フランス 歴代 大統領。 フランスの歴代大統領「ポンピドゥー」「ミッテラン」「サルコジ」

フランスの歴代大統領「ポンピドゥー」「ミッテラン」「サルコジ」

フランス 歴代 大統領

フランスの新しい大統領となったエマニュエル・マクロン氏が、パリの街を凱旋しました。 その時に使われた車両はDS 7 クロスバックです。 DS7クロスバックは今年のジュネーブショーに合わせてお披露目された新型車で、実はまだ発売前。 新しい大統領に新しいフランス車で華を添えたのでしょう。 さてそこで、歴代フランス大統領がどんなクルマに乗っていたのか、主だったものをいくつか集めてみました。 シャルル・ドゴ-ル大統領(任期1958-1969) シトロエンDS この車で1962年8月22日、映画にもなったジャカルの日にアルジェリア戦争のあおりで12人のアルジェリア系独立派に襲撃されるも逃げ切れたと言います。 ジョルジュ・ポンピドウ大統領(任期1969-1974) シトロエンSM スピ-ドマニアだったポンピドウはエンジン部分を改良しパワ-アップできるようにしたといいます。 1971年に時のソビエトのブレジネフ書記長に同じタイプの車を贈呈しています。 ジャック・シラク大統領(任期1995-2007) ルノー・サフラン 1995年の時はシトロエンCXに乗っていましたが2005年からはC6に乗っていました。 サフラン ルノ-に乗り換えたのは前大統領ミッテランに敬意を表してつつましやかになったといわれています ニコラ・サルコジ(任期2007-2012) プジョー607PALADINE(パラディン) 彼のコンセプトはこれは2007年5月16日の勝利の時のパレ-ド用だけで、通常はルノ-VEL SATISを使っていました。 フランソワ・オランド(任期2012-2017) シトロエンDS5(ハイブリッド) 当時の先端技術と考えられていたハイブリット車をPSAソショ工場で注文している。 通常は、もう少し大きい ルノ-・エスパスを使っていました。 その時代のそれぞれの最先端の車両に乗っていたのがわかります。 クルマに関しては皆革新系ということでしょうか? Gatasan Furukata 【関連記事】 DSの新旗艦モデル「DS 7クロスバック」をパリで発表 by カテゴリー : , , , , タグ : , ,.

次の

エマニュエル・マクロン共和国大統領

フランス 歴代 大統領

1871年以前のフランスの元首については「」を参照 なお、肩書きは時代により異なり、以下の通りである。 - 国家主席(Chef d'Etat)• 大統領制以前のフランス共和政国家元首 [ ] 第一共和政 1792年 - 1804年 [ ]• - 国民公会議長 2週間ごとに改選され期間中のべ77代を数えた。 アメリカ型の大統領制についての提案もあったが議論の末、否決された。 - 、ほか。 事実上の権力者。 1795年 - 総裁 定員5名 総裁政府 1795年 1797年 () () 5月 () 1799年 5月 1799年 ()• 1799年 - 第一統領 第二共和政 1848年 [ ]• () — 1848年 主席• () 1848年 — 1848年 議長 首相• 初期委員:• 1848年 — 1848年6月24日まで議長• () 1848年 — 1848年 主席 首相兼任• 歴代のフランス共和国大統領 [ ] 第二共和政 1848年 - 1852年 [ ] フランス国民有権者の ()によって選出された。 ヴィシー政権 1940年 - 1944年 [ ] 詳細はを参照。 国家権力をすべて元首(国家主席)のペタン元帥に委ねる特異な政体を採っていた。

次の

歴代王名一覧(フランス)

フランス 歴代 大統領

みやびんです。 先日、各国の大統領と首相の違いについて記事にしました。 中でも、 フランスは首相と大統領が存在しますが、「半大統領制」と呼ばれ、権限が他の国より複雑なイメージを受けました。 この記事を書いている時点でのフランス大統領は「エマニュエル・マクロン氏」、首相は「エドゥアール・フィリップ氏」です。 マクロン大統領は日本でも知名度がありますよね。 さて、それではフランスの首相と、大統領の違いについてもう少し深く調べてみました。 スポンサーリンク 目次• フランスの首相と大統領の違いは? フランスには大統領と首相が存在します。 に描きましたが、国によっては大統領しか存在しない国、首相しか存在しない国があったりします。 大統領は国家元首であるという点がポイントです。 首相しか存在しない国は、国家元首が政治的な権限をほぼ持たない王室なので、政治は首相が国会とともに運営する形です。 大統領が存在する国はアメリカ・ロシア・韓国のように大統領に絶大な権限があることが多いです。 フランスの場合、大統領と首相の両方が存在します。 このケースだと、同じく大統領と首相が存在する韓国やロシアのように大統領に権力があり、首相は大統領の補佐のような場合が多いのですが。 フランスの場合はどうやら違うようです。 フランスは首相にも大統領に匹敵する力があるという点が特徴的です。 何故、フランス首相は大統領に匹敵する力があるのでしょうか? その大きな理由としては、フランスは大統領がいますが、日本・イギリスと同じく「議会内閣制」でもある点が大きな理由です。 大統領に絶大な権限がある国の首相は大統領より任命されます、フランスも首相は大統領が指名しますが、議会内閣制なので指名する首相は議会の過半数の支持が必要となります。 大統領が都合の良い人物を指名するのではなく、議会から支持された首相を指名するので、フランス首相は大統領に匹敵する権限があるのです。 そういった状態を「半大統領制」とも言うようです。 フランス大統領のやること フランス大統領は国民の直接選挙によって選出され、任期は5年です。 大統領は議会で可決された法律を認証する前に再審議を要求することが出来たりと、憲法の尊重を監視し、公権力の適正な運営と国家の継続性を確保する役割を持ちます。 首相の提案に基づいて政府憲法改正案を提出できます。 大統領は軍隊の長であり、指揮権を有します。 フランス大統領は国家元首としての役割と行政府の長としての役割を果たします。 特に外交面でフランスの国家元首として大きな権限を持っています。 スポンサーリンク 半大統領制とは? 「半大統領制」、日本人にはあまり聞きなれない言葉ですが。 フランスの他に「イタリア、スリランカ、セルビア、ルーマニア、中華民国、パキスタン、モンゴル」といった国が半大統領制をとっているようです。 「半大統領制」の定義としてフランスの政治学者モーリス・デュヴェルジェという学者が下記の3点を挙げています。 半大統領の典型ともいえるフランスでも憲法上で大統領が国家元首ですし、外交面でフランスを代表するのは大統領ですね。 事実、日本人の間でもフランスの大統領の名前は認知している人が多くてもフランスの首相の名前がパッと出てくる人は少ないですよね。 ただ、 首相が大統領の補佐程度の権力しかない国ではなく、議会から選ばれ大きな権限を持っていること、内政に関しては大統領に匹敵する権限を持っているという点がフランスの首相と大統領の特徴となります。 また、そのような政治体制を「半大統領制」といいます。 半大統領制の定義で大きなポイントは国会から指名される首相がいること、つまりは議院内閣制を敷いているということになります。 「半大統領制」は大統領による独裁が起こり難いという点がメリットですが、デメリットとしては首相と大統領の意見が割れてしまうと政治が停滞してしまうというデメリットもあるという点も覚えておきましょう。

次の