嗚呼 類語。 「ブラッシュアップ」の正しい意味や使い方、英語表現も紹介!

あな【(上・熟・老)】【(甚)】【穴・孔】【(鄙・端)】

嗚呼 類語

あな【 上・熟・老 】【 甚 】【穴・孔】【 鄙・端 】 アナ ana 【 上・熟・老 】【 甚 】 正の方向に離れるさま。 尋常でないさま。 なんと。 『めは ゑをとこと をはわなうれし ゑおとめと』 『なくみこの こゑききとれは あなうれし』 『ふたかみおはお たたゑます きくきりひめも あなかしこかな』 『あはれ あなおもしろ あなたのし あなさやけ おけ さやけ』 『 あなありかたや あなにゑや あなうれしやと をかみさる』 「」の名詞化。 ここでは「」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。 変態:「」「」「」「」「」「ああ 嗚呼 」 類語:「」「」 【穴・孔】【 鄙・端 】 B: 放ち空けたさま。 払い除けたさま。 えぐれ。 『みすまるの あなたまはやみ たにふたわ たらすあちすき たかひこねそや』 『ついにほる ゐつをはしりの に みつからいりて はこねかみ』 『やもかみお めしてわれよお いなまんと さるたに あなお ほらしむる』 『なんちかまつり いさめすて おもねりきみお こころきたなし』 『めをませて しむみちかけて あなにすみ けししおはみて けころもき』 E: 負の方向に離れるさま。 『 の おしほゐに うふやのみみに あれませる おしほみのみこ』 『かくつちたつお はにやすに よろこうませと たつならす あなにうれふる』 『きみゆるされは あめひほこ うちかわのほり にすむ』 「」の名詞化。 ここでは「・放つ・払う・空ける」、また「」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

次の

嗚咽の2ch用語での意味とは?例文を用いて使い方や類語を解説

嗚呼 類語

「ブラッシュアップ」の使い方・例文 「ブラッシュアップ」の日常生活における使い方 日常生活における「ブラッシュアップ」は、主に個人の技術や能力において使われています。 よく使われているのは 「語学力」や「芸術的センス」などです。 例えば語学力を「ブラッシュアップ」するのであれば、すでにある程度の英語の読解力はあるが、さらに留学などでもう一段磨きをかけペラペラと話せるようになる、というような意味合いです。 絵画では、一度完成した絵をさらに完成度を高めるために「ブラッシュアップ」という言葉を用います。 自分自身で完成度を高めようと思う場合と、他者からもっと完成度を求められる場合とどちらでも「ブラッシュアップ」という言葉は使われています。 「ブラッシュアップ」の日常生活における例文 ・「芸術に触れ、感性をブラッシュアップする」 ・「絵のブラッシュアップをするためのアドバイスを求める」 ・「この作品はブラッシュアップをしたほうがいい」 ・「毎日帰宅後に英語力のブラッシュアップをする」 ・「留学して語学学校に通い、英語力のブラッシュアップをした」 「ブラッシュアップ」のビジネスシーンにおける使い方 ビジネスシーンではよく「ブラッシュアップ」という言葉を使います。 一般企業やIT業界などさまざまなビジネスシーンで用いられています。 使う場面は企画や提案、企画書やプレゼン資料などの書類、個人の能力などさまざまです。 その都度、ニュアンスも若干異なってきます。 企画や提案、書類など場合は「完成度を高める」と理解するとわかりやすいです。 例えば、大枠だけ決まっており流れなどが決まり「さらにブラッシュアップしよう」というと「具体的にしていこう」といった意味合いになります。 そして具体的に落とし込み、一度出来上がったものに対しても「もう少しブラッシュアップしよう」というと「さらに良いものにしよう」といった意味合いになります。 個人の能力に対しても「ブラッシュアップ」と使い、知識や技術をより高度なものにして上達させることを指します。 新人などに対しての指導などでもよく使われ、また中堅層などのさらなる向上や最新の知識や技術を学ぶための研修名などにも使われています。 文脈の使い方としては、動詞の「する」「図る」と使われることが多く「ブラッシュアップする「「ブラッシュアップを図る」となります。 「ブラッシュアップ」のビジネスシーンにおける例文 ・「プレゼン用の企画書をブラッシュアップしておく」 ・「そのアイデアをブラッシュアップして企画書にまとめておいてください」 ・「ビジネススキルのブラッシュアップを図る」 ・「会議で使う資料のブラッシュアップを行う」 ・「もう少し全体的にブラッシュアップ出来るとさらに良い」 ・「新しい企画はブラッシュアップの余地がありそうだ」 ・「中堅社員ブラッシュアップ研修に参加する」.

次の

索引「あ」

嗚呼 類語

「ブラッシュアップ」の使い方・例文 「ブラッシュアップ」の日常生活における使い方 日常生活における「ブラッシュアップ」は、主に個人の技術や能力において使われています。 よく使われているのは 「語学力」や「芸術的センス」などです。 例えば語学力を「ブラッシュアップ」するのであれば、すでにある程度の英語の読解力はあるが、さらに留学などでもう一段磨きをかけペラペラと話せるようになる、というような意味合いです。 絵画では、一度完成した絵をさらに完成度を高めるために「ブラッシュアップ」という言葉を用います。 自分自身で完成度を高めようと思う場合と、他者からもっと完成度を求められる場合とどちらでも「ブラッシュアップ」という言葉は使われています。 「ブラッシュアップ」の日常生活における例文 ・「芸術に触れ、感性をブラッシュアップする」 ・「絵のブラッシュアップをするためのアドバイスを求める」 ・「この作品はブラッシュアップをしたほうがいい」 ・「毎日帰宅後に英語力のブラッシュアップをする」 ・「留学して語学学校に通い、英語力のブラッシュアップをした」 「ブラッシュアップ」のビジネスシーンにおける使い方 ビジネスシーンではよく「ブラッシュアップ」という言葉を使います。 一般企業やIT業界などさまざまなビジネスシーンで用いられています。 使う場面は企画や提案、企画書やプレゼン資料などの書類、個人の能力などさまざまです。 その都度、ニュアンスも若干異なってきます。 企画や提案、書類など場合は「完成度を高める」と理解するとわかりやすいです。 例えば、大枠だけ決まっており流れなどが決まり「さらにブラッシュアップしよう」というと「具体的にしていこう」といった意味合いになります。 そして具体的に落とし込み、一度出来上がったものに対しても「もう少しブラッシュアップしよう」というと「さらに良いものにしよう」といった意味合いになります。 個人の能力に対しても「ブラッシュアップ」と使い、知識や技術をより高度なものにして上達させることを指します。 新人などに対しての指導などでもよく使われ、また中堅層などのさらなる向上や最新の知識や技術を学ぶための研修名などにも使われています。 文脈の使い方としては、動詞の「する」「図る」と使われることが多く「ブラッシュアップする「「ブラッシュアップを図る」となります。 「ブラッシュアップ」のビジネスシーンにおける例文 ・「プレゼン用の企画書をブラッシュアップしておく」 ・「そのアイデアをブラッシュアップして企画書にまとめておいてください」 ・「ビジネススキルのブラッシュアップを図る」 ・「会議で使う資料のブラッシュアップを行う」 ・「もう少し全体的にブラッシュアップ出来るとさらに良い」 ・「新しい企画はブラッシュアップの余地がありそうだ」 ・「中堅社員ブラッシュアップ研修に参加する」.

次の