朝日 新聞 マスク。 【無料記事】朝日新聞「布マスクは無意味」→自社通販で布マスクを販売|吉田圭志(いいパチンコLLP代表)|note

【悲報】朝日新聞さん、2枚で3300円の布マスク(送料660円)の販売を停止 緊急事態で物流に支障←は?

朝日 新聞 マスク

洗ってくり返し使える、繊維の街・泉大津製の布マスク。 マスクは今、使い捨てでなく、くり返し使えるものが求められています。 大津毛織 創業103年 製の本品は、名前の通り、洗うことでくり返し使えるマスクです。 抗ウイルススプレーを吹きつけた後や界面活性剤入り洗剤で洗うことで、付着したウイルス対策にも。 表裏2層のガーゼの間には、医療用レベルの脱脂綿と不織布シートをはさんだ4層構造。 飛沫や花粉との接触が避けられます。 キルティング加工ならではの立体構造で、外周は密着しつつ、内部は肌との間に空間ができ、息苦しさが少なく口紅やメイクも付着しにくいのが特長です。 ガーゼの気になる毛羽立ちを抑えた「毛焼き」工程を経るなど、大阪・泉大津に伝わる綿布産業の細やかな技術を生かし、ていねいに作られています。 色みは生成り。 肌に触れるものなので自然に近い形で仕上げるべく、糸や布地を強い薬剤で加工・漂白をしてません。 綿花の額が黒い点で生地に残っているのがその証です マスク表面の黒い点は素材由来のものです。 安心してご使用ください。 男女兼用のフリーサイズ、子どもにも。 ゴムひもの長さを調整して着用ください。 外出時に必須のこの時期、洗濯中も着用できるよう、2枚で1セットにしました。 家族の人数分のセット数をお求めください。 【通販朝日】カタログ掲載商品• 【特集】• 展覧会カタログ・グッズ• 仏像・フィギュア・工芸・複製画• 趣味・健康・美容• インテリア・寝具・家具・収納• キッチン・掃除・バスグッズ• 雑貨・日用品・防災グッズ• 家電・冷暖房• 文具・画材• ファッション・旅・身のまわり小物• 時計・メガネ・アクセサリー• 高校野球・イベントグッズ• 書籍・DVD• 供養・エンディング• 食品・飲料•

次の

朝日新聞の3,300円の高級マスクがスゴイ!作った会社は大津毛織株式会社!

朝日 新聞 マスク

経済インサイド 春先は例年、マスクの季節だ。 インフルエンザと花粉症の流行期が重なり、最も売れるという。 ユニ・チャームは例年通り、秋から少しずつ在庫を増やして準備していた。 しかし、今年は様子が違った。 年初から受注が増えた。 1月16、17日には例年の10倍になった。 広報担当者は「中国で新型コロナウイルスの感染拡大が報道され、日本にいる中国人が買っていると分析していた」と話す。 24時間態勢で、平時の2倍となる月1億枚の生産に踏み切った。 2月に入ると日本でも感染拡大の懸念が高まり、だれもがマスクを買い始めた。 中旬、東京のJR神田駅西口にある「昭和薬品」のマスク売り上げは1・5倍にのぼった。 下旬には在庫が底をついた。 新型コロナの感染拡大で日本は空前のマスク不足に陥った。 何が起きていたのか。 昭和薬品の男性店長(53)は仕入れに奔走した。 予定を書き込んでいた手帳は、2月20日から5月初旬まで真っ白なままだ。 「忙し過ぎて予定を書く余裕がなかった」と振り返る。 3月に100枚入りの500箱を入荷。 一日に100箱ずつ店頭に出すと、連日2時間足らずで売り切れた。 「1人1箱」の制限を設けても、「買った後に上着を脱いだり、めがねをかけたりして何度も買いに来た人もいた。 さすがに注意した」。 1箱1980円で売ったが、ネットでは同じ商品が6千~1万円の値付け。 「悔しくて、高値で転売されないように箱にフェルトペンで値段を書いた」。 下旬には小売価格が感染拡大前のおよそ10倍、1枚100円を超えた。 毎日、何十回も「入荷したか」「今度はいつ入るか」と聞かれた。 同じころ、中国では政府が誘導したこともあり、自動車メーカーなど異業種がマスク生産に次々参入していた。 生産能力は1月下旬に1日あたり2千万枚だったが、3月には2億枚まで増えたと報じられた。 そして、余り始めた。 商機に10万単位で買い付け 輸入が滞り、マスク不足に陥った日本。 一方で、生産を急拡大し、余る中国。 ここに商機を見いだした人たちがいた。 3月下旬。 輸入卸業を営む40….

次の

「安倍首相に布マスク販売を突っ込まれ、朝日新聞SHOPが閉鎖」は誤り。実際は…

朝日 新聞 マスク

朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円のぼったくり価格で販売中 () 朝日新聞SHOPで布製マスクが3300円で販売中です。 他にもなにやら昔に販売されていたであろう抗ウイルス・抗菌スプレーが人気なようで:() 商魂たくましいですね。 追記:マスクについてはが「泉大津市マスクプロジェクト」として生産し、価格設定したものを販売しているようです。 布マスクの有効性を疑問視する記事を出していた朝日新聞 () 朝日新聞はこういう記事を書いていたわけですが、 WHOの「どんな状況でも(布マスクは)勧めない」というのは、医療従事者向けのアドバイスにおける表現であって、一般向けにはマスクの種類の限定はありませんし、限定的な場合には健康な人にもマスクを推奨しています。 また、アメリカCDCは一般人向けに、健康的な人でも社会的距離を保てない場所では布マスク着用を推奨しています。 医療従事者のためにサージカルマスクを確保させることを期待しているのでしょう。 そういう意味では朝日新聞の読者は高齢者が多いですし、サージカルマスク・不織布マスクを販売している様子はありませんから、むしろ布マスクへ誘導していてよいのではないか?とも思えてきます。 布製マスクの販売者が増えている サージカルマスク・不織布マスクは医療従事者のために取っておきたいので、一般向けにこうした製品が紹介されるのは「有り」なんじゃないでしょうか。 実際、アメリカCDCも一般人に対しては健康な人であっても社会的距離を保てない場所では布マスクの着用を推奨しています。 この手の布製マスクの販売者は増えているようで、検索すると無限にヒットしていきます。 参考例を以下に置いておきますが、 2枚セットで3300円ってのはかなりお高いですよねぇ。。。 あと、以下の商品は除いていますが、黒いマスクが多かったり、モデルの顔がなんだか整形顔(か、彼の者たち)っぽい感じなのが多い気がするのはなんなのでしょうかね。。。

次の