加藤 ラーメン やまと。 『新しいラーメン屋サン...♪*゚』by 熱々星人 : 加藤ラーメン やまと

ラーメン掲示板

加藤 ラーメン やまと

[広告] 店主は山陽小野田・厚狭出身の加藤啓二さん。 加藤さんは2005年に宇部・若松町に居酒屋「季樹魚(きじゅう)」を開業。 2013年に下関・長府へ移転し、和食レストランとして生け魚中心の和食を提供する中で、「魚のアラを使ったラーメンの人気に火がついた」ことでラーメンをメインメニューに据えた昼営業へ徐々に移行してきた。 今回の移転と店名変更について、加藤さんは「ラーメンは仕込みに時間がかかるので、移動時間を減らすために自宅に近い場所に移転し、同時に名前も分かりやすいものに変更した」と話す。 同店のラーメンは「独創的で繊細な味」。 2種類の福岡県産豚骨を9時間煮込んで作る「特濃A級豚骨ラーメン」(650円)、数種類の魚介から煮出したスープとブレンドしょうゆの「天然魚介醤油ラーメン」(680円)、豚骨をベースに熟成みそを合わせた「濃厚味噌豚骨ラーメン」(800円)を中心に6種類のラーメンを提供。 それぞれに合う自家製麺を使う。 「地域密着」をコンセプトにした同店では、地元産のブランドネギ「おのだネギ三昧」をたっぷりと載せ、特製のネギ油を使った「特濃A級小野田ネギ三昧ラーメン」(800円)も用意する。 オープン初日には11時30分ごろから行列ができ、「1日で3日分の食材が無くなった」という。 毎日150杯分のスープを用意するが、1カ月がたつ現在も平均して15時、早い日には13時30分にスープが底をつき、早々に店を閉めなければならないほど。 加藤さんは「現状は想定外でうれしい悲鳴を上げている。 味は山陽小野田・宇部の文化に合わせて少し濃い目に改良した。 地域の3世代に親しまれ、『子どものころからこの味で育った』と言われる店を目指したい」と笑顔を見せる。 営業時間は10時30分~スープが無くなるまで。 日曜・祝日定休。

次の

「加藤ラーメン やまと」(旭川市

加藤 ラーメン やまと

営業中 現時刻に営業時間外のお店を除外 種類• スープ• メニュー• 製麺会社• サービス• イベント• 集合施設• 決済方法• 札幌ラーメンの食べ歩きブログです。 店舗検索や、ニュース、わかりやすい写真を重視しております。 見直しで数値変わったり、もっと曖昧な表現に変わったり、目立たない所に移動させたりするかもしれません。 模索中です。 6 ~ 5. 3 ~ 4. 0 ~ 4. 7 ~ 3. 4 ~ 3. 0 ~ 3.

次の

『新しいラーメン屋サン...♪*゚』by 熱々星人 : 加藤ラーメン やまと

加藤 ラーメン やまと

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 加藤ラーメン やまと@旭川市豊岡 「しょうゆラーメン」 - 旭山ら~めん通りはてなブックマーク - 加藤ラーメン やまと@旭川市豊岡 「しょうゆラーメン」 - 旭山ら~めん通り プレビュー 加藤ラーメン やまと@旭川市豊岡 「しょうゆラーメン」 - 旭山ら~めん通りはてなブックマーク - 加藤ラーメン やまと@旭川市豊岡 「しょうゆラーメン」 - 旭山ら~めん通り 加藤ラーメン やまと@旭川市豊岡 「しょうゆラーメン」 - 旭山ら~めん通り やまとです。 ににできた新店です。 店名にとついてい。 その一派、... 続きを表示 やまとです。 ににできた新店です。 店名にとついてい。 その一派、、などとできが、実際のところどうなんでしょう。 7 なるほど、系の外観です。 表面の脂は多め。 に魚介が加わる、系。 見た目は色が濃いですが、は抑えめ。 やや甘さが強く、食べく仕上がってい。 麺は、。 麺の中でも細めの麺で、美味しいです。 具はです。 肩風の、小ぶりの、は青い部分。 今まで食べた系を振り返ってみると、、、 のような濃くてしょっぱい系とは違う。 ななしのようなまろやか系とも違う。 甘口系とでもいいましょうかね。

次の