コロナ は いつ 収束 する。 ウイルスとの闘いはいつまで続くか

コロナウイルスはいつ収束する?各国や専門家の予測と今後気をつけるべきポイントを紹介

コロナ は いつ 収束 する

SARSの収束までの期間は? まずは、2002年に大流行したSARSから見ていきます。 期間、収束にむかった理由、また患者数、死者数についてまとめていきます。 SARSはいつからいつまで流行した? SARSは2002年11月16日の中国広東省仏山市報告での症例に始まり、台湾の症例を最後に、2003年7月5日にWHOによって終息宣言が出されています。 経過を見ると、2003年3月12日にWHOは、全世界に向けて異型肺炎の流行に関する注意喚起を発し、本格的調査を開始。 2003年3月15日には、原因不明の重症呼吸器疾患としてsevere acute respiratory syndrome(SARS)と名づけ、「世界規模の健康上の脅威」と位置づけ、異例となる旅行勧告を発表する措置をとっています。 このときには、ウイルスの特定はされておらず、2003年4月16日に新型のSARSコロナウイルスであると特定されました。 特定から、約2ヶ月半経過した7月5日に終息宣言が出されて、SARSの流行が終わりを迎えました。 SARSの収束理由はなぜ?どうやって収束した? なぜ収束したのか根本的な理由は、感染源を特定して、排除したことにあるとされています。 SARSの感染源は、中国の一部で食用として狩猟されている ハクビシンが感染源であったと推定され、ハクビシンを市場から取り除いた途端に感染が止まり、SARSは収束したとされています。 そして、既に 感染している患者を隔離することによって、最後の患者となった方が隔離されてから、平均の潜伏期の2倍にあたる20日が過ぎても新たな症例が発生しなかったことから、WHOが世界的な流行が終息したと宣言してSARSの流行は終わりを迎えています。 SARSの潜伏期間と患者数・死者数 SARSの潜伏期間は、2~10日。 そして発症前の患者からの感染が広がるといことはないとされています。 ここが、武漢から始まった、 新型コロナウイルスとの大きな違いであると言われています。 SARSは、最終的に8,098人の感染者数と774人の死亡者が報告されています。 スポンサーリンク MERSの収束までの期間は? MERSは、SARSや武漢の新型コロナウイルスと違い、発生から数ヶ月で一気に広まったというものではなく、 発見から数年経ってからじわじわと広がってきています。 そして、2020年現在もMERSがなくなっているわけではなく、依然として存在するウイルスです。 特徴的な流行となったのは、2015年の韓国における感染と言えますので、韓国でのMERSの流行から収束までの期間を見ていきます。 MERSはいつから始まって、いるまで流行したのか? MERSが初めて発見されたのは、 2012年9月の報告。 この報告によると、 感染者はサウジアラビアのジェッダで2012年6月13日に入院。 2012年6月24日に死亡しています。 その翌年2013年5月に、Middle East respiratory syndrome coronavirus(MERS)と名付けられています。 2013年7月17日にWHOは、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」と発表しています。 その後ジワジワと感染は広がっていきますが、 感染が一気に拡大したのは、2015年、韓国です。 2015年5月20日にMERSコロナウイルスの感染が確定されていますが、入院していた京畿道平沢市の病院でエアコンを通じ院内感染が発生し韓国国内で感染が広がりました。 韓国政府は2015年7月28日にMERSの終息宣言を発表しましたが、10月12日に完治した患者が再び陽性判定を受けたので、世界保健機関(WHO)による終息宣言は延期。 2015年12月23日、韓国政府はWHO基準に基づく 終息宣言を出して、韓国におけるMERSの流行は終わりを迎えています。 MERSの収束理由はなぜ?どうやって収束した? 感染源とされているのは、 ヒトコブラクダ。 MERSに感染しているヒトコブラクダとの直接的または間接的な接触を通して感染します。 そして、ヒトからヒトへと感染が広がっています。 MERSは患者を隔離させ管理することでヒトからヒトへの感染を防ぐことができ、時間の経過ととも収束期間を迎えています。 MERSの潜伏期間と患者数・死者数 MERSの潜伏期間は2~14日(中央値は5日程度)とされており、WHOによる終息宣言は、ウィルス患者がいなくなってから28日間経過したときに発表しています。 韓国におけるMERSの感染者数は、186人。 死亡者は、38人でした。 世界での感染者数を見てみると、2020年1月27現在で約2,490人が感染して約850人が死亡しています。 スポンサーリンク 武漢の新型コロナウイルスとSARS・MERSを比較すると・・・ 最後に 武漢の新型コロナウイルスについて見ていきます。 そして、SARSおよびMERSと比較してみてみます。 新型コロウイルスはいつから始まった? 武漢の新型コロナウイルスは、2019年12月30日に中国のインターネット上で現地の保健機関が作成した「原因不明の肺炎」に関する公文書が出回り多くの人が関心を寄せるようになったのがスタート。 翌日、 2019年12月31日に最初にWHOに報告されました。 その一週間後、 2020年1月7日に、この肺炎の原因が新種のコロナウイルスと特定されます。 最初の死者が出たのは、2020年1月9日。 2020年1月13日、初めての中国域外の陽性事案がタイで確認されています。 そして、またたく間に世界ひ広がりを見てせており、 WHOは2020年1月31日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)を宣言しています。 最初に日本上陸したときの状況は下記にまとめております。 >>> 新型コロナウイルス(武漢)の患者数と死亡者数 新型コロナウイルスでは30日に死者が170人を超えています。 そして 感染者数では、2020年1月31日現在に世界で8100人を超えて既に、SARSを上回っています。 SARSに比べて早い速度で感染が拡大しているのは、SARSは潜伏期間中に感染が広がることはありまんでしたが、武漢の新型コロナウイルスでは、潜伏期間中に感染が広がってしまいます。 その為、知らず知らずのうちに感染が広がってしまうことが大きな理由と言われています。 まとめ SARSとMERSのはじまりと終わりと収束理由について紹介してきました。 最後にSARSとMERSの収束までの期間をまとめておきます。 ・2012年6月13日に入院。 2012年6月24日に死亡。 (2012年9月の報告) ・2013年5月にMERSと命名 ・2013年7月17日にWHOは、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」と発表。 【韓国における流行】 ・2015年5月20日にMERSコロナウイルスの感染が確定 ・2015年7月28日にMERSの終息宣言を発表したが再度陽性判定 ・2015年12月23日WHO基準に基づく終息宣言 韓国における流行期間:7ヶ月間 流行が始まって終わるまでは、SARSとMERSの期間を見てみると、7ヶ月~8ヶ月かかっています。 同様な7~8ヶ月という時間で、武漢からの新型コロナウイルスが収束までの期間を迎えるとすると、そのタイミングは2020年7月~8月。 ちょうど東京五輪と重なるタイミング。 SARSのときと比較してみると、原因のウイルスの特定にSARSは、5ヶ月かかっています。 特定から終息宣言までを見ると、3ヶ月かかっていません。 武漢からの新型コロナウイルスは、WHOへの報告から1週間で特定されています。 5ヶ月に対して1週間で原因となるウイルス特定されたのは良いことなのではないでしょうか。 SARSとは、感染する速さも違いますし、人の動き方も違いますので同様に収束を迎えるとは言えないですが、過去の経験を踏まえて一刻も早い収束をむかえて欲しいですね。 予防のためのマスクの販売状況とおすすめの除菌スプレー マスクの販売状況を見ていると、まだまだ在庫切れの状況ですね。 楽天では、あることはありますが、通常時に比べると高めの印象です。 高いものであれば在庫があるという状況なのは、釈然としなくもないですが、背に腹はかえられないということであれば、それもありかと思います。

次の

新型コロナ「収束のカギ」にぎる集団免疫とはなにか

コロナ は いつ 収束 する

3月4日追記 新型コロナの感染が中国では減少していると言われています。 【AFP=時事】中国当局は3日、国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに125人確認されたと発表した。 1日の新規感染者としては過去6週間で最少。 中国本土の感染者数は合わせて8万人を超えた。 yahoo. 3月4日追記 新型コロナにかかった人が、「喘息で使用する吸入」で改善されたケースがあったと、ニュースで言っていました。 新型コロナウイルスに感染して肺炎になった患者に対して、ぜんそくの治療に使われる吸い込むタイプの薬を投与したあと、症状の改善が見られたという報告が、日本感染症学会のウェブサイトに掲載。 — マムよし yoshimom123 ウイルスに対して効果があるわけではないので、喘息でない人が使うと危険な場合もあるという見方もしている人もいました。 私も咳喘息を持っていますが、確かに咳の症状を抑えてくれます。 「直撃! シンソウ坂上」という木曜放送の番組で、 新型コロナの猛威は世界中に広まっている状況です。 中止ではなく延期になることは、日本としても経済的損失が危ぶまれていたので非常に助かる内容ではあります。 上記の問題を、これからオリンピック委員会が話し合っていくのではないでしょうか。 ちなみに、聖火リレーは中止になり、延期に向けて日程を決め直す予定になっています。 組織委員会の森会長は24日夜、記者会見し 「聖火リレーはスタートせず、今後の対応を検討する。 大会の延期日程にあわせた新たな聖火リレーの日程を定めて、盛大なグランドスタートができるように準備する」と述べました。 nhk. html.

次の

コロナウイルスはいつまで続くのか予想・予言まとめ!日本の収束時期は○月?

コロナ は いつ 収束 する

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の