賞し、新鋭として今後の益々の活躍が期待されているところ。 UNUSED(アンユーズド) ハイブランドのような着心地と機能美、ストリートブランドのようなデザインが特徴の2004年設立のブランド。 個性的でありながらも自然とコーディネートに溶け込むようなバランスのいいアイテムに定評あり。 メンズとウィメンズで同じデザインのアイテムを展開しているため、サイズ選びの自由も効きやすい。 bukht(ブフト) ブランド名は「中東の良質なラクダ」を意味し、どのような環境下に置かれても馴染むモノ、邪魔にならないモノ創りを信条とする2012年スタートのブランド。 複雑なパッチワークやモダンにアレンジされたシンプルなクラシックウェアまで、そのクオリティの高さに大きな注目が集まっているブランド。 その他の注目ドメスティックブランド 、、、、、、、、、、、、 ハイファッション系 日本を代表するハイファッション系ブランド。 独創的なデザインや見たこともないような素材感がファッションオタクから強い支持を受ける。 価格はかなり高め。 Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト) 1972年に設立された国内ブランドの代表格。 80年代に「黒の衝撃」と言われる全身黒のスタイルでヨーロッパのファッションに旋風を巻き起こしたのを始め、男性服と女性服の垣根を取り払うようなジェンダーレスなスタイルをいち早く取り入れるなど、常に世界のファッション界をリードしてきた存在。 最近はアディダスとの協業であるY3やNew Eraとのコラボ、アクセサリーブランド、ディフュージョンライン、ハイエンドなスポーツウェアなどより多角的に展開中。 ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ) 1971年にニューヨークでコレクションをスタートさせた歴史あるドメスティックブランド。 一枚の布で身体を包み込む洋服の原点とも言えるスタイルが世界で評判となり、その後もコンパクトで皺を気にせず着用できるプリーツ・プリーズなどファッション界に新しい提案を与え続けてきたことが今日まで評価されている。 創立者の三宅一生は文化勲章を始め国内外で様々な賞を獲得。 現在は様々なデザイナーが携わり時計・香水・バッグなど様々な派生ラインや商品を展開中。 ちなみにスティーブジョブズのタートルネックもISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)のもの。 sacai(サカイ) 1999年に元コムデギャルソンの女性デザイナー・阿部千登勢が設立したファッションブランド。 元々はニットブランドとして少数のコレクションからスタートし、細部に渡るデザインへの配慮と徹底した品質管理(商品に不具合があると自己負担で回収するなど)が話題を呼び、人気を拡大。 2009年からメンズをスタートし、モンクレールとのコラボレーションも行うなど世界規模で支持を獲得。 ハイクラス層の中でもファッションに特に拘りのある人たちから絶大な支持を受けています。 その他のハイファションブランド 、、 機能的・アウトドア系11選 フェスファッション人気の拡大やファッションに実用性を求める人が増えたことを背景に存在感を増す、機能的かつファッション性にも優れたブランド。 White Mountaineering ホワイトマウンテニアリング 「服を着るフィールドは全てアウトドア」という言葉でも有名な相澤陽介による2006年スタートのブランド。 アウトドアウェアの機能性に現代的なデザインを加えたことで評判となり、モンクレールやアディダス、アグ、セイコー、ポーターなど様々なブランドともコラボレーション。 ベーシックなロゴものや総柄のアイテムが多い。 デザイナーズブランドながらそれほど高額ではないのも特徴。 MINOTAUR(ミノトール) 機能・タフさ・着心地などのクオリティー向上のために縫製や素材選びから再構築し、ベーシックながら唯一無二の個性あふれるプロダクトを生み出す日本のファッションブランド。 一見ベーシックながら品質の高さを充分に感じられる。 ノースフェイスやアークテリクス、パタゴニアなど本格スペックのウェアとは異なり、あくまで「都会のスタイルが中心」のアウトドアウェアであることが特徴。 機能的であると同時に動きやすさや洗練性を重視している。 デザインはあくまでクリーンかつベーシックで街着にも最適ながら、雨や風などの気候や環境の変化、レジャーにも対応しうる機能性や耐久性を持っています。 meanswhile(ミーンズワイル) 「身体に最も近い道具」をコンセプトに、デザインだけでなく、パターン、縫製など細部にまでこだわった大人のカジュアルウェアをリリースする2014年スタートの注目ブランド。 洋服に気張らないオシャレさと機能性が欲しい人は要チェック。

次の