学芸 館 高校。 岡山学芸館高校の進学実績

岡山学芸館高校ダンス部

学芸 館 高校

概観 [ ] (35年)に設置・開学。 の他、全国の私立学校としては初めて設置されたがある。 また、同科の生徒は全員が最低1年のを行う。 度(SELHi)指定校, 度 SGH 認定。 近年は部活動にも注力しており、硬式野球部が(13年)のに出場したことを皮切りに、その他スキー部、バスケットボール部、吹奏楽部などが全国大会に出場している。 また、に硬式野球部がに出場し、春夏合わせて3度目の甲子園出場となったので甲子園初勝利を挙げた。 生徒指導において「」をいち早く導入している。 また、生徒のを持ち込み可とし、学校連絡にもを活用している。 学園の信条 [ ] 学校創立者の森嘉吉が情誼、と、の重視、の伸長、 愛国などの内容からなる建学の精神6カ条を記し、今日まで「学園の信条」として継承されている。 教育目標 [ ] 教育目標として、高い観の育成、の遵守、意識と・意識を両立した教育、英語教育・交流の重視、・・を重視した教養教育、教育の充実、文武両道の教育などを掲げている。 沿革 [ ] 年表 [ ]• 4月 - 岡山県西大寺女子高等学校(学校法人金山学園)として開校。 1月 - 金山学園高等学校に改称。 4月 - 衛生看護科と英語科を新設。 4月 - 食物調理科新設。 4月 - 岡山学芸館高等学校(学校法人森教育学園)に改称。 4月 - 文部科学省からスーパーイングリッシュランゲージハイスクールに指定(2006年度までの3年間)。 4月 - 岡山学芸館清秀中学校が開校。 2011年3月 - 食物調理科閉科• 4月 - 岡山学芸館高等学校に普通科清秀高等部 中高一貫部 を開設。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 一丁目11番19号 交通アクセス [ ]• 徒歩5分• 徒歩5分 設置形態 [ ]• 中学校• 高等学校• 普通科• 清秀高等部 中高一貫部、2013年度より新設• スーパーVコース• 特別進学コース• 進学コース• 医進コース(2010年度より新設)• 英語科 部活動 [ ].

次の

岡山学芸館高校(岡山県)の偏差値や入試倍率情報

学芸 館 高校

ハイレベル文武両道 「文武両道」は、岡山学芸館の伝統。 全国的な活躍を見せる5つの教科指定部のほか、文科系・体育系のさまざまな部活動があり、全生徒の8割が入部し、充実した学園生活を送っています。 好きなことを続けながら大学進学の夢も果たす生徒たちの姿はきらきらと輝き、明るく活気に満ちた学園の象徴です。 学校でも地域社会でも、隣の友は外国人という時代になってきています。 中学生のうちから視野を広げて学んでいきましょう。 長年培ってきた独自の英語教育を学芸館コースでも実施します。 英語を母国語とする教員による「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能の向上に取り組み、中学卒業時には全員が英語検定準2級の取得を目指します。 英語を母国語とする教員によるアクティブラーニング型の授業を実施します。 考えてアウトプットすることで、生徒は次第に英語で話す力を身につけていきます。 また、年間200名を越える短期留学生との交流を通して異文化理解力も育成します。 ICT・プログラミング教育 日々変わりゆく社会では、情報活用能力の習得はもちろん、論理的思考力やクリティカルシンキング(批判的思考力)などの次世代型スキルの習得が望まれています。 6ヵ年を通して、社会に必要とされる総合的なICTスキルを磨きます。 中学1年次ではMinecraft、2年次ではUnityを授業教材として用いて、レベルの高いデザイン力や想像力を身につけます。 探求活動の成果をポスターや発表を通して行います。 人に伝えるために必要な力もICT教育で養うべき大切な力の1つです。 自分たちの学びを学校内外へ広く発信するための力もしっかりと養います。 土曜特別講座 学芸館コースでは、隔週で土曜日特別講座を行います。 日々の授業での学びを更に深化させることを目的として、様々なプログラムを実施します。 考えて実行する学芸館スタイルの新たな学びの手法を中学生から積極的に取り組みます。 世界の様々な価値観や文化に触れながら英語力と深い思考力を養います。 この特別授業では、学芸館高校で実践している課題研究の手法を活用します。 学芸館コースで目標を見つけよう! 定員20~40名 土曜授業や先取り学習なし 部活は岡山学芸館高校と6ヵ年一貫 高校進学時は、岡山学芸館高校の希望の科・コースへ進学します。 現在の仕事の8割がAIに奪われるといわれる時代、「人のみが担える役割」は、新しい価値を生み出す想像力、人の心のひだに触れるコミュニケーション、理屈では割り切れない問題への対応力が必要であると言われています。 次年度から新設する清秀中学校「学芸館コース」ではこれからの社会を牽引する人材育成を目指した新しい教育プログラムを展開します。 全国レベルの部活動と時代のニーズにこたえる特徴的な学習を通して総合的な人間力を育成します。 どうぞご期待ください。 学校法人森教育学園 副理事長 岡山学芸館清秀中学校 校長 森 健太郎 学校紹介•

次の

岡山学芸館高校(岡山県)の評判[p.2]

学芸 館 高校

本校は,平成16年4月に開校して以来,通信制高校としての使命感をもって,皆様のご期待に添えるよう,教職員一同が一丸となって,学校運営に努力してまいりました。 しかしながら,予想した生徒数の確保が開校当初よりかなわず,日ごと学校運営が厳しさを増してまいりました。 特に近年は,少子化の影響によって生徒数が激減し,現時点での在校生は,650人弱(休学者・各学習センター在籍者含む)となりました。 全国的に見ましても,公立・私立学校の統廃合が進められているという現実がございます。 このように子供の数が減少している状況からして,将来的にも生徒数確保が厳しいものと推測され,よってこれ以上学校を運営・継続して行くことが,困難であると判断いたしました次第です。 以上のような状況を鑑みて,先の学校法人大成学園理事会において,前述のとおり,学芸館高等学校の生徒募集停止・閉校の決定をいたしました。 これまで本校に関しまして,皆様よりまことに多大なご理解をいただき,そしてご指導、ご鞭撻をも賜り感謝に堪えません。 皆様方には,大変なご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。 以上の事情をご賢察の上,皆様のご理解を心よりお願い申し上げる次第です。 なお,今後のスケジュールとしましては,平成29年度から募集を停止し,平成31年3月31日を以って閉校となります。

次の