かい くん 顔 バレ。 人気実況者の顔出しをまとめてみた!2019年までの素顔の写真など

すとぷり莉犬くんの顔バレ画像流出事件が酷い。性別や年齢も総まとめ

かい くん 顔 バレ

9:00 赤いスニーカーの靴紐をぎゅっときつく結び、軽く勢いをつけて立ち上がる。 念入りに、帽子、メガネもしたので、ここまですればさすがに地味な顔の僕はバレないと思う。 まだまだ生徒といえど、雄英体育祭以降、自分の事を知っている人が少なからず存在する事を知ってしまったし、以前はジェントルというヴィランにも出くわしてしまった。 それに、今回はきちんと自分で食紅も用意しないと、借りるのは砂藤くんにも申し訳ない。 りんごも切らしてしまっている。 材料も作り方も、頭に入っている。 大丈夫。 平和な夏の日曜日だ。 途中、共同スペースで会った切島くんや瀬呂くんたちに服装について訊かれたのでちょっと買い物にいってくる、と伝えると、そっか、気をつけて行って来いよ!と優しい言葉をかけられた。 平日よりは人がまばらなハイツアライアンスのエントランスを抜けると、天気予報の言う通り、ぎらぎらとした太陽が空に昇っていた。 りんご、砂糖、水、食紅。 頭の中でリズムをつくり、反芻しながら歩く。 少し歩いただけなのに、もう汗がじわじわと滲んでくる。 昼間になればもっと気温は上がるだろう。 そうなる前に早く帰らないと。 もうすぐで寮の門、というところで、向こう側から走ってくる人が見えた。 最初は蜃気楼がゆらゆらと揺れていて、よく見えなかったが、その人物が小走りでどんどん近づくにつれて、よく知っているシルエットがくっきりと浮かびあがり、わけもなく心が跳ねた。 「とどろきくーん!!!」 10メートルほど離れた場所から、大声で名前を呼んでブンブンと大きく手を振った。 数秒後、彼も僕がいることに気づいたようで、スピードを落としこちらに向かって走ってきた。 約束をしていなくても、ほとんど毎日会っているけれど、思いがけず会えるというのはまた別で、こんなに嬉しいものなのかと知った。 「はよ」 近くで見ると真っ白のTシャツが汗でぴったり張り付いていた。 髪の先にも汗の粒が光っていて、すこしだけどきどきした。 「おはよう、轟くん。 すごいね!この暑さでランニングしてきたの?」 「あぁ」 休みの日は昼まで眠る人もいるので、食事がみな同じ時間とは限らない。 そんなわけで今朝は共同スペースでも、洗面所でも、会えなかったのだ。 「緑谷は?どっか行くのか」 「そうなんだ。 今からりんご飴の材料を買いに行こうと思ってて」 「『りんごあめ』?」 「えっと、エリちゃんを文化祭に呼ぶ時にりんごが好きって言ってたから、りんご飴の屋台あるかもって通形先輩と言っちゃったんだけど、プログラムみたら無くて。 それで、作ってあげたんだ。 すっごく喜んでもらえたから、また作ってあげようかと思って。 今から材料買いに行くところだよ」 轟くんのことなので、洸汰くんよろしく、エリちゃん、という聞きなれないであろう名前とその人物の顔が彼の中で合致しない事に対して悩んだような表情を見せているのかと思っていた。 でも少し違った。 「『りんごあめ』って何だ…?」 「えっ!?そこなの!?」 知ってはいるが食べたことはない、ではなく、そもそもまずりんご飴を知らなかったらしい。 簡単にりんご飴を説明し、通形先輩にならって、りんごをさらに甘くしちゃったスイーツだよ!と付け足すと、彼がまるで小さい子供のような、キラキラした顔を見せた。 「まとめて材料買うつもりだったし、轟くんにも作ってあげるよ!」 「いいのか…!」 彼が目に見えて嬉しそうなので、つられて僕も嬉しくなってしまった。 「もちろんだよ!じゃあ、僕そろそろ行かなきゃ、またあとでね」 「…待て、緑谷。 俺も行く」 「えっ?轟くんも?うん…別にいいけど、外出許可証は—— 「すぐもらってくる。 緑谷は日陰で待ってろ」 僕の返事もろくに聞かず珍しく早口でそう言って、先ほどのランニングのペースを更にぐっと上げて一度寮に戻っていった。 [newpage] 9:32 日陰でのんびり涼んでいると、15分経っていないぐらいで、寮から轟くんが走ってくるのが見えた。 彼もまた変装のために帽子と、メガネをかけていた。 変装、おそろいだね!と笑いかけたあとに、はっとした。 そういえば僕らは「付き合って」いるので、今、もしかすると結構恥ずかしい事を口走ってしまったんじゃないかと気づいてしまった。 一人で慌てふためいていたが、轟くんはそうだな、と言って優しく目を細めてみせただけだったので、特に気にとめていなかったのだと少しほっとした。 白いVネックのTシャツに、紺色のワイシャツを上から羽織っている彼は、いつもとはまた違ったかっこよさがあった。 そういえばそもそも2人で、買い物とはいえ、出かけるのは初めてのことだ。 あれ、こういうのって、もしかしてデ、デートっていうのか、な… いや!!! いくらなんでも考えすぎだ!やめよう!!僕が過剰に反応しすぎなのか…?轟くんは何とも思わないのかな…と隣で並んで歩く彼をこっそり盗み見ようとしたら、なぜか目があって、驚きのあまり肩がビクゥッとなってしまい、思わずオールマイトの顔マネをしてごまかした。 食紅は最寄りのスーパーにはおいていないので、もう少し先の大きなスーパーまで行かないといけない。 片道、早足でも約30分。 刺すような日差しの下で、僕たちはいろんな事を話した。 文化祭の時、僕が全然帰ってこなくて実はとても心配されていたこととか、またみんなでプールで競争したいね、決着もまだついてないし、とか、そんなことを。 あまりの暑さに、スーパーまであと10分ぐらいのところではあったけれど、途中にあったコンビニに寄って、涼むことにした。 自動ドアを通ると冷気が急激に押し寄せ、熱のこもった身体をすっと冷ました。 轟くんは、日頃あまり行かないのか、コンビニの商品を隅々まで興味深く眺めたあと、よく冷えてそうなアイスケースの前で足を止めていた。 「あ、アイス!!アイス食べようよ轟くん」 「ん」 色んなアイスがあるのでつい迷いそうになるが、なんだかんだ僕はいつもオールマイトがパッケージの70円のソーダアイスと決めている。 アイスの中に粗く砕かれた氷が入っていて美味しいし、安いし、なんといってもオールマイトだし。 「これ、うまいのか」 「もちろん!うまいよ!」 「じゃあ、俺もこれにする」 あまり長居してしまうと、どんどん日が高くなって、ますます暑くなってしまうので、溶けちゃうかもしれないけど歩きながら食べよう、と提案した。 砂漠の中で見つけたオアシスのようなコンビニに後ろ髪をひかれつつも、僕らは再びスーパーへと向かった。 アイスがおもったよりもずっと美味しいことに感動したのか、夏空の下しゃくしゃくとアイスを食べながら歩く彼の表情は穏やかにみえた。 2人とも黙々と、アイスが溶けるまえにと急ぎ目にしゃくしゃくと食べつづけた。 スーパーの看板がもう目の前というところで、「お」と彼が声を発した。 驚いた時にする独特なリアクションだ。 「緑谷、なんか書いてある」 彼がうすっぺらなアイスの棒を凝視しているので、すぐにピンときた。 「え?あぁ!言うの忘れてた!すごい!アタリだよ!!やったね轟くん!!」 「アタリ?」 「えっとね、このアイス、ここにアタリって書いてあるとね、もう一本もらえるんだよ! いいなぁ!僕まだ当たった事一度もないんだよ!レアだよ!」 「そうなのか」 アタリの棒をお店に持って行くと、おんなじアイスと1本交換してもらえるというシステムを教えてあげると、もう一本もらえるのか、すげぇな…!!と、アタリの棒をまるで宝物かなにかのように大事に握りしめていた。 轟くんの家が厳格な家庭だったにせよ、なんにせよ、今は彼が、貴族が庶民になりすまして街まで赴き、庶民の文化を体験するという漫画にでてくる人みたいに思えてきて微笑ましくなった。 おそらく八百万さんもそんな感じだろう。 僕にとって当たり前の日常は、轟くんにとっての非日常で、逆もまたしかりなんだと思う。 これからもっともっと轟くんのことを知れたらいいなと、ちいさく願った。 やっと目的地のスーパーに着いて、目当ての物だけさっと手に入れた。 轟くんはまたもやいろんな商品に興味を持っているようだったが、そろそろ行かないと『りんごあめ』を作る時間がなくなってしまう、と伝えると それはダメだと思ったのか、スタスタと出口へ向かって歩き出した。 [newpage] 10:30 「暑いね」「あぁ」 日頃どんなに身体を鍛えていても、うだるような暑さとぎらぎらとした太陽には勝てないものだと思い知った。 風は生ぬるくて、弱くて、コンクリートに生えている雑草を申し訳程度に揺らすだけだった。 なるべく日陰を歩いて帰ろう、という事になり、来た道とは少し違う道を歩くことになった。 車も多い大通りからひとつ角に入ると、濃い緑色をした木々が、まるで並木道のように等間隔で植わっていた。 木陰を通ると体感温度がぐっと下がるのが分かり、2人でこの道で正解だねと目を合わせた。 雄英高校が、小高い丘の上にそびえたっているのが見える。 初めて歩く道ではあったが、ゆるい坂道になっているこの道をのぼれば、あと15分くらいのはずだ。 「轟くんの個性が今もし使えたらさ、冷たい氷にのってそのまま雄英高校までひとっ飛びかな」 「そうだな」 「いいなぁ」 許可されていない学外での個性の使用は原則禁止だけれど、轟くんの冷たい氷にのって悠々と雄英高校まで帰ることができたら、最高なのになぁ…と叶わぬ夢に思いを馳せた。 そして、轟くんがおそらくここまで長時間個性も使えず、ただただ炎天下に晒されているというのはかなり稀な事なのではないかと気付いた。 そう考えると、彼に申し訳ない気持ち半面、感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。 「轟くん、今日は本当にありがとう。 君と一緒に買い物できてすごく楽しかった。 2人でこんなふうに出かけるのって初めてだったし、実は最初ちょっと緊張しちゃって」 声には出ていなかったが、彼の顔がなぜ、と尋ねているのがわかって、そのまま話を続けた。 「最初ね、あぁ、僕そういえば轟くんと付き合ってるんだったなって思い出してさ、2人ででかけるってなったから、それってなんかデートみたいだなーって……なって…」 …あれ、僕、今なんて言った?? 「ゥワアアアアア!!!!ごめんとどろきくん!!!今の全部忘れて!!!!」 あぁ…やってしまった…!!穴があったら入りたい…!! いっそこのままたった今用事を思い出したことにして先に帰るねって、一目散に走って帰りたい…!! もう、非常に、気まずい。 思わず自分の顔を両手で覆ったとき、指と指の間からみた轟くんの顔はポカンとしていた。 地雷に自ら飛び込んでいってしまった僕とは正反対だったので、これまでの彼の反応からして、あれ、もしや轟くん、デートという言葉もそもそも知らない…?と思い始めたところで、まさかの言葉が返ってきた。 「言われてみれば確かに、 『デート』みてぇだな。 するか。 」 ほら、とでも言うかのように、すっと左手が差し出された。 「えっ?えっ?なに!?」 「『デート』は手つなぐもんだろ」 「そうな、の??」 彼は当たり前だろ、となぜかむしろ呆れた顔をしていた。 いかんせん僕も、なんとなく知っている程度で経験がないものだから、えっそうなの?デートってそういうものなの…??とよくわからないままに反射的に右手を差し出していた。 彼の手のひらに吸い込まれるように近づけたその手をやわらかく招かれ、そのままきゅっと包み込まれた。 そっと握られたので、手の平の熱さと感触がありありと伝わってきた。 この前抱きしめられた時は、ちょっと痛かったんだよな…と轟くんの部屋での出来事が連想ゲームのように浮かんできてしまったせいで、恥ずかしさが2倍にも3倍にも膨れ上がり、今にも爆発してしまいそうになった。 世の中の蜜月な恋人たちは、みんなこんなにむずがゆくて照れくさい事を平気でやっているんだと思うと信じられない。 一瞬人目が気になってしまったが、幸いこの猛暑、歩いている人は僕ら以外におらず、大通りから一本入った道だったので、車の通りもほとんどない。 万一、雄英高校の生徒や関係者が近くを歩いていたとしても、ある程度は変装しているので、よほどの人でないと気が付かないだろう。 当たり前だけど2人とも手のひらにしっとり汗をかいていた。 「なんかさ、お互いの汗でちょっとぬるっとするね」 と冗談めかすと、 「そだな。 夏は手つなぐの向いてねぇんだな。 」 なんて言い出すので、思わず吹き出した僕は爆発しなくて大丈夫になった。 手をぎこちなく繋ぎながら、ところでなんでデートっていう言葉知ってたの、と訊いてみた。 どうやら、轟くんのお姉さんが今はまっている恋愛ドラマがあるというので、勉強も兼ねて一緒に観た時に知ったらしい。 彼はその時に付き合っている2人が手をつないで出かけることを『デート』というのだと学んだそうだ。 大真面目に、勉強、と言ったので、失礼ながらも吹き出してしまった。 轟くんのそういうまっすぐさが、僕はものすごく好きなんだよなぁ、と目を細めて彼の横顔をこっそりとしばらく見つめていた。 君はすごいね、僕も勉強しなきゃだねと伝えて、一緒に付き合うということへの勉強も頑張ろうと約束した。 それから、「お前、付き合ってること忘れてんじゃねぇ」と言われたので、決して忘れてたわけではなかったんだけど、ちょっと気にしてたんだな…と思い、笑ってごめんと謝った。 雄英高校の敷地に近づいた時、そろそろ手を離そうと僕から言った。 2人の関係を変に思われるのが嫌なのではない。 ただでさえエンデヴァーの息子という立場で入学前から既に注目の的にされている彼だ。 噂には必ず悪意もつきまとうので、そんなことで彼に傷ついて欲しくないと思ったのだ。 轟くんには、お互い今後ヒーローとして活躍するためにも、今日は周りに人がいないからよかったけれど、なるべく慎重に行動しよう、と伝え彼もそれに同意した。 手がすっと離れていった時、離そうと言ったのは自分からなのに少しだけさびしいような気持ちがした。 10分程度の短い『デート』は、僕には1時間ぐらいに感じられた。 敷地近くに差し掛かった時、 そういえばアイスもらうの忘れてたね、 というと、 また『デート』すればいいだろ、 と言われたので、やっぱり僕は爆発するしかなかった。

次の

ざんげちゃんの素顔&すっぴんかわいい!衝撃の顔バレ!ハイグレ玉夫と関係?

かい くん 顔 バレ

この「お願いダーリン」の再生回数がなんと1000万回再生を超え、莉犬くんの名前が一気に知れ渡ることとなりました!歌詞も曲も、莉犬くんの歌声も可愛いですよね。 莉犬くんは、顔バレの動画や顔画像も話題となっていますが、中性的な歌声なので莉犬くんの性別も「男性?女性?」と噂になっています。 その顔バレしてしまった動画はもう削除されてしまって見ることはできませんでしたが、莉犬くんと思われる顔画像はツイッターに投稿されていました。 莉犬くんの顔がわかるライブでは、莉犬さんはしっかりメイクしているのですっぴんの顔を知る人は少ないので、顔バレした顔画像が本当に莉犬くんかどうかは不明です。 ですが、この顔バレ動画に関しては「他の人が映ることはありえない」という意見が多く、この顔画像は莉犬くんとされているようです。 普段、アニメキャラクターで活動している莉犬くんなので、驚いたファンも多かったようです。 先ほどの顔バレ画像とは違う人のようにも見えますよね!莉犬くんはイケメンですし、可愛さもありますね。 顔バレ動画が出てすぐ、莉犬くんが自身の顔画像をツイッターで投稿したので、顔バレ動画の否定という意味がこもったツイッターの投稿だったのかもしれません。 確かに、莉犬くんの歌声は中性的ですし、顔立ちも可愛い印象ですが、性別障害というのはどういうことなのでしょうか? 莉犬くんが言われている性別障害というのは「性同一性障害」のことで、莉犬くんがその性同一性障害という噂があるようです。 実際に、莉犬くん自身から性別障害について、莉犬くんの性別に関してファンに向けた投稿がありました。 こちらが自分からの報告です。 長くなってしまいましたが最後まで読んでいただけると嬉しいです。 女性らしくしていないといじめられたり、除け者にされたりしていたそうで、女性である違和感と周りとの関わり方で悩んでいたそうです。 しかし「歌ってみた」の動画に出会い、女性でも男性でも関係なく、莉犬くん自身の歌声を認めてもらえたことで、性別障害も何も関係なく自分は自分として生きていこうと勇気づけられたそうです。 現在では、女性ではなく男性として生きていくことを決めた莉犬くんですが、女性や男性関係なく「莉犬くん」として活動しています。 この莉犬くんの告白に、莉犬くんのファンは「莉犬くんが女性であろうが男性であろうが関係ない」「莉犬くんは莉犬くんだよ」「性別障害のこと話してくれてありがとう」という意見が多かったようです。 莉犬くんのファンは莉犬くんの歌声や声が好きというファンが多く、莉犬くんの歌や話している声を聞いている人が多いようです! 莉犬くんは、すとぷりの活動以外でもソロでも活動しており、2019年12月には莉犬くん初のオリジナルアルバム「タイムカプセル」もリリースする等、莉犬くんの歌は多方面から支持されています。 アルバムにはヒット曲や、カバー曲、そして莉犬くんが作詞も務めた楽曲が収録されています。 今でこそ性同一性障害であることを告白し、受け入れられていますが、告白するまでにはかなりの勇気がいったそうですよ。 自分でも性別の違いに苦しむ中で、周りからの悪口など辛いことがたくさんあったようですね。 周りからは認められても、自分を偽って生活するのは大変だったでしょうね。 そんな中、先ほども触れたように、ありのままの自分でいられるネットの世界に引き込まれていきます。 「男みたい!」と言われることに喜びを感じていたそうです。 そこで性別を非公開にし、活動をすることにしました。 リスナーが離れてしまうのではないか、と心配だったそうですが、それ以上にいつも応援してくれるリスナーに自分を隠し続けるのが嫌だったそうです。 ほんとうに勇気を出して話してくれてありがとう。 莉犬くんは莉犬くんです。 そんな莉犬くんが私は大好きだから、これからも応援するし、ついて行かせてください。 ついていきます。 だいすきです。 一緒に、共にがんばっていこうね。 勇気をありがとう。 自分の家は普通じゃないんだと気づいたと言います。 確かに普通はそんなこと自分の子供に言いませんよね。 その借金のせいで、家を追い出されたり、借金取りがくることもあったといいます。 そんなこともあって母親は重いうつ病になってしまったそうです。 母親にとっても辛い日々だったのでしょうね。 声優になりたいと母親に伝えた時も「あなたは声優にはなれない」と一言で却下されてしまったそうですよ。 名前 莉犬 りいぬ• 本名 非公開• 性別 女性 現在は男性として生活している• 生年月日 1998年5月24日• 年齢 21歳 2020年1月現在• 出身地 東京都• 血液型 B型• 身長 149. 8cm• 好きな食べ物 らーめん• 莉犬くんは長い間、自身の性別障害について悩んでいたそうですが、その時の経験を糧にしてこれからも活躍して欲しいですね!.

次の

【悲報】超人気イケボ大物Youtube r、顔バレしてしまう… [ニコニコあっぷる]

かい くん 顔 バレ

また、本名や年齢といった情報は公開されているのでしょうか?気になったので調べてみました! 調べてみて感じたのですが、莉犬はなかなかキャラが強くてユニークです! 例えるなら、こいろちゃんやモカラテのような、キャラを演出(?)していくタイプの配信者といえるでしょう。 【関連記事】 【関連記事】 今回は、調べた情報と一緒に、莉犬の魅力なんかも紹介していきます! sponsored link Contents• 莉犬(歌い手)の年齢や誕生日などプロフィール情報!本名は公開されている? 名前: 莉犬(りいぬ) 本名: 非公開 性別: 不明 年齢: 20歳 現住所: 東京都 誕生日: 1998年5月24日 莉犬さんはニコニコ動画の「歌ってみた」で人気の歌い手さんで、ツイキャスの配信なども行っています。 人気が一気に伸びたのはニコニコ動画の企画の「イケボ選手権」かきっかけのようですね! 本名は残念ながら公開されていませんでした。 本名がわかっていれば 後述する性別に関しての意見割れも出ていないはずですから、本名が流出していることはなさそうです。 住みは東京都内だそうですが、実家で家族と一緒に住んでいる様子から出身もおそらく東京なのでしょう。 私の勝手なイメージですが莉犬さんは身長はあまり高くない方なんじゃないかなと思っています。 【関連記事】 【すとろべりーぷりんす結成…!!!!! けちゃっぷ. かんな. しゆん. ころん. るぅと. さとみ. どちらの意見の方も「実際に見たことがある」「莉犬が自分で性別を言っていた」という点を根拠として挙げており、どちらの意見が正しいのか第三者からは判別不能な状況となっていました。 ですが女性派の意見からはこちらの画像のような物的証拠が出ていましたが、男性派からはこちらに勝るような証拠がないようですし、女性派意見のほうが有利なのかもしれません。 【ニコニコ動画】大嫌いなはずだった。 歌ってみた ver. そういったこともありますし、莉犬の性別を声で判断することは出来なさそうですね… どうしてもハッキリさせたい方は、莉犬さんの声が入ったデータを日本音響研究所に持ち込んで実費でご相談いただくしかないかもしれません。 なんとなくですが…私の個人的な意見としては、女性の可能性のほうが高いかなぁと思っています。 しかし、この噂について莉犬本人が発言した証拠は何もありません。 その発表の画像が下記にあります。 今回の発表では、医師の診断書が出ている正式な性同一性障害である旨も併せて発表されています。 この発表を聞いて好意を持つファンも、逆に離れていくファンもどちらもいると思います。 また、障害によって過去にはかなり辛い思いをしてきたことも告白しています。 莉犬本人は、今回の発表に相当な覚悟が必要だったことでしょう。 そして、莉犬と同じく性同一性障害を抱える人にとっても、これから莉犬がもし活躍できれば間違いなく励みになると思います。 できることなら、これを読んでいるあなたにもぜひこれからの莉犬を応援していただけたら嬉しいです。 そうやっていつの日にか、「障害」ではなく「個性」と呼ばれる日が来るといいですね・・・ sponsored link 莉犬の顔出し写真はある? 莉犬さんの顔出し写真はあるのだろうか?と探し回っていましたが普通に検索をしても出てきませんでした。 しかし、某サイトにて探してみたところ、このような画像を見つけました。 これが本人だと決定づける根拠はありませんが、一応貼らせていただきますね! るぅとさんの時と同様、こちらの画像でもコピーガードが機能しているためスマホのスクショでしか保存する方法がありませんでした。 そのため画質は良くないのですがご了承ください! また余談ですが、雑談たぬきでは莉犬さんは女性だとする意見が多数のようですね。 雑談たぬきは匿名掲示板ですからデマなども流れやすい環境ではあります。 しかし一方で、そこの主な住人であるアンチファンは相手に相当粘着していますので、かなりの情報通だったりもします。 「情報は得やすいが信憑性も高くはない」という点はしっかりと理解しておく必要があると思います。 sponsored link 莉犬のまとめ 上でも散々触れてきた莉犬さんの性別についでですが、莉犬さんはTwitter上のこの手の質問に対して一切返信をしていません。 もしかしたら莉犬さん自身もあまり答えたくない内容なのかもしれませんね。 だとすれば、ご本人にこの質問はしないほうがいいのかも…? あえてどちらかわからない状態にしておいた方がお互いの為かもしれません(意味深 質問をしても期待している返答が得られる可能性は低いので、どうしても確認がしたいのならイベントなどに参加してご自分の目で確かめてみるのが一番でしょうね。 まぁその実際見たという人の中でも意見が割れていますから、確実に満足できるような答えを得られるかというとそれは疑問ですが…w ネットの意見に振り回されている今よりも、自信が持てる可能性は高いといったところでしょうか。 その確認が行えるイベントとしての一つとしてはストプリのライブなどがあります。 チケットの再販売は15秒で完売致しました!ありがとうございました! ライブの際の注意事項の書かれたブログが投稿されたのでライブに参加する方は確認よろしくお願いします。 話は変わって、 私も、前にクラスメイトに悪口などを言われ、とても悩んでました。 私は、莉犬くん程では無かったです。 みんな クラスメイトなど 、悪口を言われたり、いじめられた人の気持ちなんか、1ミリも分からない。 そうやって生活してる。 私は、そういう目でみんなの事も見ていました。 だから、莉犬くんが今まで、どんだけ辛いことを乗り越えて来たのかが、十分に伝わりました。 私でも、結構辛かったのに…莉犬くん相当頑張ってたんだなあって。 今も頑張っているんだ。 莉犬くんも、私らと同じなんだ。 気持ちの分かる人 と思ったら、気持ちがぶわああって溢れて、涙が顎まで垂れるぐらいに泣きました。 元から、莉犬が「大好き」だったから、余計に感情が溢れてしまいました。 ただ、この気持ちをここに書きたくて、書きました。 なんなら、私の人生と、莉犬くんの人生、変わってあげたいです。 そんな辛い思いなんて莉犬くんさせたくないから、私なんかの方がよっぽど似合って? 大好きだよ。 w」などと言われる事があります…でも、僕より莉犬くんの方が辛い思いをしたと思うので、こんな自分のことはどうでもいいと思いますが…笑今後も莉犬くんの事を応援しますし、リスナーでいます!なので、頑張って欲しいなと思います!大好きですよ!!莉犬くん!! 長文、失礼致しました!.

次の