エヴァンゲリオン アダムス。 【エヴァ】アダムスの器の正体とは?旧劇場版の量産型とは違う?

エヴァンゲリオン:アヤナミレイ(仮称)&第1のアダムスの器(移行中間…

エヴァンゲリオン アダムス

スポンサーリンク テレビ放送された旧作『新世紀エヴァンゲリオン』と新劇場版として今なお続いている『新世紀ヱヴァンゲリヲン』ともに『エヴァンゲリオン』という人型の兵器に少年少女がパイロットとして乗り込み、未知の生物『使徒』と戦うSFロボットアニメ。 その謎に包まれたストーリーと魅力的なキャラによって、凄まじい人気を誇りテレビ連載から20年以上たった今でもネット上で話題となる作品です。 旧作のテレビ版と新作の劇場版は同じ題材でストーリーが進んでいくのですが、途中からパラレルワールドのように話しが分岐していきます。 それに沿うように登場する使徒にも変化がおきています。 テレビ版では名前がある使徒に対し新劇場版では特定の使徒以外は『第〇の使徒』とだけ表記されていたり、同じキャラであるのにナンバリングが異なっていたりします。 ネット上ではこれにもストーリー上の理由があるなど話題となっており、実際に映像にもそれを匂わせるような内容が随所にちりばめられています。 そこで今回はエヴァの敵である使徒を新劇場版とテレビ版での比較を一覧表という形で紹介します。 またそれぞれを細かく説明した記事のこちらにありますので、参考にどうど• 第1使徒『アダム』 第1の使徒『アダムス』 旧作版では第1使徒『アダム』と呼び新劇場版では第1の使徒『アダムス』と呼んでいます。 なおアダムスの画像についてはこれが本当にアダムスであるかどうかの確証がなく、おそらくアダムスであろう存在となっています。 使徒を生み出す存在として地上の支配者となる予定であった使徒。 人類を生み出した存在。 また第3の使徒は新劇場版オリジナルの使徒でありテレビ版には登場しません。 ただすでにナンバーがずれてきています。 サキエルは水を司る天使が名前の由来となっています。 シャムシエルは昼を司る天使が名前の由来となっています。 ガギエルは魚を司る天使が名前の由来となっています。 イスラフェルは音楽を司る天使が名前の由来となっていました。 ストーリーとしては、中々面白いストーリーであったため新劇場版での登場なしは残念でした。 また第7の使徒は新劇場版オリジナルの使徒。 イスラフェルは音楽を司る天使が名前の由来となっています。 サンダルフォンは胎児を司る天使が名前の由来となっていました。 第8の使徒は後に登場する第10使徒サハクィエルと同様の形態をしています。 マトリエルは雨を司る天使が名前の由来となっていました。 第9の使徒は触れたものに寄生する使徒であり、エヴァ3号機のエントリープラグへ寄生しました。 新劇場版のパイロットはアスカでアスカもろとの寄生されてしまい、ダミーシステムで凶暴化した初号機によって無残に殲滅されました。 新劇場版での登場しますが、デザインが一新されていました。 ネルフのメインコンピュータに侵入するウイルスのような使徒で初めてエヴァ以外の方法で殲滅された使徒。 第11の使徒は新劇場版では描写されておらず、様々な憶測がネット上でも広がっています。 第12使徒もテレビ版のみの登場となり、球体は実体ではなく下の影のようなものが実体であるやっかいな使徒でした。 第12の使徒は画像はエヴァMark. 06のものになっていますが、実際はMark. 06に寄生したケーブル上の形状をしています。 テレビ版のバルディエルは新劇場版と同じくエヴァ3号機に寄生した使徒であった。 パイロットはシンジのクラスメイトの鈴原トウジであった。 新劇場版の第13の使徒は本来存在しないはずであったが、碇ゲンドウの計画によってカヲルが第1使徒から第13の使徒へ堕とされたようである。 新劇場版は第13の使徒までで使徒は全てである。 使徒の中にはただの敵もいますが、物語の大きなカギを握る使徒が何体か存在しています。 またテレビ版の旧作と新劇場版での登場する使徒の違いについても意味を持っている可能性が高く、今後の展開にも期待がかかります。

次の

エヴァンゲリオン:アヤナミレイ(仮称)&第1のアダムスの器(移行中間…

エヴァンゲリオン アダムス

もくじ• ヱヴァンゲリヲンQの使徒一覧 ヱヴァンゲリヲンQに登場した使徒をご紹介します! 第3使徒〜第10使徒は「序」「破」で撃退しています。 どんな使徒なのかは不明です。 推測だと、空白の14年間やセントラルドグマの状況と関連する使徒だと思われます。 第12使徒が最後の使徒? シンジがエヴァ13号機で槍を抜くと、EVANGELION Mark. 06に使徒が潜んでいました。 これを、マリが「最後の使徒」と表現しています。 第12使徒は、Mark. 09に首を狩られ、その後エヴァ13号機を呑み込み、コアが破壊されます。 レイの任務は、第12使徒の首をきることでした。 ゲンドウが「エヴァ序」において、第6使徒が登場したタイミングで、残り8体の使徒を倒すと言っていました。 そのため、 第14使徒までだと思っていたのですが、謎ですね! 第1使徒と第13使徒がカヲル? カヲルは、自らを第1使徒と言っていました。 この発言から、エヴァQでは、カヲルが第13使徒の位置付けになったことが分かりました。 そして、この口調だと、第1使徒に「リリン」が君臨するのかもしれません。 エヴァンゲリオンマーク(Evangelion Mark)シリーズは使徒? エヴァQの1番の謎が、エヴァマークシリーズだと思います! 突如、パターン青の使徒として登場するが、エヴァを名乗り、アスカ達と戦います。 エヴァマークシリーズ 説明 EVANGELION Mark. 04(コードA) 宇宙で8号機により撃破 EVANGELION Mark. 04(コードB) 宇宙で初号機により撃破 EVANGELION Mark. 04(コードC) 地上でヴンダーにより撃破 EVANGELION Mark. 06 第12使徒が潜伏。 EVANGELION Mark. 09 綾波レイの機体 これは、パターンが青なことから、使徒とエヴァの融合体だと推測できます。 今まで、汚染系の使徒が複数体存在しましたが、それをネルフはダミーシステムなどを使い、コントロールできるようになったのだと考えられます。 汚染系の使徒、ダミーシステムなど、今までの布石がつながったエヴァだと思われます。 そのため、カヲルの目的も「人類補完計画」にあると思われます。 ただ、カヲルはシンジにこだわることから、 シンジの望む世界を作ることを目的にしていると思いました。 シンジを幸せにすることが最終目標だと考えられます。 何度もやり直せることを強調して、シンジを鼓舞します。 そして、やられる時でさえ、「また会えるよ」と言葉を残して消えます。 カヲルのセリフから、彼は複数の世界を行き来しているか、複数のカヲルが存在していて、記憶がシェアされているように感じます。 第1使徒がカヲルであれば、シンジを幸せにするまで、このエヴァ物語を続けるように思えます。 ロンギヌスの槍とカシウスの槍の力は? カヲルが世界をやり直す上で鍵としていたのが、2本の槍です! 具体的な使い方を示してはいませんでしたが、エヴァ破の槍の使われ方を参考に考察したいと思います。 2本の槍は 「ロンギヌスの槍」と「カシウスの槍」となります。 具体的な紹介は劇場版にはなかったですが、旧テレビアニメ版の知識を参考に考えています。 先ず、世界をやり直すことを考えれば 「破壊と創造」の側面が必要になります。 そのため、破壊に使う槍と創造に使う槍が必要になるでしょう。 エヴァ破では、サードインパクトを止めたことから、 「カシウスの槍」は創造や再生の槍に当たると思われます。 それとは反対に、エヴァQでフォースインパクトを起こしたきっかけとなったことから 「ロンギヌスの槍」は破壊の槍に当たると思います。 この2種の槍を使うことで、世界を再度構築できるようになるのだと推測されます。 レイがアダムスの器とは? レイがアダムスの器と言われていたことを考察します! 「アダムスの器」は、劇場版でマリがレイを呼んでいたセリフです。 先ず、アダムスについては、劇場版で初めて出てきた単語です。 アダムをカヲルと考えるなら、アダムスとあるのでアダムが複数存在することが考えられます。 そして、器とあることから、何かにとって変わられることが考えられます。 このことを考えれば、 アダムスの器のレイは、カヲルの第1使徒にリリスがとって変わる際の器なのではないかと推測されます! 第1使徒が交代する際に、人間が神の実体を手に入れるために必要なのが、アダムスの器なのだと思っています。 まとめ 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の使徒一覧とカヲルの目的について解説しました! エヴァQで、やっとエヴァらしく意味不明になってきましたね〜 エヴァは見ながら考察をしていくのが面白い作品なので、Qで本気を出してきたなと感じました。

次の

アダムス・アダムスの器考察

エヴァンゲリオン アダムス

表向きの建造目的はセントラルドグマのリリスの結界突破。 ロンギヌスとカシウスの槍を持ち帰るには魂が2つ必要だとされ、エントリープラグが2つ用意されたダブルエントリーシステムが採用されている。 そのため基本搭乗者は1人だったEVAシリーズの中でも2人という異色の機体。 の暗躍との言葉から、Q本編通りの流れでフォースインパクトを発動させ、ゼーレの少年こと渚カヲルをDSSチョーカーで始末し、片方が欠けてもシンジを乗せていることでフォースインパクトを持続させる保険の意図があった模様。 実際にはWILLEの介入で最悪の事態は阻止されたがそれすらも想定通りであり、カヲルの始末と13号機覚醒を成し遂げ全てはゲンドウの計画の内だった。 スーパーロボット大戦シリーズ 『 天獄篇』にてシリーズ初参戦。 本作では『Q』が所謂「いるだけ参戦」でストーリーにはあまり絡まない都合上、シン化等の要素はない。 武装も防御ユニットや槍を使ったものだけと少なめだが、ALL武器はないものの近距離・遠距離の武装を両方持つため、汎用性は高い。 パイロットは原作通りシンジとカヲルの二人で、防御ユニットによるATフィールドも持つが、アンビリカルケーブルがないので意識的なEN管理が必要となる。 ボス戦向きの精神コマンドを持つシンジとサポート特化の精神コマンドを持つカヲルの二人がパイロットなのもあって性能的には優秀で、 やなどの他のスーパー系ほどは火力を出せないものの、プレイヤーの好みで使い続けられるだけのスペックは持っている。 『』では隠しユニットとして登場。 同作にて初登場したシン化エヴァからシンジを乗せ替えることで運用可能な選択式。 シン化に比べて最大火力は劣るものの、手数の少ないシン化に対して遠距離、中距離、近距離の全てをカバー可能な強力な技の数々に、 サポート向け精神コマンドが非常に優秀なカヲルとの複座となり、総合的に見れば汎用性に富む便利なユニットとなっている。 ロンギヌスの槍を使う戦闘アニメーションが怖い。 メチャクチャ怖い。 まるで悪役レベルに怖い。 なお、シンジを本機に乗せている場合、一部イベントにおいてユニット内なら紫のプラグスーツを着ているものの、インターミッションでは白いプラグスーツを着ている謎現象が起きる事がある。 余談 []• 「第」13号機なのは「第」13の使徒になる伏線だって考察を読んだことがある -- 名無しさん 2020-05-16 09:09:53• 岸田メルって言われてるから何じゃそれって検索したら… -- 名無しさん 2020-05-16 09:55:53• 明らかに初号機に似せてるのに明らかに初号機じゃない、こういう不気味の谷的な偽物って本能的にゾワゾワ来る、4本腕ならかけ離れ過ぎるから平気なんだけど二本腕だと怖い -- 名無しさん 2020-05-16 10:54:05• 胸に腕をもう一対しまってますよ、とわかりやすいデザインは秀逸よね -- 名無しさん 2020-05-16 13:05:37• スパロボVの槍の悪役感…というより無機質な恐怖感は異常 -- 名無しさん 2020-05-16 20:56:21•

次の