イオン カード 20 キャンペーン。 【5/10迄】イオンカード 新規口座開設+ご利用で ~食料品購入が増えた今利用すべきお得カード

イオンカード利用額の最大20% キャッシュバックキャンペーンを徹底調査|積立ビルダーズNEWS

イオン カード 20 キャンペーン

一方で還元される上限金額は5,000円まで(25,000円のお買い物まで)とややトーンダウンしています。 高額のお買い物向けではなく、少額決済向けのキャンペーンになっています。 なお、キャンペーン対象判定日までに以下の条件を満たす必要があります。 期間中に対象カードを作成し、ショッピングすること• 対象カード作成時に取得したイオンスクエアメンバーIDでログインし、キャンペーンに応募すること• 対象カードの引落銀行口座がイオン銀行であること ちょっとだけ面倒なのが(3)のイオン銀行引落でしょうか。 すでにイオン銀行の口座をお持ちの方はいいのですが、そうでない方は銀行口座を作る必要があります。 なお、今回キャンペーン対象のクレジットカードの中にある「 イオンカードセレクト」はイオン銀行のキャッシュカード一体型のクレジットカードなのでこちらのカードを作成すれば、大丈夫です。 イオン銀行自体も結構いい銀行です。 特にイオンをよく使うならお得度高いですよ。 単に5000円分の得をしたいのであれば、「楽天カード」ならカードを作れば5000円相当のポイントが「カード作成」+「1回以上の利用」で漏れなくもらえちゃいます。 それなら、カード作成だけで貰えるキャンペーンの方が実際にはお得だったりすると思います。 >> カード作成+1回以上の利用で5000ポイント還元 >> 新規入会+利用で最大6000ポイント還元 showchan82.

次の

イオンカードが3月1日より20%還元キャンペーンが再開!ただし上限額が5000円に

イオン カード 20 キャンペーン

もくじ• 条件は以下の3つです。 イオンマークのカードに新規入会&カード利用 入会期間中に新規で入会し 利用期間中に対象カードでカードショッピングの利用があること• イオンウォレットでキャンペーンに応募 イオンカード公式アプリ「 イオンウォレット」に対象カードが登録されたイオンスクエアメンバーIDでログインし キャンペーンに応募していること• キャンペーン対象期間 キャンペーンには「 入会期間」と「 利用期間」があります。 利用期間: 1. 入会期間中に新規で入会し発行されたカードで、利用期間中にカードショッピングを利用したもののうち、2019年9月2日(月)・10月2日(水)・11月5日(火)に引落分のカード利用明細に記載されている利用分が対象となります。 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、イオンカードのクレジット払いは「毎月10日締め、翌月2日引落し」ですので、上記利用期間に利用した金額は、それぞれ引き落とし日はそれぞれ以下の日付になるという感じです。 8月10日締め、9月2日(月)口座引落し• 9月10日締め、10月2日(水)口座引落し• カード利用日は注文した日ではなく、加盟店からの売上データがイオンカードの明細に登録された日な点は要注意 カード会社にとって利用日というのは、カードを使った人がショッピングを利用した日ではなく、利用したカード加盟店から届いた利用明細が登録された日です。 ですので、未発売の商品の予約や、店舗での品切れなどで、購入を申し込んだ日から商品が発送されるまで日が空いてしまう場合、利用期間中の買い物とみなされない場合があります。 この場合キャッシュバック対象外になってしまいますので、特にネットショッピングなどは注意しながら利用してください。 クレジットカードだけでなく、デビットカードも対象です。 キャッシュバック金額は引落口座に振込されますので、重要なのは引落口座です。 イオンカードには提携カードも入れると50種類以上ありますが、 イオン銀行のキャッシュカードが最初から付帯しているのは「イオンカードセレクト」だけですので、1回の申し込みで確実にキャンペーンの対象にしたい方は、「イオンカードセレクト」を選ぶのがベストです。 イオンカードセレクトは数あるイオンカードの中でも、年会費無料のゴールドカード発行やWAONのオートチャージでポイント2重取りできるなど、お得に利用できる特典が付いています。 2019-09-11 22:05 一部の銀行キャッシュカードが付帯したイオンカードでは、引落し口座にイオン銀行を選べないものもありますので、必ずご確認ください。 すでにイオン銀行のキャッシュカード・デビットカードをお持ちの方も対象にできる イオン銀行キャッシュカード(キャッシュ+デビットカードを含む)でイオン銀行にすでに口座を持っている方も、 イオンカードセレクトに切替申込をすればキャンペーン対象となります。 イオンカードセレクトに切り替えて今回のキャッシュバックの上限50万円まで利用すれば、最大10万円お得になる上に、年間100万円のイオンカード利用で招待されるイオンゴールドカードセレクトにも近づきます。 イオンゴールドカードセレクトならイオンラウンジや空港ラウンジ、イオンゴールドカード優待が受けられたりしますし、イオン銀行Myステージで毎月30点加算されるので普通預金金利アップも目指せますので、イオン銀行に口座を持っている方はこのキャンペーンは大きなチャンスだと思います。 イオンカードの審査に通らなくてもキャッシュバック対象になる イオンカードはクレジットカードですので、入会には審査があり収入や過去のクレジットカードの利用状況などによっては審査が通らない場合があります。 イオンカードセレクトを申し込んで審査が通らなかった場合、イオン銀行総合口座を持っていない方には、イオン銀行キャッシュ+デビット(JCBデビット機能がついたキャッシュカード が発行される場合がありますが、その場合もキャンペーンの対象となります。 審査に不安がおありの方も、試してみる価値はあるかもしれません。 キャッシュバック対象となる支払いについて 以下の支払いについては 全てキャッシュバック対象になります。 分割・リボを含む全ての支払方法(1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い)• 家族カード• ETCカード支払い分• イオンiD• Apple Pay 分割やリボを含む支払い方法や、iDやApple Payでの支払いも対象になります。 対象外の利用について 一方で 以下の利用は全てキャッシュバック対象外となりますので、これもよく理解しておきましょう。 対象カードに付帯の 「WAON」や「Suica」などの電子マネー利用分• 電子マネーへのチャージ(WAON・Suicaなど)• 各種プリペイドカードへのチャージ、• 携帯電話料金(docomo、au、Softbank、格安SIM、イオンモバイル含む)• 各種公共料金(ガス・水道・放送)• 国民年金• aeon. pdf Goole PayやAmazon Pay、VISAやJCBのギフトカード、スターバックスカード、保険会社の支払いや家賃などが対象外と明記されました。 必ずよく確認してから利用するようにしましょう。 他の割引キャンペーンと併用可能 お客さま感謝デーなど他の割引キャンペーンとも併用できますが、キャッシュバックされるのは割引適用後の利用金額(利用明細に記載された金額)です。 キャッシュバック金額の振込時期や上限などについて キャッシュバック金額は2019年11月下旬頃に、対象カードの引落口座へ振込されます。 キャンペーンにおけるキャッシュバック上限金額は、 一人あたり合計10万円までですので、対象カードに複数入会してもキャッシュバック上限金額がカードごとに増えることはありません。 また 1明細(1回のお支払い)ごとのキャッシュバック上限金額は1万円となっていますので、1回で50万円の買い物をした場合は1万円しかもらえません。 キャッシュバックは1明細(1回の支払い)ごとに1円未満切捨てで計算されます。 複数カードを作ってもキャッシュバックは1人10万円まで キャッシュバックは一人10万円までという設定ですし、複数枚申込みの場合、審査によりカード発行枚数を制限させていただく場合があるとのことですので、 複数のイオンカードを申し込むのはやめておいた方がよいと思います。 一度退会して、再度同一のカードに入会した場合や、カードの申込みをキャンセルし再度申込みしたりした場合は、キャンペーンの対象外とされてしまうので、そういった行為をしても得することはありませんのでご注意ください。 キャンペーンに関する注意事項 入会期間中に新規で入会したカードが対象です。 すでに持っているイオンカードの利用分は対象外です。 キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で以下の項目に該当する場合はキャンペーンの対象外となります。 引落口座を設定していない場合• 対象カードを解約している場合• お支払いの遅延等が発生している場合 キャッシュバック金額の振込み時点で、引落口座で届け出している内容と相違している場合などにより振込エラーが発生した場合はキャッシュバックは対象外になりますので、カードの申し込み内容に虚偽の記載などは絶対にやめておきましょう。 早めの申し込み利用がベター 今回のキャンペーンは9月末までありますが、カードの発行や口座引落の手続きには数週間程度かかる場合もありますし、1回の買い物のキャッシュバック最大金額が1万円ということは、最低10回の買い物に分ける必要があります。 またキャンペーンページには「対象カードのご入会・ご利用状況により予告なく変更・終了する場合がある」という記載もありますので、利用期間は3ヶ月間あるとはいえ、なるべく早めに申し込んでおく方がよろしいかと思います。 関連記事:.

次の

イオンカード利用額の最大20% キャッシュバックキャンペーンを徹底調査|積立ビルダーズNEWS

イオン カード 20 キャンペーン

イオンカード最大20%キャッシュバックキャンペーンの概要 キャンペーン実施期間 以下の「入会期間」にしてください。 まずは、以下の図をご覧ください。 イオンカードセレクトは、イオンカード(クレジットカード)とイオン銀行(キャッシュカード)が一体となった唯一のカードです。 イオンカードセレクトに申し込みを行えば、イオンカードとイオン銀行の口座開設の申込が同時に行えます。 イオンカードセレクトをまだお持ちでない方が、今回のキャンペーンを利用するのでしたら、が一番手間がないと思います。 それ以外のイオンカードを申し込むと、別途、イオン銀行の口座開設もしなくてはいけません。 キャッシュバックの上限金額 キャッシュバックの上限金額については、以下の点にご注意ください。 キャッシュバック金額は、1明細(1回の支払い)ごとに計算されまる(1円未満は切捨て)。 1明細ごとのキャッシュバック上限金額は1万円。 本キャンペーン期間中のキャッシュバック上限金額は、お一人様合計10万円。 「1明細ごとのキャッシュバック上限金額は1万円」という点に注意してください。 イオンカードで10万円のApple Watchを買ったとしても、キャッシュバック金額は1万円です。 2万円にはなりません。 また、(キャンペーン中に複数のイオンカードに入会して)キャンペーン対象となるイオンカードを複数枚保有していても、キャッシュバック上限金額は10万円です。 キャンペーンに関する注意事項 特にピンク色の部分に注目して、以下の注意事項にも一通り目を通してください。 入会期間中に新規でご入会いただいたカードが対象です。 すでにお持ちのカードのご利用分は対象外となります。 キャッシュバック金額判定日(2019年10月15日)時点で以下の項目に該当する場合は、本キャンペーンの対象外となります。 電子マネー(「WAON」や「Suica」等)や各種プリペイドカードへのチャージ、携帯電話料金、各種公共料金、その他(月会費、イオンカードde家賃、キャッシングご利用分、ATM手数料、その他)など、一部キャッシュバック対象外のご利用分がございます。 なお、対象外項目は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。 当社が不適当と認めた場合等、キャッシュバック対象外とさせていただく場合がございます。 キャッシュバックの対象は、利用期間中にご利用いただいたもののうち、2019年9月2日(月)・10月2日(水)・11月5日(火)お引落とし分のご利用明細に記載されているご利用分が対象となります。 なお、利用期間の判定は、ご利用明細に記載の「ご利用日」に基づきます。 ネットショッピングをご利用された場合、商品発送日がご利用日となり対象外となる場合がございますのであらかじめご了承ください。 ご利用店舗から当社へ売上伝票の到着が遅れた場合、対象外となる場合がございます。 キャッシュバック対象のご利用分について返品された場合、キャッシュバック対象外とさせていただきます。 本キャンペーンは、すべてのお支払いが対象となります。 (1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い) ご利用店舗によっては選択できないお支払方法がございます。 対象カードにひもづく家族カードやETCカード、イオンiD、Apple Payなどのご利用分もキャッシュバック対象となります。 他の割引企画とも併用されます。 割引後のご利用金額(ご利用明細に記載された金額)がキャッシュバック対象となります。 キャッシュカード一体型(荘銀イオンカード等)など、引落口座をイオン銀行に設定できないカードがございます。 その場合、当該カードのキャッシュバック金額は10%となります。 キャッシュバック金額をお振込みする時点で、引落口座が当行にお届けいただいている内容と相違している場合など、振込エラーが発生した場合はキャッシュバックの対象外となります。 引落口座変更のお手続きをした場合、タイミングによっては変更前の口座と判定される場合があります。 通常、変更登録には5営業日程度ですが、事務処理の都合により通常よりお時間がかかる場合がございますので、お早めのお手続きをお願いいたします。 本キャンペーンは、対象カードのご入会・ご利用状況により予告なく変更・終了する場合がございます。 その際はキャンペーンページ(当社ホームページ)にてご案内いたします。 新たにイオンカード(WAON一体型)やイオンカードSuicaなどを作って、その支払口座として既にお持ちのイオン銀行口座を設定すれば、キャッシュバック対象です。 後述しますが、「イオンウォレット即時発行」対象カードの6カードは、 最短5分でヴァーチャルのイオンカードを発行できますので、今回のキャンペーン攻略にうってつけのカードです。 逆に、既にイオンカード(WAON一体型)やイオンJMBカード(JMB WAON一体型)などをお持ちの方は、イオンカードセレクト発行で即キャンペーン対象です。 アマゾンギフト券はキャッシュバック対象になるの? 2019年7月3日に、キャッシュバックの「対象外項目」にAmazonギフト券が追加されました。 キャッシュバックの対象外ですのでご注意ください。 アマゾンでのショッピングはキャッシュバック対象になるの? アマゾンでのショッピングはキャッシュバック対象になります。 ただし、アマゾンマーケットプレイスの商品はキャッシュバック対象外になりますのでご注意ください。 ちなみに、アマゾンで買い物をする時は、JMBモールを経由すると、「200円=1JALマイル」貯まりますので、利用しない手はありませんよ。 「d払い」はキャッシュバック対象になるの? 2019年7月24日現在、• d払い• Origami Pay• 楽天Pay• PayPay などのQRコード決済サービスは「対象外項目」に記されておりません。 「d払い」は、2019年7月31日までを実施しています。 「d払い」アプリの支払い方法としてイオンカードを設定して、2019年7月25日(木)~2019年7月31日(水)に「d払い」で買い物をすると、• d払い20%還元キャンペーン• イオンカード20%キャッシュバックキャンペーン の2重取りができる可能性があります。 ただし、「対象外項目」は予告なく変更されます。 最新の情報に留意して、ご利用ください。 「d払い20%還元キャンペーン」の上限は10,000ポイントです。 上限100,000円のイオンカード20%キャッシュバックキャンペーンと比べると大きく見劣りがします。 「d払い」が「対象外項目」になろうとなるまいとあまり気にしなくていいかと思います。 上限10万円の20%キャッシュバックキャンペーンこそ本命です。 Kyashチャージはキャッシュバック対象になるの? Kyash CardというVISAプリペイドカードがあります。 イオンカードと組み合わせると、とてもお得なカードです。 参考: 2019年7月24日現在、Kyashを含め、以下のプリペイドカードのチャージはキャッシュバック対象外です。 Kyash• ANA JCBプリペイドカード• バンドルカード• dカード プリペイド• ソフトバンクカード• au WALLET• Vプリカ• WebMoneyプリペイドカード もちろん、Kyashのチャージにイオンカードを設定することはできますよ。 ただし、イオンカードでのKyashチャージは今回のキャッシュバックの対象にはならないということです。 イオンカードを普段遣いしている人は、Kyash Cardと連携させるのがおすすめですよ。 税金・ふるさと納税はキャッシュバック対象になるの? 2019年7月24日現在、に税金・ふるさと納税は掲載されていません。 ただし、「対象外項目」は予告なく変更されます。 最新の情報に留意して、ご利用ください。 「お客さま感謝デー」とキャッシュバックは併用されるのか? 毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」。 全国のイオングループのお店で、• イオンカードのクレジットカード払い• イオンカードを提示しての現金・イオン商品券・イオンギフトカードでの支払い• WAONカードでの支払い をすると、 買い物代金が5%OFFになります。 イオングループのお店とは、具体的には、イオン、イオンモール、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグ、ピーコックストア、まいばすけっと、ミニストップなどですね。 これ、アップルペイ・イオンiDによる支払いも「買い物代金5%OFF」ですから、とても便利ですよ! 実際、私もApple Payを利用するようになってから、「お客さま感謝デー」の恩恵を多く受けるようになりました。 もう一度、キャッシュバックの「利用期間」を思い出してみてください。 つまり、 7月30日、8月30日、9月30日にイオングループの店で買物をすると、請求代金が5%OFFになった上に、最大20%のキャッシュバック対象になるということです。 7月30日、8月30日、9月30日にイオングループの店で、イオンカードで10,000円の買い物をすると、請求金額は9,500円になり、その20%の1,900円があとでキャッシュバックされるということです。 申込みからカードが到着するまでどれくらいの期間? およそ10日から2週間くらいかかると思っていてください。 実店舗でイオンカードを使えるようになるには、申込みから10日から2週間くらいかかります。 なお、既にイオン銀行の口座を開設している方は、以下の「イオンウォレット即日発行」を利用すると、ヴァーチャルなイオンカードをすぐに発行でき、すぐにオンライン決済が可能となります。 「イオンウォレット即時発行」ですぐにキャッシュバックキャンペーンに参加可能! 最大20%キャッシュバックの「利用期間」は以下のようになっています。 うってつけのサービスがあります。 「イオンウォレット即時発行」です。 以下の6枚のイオンカードが、「イオンウォレット即時発行」対象カードです。 イオンカード(ミニオンズ)• イオンカード(TGCデザイン)• イオンカード(SKE48) これらのカードの申込時に「イオンウォレット即時発行」を選べば、 最短5分でスマートフォン上にヴァーチャルのイオンカードを発行できます。 もちろん、審査に受かれば、ですが。 「イオンウォレット即時発行」で入会審査を受けるためには、「オンライン口座振替サービス」を利用する必要があります。 以下の銀行の高座をお持ちであれば、「イオンウォレット即時発行」が可能となります。 イオン銀行• みずほ銀行• ゆうちょ銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 関西みらい銀行• 住信SBIネット銀行• ろうきん• ちなみに私の場合は、30秒くらいで「カード発行およびご利用手続きのご案内」が来ました。 審査合格を伝える「カード発行およびご利用手続きのご案内」には、イオンスクエアメンバーIDと初期パスワードが登録されています。 「イオンウォレット」アプリにて、そのIDとパスワードでログインしてください。 アプリのメニューから「カード番号照会」をタップすると、• カード番号• 有効期限• セキュリティコード を確認でき、この情報を利用して、すぐにオンライン決済が可能になります。 アマゾンでの買い物も、d払いの支払いカードへの設定、アプリの購入もなんでも可能です。 また、プラスティックのカードが手元に届く前から、スマートフォン決済(イオンiD、Apple Pay)も利用可能です。 この最大20%キャッシュバックキャンペーンに気づくのが遅れて、オンライン決済・スマホ決済でもいいから早くキャンペーンに参加したい人は、「イオンウォレット即時発行」を利用してカードを発行するといいでしょう。 ただ、今回のキャンペーン参加の条件の一つが「イオン銀行口座を引き落とし口座に設定」ですので、既にイオン銀行口座をお持ちの方か、イオンカードセレクト発行済の方にしか有効ではありませんが。 「イオンウォレット即日発行」のメリットについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてください。 既にイオンカードに入会している人は、それぞれ固有の「紹介ID」を持っています。 友人・知人から教えてもらった「紹介ID」を登録して入会すると、紹介者には1,500ポイントがプレゼントされます。 ですが、入会したあなた(被紹介者)には特典はありません。 家族や友人にイオンカード会員がいたら聞いてみたらいいでしょう。 喜ばれると思います。 まとめ 最大10万円得する、今回のイオンカードのキャンペーン。 なるべく早めにイオンカードを作って、キャンペーンに備えるのが吉です。 ポイントサイトから発行したい方は、以下のグラフを参考にしてください・・・ と言いたいところですが、9月11日現在、イオンカードはポイントサイトから姿を消しています。 これから長期に渡って、ポイントサイト掲載はないとのことです。 普通にから申し込みしてください。 ポイント大好きさん、コメントありがとうございます。 >d払いでイオンカードのオフィシャルで対象外になっているメルカリを利用した場合はどちらだと思われるでしょうか? 個人の感想なら述べられますが、不確実なことを書いてしまうのも問題なので、やめておきます。 2019年7月25日(木)~2019年7月31日(水)の期間中に、メルカリの商品を「イオンカードを登録したd払い」で試しに決済してみるつもりです。 あくまでも「ダメ元」で、です。 その結果はこちらの記事で報告したいと思います。

次の