串カツ 人気 大阪。 大阪で串カツを食べるならここ! 関西人が選ぶ串カツの名店7選(1/4)

絶品串カツは新世界にあり!大阪人厳選のおすすめ店11選!

串カツ 人気 大阪

大阪で有名な料理といえば何が思い浮かぶでしょうか。 たこ焼き、お好み焼きの次に来る食べ物、「串カツ」です。 大阪は串カツ屋の激戦区と言われるほど、多くの店が存在します。 理由は、大阪市浪速区新世界のカウンター形式の店が発祥の地とされており、そこを中心に串カツ屋が繁栄したから、と言われています。 大阪独自の食べ方として、客席に置かれた共用のステンレス容器に入った薄いウスターソースに串カツを漬けて食べるスタイルが一般的です。 またソースが共用のため、一度口を付けたものを再度漬ける事が衛生上の問題となることから、多くの店では「二度漬け禁止」の掲示を出しているのです。 そんな大阪のおしゃれな串カツ屋をお教えします。 大阪と串カツ 大阪の串カツの歴史 今や、大阪を代表するグルメの一つになっている串カツ。 東京などで言う串揚げのことをさします。 そんな串カツが大阪で誕生したのは、今から約80年ほど前と言われています。 通天閣で知られる新世界で、カウンター形式の店から発症しました。 肉体労働者の多い地域であったため、安くて手軽にお腹いっぱいになるようにと、衣が厚めにつけらた串カツが始まりであったようです。 大阪の串カツと串揚げの違い 大阪名物串カツと関東などの串揚げ、実は違いがあるのです。 関東などで見かける串揚げは、3~4cm角に切った豚肉と玉ねぎかねぎを交互にさし、衣をつけて揚げたもので、千切りキャベツが横に添えられ、食べる際にソースをかけるのに対し、串カツは、1つの串に1種類の具をさしており、牛肉や魚介、野菜など具材はさまざま。 客席にソースの容器とキャベツが置かれています。 大阪の串カツに存在するルールとは? 東京などで見かける串揚げには特に決まったルールなどありませんが、大阪の串カツには、食べるときに守らなくてはならないルールが存在しています。 それが、有名な「ソースの二度づけ禁止」です。 共用の容器からソースをつけて食べるスタイルの串カツは、衛生面からも、口をつけたカツをまた容器に入れるのはNG。 どうしてもつけたい時は、横に置かれたキャベツでソースをすくってかけるのが正解です。 大阪の最近の串カツ事情 新世界から始まって、安くてお腹いっぱいになる労働者の強い味方であった串カツ。 相変わらず新世界では、カウンターの気軽な串カツ屋が元気に営業を続けています。 また、一方で、小さな子どもからワイワイ楽しめる自分で揚げて食べる串カツ屋や、上品にコース仕立てなどで味わえる串カツ屋など新しいスタイルの串カツ屋が続々と登場しています。 串カツ以外にも人気の大阪ソウルフード 大阪のソウルフード食事編 大阪のソウルフードと言えば、お好み焼きやたこ焼きなどの粉ものは有名。 大阪のいたるところに粉もののお店があり、地元の人や観光客でにぎわっています。 串カツや粉ものなどB級グルメのイメージが強いですが、実は、「箱寿司」と言うお寿司も名物です。 箱のなかに、モザイクのように敷き詰められた色とりどりの押し寿司で、テイクアウトしてお弁当として味わうのもおすすめです。 大阪のソウルフードおやつ編 安くておいしいグルメの街・大阪の昔から愛され続けているおやつと言えば、1956年創業の老舗の洋菓子店「りくろーおじさん」のチーズケーキ。 新鮮な卵と牛乳、デンマークから直輸入されるクリームチーズで作る生地に自家製シロップで味つけたレーズンが入ったスフレタイプのチーズケーキです。 しっとりプルプルの他にはない食感とリーズナブルな金額が、今も昔も愛され続けている秘密です。

次の

串カツだるまのおすすめ人気メニューランキング!味の評判と店舗情報まとめ

串カツ 人気 大阪

大阪、難波・心斎橋で串カツなら「しろたや」へ! あらゆる料理を食べつくした ジャイアント白田が自ら本場大阪の串カツを食べ歩き、 こだわりぬいた自慢の串カツをお楽しみいただけます。 串カツは「安くて旨い!」があたりまえ。 しろたやではコスパにこだわり 「安い!旨い!デカい!」を実現しました。 さらに極細パン粉を使うことで、油の吸収量を極限まで抑えているので、サクッと軽い口当たりで、何本食べてももたれません。 串カツしろたやは大阪・難波のど真ん中、 くいだおれビル3階にあり 地元大阪の方だけでなく、大阪観光の際のお食事どころとしてもご利用いただけます。 広々とした空間の店内にはカウンターの他にテーブル席をご用意しております。 午前11時より営業しているので、気軽な串カツランチから会社帰りのお食事、または、 お仲間での新年会まで幅広くご利用いただけます。 大阪・難波で安くて美味しい串カツなら「しろたや」へ! もちろん、串カツが始めて!という方でも大歓迎です。 難波のど真ん中でアクセス抜群! サクっとふわっとした口当たりが特徴のしろたやの串カツ。 油や素材にこだわり、何本でも食べられてしまうほど。 当店では定番の牛串から、アスパラガス、レンコンなどの食感も楽しい 野菜串など幅広くご用意しております。 また、デザート串などの創作串も人気です。

次の

【大阪】デートにも使えちゃうオシャレな串カツ屋さん4選

串カツ 人気 大阪

大阪新世界エリアには、総本店のほか3店舗あります。 ジャンジャン店は多くの串カツ店が軒を並べる激戦区にある店舗で、カウンター13席、テーブル席34席の合計47席の中型店です。 営業時間は11:00~21:30、ラストオーダーは30分前です。 予約は4~26名まで受け付けています。 通天閣店は大阪の観光スポット通天閣にほど近い店舗で、 観光客も立ち寄りやすい立地が魅力です。 カウンター席36席、テーブル席16席の合計52席用意されていますが、店内はいつも満席なのでスムーズに入店したい方は14:00以降に訪れるのがおすすめです。 営業時間は 11:00~22:30、ラストオーダーは30分前です。 予約は不可です。 動物園前店は天王寺動物園にも近いため、ファミリー層からも人気の店舗です。 カウンター席13席、テーブル席38席あるので家族連れでも利用しやすいです。 営業時間は11:00~22:30、ラストオーダーは30分前です。 予約はできませんので直接店舗を訪れましょう。 難波や道頓堀、心斎橋など大阪の南に位置するのが通称ミナミエリアです。 外国人観光客化も人気のミナミエリアには全部で4店舗を構えています。 なんば本店は法善寺水かけ不動の向かいに位置し、 難波駅からも近いのでアクセスしやすいです。 カウンター18席、テーブル席53席のオオバコ店なので回転も速く待ち時間は比較的短いです。 営業時間は 12:00~22:30、予約も可能です。 法善寺店は 法善寺参道にほど近い情緒ある店舗です。 1階はカウンター席8席、テーブル席16席、2階はテーブル席28席の中型店ですが、おすすめは目の前で串カツを揚げているシーンを見られるカウンター席です。 営業時間は 12:00~22:30で予約も可能なので、確実に入店したい方は事前に電話予約しておくとスムーズです。 道頓堀店は串カツだるまの社長の大きな看板がインパクト抜群の大型店です。 場所は道頓堀商店街と千日前商店街交差点のすぐそばにあるので、 電車でも車でもアクセスしやすいです。 営業時間は 11:30~22:30です。 2~36名までの予約を受け付けているので、団体でも訪れやすい店舗です。 心斎橋店は心斎橋周防町交差点そばにある大型店です。 席数はだるまの中でも一番の総席数141席を誇る大型店で、年中無休で営業しています。 土手焼き、キムチ、枝豆より1品と人気串カツがセットになった心斎橋セットなどオリジナルメニューも展開しています。 営業時間は 11:00~22:30、予約は平日のみ可能です。 梅田や茶屋町など大阪随一のオフィス街である大阪キタエリアには、全部で4店舗を展開しています。 北新地店は大阪駅前1ビルと2ビルの間にある店舗で、 飲み屋さんも多い立地柄はしごして楽しむ方も多いです。 カウンター12席、テーブル席61席で営業移管は 11:30~23:00です。 予約も可能ですし、飲み屋街である立地柄17:00までの昼時間は待ち時間ほぼなしで入店できます。 ルクア大阪店は、大型ショッピングモールルクアの10階に位置する店舗です。 待ち時間の間にもショッピングを楽しめるので時間が無駄になりません。 営業時間は 11:00~23:00で、定休日はルクアに準じますので事前にチェックしておくのがおすすめです。 女性をターゲットにしたデザート付きのレディースセットも用意しています。 予約は不可できませんのでご注意ください。 クロス茶屋町店もショッピングモールの中にある店舗なので、女性やカップルの利用が目立ちます。 カウンター10席、テーブル30席で、 女性一人でも訪れやすいです。 営業時間は 11:00~23:00、予約は不可です。 きわ味新地店は、串カツだるまの中でもワンランク上のこだわりが詰まった全26席のこじんまりとした店舗です。 メニューは単品ではなく基本コース制で、 4700円から8700円まで4つのコースを用意しています。 木目を基調とした高級感のある構えで、接待利用も多いようです。 営業時間は 17:00~23:00、電話予約も可能です。 新幹線の玄関口として多くの人で行きかう新大阪エリアには2店舗あります。 新大阪駅なか店は、その名前の通り 新幹線駅の改札内にあるASTYにある店舗です。 新幹線に乗る前に小腹を満たしたい時にも便利で、カツサンドなどのお持ち帰りメニューも取り揃えています。 カウンター席のみ15席で、営業時間は 10:00~21:30、予約は不可です。 JR新大阪駅2階にあるアルデ新大阪に店を構えるのがアルデ新大阪店です。 こちらはカウンター12先、テーブル席60席を用意しているので、 搭乗前でもゆっくりと食事を楽しめます。 営業時間は 10:30~22:30、予約は不可です。 テイクアウト用の串カツセットもあるので、新幹線でゆっくり食べるのもおすすめです。 串カツだるまで唯一東京に出店しているのが、きわ味銀座店です。 高級ブランド店が軒を連ねる大型ショッピングモール GINZA SIXの6階にあるプレミアムな店舗です。 座席は全51席で、カウンター席や半個室席なども用意されているので幅広い層から支持されています。 営業時間はランチ 11:00~15:30、ディナー17:00~23:00で、予約は電話で受け付けています。 串カツだるまの海外出店1号店が、フィリピンアップタウンモール店です。 大阪で生まれた日本の味がフィリピンの方々にも好評で、店は地元民や観光客など多くの人でにぎわっています。 フィリピンでも「NO DOUBLE DIPPIG 2度漬け厳禁 」のルールは適用されています。 営業時間は 11:00~23:00です。

次の