エミネム エイト マイル。 「エミネム」の代表曲はこれ!映画「8マイル」で使われた曲と、娘ヘイリーへの曲に注目!

映画「8Mile 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

エミネム エイト マイル

『 8マイル 〜ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー』 の リリース 時間 68分19秒 専門評論家によるレビュー• RapReviews. com 7. 1位()• 週間1位(2週連続、オリコン)• 映画のサウンドトラックとしては異例のヒットとなり、全米410万枚、世界総計900万枚を売り上げた。 この作品中5曲は、主演のによるである。 中でも主題歌の「」は、アメリカのやヨーロッパでのチャートを席巻し、グラミー賞2部門受賞・2部門ノミネートを果たしただけでなく、ではを受賞。 では166位にランクインし、の25年間における100の名曲では4位にランクインした。 2009年3月には、アメリカ合衆国でのダウンロードがエミネム史上初の200万回を突破した。 日本では、全米発売からおよそ半年後のに日本語盤が発売、その翌月に同映画が公開された直後の6月第2週に、1位を獲得している。 また、同チャートでは前週にが1位を獲得し、本作が2週連続で1位を獲得した後、に引き継がれたため、洋楽部門で4週間1位を獲得し続けた。 " RZA 11 "Runnin'" 12 "Survival of the Fittest" モブ・ディープ モブ・ディープ 13 "Temptations" 2パック 14 "Unbelievable" ノトーリアス・B. サウンドトラック未収録の劇中使用曲 [ ] 劇中に用いられた楽曲の中で上記サウンドトラックに収録されなかったものを以下に記す• : "Last Dayz"• ノトーリアス・B. : "Unbelievable"• : "Time's Up"• : ""• : "Insane in the Brain"• : "This Is How We Do It"• : "Gang Stories"• ノトーリアス・B. : "Who Shot Ya? 2009年3月27日閲覧。 2009年3月27日閲覧。 Canadian Recording Industry Association 2003年1月. 2009年3月27日閲覧。 のサイトの"Chart 1363" - SUNDAY 22 JUNE 2003参照• British Phonographic Industry. 2009年3月27日閲覧。 2004年. " 解説", p. 『』のアルバム・ノーツ. 先代: by 第1位(1度目) 2002年11月10日付 - 2002年11月23日付 次代: by ジェイ・Z 先代: by 第1位 2度目 2003年1月5日付 - 2003年1月18日付 次代: by.

次の

【速報】「8マイル」の女優ブリタニー・マーフィーが急死 32歳

エミネム エイト マイル

エミネムの音楽出版社であるエイト・マイル・スタイルが著作権侵害でSpotifyを提訴。 「適正手続の違憲的否定」であるとして、音楽近代化法(MMA)を非難したことによる。 エミネムの音楽出版社であるエイト・マイル・スタイルが著作権侵害でSpotifyを提訴した、と米ハリウッド・レポーター誌が報じた。 米現地時間8月21日に提出された訴状によると、Spotifyは無許可でラッパーの楽曲を何百曲もストリーミング配信していたのだ。 およそ250曲とみられる問題の楽曲のなかには、エミネムの大ヒット曲も含まれている。 訴状によると、エミネムの楽曲はSpotifyで数十億回も再生されたにもかかわらず、「Spotifyはこれらの再生についてエイト・マイル・スタイルへの報告はおろか、支払いも行なっておらず、代わりとしてストリーミング配信の一部に過ぎない、なでたらめの報酬しか支払っていない」というのだ。 「コピーライト・コントロール」とは、著作権の保有者が不明な楽曲をまとめたカテゴリーだ。 「音楽史上もっとも有名な楽曲の著作権の保有者をSpotifyが特定できないのは、バカバカしいにも程がある」と原告側は述べた。 2002年に公開された映画『8 Mile』の主題歌でもある同楽曲は、ビルボード・ホット100チャートで1位を獲得しただけでなく、アカデミー賞オリジナル楽曲賞も受賞している。 さらに、今回の訴状は音楽近代化法(MMA)を取り上げ、デジタル・ストリーミング時代における音楽著作権法を時代に合ったものにアップデートし、ロイヤルティの支払いを通じてクリエイターを支援するために制定された新法律をSpotifyが順守していない、と主張した。 原告側は、Spotifyは「MMAが定める、エイト・マイル・スタイルの楽曲のサウンドレコーディングに見合った適切な商業努力を怠った」と主張した。 ローリングストーン誌の取材に対し、Spotifyの代表者はすぐにコメントすることを控えた。 今回の訴状は、MMAの合憲性に改めて疑問を投げかける結果となった。 「著作権侵害、法定損害賠償、弁護士費用などに起因する利益を原告側が受け取る権利をMMAが遡及的に排除したことは、(手順ならびに実体的な)適正手続の違憲的否定であり、財産権を保有者から奪う違憲的取得である」と原告側は述べた。

次の

映画『8(エイト)マイル』ネタバレあらすじキャスト評価エミネム主演の感動映画

エミネム エイト マイル

映画エイトマイルは夢を叶えるストーリーだった 映画エイトマイルは夢を叶えるストーリーなんですよね。 それが当時10代だった私にもとてもかっこよく映りましたし、30歳を超えた今になってもとても勇気をもらえる内容になっています。 人は誰しも夢を持って生きる時があるので、多くの人の共感をよんだのでしょう。 というのも、主役をつとめるエミネムは裕福とはほどとおい生活をしています。 家もマンションや戸建てではなく、窮屈なトレーラーハウスで暮らしていました。 体調が悪く働けない母親と、幼い妹をささえるために仕事をしていたのです。 実は私個人も、母が体調を崩して働けない時期があり、自分のやりたいことを我慢して家族の生活のために自分の給料をあてていました。 エミネムと同じで父親もいなかったので、その状況にもすごく共感できたんですよね…! ただ、自分はやりたいことをあきらめていたけど、同じ状況でも夢を叶えようとするエミネムに勇気をもらったのは間違いありません。 「半自伝的作品」ということもあり、どこまでが実話なのかは分かりませんが、 夢を叶えるストーリーが多くの人に人気の理由のひとつでしょう。 ちなみにエミネムの夢は「ヒップホップで生計をたてること」です。 題名でもある「エイトマイル」は、アメリカのデトロイトにあった貧富の差をあらわす境界線のことです。 つまりは 『ヒップホップで成功して、エイトマイルの向こう側にいくぜ』というメッセージがこもった映画なんですね。 大変な家庭環境のなか、決して折れずに「やりたいことをやるんだ」という強さはみんな欲しいじゃないですか? でも現実は甘くないので逃げたくもなるし、投げ出したくもなります。 それでも立ち上がったエミネムだから成功したわけですが、夢を叶えたい人にとっての教訓にもなる映画ですよね。 映画エイトマイルは人生逆転の希望をくれる エイトマイルは夢を叶えるストーリーであると同時に、 人生逆転の希望をくれる映画です。 多くのヘッズから支持された理由もそこにありますよね。 私もはじめてこの映画を観た時に、ちょうど人生の進路に悩んでいる時でした。 人生逆転というと少し大げさですが、毎月の生活もキツキツで、寝ずに働いてはいるけど毎月の支払いに追われるような状態だったんですよね。 ちなみに映画の中のエミネムもまさにそんな感じで、働けど働けど生活はよくならず、ストレスも抱えながら精神をすり減らして毎日を送っています。 その姿についつい、自分を重ねてしまう人も多いでしょう。 まぎれもなく私もその一人だったので、「わかりみが深い…」と何度も繰り返し見てしまっている映画なのです。 だけど、そのまま終わってしまったらバッドエンドじゃないですか。 主役のエミネムはヒップホップを通して、人生逆転とも言える変化を起すことに成功します。 そのシーンでもまた、「ああ、自分もこうなりたいな」と前向きな気持ちにさせてくれるんですよね…! また、『成功するためには努力をしなければならない』ということもエミネムは教えてくれています。 仕事に向かうバスの中で、毎日毎日リリックをかきためていくんですよね。 ボロボロのノートとペンを取り出して、思いついたリリックをメモに残していく。 そうやって書き溜めた歌詞がエミネムの代表曲につながって、全米オリコンチャートに顔を出したり、日本でも有名なラッパーとして知られることになりました。 はじまりはボロボロのノートとペンだったことを見ると、その逆転劇にトリハダがたちますよね…!とてもしびれる映画なのは間違いありません。 映画中のエミネムのラップがかっこよすぎる そして何より、 映画のなかでのエミネムのラップがかっこよすぎます。 もう、笑ってしまうほどにかっこいいラップを決めてくれるんですよね…! エミネムの音源を聞いたことがある人は分かると思いますが、独特な声とリズミカルなフロウがとっても耳心地がいいじゃないですか。 それを即興でやるシーンでは、ライミングもしていてかつ相手をディスっているわけです。 このクオリティの高さにもう、唸るしかありませんよね…! 映画の最後にはラップバトルのシーンもあるのですが、そこでの個人的パンチラインは言葉が汚すぎてこのブログには載せられません 笑 会場の空気を味方につけるあたりも、リアルに超有名なラッパーのスキルを体感できる貴重なシーンだと思います。 わたしも実際の現場にいるかのような雰囲気になり、一緒になって「ヘイパパドク!」と叫んでしまったほどです。 エミネムのかっこよすぎるラップも間違いないくエイトマイル中の見どころなので、チェックしてみてください! エイトマイルはラップ好き以外にもオススメ! もちろん他にも、映画エイトマイルの魅力はたくさんあります。 とても1日では語りつくせないので、ぜひお近くのヒップホップ好きのお友達と一緒に鑑賞してみてくださいね。 また、エイトマイルはラップやヒップホップが好きな人でなくともおすすめできる映画です! 人生は自分の手で変えられることを教えられるし、夢は叶うってことを教わります。 忙しい毎日を送っていると見失いがちなこともある「夢」とか「理想の人生」ですが、エイトマイルがそれを教えてくれるんですよね。 個人的にも人生のベスト映画に入ってくるので、これからも定期的に見返していこうと思います!みなさんもぜひ、エイトマイル月間をもうけてみてくださいね!.

次の