ジーン ライフ 信憑 性。 どれがベスト?ジーンライフ、マイコード、ジーンクエスト徹底比較

遺伝子検査、結果は参考程度…

ジーン ライフ 信憑 性

の遺伝子検査結果が届きました。 案外、自分が思っていなかった結果が届いて、ちょっとビックリ! 特にびっくりしたのが、「がんのなりやすさ(確率)」がかなり高いという結果に。 2型糖尿病にもなりやすいなどということも分かり、ビックリ(ドッキリ!?)の連続。 その他にも、実は自分のルーツがアジアではなく、ロシアの方だった、肥満タイプが洋ナシだった。 筋肉がつきやすいと思っていたけれど、実はちょっと違ったなど、 自分が思っている自分の結果ではなく、「ポロポロポロ」っと、自分の皮が 一皮むけた様な感覚!?でした。 遺伝子検査を知るにはちょっとお金がいりましたが、もし、遺伝子検査をしなかったら、自分自身をちょっと誤解しながら生きていたのかな!?と感じました。 遺伝子検査をしてみてどうだった? 遺伝子検査をしてみて、今回はパートナーと一緒に受けてみたので、自分だけの結果だけではなく、 お互いの遺伝子検査結果を客観的に見ることができました。 正直なところ、 当てはまるところの方が多かったので、将来の「がん」や「2型糖尿病」のなりやすさをすごく心配しています。 遺伝子検査で、「合っている」と感じたってどうしてわかるの? 高血圧になる確率が高いという遺伝子検査が出たのですが、実際に、出産後に高血圧になってしまったことがあり、その時に医師から、「将来も高血圧になりやすい体質ですよ」と言われました。 一度、高血圧になった結果があるので、その点は信憑性があると感じました。 他には、体の特徴や能力という部分で、自分自身と一致しているところが多かったので、 遺伝子検査の信憑性は高いのではないか!? と、半分怖くなるほどでした。 ここをどう解釈するかで、遺伝子検査をするかどうかをきちんと考えられた方がいいと思います。 遺伝子検査をすることに気になりすぎるとやはりその後の生活の支障になると思うので、個人的にはおすすめできないと思います。 しかし、 自分の体質をしっかりと知って「予防しよう」「気をつけよう」と思う気持ちが強い方にはおすすめします。 私は遺伝子検査をしてよかったのか? 遺伝子検査をして、最初は結果にちょっとショックな部分もありました。 特に「がんになりやすい」という部分では、私の祖父母は4人中3人ががんで亡くなっていて、祖母に関しては、末期のガンの状態を多感な時期に見ていたので、将来は「がんになりたくない」と思うのが今回の遺伝子検査の一番の目的ではあったのですが、かなりがんになりやすい結果となり、一番ショックな結果でした。 でも、 遺伝子検査をしてよかったです。 やはり 「気をつけなければいけない部分(なりやすいぃ疾患)」「自分の体質」「自分の才能」など幅広く知ることができたので。 そして、生活習慣を変えていけば、将来の病気も必ずしもそうなるとは限りません。 「確率があるので気をつけましょう」という具合に解釈すれば十分だと思います。 がんやその他のなりやすいであろう疾患に対しては、時々定期的に検診をしていくなどで、見過ごす確率が減ると思います。 ジーンライフの遺伝子検査キットは国内遺伝子検査シェア率70%以上 今回私が受けた遺伝子検査キット( )の国内者率は実に70%以上。 最近は、遺伝子検査キットで自分の遺伝子をチェックされる方も増えてきました。 遺伝子検査は今医療の世界でも特に注目されている分野です。 遺伝子解析の結果も変更事項があれば、更新もされるので、安心。 パソコンやスマホからもいつでもどこでも検査結果を見れるので便利です。 ジーンライフの詳しい情報やキャンペーン情報が気になる方は、ジーンライフの公式HPでチェックしてみて下さい。

次の

cdn.jobeet.jp:カスタマーレビュー: 遺伝子検査キット<GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)>解析項目数 約360項目

ジーン ライフ 信憑 性

世界1の全360項目検査で漏れなく遺伝子チェック GeneLife ジーンライフ は 世界1の検査項目数を誇る遺伝子検査キットです。 全360項目の検査からは、 疾患リスクから体質、性格、祖先ルーツなど様々なものが見えてきます。 GeneLifeの魅力は、 研究機関として長きに渡って遺伝子検査を行ってきた実績です。 技術的な未熟さから結果を疑問視されることも多い遺伝子検査キットですが、GeneLifeでは 43万人以上にも及ぶ解析データを活用し、信頼できる解析を行っています。 検査結果も3段階で分かりやすく評価されているため、一目でどこにリスクがあるのか分かります。 総合的にバランスの取れた遺伝子検査キットと言えそうです。 キットの種類自体が多いのも特徴です。 祖先ルーツ解析キットや美容系など、幅広く取り揃えているので、自分の興味にあったものを試してみると良いでしょう。 中でも 自己分析キットはGeneLifeならではの遺伝子検査キットです。 これは外向性や勤勉性、協調性などあなたの個性を遺伝子解析から分析するもので、興味をそそられる内容になっています。 脂質異常と高血圧に関するリスクを調べて発生リスクを知ることができ、自分にあった食品などを知ることができる検査です。 試しにメタボ関連遺伝子検査のキットを購入して遺伝子検査を受けました。 キット購入はジーンライフのサイトからだったのですが、土日祝日は発送作業が休みらしく、注文したのが金曜夜だったために手元に届くまで1週間ちょっとと、少し遅かったような気がします。 口の中の粘膜を綿棒のような採取棒で取るのですが、きちんと乾燥させなければならないのがちょっと面倒といえば面倒でした。 検査結果が出るまで3週間くらいかかりました。 結果的に遺伝的にメタボになりやすい傾向があったようです。 アドバイスは遺伝子関係の知識がなくても読めて、わかりやすかったです。 アドバイスがあったことで、これからどういうことに気を付ければいいのかが少しわかったような気がします。 今すぐ全部、とはいえないので簡単にできそうなことから実践しています。 実は毎年会社の健康診断でメタボ診断されていました。 痩せようと思ってもなかなか運動などする時間もなく、食生活や生活習慣の見直しをしようにも、何をどうしていいのかわからず困っていましたので、少しは参考になりました。 自分にあったダイエットなどの適格なアドバイスが欲しいという人はジーンライフの遺伝子検査のメタボ関連遺伝子検査をやってみるといいと思います。 最近個人的に色々なことがたて続けに起こって、自分自身を見直す機会がありました。 何となくみていたサイトでGeneLifeの遺伝子検査のことが載っていて、気になってサイトに行ってみました。 他の遺伝子検査をしている会社のサイトをみたことがないので詳しくはわからないですが、GeneLifeの遺伝子検査には色々な検査キットがあって面白なぁと思ってみているとMyselfという自己分析遺伝子検査キットというものがありました。 遺伝子検査で87項目を検査して、性格や体質なんかを判定するというもので、面白そうだなと思ってMyselfを頼みました。 他の会社もそうなのかな?GeneLifeの遺伝子検査は検査申し込みとキット購入が別々になっていました。 採取棒についている検査IDで申し込みしなければならないのがちょっと面倒ですね。 検査結果はサイトから確認できます。 検査終了通知がきてからすぐにみてみました。 性格やコミュニケーション、さまざまな能力や体質、営業・食生活などかなり細かい感じで面白かったです。 カフェイン代謝の速さとか、各種栄養の濃度とか、一般の病院ではみることのない検査もありました。 でもあくまでも遺伝的にどういった傾向がある、というもので検査したときがそういう状態というわけではないんですよね。 でも自分を知るには良いきっかけだったと思います。

次の

GeneLife(ジーンライフ)の評判|遺伝子検査キットの徹底比較

ジーン ライフ 信憑 性

ジーンライフの遺伝子検査を受けてみた 最近、話題になっている 遺伝子検査。 少し怖い気もしましたが、妻と一緒に検査を受けたことがあります。 遺伝子検査を受けたのは、1年ちょっと前の2013年の春頃。 たまたま、Yahoo(だったか)の広告を目にしたのキッカケです。 検査を依頼したのは、 genelife(ジーンライフ)という機関。 CPIGIという個人遺伝情報取扱協議会の認定を受けた機関で個人情報の取り扱いも安全だろうと思い受けてみることにしました。 一度の検査で様々な病気の発症リスクや、免疫力や記憶力、アルコール耐性などの体質、身長や筋力の発達タイプによる運動能力などの特徴的な要素もわかるというものでした。 リスクを知って今後のライフスタイル(予防)に役立てようというのが動機です。 遺伝子検査の仕方やその信憑性などをレビューしてみますので参考にして下さい。 自宅でできるジーンライフの遺伝子検査 ジーンライフ(genelife)での遺伝子検査の仕方は簡単です。 インターネットで申し込むと数日で検査キットが送られてきます。 検査キットを開封して注意事項を読み、同意書にサイン。 今回の遺伝子検査は、唾液をそのまま採取して返送するだけでした。 検査の方法としては綿棒で唾液を採取するものもあるようです。 採取時は喫煙や飲酒、飲食はNGですが、それだけ守ればOK。 自宅で簡単にできます。 検査キットを返送して1ヶ月位待つと検査結果のお知らせのメールが届き、検査結果情報をネットで見れるようになります。 遺伝子検査の検査結果届く 早速、記載のURLにアクセスし、ID、パスワードを入力して検査結果を閲覧。 26」です、といった結果の出し方です。 26という数字は、私のDNAタイプが特定の病気を発症するリスクは通常の人(平均の)1. 26倍ということです。 これまでの統計により算出された数字のようです。 そして、その根拠というか検査結果の詳細が検査項目ごとに解説されています。 これが、 持って生まれた体質(遺伝子)です。 リスク判定は、遺伝子情報+ライフスタイル リスクの総合判定は、 遺伝素情報と後天的要素であるライフスタイルが加味されてなされます。 ライフスタイルは、予めライフスタイルをチェックする質問が用意されていて、それを回答するというシステムです。 両親の出身地や親族の病歴、職場のストレスや耳垢のタイプ、日頃運動をしているかどうかといった質問です。 リスクの総合判定は、100点満点で表示されます(高得点ほどリスク少)。 つまり遺伝子レベルでは70点でも規則正しい生活をしていれば90点になる、遺伝子レベルでは90点でも不摂生な生活をしていると70点になる、といった具合です。 要は、病気などのリスクは、遺伝によるものだけではなく、生活環境などの後天的な要因も大きいということです。 ちなみに私の場合は、92点でした。 妻は94点で二人とも概ねいいようです。 遺伝子検査の信憑性は?究極の個人情報公開 ちなみに私はお酒が全く飲めません。 そこで、遺伝子検査の信憑性を確かめるためにアルコール遺伝子という項目を見てみました。 どうりでアルコールは身体が受け付けてくれません。 このカテゴリーの人は、練習しても飲めませんので練習もしません。 お酒に距離を置くようになるため、幸か不幸かアルコールに関する病気のリスクは少なくなるのだそうです。 幸い、晩酌や飲みに行くといったことも基本しないのでその分お金もかかりません(と前向きに考えるようにしています)。 このようにアルコール遺伝子に関しては、 信頼できる結果が表示されていました。 このような感じで、37項目の検査結果が表示されています。 私の場合、目に関する病気(加齢黄斑変性)のリスクがちょっと高い以外は概ね問題ありませんでした。 そういった場合もビタミンCやビタミンE、亜鉛などを摂取すると発症リスクが少なくなるといいったアドバイスが添付されています。 遺伝子検査の中にはこの他にも美容やダイエットに関する項目を検査する機関もあります。 肥満やメタボ遺伝子検査など様々です。 ジーンライフの遺伝子検査を受けてみた感想 想像しているより怖くなかった遺伝子検査。 実際はもっと色々なことがわかっているのかもしれませんが、知らされた内容はソフトなもの。 いつも受けている健康診断の方がはっきりした数字が出てより怖いですね。 遺伝子検査を受けた2013年の春当時は、妻と二人で検査して料金は6万円ほど(一人3万円ほど)だったと記憶しています。 検査結果はいつしても同じで生涯変わりません。 最近は、さらに技術の進歩で色々なことがわかり、検査項目も増え価格も安くなっているようです。 気になる人は一度遺伝子検査をしてみてはどうでしょうか。 効率のいい健康対策ができ、費用もすぐにもとが取れると思います。

次の