石川ミリオンスターズ。 石川ミリオンスターズ

石川ミリオンスターズの選手一覧

石川ミリオンスターズ

ルートインBCリーグ(16日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で、富山GRNサンダーバーズと13回戦を行い、七回規定により4-3でサヨナラ勝ちした。 1点を追う七回裏2死1、3塁から5番楠八重将哉の右前打で同点とし、6番吉村悟央が左越えサヨナラ打で接戦をものにした。 「無心で振った。 夢のような感覚だった」。 今季導入された制限時間の規定により、最後のバッターになるのが濃厚だった吉村が抜け気味の変化球を振り抜くと、「高校の時に打って以来」というサヨナラ打となった。 石川は先発金子尚生が六回まで、8安打を浴びながら要所を押さえて3失点。 女房役として苦心のリードを続けた吉村は「コントロールよく投げてくれた」と、勝機を呼び込んだ金子の粘りの投球をたたえた。 石川は今季ここまでチーム防御率5点台で、競り負ける場面が多かった。 「接戦で勝てたのは大きい。 次もしっかりいきたい」と笑顔を見せた。 西地区Eグループの石川は6勝7敗2分けとし、富山とのゲーム差を1・5とした。 田口竜二監督は「ファンに球場で応援してもらうとやはり違う」と、今季初めて観客を入れた試合で白星を挙げたことを喜んだ。 石川は17日、福井市の福井フェニックススタジアムで午後6時から福井ワイルドラプターズと対戦する。

次の

一度は諦めたNPBへの目標、今再び ~石川ミリオンスターズ・寺田光輝~

石川ミリオンスターズ

〜もくじ〜• 中学時代はボーイズリーグに所属。 サードを守り、3年生の時に 九州大会に出場しています。 中学卒業後は地元の 嘉穂東高校に進学しました。 高校時代 永水投手が本格的にピッチャーを始めたのは 高校2年の秋からです。 3年夏の福岡県大会では3回戦で先発しましたが、 久保拓眞投手 現・ヤクルト のいた 自由ケ丘に 2対3で敗れています。 大学時代 高校卒業後は 明星大学に進学。 大学時代は特記するほどの成績は残していません。 3年時秋までの6シーズンを 首都リーグの2部で過ごし、4年春、秋だけ 1部リーグを経験しています。 4年春の時点では、大学卒業後は社会人で野球を続けたいと考えていた永水投手でしたが、周りに相談した結果、1年目からプロ入りできる可能性のある独立リーグでプレーすることを決断しました。 独立リーグ時代 石川ミリオンスターズでは1年目からリーグ戦に出場。 新人ながら先発の一角として起用され、入団1年目の2018年は チーム最多の9勝 5敗 をマークしました。 コンディショニングを維持するコツをつかんだ2年目には、さらに成績をアップさせます。 7試合連続完投を含むシーズン8完投 うち5完封 、11勝5敗、防御率2. 21の好成績を残しました。 変化球は スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートなど。 石川ミリオンスターズの 武田勝監督からは 「 スタミナと回復力 その両方がズバ抜けている。 それとピッチャーとしての立ち居振る舞い、ゲームの中での駆け引き、そういうのができるようになったのが大きい」 と高く評価されています。 また、永水投手はコントロールにも自信を持っていて 「やっぱりウリはコントロールかなって自分の中では思っている」 遠投110m、50m6秒2。

次の

吉村サヨナラ打 BCリーグ・石川ミリオンスターズ

石川ミリオンスターズ

当球団から直接入団した選手に限る。 (2007年)• - 育成ドラフト1位(2008年 - 2016年、2012年途中から) (2012年)• (55) - (2013年) (2015年)• (24) - (2015年途中 - 2016年)• (20) - 読売ジャイアンツ育成ドラフト8位(2016年 - ) (2016年)• (33) - 横浜DeNAベイスターズ(2017年• (5) - オリックス・バファローズ育成ドラフト4位(2017年 - )• (22) - 育成ドラフト1位(2017年 - )• (18) - 育成ドラフト1位(2017年 - ) (2017年)• 20 - 東北楽天ゴールデンイーグルスドラフト7位(2018年 - )• 14 - 横浜DeNAベイスターズドラフト6位(2018年 - )• 17 - 東京ヤクルトスワローズドラフト8位(2018年 - ) その他 [ ]• - 2009年三塁手ベストナイン、2011年二塁手ベストナイン• - 元・• - 2010年最優秀防御率• - 2011年一塁手ベストナイン、2012年三塁手ベストナイン• - 投手コーチ兼任、元・• - 2010年最多盗塁(リーグのシーズン最多盗塁記録)• - 2013年外野手ベストナイン• - 2008年捕手ベストナイン、現・• - 2007年最多勝利、最多奪三振、シーズンMVP• - 元・• - 退団後、(予選)• - 元・• - 元・• - 元・読売ジャイアンツ、2008、2009、2011年最多勝、最多奪三振、2009年前期MVP、2011年シーズンおよび後期MVP• - 元・横浜ベイスターズ• - リーグ初の女性選手• 歴代監督 [ ]• (2) (2007年 - 2009年)• (34) (2010年 - 2014年)• (14) (2015年、選手兼任監督)• 2 (2016年 - 2017年)• 38 (2018年 - 2019年) 関連項目 [ ]•

次の