阿部 寛 の ホームページ と は。 阿部寛のホームページとは (アベヒロシノホームページとは) [単語記事]

最高・最強のWebサイトは『阿部寛のホームページ』である|かじさん@旅するWebマスター|note

阿部 寛 の ホームページ と は

「阿部寛のホームページというサイトがある。 」 と言うとなんだか奇妙な日本語だが、確かに阿部寛のホームページは存在する。 なんだこれは。 なんだこの2000年代前半のスタイルは。 「阿部寛のホームページがなんかウケる」 とどこかで聞いたことをふと思い出し開いてみたが、一体このホームページはなんなのだろう。 不思議というか阿部寛らしいというか。 とにかくよく分からない。 そしてこの阿部寛のホームページは表示速度が爆速で、dev. toというQiitaの海外版的なサイトも爆速で有名なんですが、それよりも速いなんて結果が出たりしています。 ちなみにQiitaってのはプラグラミングの情報収拾サイトで色んな人がコードを公開していて、自分がプログラミングしていて困ったときに読んだりしてます。 一応僕も理系なのでね。 理系の皆さんなら知ってるかと思います。 さて、こんなシンプルすぎかつ爆速な阿部寛のホームページですが、 Kinki Kidsの堂本剛さんのホームページは意味不明なくらい複雑かつ重いです。 Kinki Kidsのお二人。 左が堂本剛さん。 右が堂本光一さん。 どちらも堂本なんです。 これも友達から教えてもらったんですけど、昔話題になったのかな?そこはよく知りませんが、騙されたと思って堂本剛のホームページを開いてみてください。 騙されたと思ってクリックしてみ!!! あとWi-Fiあるところでやった方がいいよ!!! ど、どうでしたか? 僕最初アクセスしたとき、 先進めませんでしたよ。 こっから先は 堂本剛のホームページのネタバレなのでまだクリックしてない人は見るのをここでストップしてくださいね。 だいたい ホームページのネタバレってなんだよ。 そんな日本語があっていいのかよ。 それはさておき堂本剛のホームページはいきなり すっトロい読み込みから始まります。 遅えよ!!! やっと読み込みが終わったかと思うと... え???先に進めないんですが??? この画面から先に進めない。 なんだこれは... そこをクリックすると...... 何も起こらない は???一体お前は俺をどうしたいんだ? く、くそー!!!! と クリックしたままマウスをぐちゃぐちゃに動かすとあら不思議!!! 散らばっていたクリスタルが徐々に集まり、まばゆい光で画面が満たされたかと思いきや... 大きなクリスタルが現れた!!!!! そしてやっとホームページの本体が顔を出した!!! て... おいっ!!!! 初見殺しにもほどがあるだろ!!! 誰があんなボタン押したままぐちゃぐちゃさせなきゃいけないって分かるんだよ。 謎解きじゃねえか。 ホームページ来ても先進めなくて諦める人いっぱいいるだろ!何考えてんだ堂本剛! ここで改めて阿部寛のホームページを思い出すとなんだか実家のような安心感さえ覚えた。 優しく微笑む阿部寛。 ただいま... ああ、ここが俺の帰る場所だ... 帰りたーい。 帰りたーい。 あったかハイムが待ってーいるー。 なんだかよくわからないけど 阿部寛をもっと好きになりました。

次の

阿部寛のホームページ風がやばいと話題に!すごい筋肉のトレーニング法とは?

阿部 寛 の ホームページ と は

目次 []• 阿部寛のホームページ紹介 すごくないですか?もうこれは時代錯誤なんていう次元を通り越して歴史遺産ですよ、インターネット界のダッコちゃん人形です。 この2017年にこんなにも 「ホームページビルダー感」溢れるサイトがあるなんて涙を禁じえません。 この阿部寛のホームページなんですが、実は結構前からネット上では何かと話題になっていまして、2016年にページのリニューアルが発表された際には「この遺産が消えてしまうのでは」と心配する声がネットニュースになったりもしました。 ホームページ文化の廃れつつある現代でも多くの人から愛されているんですよね。 しかし、そんな阿部寛のホームページにもたった一つだけ、大きな欠点があります。 ] それは 「スマホに対応していない事です。 」 (スマホで見た阿部寛のホームページ。 文字も小さく、余白も気になる) 僕自身、 趣味で1日に2、3回阿部寛のホームページをチェックするのですが、やはりパソコンで閲覧する様にデザインされているためか、目当てのページに思った様にアクセスしにくい事があります。 (特に好きな「メンズノンノ時代の阿部寛」のページ。 とてもシュール。 ) 普段だったら「まぁいいか」と放っておくところですが、大好きな阿部寛の為とあっては黙っていられないので、今回は僕が自らこのホームページをスマホ対応にさせてみたいと思います。 しかし、ここでみなさんにお伝えしなければいけないのは、僕は「今までにホームページを作った事がない ド素人」だという事です。 自分でホームページを作るにあたっては、HTMLやCSS、PHPといったコンピューター言語を学ぶ必要があるのですが、今回僕は「 ホームページの作り方を学んだ上で阿部寛のホームページを作らなくてはいけないのです。 」 ちなみに僕は以前に「iPhoneアプリの開発を勉強しよう」としたものの、参考書が全く理解できず、涙と鼻水で顔面をグチャグチャにしながらわずか1週間で挫折した事があります。 (その参考書の表紙には大きく 「サルでもわかる」と書かれていました。 ) プログラミングは1週間で挫折するわ、GPAは1. 8しかないわ、キャベツとレタスの違いは分からないわと、僕はあらゆる面で典型的なアホ大学生なので、今回のホームページ制作もすぐに挫折するかと思いきや、いざやってみると めちゃめちゃ簡単に習得出来ました。 しかも2週間で出来ました。 なので、今回は僕が実際にホームページ制作を習得した過程をいくつかの記事にして見ました。 簡単な順序としては• 環境設定をする• 勉強する• 実際にホームページを作ってみる の3段階です。 どれもサル未満でも出来たことなので、ホームページ制作を学んでみたいけどどうすれば良いかわからない、という方々は是非参考にしてみてください。 阿部寛のためにパソコンの環境設定をする さて、では実際にホームページを作るための環境設定から順番に始めていきましょう。 設定というと少し面倒に聞こえますが、5分もあれば終わります。 料理で例えるなら買い物に行く程度の簡単なことです。 ここではそれを3つのステップに分けて説明します。 ステップ 1. MAMPを導入。 まず、「MAMP」というフリーソフトをパソコンに導入する必要があります。 このMAMPというソフトを使うことで、ホームページなどを開設するのに必要な「サーバー」をパソコンの中に構築することができます。 では、ブラウザーを開き「MAMP」と検索してください。 そして、あとは このページからMAMPのフリー版をダウンロードします。 そして次に、ダウンロードしたファイルを開き、MAMPをパソコンにインストールしましょう。 インストールが完了したら早速MAMPを開きます。 開くとこのような画面になるので一番右の電源マークのボタンを押してください。 このマークが緑色に点灯すれば、「サーバー」の構築が完了したことになります。 MAMPにWordPressをインストール 次にWordPressというソフトウェアをMAMP上にインストールしていきます。 このWordPressというソフトウェアは言うなれば「ただで簡単にちゃんとしたホームページを作るため」のものです。 ( それ以上のことは僕もよく知りません。 ) では先程のように「WordPress」で検索します。 すると、おそらく検索結果の上から3番目までにはこのページに繋がっていると思いますので、ここにたどり着いたら画像右下のダウンロードボタンをクリックします。 ダウンロードが完了しましたね。 ダウンロードされたこのファイルは圧縮されているので、まずはそれを解凍します。 そして解凍後に出てきた「wordpress」というファイルをMAMP内のhtdocsというフォルダーに移動させましょう。 それが出来たらもう一度MAMPを開きます。 開いたら今度は真ん中のボタンをクリックします。 するとブラウザが起動し、この画面が表示されます。 そして次に赤線で囲ってあるリンク先へ進んでください。 リンク先には何やら小難しそうなページが用意されていますが、こんなものはこけおどしです。 今回の準備に必要なのは画像に記載した(1)のボタンをクリックした後、(2)枠内に任意の「データベース名」を入力するだけです。 僕は今回「MyHomePage」と言うデータベース名にすることにしました。 この入力が完了したら右にある作成ボタンを押してください。 すると、この画面に移動します。 この画面は実はインターネット上ではなく、あなたのパソコン上にだけ存在するサーバーの中身を示しています。 現に、画像内に写っているこの「wordpress」というリンクに先には先程移動させたWordPressのファイルが入っています。 このリンクをクリックすると この画面に進みますので、このまま「さぁ、始めましょう!」をクリックします。 次はワードプレスをサーバーのデータベースに接続する必要がありますので、画像の通りにデータベース名とユーザー名・パスワードを入力します。 下2つの項目は変更する必要がないのでこのまま送信ボタンまで進みます。 さぁ、長々と色々な設定をしてきましたが、この設定が最後です。 最後は実際にホームページを作りに当たってそのタイトルを決めましょう。 僕の場合は「阿部寛のホームページ」 当然ですね。 そしてここのユーザー名とパスワードは先程とは違い、任意で設定できます。 (実際にオンラインでページを公開する際にはパスワードの脆弱性には十分注意が必要です。 ) 全て入力し終えたら完了です! 先ほどの任意で決定したログイン情報を入力すれば… 出来ました!!ここまで来てしまえばあとは実際にホームページを作っていくだけ!阿部寛の喜ぶ顔が目に浮かぶようですね、みなさんにも見えますでしょうか? さて、ホームページの制作の環境設定も完了し、ひと段落ついたので今回はこの辺りにして AmazonPrimeで「結婚できない男」の続きを観たいと思います。 いつ視聴期間が終わるかわかりませんからね。 次回についてですが、先にも述べたように僕はド素人なので、まずはコーディングを学ぶところから始めたいと思います。 「何それ絶対読んでてもつまんないじゃん」って思ったそこのあなた!! そんなことないですよ…… ではまた次回、お会いしましょう。

次の

阿部寛と堂本剛のホームページを見て阿部寛をもっと好きになった│意識高い系中島diary

阿部 寛 の ホームページ と は

阿部寛ホームページが爆速すぎる 阿部寛さんの公式ホームページ。 話題になったポイントは二つあります。 まず一つ目はその表示速度。 フラッシュや動画など凝った演出で表示速度が遅いと感じるサイトが増えている中、阿部寛さんのサイトの表示速度が爆速すぎると話題になっています。 どれほど早いのか、実際に阿部さんのホームページを開いてみたのですが一言で言うと、 「早っ!!」 瞬きする間もないほどの爆速です。 ご丁寧にツイッターでその速度を挙げてらっしゃる方がいましたが、そうそうこんな感じです。 その速さ、なんと 0. 3秒(笑) 阿部寛のホームページ開くの速すぎて草 — 白州スライム shirasuraimu 気持ちがいいったらありゃしません。 サックサクですがな。 ふつうサイト構築にはhtmlコードが数百行なんてのはザラですが、阿部寛さんのホームページではソースがわずか 9行299文字と超シンプルに作られているからなのでした。 to」というサイトなのですが、阿部寛さんのホームページと甲乙つけがたい速さと言う触れ込みです。 筆者の所感では、どちらも開いてみたところ阿部寛さんの方に軍配があがるような速さでした。 と言うことは 阿部寛公式ホームページは暫定世界一の爆速サイトということに!? サイトデザインが意表を突いてダサすぎるw 阿部寛さんといえばメンズノンノ出身のファッションモデルでした。 ファッションやデザインセンスもあるでしょうから、さぞかしお洒落なサイトであろうと想像した方はそのサイトデザインに度肝を抜かれることになります。 よくいえば「シンプル」、 悪くいえば「ダサすぎ・・・?」 手作り感満載で非常にレトロなビジュアルです。 90年代・・・? なにこの懐かしい感じ! インターネット黎明期の雰囲気そのままw とも称されています。 デザインのポイントは背景 阿部寛さんのサイトでは左側にはメニュー、右側には阿部寛の画像と出演情報だけというごくごくシンプルな作りになっています。 サイト管理者のページではこう記してありました。 情報等については、所属事務所の協力と承認を得て作成しています。 実情は、阿部寛さんのファンサイトが先に存在しており、阿部さんの所属事務所「茂田オフィス」が後からこのホームページを公式として採用したという経緯だったようです。 ちなみに「茂田オフィス」には事務所の公式サイトがありません。 阿部寛さんの他に 名取裕子さん、筒井真理子さんが所属しており個人経営の芸能事務所のようですね。 2016年にはホームページサービス「 homepage」の終了に伴い、サイトリニューアルが余儀なくされました。 その時にはすでにこのサイトデザインのファンも多く、「まさかデザインも変わってしまうのか?」と注目されていましたが、リニューアル後も90年代調の 全く同じデザインで再登場。 ネットでは「そのままで安心した」「今後も変えないで欲しい」とさらにファンが増えたようですw デザインは古くても情報は最先端 特筆すべきは、サイトのデザインがアレで意表を突くインパクトがありますが、もともとファンの方が作られたということで出演情報などは 常に最新のものが掲載されていることです。 必要な情報は常に最新のもので、キチンと更新されています。 2018年10月の時点でも、• TBS日曜劇場『下町ロケット』2018年10月14日スタート• マレーシア映画「The Garden Of Evening Mists」2019年公開予定 という風にトップページに最新情報が。 デザインやイメージにこだわるあまり、表示が遅い・どこを見たらよいかわからないといったサイトが乱立する昨今、ここまでシンプルで爆速で表示されるホームページは理想的といっても良いのではないでしょうか? 阿部寛ホームページにハマる人続出 90年代のネット環境を知る同世代からは「懐かしい」、そして若い世代からは爆速で表示される機能とレトロシンプルなデザインがかえって新鮮に映るようです。 ほんとにここまで来たら絶対にデザインを変えないで欲しいと節に願う、国宝級のホームページですね!.

次の