多 部 未華子 ドラマ。 多部未華子さん出演のおすすめドラマ

多部未華子

多 部 未華子 ドラマ

instagram. 1989年 といえば平成元年ですので、ちょうど時代の変わり目ですね。 2002年、13歳の時にスカウトされ、その年のうちにPVやテレビドラマに出演をはたします。 その後も、2005年、2006年と相次いで新人賞をとり、順調にキャリアを積んでいきます。 そして、多部未華子の名が全国区になるきっかけとなったのが、 2009年のNHK連続テレビ小説「つばさ」での主演です。 出典:Yahoo! ブログ — Yahoo! JAPAN オーディションで1593人の中から主役の座を射止めました。 大学は東京女子大学を休学をはさんで6年間で卒業しています。 中学生の頃から大人に囲まれてお仕事をしていた多部さん。 大人とのコミュニケーションの中で経験した心理や感情の変化に興味を持ち、現代文化学部コミュニケーション学科に入学します。 しっかりと学びたい目標があって、それを学べる大学を選んだんですね。 多部未華子の結婚・熱愛の噂は? おおかみ 多部未華子さんは現在、結婚していません。 ただ、彼氏に関しては何度か週刊誌で報道されています。 まずは、窪田正孝さん。 2012年放送の「大奥~誕生「有功・家光編」」で共演しています。 このドラマは男女が逆転した歴史改変SFなんでややこしいのですが、多部さんが男装して将軍になりすます姫、窪田さんが側室として仕え、跡継ぎが生まれるという役柄の関係でした。 出典:シネマトゥデイ 窪田さんとは2013年にフライデーで、2014年と2015年には女性セブンにスクープされています。 しかし、その後続報はなく、結局破局してしまったようです。 年齢は31歳(2019年現在)で、代表作は「花子とアン」が有名ですね。 次に多部さんとのデートをスクープされたのは宅間孝行さん。 多部さんの出世作「つばさ」で共演しています。 出典:よろず堂通信 俳優、脚本家、演出家、映画監督と多彩な活動をしています。 宅間孝行さんは1970年生まれですから、多部さんとは20歳近く年齢が離れています。 二人がフライデーにスクープされたのは2014年12月。 窪田さんとスクープされた2013年~2015年と重なっています。 二人の年齢差もあり、窪田さんとの恋愛に関する相談相手だったとも言われています。 結局、宅間さんとはその後のスクープはないので、少なくとも現在は恋愛関係ではないようです。 そのほかに、高良健吾さん、三浦春馬さん、高橋一生さんと、ドラマや映画などで恋人役として共演した俳優さん達との噂はありますが、スクープ報道はなく、噂の域を出ないものばかりです。 多部未華子の出演ドラマ 13歳から女優のキャリアがある多部美華子さん。 出演ドラマはたくさんあります。 HAPPY! 多部さんが初めて出演したドラマです。 13歳でスカウトされた年での出演です。 魚 子で「ななこ」と読みます。 角田光代の直木賞受賞作が原作です。 30代の主人公の現在と高校時代と2つのシーンが交互に描かれます。 多部さんは主人公の高校時代の同級生として、主役に準じる役どころです。 ブログ — Yahoo! JAPAN 2007年1月のドラマ。 多部さんの主演作となりました。 ヤングマガジンで連載された松本剛の漫画が原作です。 貧しい家庭で育ちながら宝塚音楽学校を目指す少女の物語です。 多部さんは、葛藤しながらも強く生きる主人公・君子を演じています。 嵐の二宮和也さん演じる主人公・山田太郎はイケメンで頭がいい完璧人間ですが、家が貧乏。 ただ、本人に品があるため、周囲は彼を裕福だと勘違いします。 多部さん演じるヒロイン・隆子はお金目当てで主人公にアプローチするも、そのうち本当に恋に落ちる、という役どころ。 — FC2 2008年1月~3月のドラマ。 万城目学の小説が原作。 地球の自然を守るため、神々の使いと選ばれた人間達が繰り広げる笑いありの壮大な物語です。 多部さんは高校生・堀田イトとして、教師である主人公とともに数々の難題をクリアしていきます。 別冊マーガレットで連載されたアルコの漫画が原作。 普段は喧嘩ばかりのヤスコと兄のケンジ。 しかし、ヤスコのピンチには元・暴走族のケンジが必ず助けにきてくれる、というお話です。 多部さん演じるヤスコとTOKIOの松岡昌宏さんの掛け合いが見どころです。 ブログ — Yahoo! JAPAN 2009年3月~9月。 NHKの連続テレビ小説で多部さんの名前が若者からお年寄りまで知られるようになった作品です。 短大生ながら実家の老舗和菓子屋の跡継ぎであり、専業主婦でもある主人公・つばさ。 しかし、夢を追いかけ家を飛び出した母が借金を抱え帰ってきたことをきっかけにストーリーは動き出します。 紆余曲折の末、一緒にラジオ曲を立ち上げることになる真瀬を宅間孝行さんが演じています。 — FC2 2009年10月~2010年3月。 山崎豊子の小説が原作。 戦後、11年間のシベリア抑留を経て、総合商社に入社した主人公・壹岐正。 日本が復興していく時代に、ビジネスで世界を相手に戦う壮大な物語です。 戦い、悩み、時に挫折し、必死に生きる壹岐正の娘、直子を多部さんが演じます。 2010年7月~9月。 総合診療医である主人公・後藤英雄が患者の病気を推理ドラマのように解明していくドラマ。 腕利きながら、本当はアイドルになりたい東山紀之さん演じる主人公・後藤。 多部さん演じる研修医・桃子はそんな主人公をうまく操り、病院の改革を目指します。 コミカルなドラマで、多部さんは顔をいじられたり、みんなに毒舌を吐く役回りです。 森本梢子の漫画が原作。 犬並みの嗅覚を持つ刑事である一子(通称ワンコ)。 天然ボケながら、正義感と嗅覚を武器に難事件を解決していきます。 操作中もゴスロリファッションに身を包む主人公・一子を演じる多部さんが見どころです。 誉田哲也の小説が原作。 心優しいながら演技で涙も流せる門倉美咲と人を強いか弱いかで評価する肉体派の伊崎基子。 対照的な二人が巨大な犯罪組織と対決していく警察モノです。 多部さん演じる美咲は、合同訓練で見事な泣きの演技を見せ、「カンヌ」と呼ばれるようになります。 ベストセラー作家・東野圭吾原作。 ミステリー小説好きの小学校教師・竹内しのぶが教え子や刑事とともに難事件を解決します。 多部さん演じる主人公・竹内しのぶの「うちは大路のしのぶやで」が決めゼリフ。 ブログ — Yahoo! JAPAN 2012年10月~12月。 よしながふみの漫画が原作。 疫病により男子が激減、そのため女でありながら「将軍」にされる主人公を多部さんが演じます。 主人公の側室の一人を窪田正孝さんが演じています。 他の病院で断られた患者が最後に来る病院。 そこに集められた6人が奮闘する物語。 クールな脳神経外科医・橘歩美を多部さんが演じます。 15年前の殺人事件を追う刑事・香西。 その香西を手伝っていた里紗が被疑者を死なせてしまいます。 香西は里紗を守るため、死体の処理をゴミ処理技術の研究者・真崎に依頼しますが… 犯罪者たちに翻弄される里紗を多部さんが演じます。 古本屋を営む大家族・堀田家。 個性的すぎる一家が下町の事件を解決していく涙と笑いの詰まった物語。 主人公・すずみは本が大好きな女子大生。 もう一人の主人公・青(亀梨和也)と恋に落ちます。 主人公・澤田拓人は大学生。 家業の病院の後継と期待されていたが挫折。 やがてALSという難病におかされてしまう。 主人公の恋人・本郷恵を多部さんが演じます。 百田尚樹の小説が原作。 映画化もされてます。 健太郎と姉の慶子は、祖父・賢一郎から二人の実の祖父は特攻隊として戦死していたことを知らされます。 わずかな手がかりをもとに祖父のことを調べ真相に迫っていく物語です。 二人の祖母・松乃の若かりし頃を多部さんが演じています。 悪人をいたぶりたいがために刑事になった黒井マヤ。 数々の個性的な刑事役をつとめた多部さんの次の役はドS。 日本人形っぷりも健在です。 2017年1月~3月。 五感のうち4つ(聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を失った日暮旅人(松坂桃李)。 その代償として研ぎ澄まされた視覚を使い探し物探偵として事件を解決していく物語です。 旅人の血の繋がらない娘・灯衣が通う保育園の保育士・山川陽子を多部さんが演じます。 珍しく茶髪になります。 問題児ばかりの高校の吹奏楽顧問となった主人公・樋熊迎一(寺尾聰)。 生徒たちと向き合いながら吹奏楽部の全国大会を目指し熱い闘いのドラマ。 多部さんが演じるのは、主人公の娘・樋熊奈紀。 父を手伝い吹奏楽部の指導にあたります。 現実の男には期待しない恋愛シミュレーションゲームプランナー(多部未華子)と女心のわからない社長(高橋一生)とのラブコメです。 小川糸の小説が原作。 祖母の死をきっかけに文具屋と人の思いを文字にする「代書屋」を継いだ主人公・鳩子。 自分の思いをうまく伝えられない人々を言葉に表すなかで、鳩子自身の心も満たされていきます。 SNS全盛の時代に手紙の代書を請け負う主人公を多部さんが演じます。 商社マンである主人公(櫻井翔)が出向して私立高校の校長に就任。 学校の立て直しに取り組む社会派エンターテインメント。 主人公の恋人役を多部さんが演じます。 宮部みゆき原作のベストセラー小説を大林宣彦監督が映像化。 どちらかと言うと暗いトーンのこの作品で、しっかりと生きる力を感じさせる役です。 主人公・岩本サトルは交通事故で母親を亡くすと同時に車椅子で生活することに。 父親が開発したロボット・HINOKIOを遠隔操作して学校生活を再開。 クラスメイトや父親との触れ合いの中、心を開いていくという物語です。 当時16歳の多部さんはボーイッシュな主人公を演じます。 クラスメイトの転校をきっかけに少年少女たちの関係が動き出すという青春映画。 多部さんは、転校するクラスメイトの幼馴染を演じ、「HINOKIO」とこの作品でブルーリボン賞新人賞を受賞しました。 中学2年生のエリコは母に頼まれ弟のダイゴを迎えにいく。 2人で家に帰るがいつの間にか元の世界とズレたパラレルワールドに迷い込み… 多部さんの自然体の演技が物語に説得力を持たせます。 引きこもりの少女が、沖縄県の西表島の自然と人々と触れ合うなかで、自分を取り戻していく物語です。 いじめにあい引きこもった少女・鈴木ひろみを多部さんが演じます。 恩田陸の小説を映画化。 全校生徒が80キロを夜通し歩く伝統行事「歩行祭」。 主人公・甲田貴子は一度も話したことのないクラスメイト・西脇融に話しかけようとする。 実は二人は母親の違う兄妹なのだが、友人たちは勘違いして告白させようとする。 ひたすら歩き続けるなかで成長していく主人公を多部さんが演じています。 特攻隊員と彼らから母親のように慕われた女性の物語。 食堂を経営する鳥濱トメと娘・礼子(多部)の視点から特攻隊員の姿が描かれています。 呪いにかかった合唱部員が次々と死んでいくなか、主人公が呪いを解こうとする物語。 孤立無援の中、奮闘する主人公を多部さんが演じます。 2006年放送のテレビドラマの映画化。 香取慎吾さん主演ドラマの映画化で、多部さんは主人公一行が訪れた国の王女役を演じています。 伊坂幸太郎の小説が原作。 売れないパンクバンド「逆鱗」が最後にレコーディングした曲「FISH STORY」をめぐり、5つのエピソードが交錯する物語。 多部さんは2つのエピソードでそれぞれ女子高生と宇宙飛行士を演じます。 松田翔太、高良健吾、安藤サクラ主演のロードムービー。 思い通りにならない人生を送る主人公3人に対して、無邪気に自分の人生設計を語る「常識人」ゆみかを多部さんが演じます。 椎名軽穂の漫画が原作。 主人公・黒沼爽子(多部未華子)は長い黒髪であることから「貞子」と恐れられてクラスから浮いてしまう。 しかし、人気者で噂を気にしない風早翔大(三浦春馬)と出会い成長していく、という青春映画。 貞子と呼ばれながら、その実、純粋で前向きな主人公を多部さんが演じています。 源氏物語の作者・紫式部(中谷美紀)。 平安時代の紫式部のストーリーと紫式部が書いた「源氏物語」の中のストーリーが同時進行で、影響を与えあいながら進んで行きます。 安倍晴明(窪塚洋介)が紫式部のストーリーと源氏物語のストーリーを行き来し、物語を展開させています。 多部さんは源氏物語内の登場人物、葵の上を演じます。 甲斐谷忍の人気漫画が原作。 テレビ化もされ、本作は映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」の続編。 多部さんは本作からヒロインとして登場。 女子大生・篠宮ユウ(多部未華子)のもとに届いた現金1億円とライアーゲームへの招待状。 ユウはあまり素性を知らない大学教授・秋山(松田翔太)に助けを求めるが… テレビ版・映画前編でヒロインをつとめた戸田恵梨香さんに変わり、新たに多部さんがヒロインを演じます。 安倍夜郎の漫画が原作。 テレビドラマの劇場版です。 夜中に営業が始まる「深夜食堂」。 客のリクエストがあれば出来るものなら何でも作ってくれます。 この店のマスター(小林薫)と客との交流が織りなす物語。 多部さん演じるみちるは無銭飲食がきっかけで深夜食堂で働きはじめます。 ご飯が食べたくなります。 流されるままに男性と付き合う主人公を多部さんが演じます。 引越し先のアパートの隣人であり、新しいバイト先の店長でもある菅原京志郎(綾野剛)との恋愛ものです。 2014年公開の韓国映画の日本リメイク版。 中国、ベトナムでもリメイク版が制作された。 女手一つで娘を育てた73歳の瀬山カツはふと立ち寄った写真館から出ると20歳の時の姿(多部未華子)に戻っていた。 人生をやり直そうと「大鳥節子」を名乗り、歌をきっかけに明るい人生を切り開いていくが … というお話です。 身長は158cmです。 たびたび「日本人形」とからかわれる髪型と白い肌が魅力的な多部未華子さん。 シリアスからコミカル、ゴスロリからドSまで幅広い役柄をこなす女優さんです。 これからも色々な面を見せて楽しませてほしいですね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

櫻井翔×多部未華子がついに夫婦役共演 並んで通勤「こんな朝もいいね」

多 部 未華子 ドラマ

[受賞歴]• 2017年度 第8回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞 受賞作品 『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』• 2015年度 第25回 日本映画批評家大賞 主演女優賞 受賞作品 『ピース オブ ケイク』 第25回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞 受賞作品 『ピース オブ ケイク』 『深夜食堂』• 2010年度 第18回 読売演劇大賞 優秀女優賞 杉村春子賞 受賞作品 『農業少女』 エランドール賞 新人賞• 2006年度 第21回 高崎映画祭 最優秀新人女優賞 受賞作品 『ルート225』• 2005年度 第15回 日本映画批評家大賞 新人賞(小森和子賞) 受賞作品 『HINOKIO』 第48回 ブルーリボン賞 新人賞 受賞作品 『HINOKIO』 『青空のゆくえ』 [ファンレター送付先]• E-mail• > 『わたしを離さないで』 主演 作:カズオ・イシグロ 演出:蜷川幸雄 2014年4月29日〜5月15日 彩の国さいたま芸術劇場 5月23日〜24日 愛知県芸術劇場大ホール 5月30日〜6月3日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ > 『晩餐』 映像出演 作・演出:宅間考行 2013年10月3日〜27日 池袋サンシャイン劇場 10月31日〜11月4日 名鉄ホール 11月6日 アステールプラザ大ホール 11月9・10日 キャナルシティ劇場 11月14日〜17日 道新ホール 11月21日 富山県教育文化会館 11月23日 りゅーとぴあ・劇場 11月30日 電力ホール 12月2日〜8日 森ノ宮ピロティホール > 『ふくすけ』 作・演出:松尾スズキ 2012年8月1日〜9月2日 Bunkamuraシアターコクーン 2012年9月6日〜9月13日 シアターBRAVA! 『サロメ』 主演 作:オスカー・ワイルド 翻訳:平野啓一郎 演出:宮本亜門 2012年5月31日〜6月17日 新国立劇場 中劇場 『農業少女』 主演 作:野田秀樹 演出:松尾スズキ 2010年3月 東京芸術劇場 小ホール1 『ラヴ・レターズ』 作:A. ガーニー 訳・演出:青井陽治 2009年12月10日 パルコ劇場 MORE『多部未華子の「本日、読了! 」』 2014年12月〜2016年1月 『朝日中学生ウイークリー』連載「多部未華子のきいてほしい〜」 2013年4月〜2014年3月 『mina』連載「多部未華子 ためしちゃいます」 2010年6月号〜2011年11月号 『朝日小学生新聞』連載「本っておもしろい」 2010年4月〜9月 『non-no』連載「多部未華子のカルチャーな毎日。 卒業、十の話』(表紙) 2008年2月28日発売 警視庁『子どもや女性を守る匿名通報ダイヤル』(ポスター) 2007年10月〜2009年 中央労働災害防止協会 平成20年 年間標語ポスター 2007年10月〜2008年9月 消防庁 春の火災予防週間(ポスター) 2007年3月 『Beautiful Woman』(CDジャケット) 2006年11月 国土交通省『都市緑化月間』(ポスター) 2006年10月 NTT西日本「第3回コミュニケーション大賞」 グランプリ作品『初恋』主演:鈴木さくら 役 2006年8月よりWEBムービー公開.

次の

櫻井翔×多部未華子がついに夫婦役共演 並んで通勤「こんな朝もいいね」

多 部 未華子 ドラマ

2009年3月30日から放送予定の連続テレビ小説「つばさ」。 江戸の風情が残る埼玉県川越市を舞台に、「娘が母」で「母が娘」のあべこべ親子が巻き起こす切なくも笑え、おかしくも泣ける、ねじれた絆の物語です。 そんなラテン系の『つばさ』ファミリーを紹介します! 玉木つばさ【多部未華子】、玉木加乃子【高畑淳子】、玉木竹雄【中村梅雀】、玉木千代【吉行和子】、玉木知秋【冨浦智嗣】、斎藤浩徳【西城秀樹】、大谷翔太【小柳友】、宇津木泰典【金田明夫】、宇津木佑子【広岡由里子】、宇津木万里【吉田桂子】、鈴本宏夫【佐戸井けん太】、鈴本俊輔【三浦アキフミ】、篠田麻子【井上和香】真瀬昌彦 【宅間孝行】、丸山伸子【松本明子】、ロナウ二郎【脇知弘】、浪岡正太郎!? が、10歳の時に母親が家を出 たことから一転、一家の主婦役に……。 ラジオ放送を心の支えに、家族の世話焼きに明け暮れ、今では市内の短大で食品関係の資格を取る勉強をしている。 卒業後は実家の女将修業に専念しようと考えていたところ、母が突然の帰宅。 あれよあれよと言う間に店は傾き、借金を払う代わりに家賃回収の仕事を押しつけ られ、コミュニティ放送局の開局に巻き込まれる。 やがてつばさはDJとして、地域の人々を結びつける「幸せ配達人」になっていく。 幼い頃から『甘玉堂』の跡取りとして厳しく育てられた反動か、40歳の時、殺虫剤のCMモデルに抜擢されたのがキッカケで、遅れてきた思春期に突入。 ナント子どもを残して家を出てしまう……! 以降、ダイエット本の出版や通販グッズの開発など、思いつくまま事業を起こすも、ことごとく失敗。 多額の借金を背負い、ついに実家へ舞い戻ってくる。 照れ隠しなのか、本性なのか、10年ぶりの同居生活で自由奔放、傍若無人に振る舞い、つばさを波乱の日々に突き落とす。 玉木竹雄 55 【中村梅雀】 つばさの父で『甘玉堂』の職人頭。 人の道を外れかけた20代に加乃子と運命的な出会いをし、和菓子職人を志す。 以来、「加乃子命」の人生を歩んでいる。 親 の愛を知らずに育ったためか、和菓子の味にはうるさいが、人の愛し方のさじ加減がわからない。 加乃子の家出中も、妻が写ったホーロー看板を抱いてその帰り を待ち続けた「情熱の人」である。 常識の仮面を被った一途さは、やがて玉木家に新たな試練を…。 店を守るために若くして職人を婿に迎えた。 そのため、一人娘の加乃子に対しても店中心の考え方、生活を強いることに なった。 それが災いしてか、加乃子が暴発。 子どもを捨てた加乃子を許せないと思いつつ、一方で娘の自由を奪ってきた自分も許せずにいる。 その失敗から、つ ばさに店を託したい思いと、自由にしてやりたい気持ちが、常に心の中で喧嘩をしている。 玉木知秋 15 【冨浦智嗣】 つばさの弟。 学業優秀で、一家の潤滑油としての自分の役割を心得ている。 が、わずか5歳で母親に捨てられた傷は本人が思っている以上に深く、加乃子の出現によって、母代わりのつばさが「母」でなくなるのではと怯える。 やがてつばさの助けで自らの夢を見いだしていく。 実は、若い頃に加乃子と駆け落ち騒ぎを起こし、以来行方不明になっていた。 玉木家の借金の清算に力を貸すが、その利子代わりにつばさをこ き使う。 行動原理はすべて金勘定なのだが、その実、「純情」という弱点を抱えている。 大谷翔太 20 【小柳友】 つばさの初恋の人。 子どもの頃、つばさと同じサッカーチームで汗を流したが、両親の離婚によって川越を離れる。 大学進学を機に川越に戻り、強豪サッカー部 の主力としてプロを目指している。 病弱な母親を楽にするのが目標。 つばさと10年ぶりに再会し、かつての友情が恋へと育ったとき、宮崎のプロチームに誘わ れ、再び二人は離ればなれに・・・。 こよなく愛する川越まつりの時に、加乃子の起こした騒動のとばっちりを受け、眉間に大きな傷を負う。 以来、加乃子が天敵。 一方、つばさと同い年のひとり娘・万里を溺愛し、娘の失恋に胸を傷めるような、人情味あふれるところも。 宇津木佑子 45 【広岡由里子】 泰典の妻で、万里の母。 おおらかな性格で妻のいる竹雄にお見合い話を持ち込むようなズレた所がある。 そのため加乃子からは同類と見なされ、何かと面倒事を持ち掛けられるが、悪い気はしていない。 噂好きが玉にキズ。 宇津木万里 20 【吉田桂子】 泰典の娘。 つばさとは幼なじみで、同じ短大に通う無二の親友。 大谷の大学でサッカー部のマネージャーをしており、大谷に恋心を寄せている。 期せずしてつば さと大谷とを引き合わせてしまい、二人が恋に落ちたことから、つばさと絶交状態に。 が、短大卒業後はスポーツ誌の編集者として、離ればなれになったつばさ と大谷のキューピッド役を担う。 鈴本宏夫 53 【佐戸井けん太】 地元スーパーの社長で、商店街振興会の会長を務める。 町の再開発を夢見るが、伝統堅持派の竹雄や泰典ともうまく付き合う如才なさを持っている。 あこぎな商売の斎藤を目の敵にしているが、面と向かって喧嘩を売れるほどの勇気はない。 恐妻家でもある。 鈴本俊輔 25 【三浦アキフミ】 宏夫の息子で、スーパーの専務を務める。 つばさに好意を持っているが、表現があまりにも遠回しなため、全く気付いてもらえない。 つまらないことをデータベース化する癖があり、ごくまれに役に立つ。 篠田麻子 30 【井上和香】 小料理屋「こえど」の女将。 川越にやってきたばかりで、人に言えない過去がある。 泰典や宏夫のマドンナだが、麻子自身は竹雄に父親の面影を見ている。 さばけた性格から、つばさの良き相談相手となる。 元官僚で、独善的な性格から仲間ができない。 斎藤がオーナーの元映画館「川越キネマ」に間借りをしているが、家 賃の取立に来たつばさを口八丁手八丁で社員にしてしまう。 3年前に妻を亡くし、ひとり娘は妻の実家に引き取られている。 つばさのラジオの師匠。 丸山伸子 40 【松本明子】 「川越キネマ」の住人。 化粧品のセールスをしながら女手ひとつで息子を育てる。 節約上手を見込まれ、ラジオぽてとの一員に。 有名になって家出中の夫を呼び戻したいという、悲壮な覚悟を胸に秘めている。 ロナウ二郎 30 【脇知弘】 「川越キネマ」の住人。 芸人だが、ツッコミの反射神経が鈍いため、相方に捨てられた過去を持つ。 アルバイトで糊口をしのぎつつ、売れた相方を見返す日を夢見ている。 浪岡正太郎!? 【ROLLY】 たまたま聞いたラジオで、つばさの熱烈なファンとなる。 だが、コミュニケーションを取ることが苦手なため、ストーカーと間違えられて大騒動に。 音楽への造詣が深いことから、ラジオぽてとの一員となる。 ラジオの男・語り【イッセー尾形】 つばさが千代から譲り受けた古いラジオそのものである。 加乃子の家出と前後して、つばさがラジオに悩みを語りかけると、人間の姿となって出現するように なった。 勿論つばさにしか見えない。 つまり、つばさの自己投影である。 時につばさを励まし、時に叱咤するこのラジオが、ドラマの語りも担当する。 ヒロインは一日の大半を共にするわけですから、父母役の共演者とは実の父母以上に濃密な親子関係を結 ぶことになります。 泣いて、笑って、喧嘩して・・・おそらく一生かけて経験していく親子関係を約10か月の撮影期間で体験するのです。 さらに、お祖母ちゃ んの厳しさや優しさに触れ、弟の愛くるしさや生意気さを肌で感じながら、かりそめだったドラマの家族が紛う事なき本物の家族になる瞬間が訪れます。 こうな ればしめたもの、放っておいても面白いドラマが生まれます。 もちろん血縁関係だけが朝ドラの「家族」ではありません。 ご近所さん、親友、職場の仲間、そして恋人など、大勢の人々がヒロインやその家族の問題にお節介 ながら口を出し手を出し、「遠くの親戚よりも、近くの他人が大切だなあ」と視聴者の皆さんが膝を打つような、家族以上の「家族」にならなければなりませ ん。 今回お集まりいただいた出演者の皆さんならば、演技力以上にその巧まざる人間力をもって、楽しい「家族」を作れるはずだと信じています。 出演者が「家族」 を楽しめれば、視聴者の皆さんにもその楽しさは必ず伝わります。 『つばさ』の家族が本物の「家族」になった瞬間がいつ画面に現れるのか? ぜひご注目くだ さい。 【演出にあたって…チーフ・ディレクター 西谷真一】 最終カメラテストに残った多部未華子さんの演技を見たとき、雷に打たれたような感動を受けました。 そして、演技派・個性派の役者さんが揃った、チーム「つばさ」は、多部さんの天使の羽根を得て、天高く昇っていく予感がしました。 日本人は激しい感情をひとに見られたくないパーソナリティーだと言われます。 このドラマは思わず人前で涙や笑いが吹き出してしまうドラマを目指します。 親 子、夫婦、そして友達で感動を共有してください。 また、改めて「家族」の「絆」について考えてみてください。 そのメッセージを確実に伝えられる役者さんた ちが揃いました。 演出陣が自信を持ってお送りする『つばさ』を楽しみにしてください。 89年「奇妙な出来事」(CX)で脚本家デビュー。 NHKでは「ズッコケ三人組」シリーズ、「ロッカーのハナコさん」シリーズなどがある。 【音楽:住友紀人】 1964年、徳島生まれ。 バークリー音楽大学卒業。 音楽プロデューサーやサックス奏者として活躍するかたわら、映画「ホワイトアウト」の音楽で日本アカデ ミー賞優秀賞を受賞し、脚光を浴びる。 以後、映画、ドラマ、CMなどで多岐にわたる作曲活動を行う。 主な作品に映画「アンフェア the movie」ドラマ「やまとなでしこ」(CX)「熟年離婚」(テレ朝)など。 NHKでは「新マチベン」正月時代劇「雪之丞変化」などがある。 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の