東海祭。 嚶鳴祭/東海市

東海ラジオ大感謝祭2019が開催!豪華出演者が登場する|ナイスタイム(NICE TIME)

東海祭

ご注意とお願い 東海祭会場内には駐車場はございません。 お越しの際は公共交通機関のご利用をお願いします。 アクセス• ・名古屋方面からお越しの方 1. 地下鉄東山線「伏見」駅もしくは、地下鉄桜通線「御器所」駅で鶴舞線赤池方面に乗り換え。 地下鉄鶴舞線「原」駅で下車。 「原」駅より徒歩18分。 ・金山方面からお越しの方 1. 地下鉄名城線「上前津」駅で鶴舞線赤池方面に乗り換え。 地下鉄鶴舞線「原」駅で下車。 「原」駅より徒歩18分。 ・豊田市方面からお越しの方 1. 地下鉄鶴舞線「原」駅で下車 名鉄豊田線から直通 2. 「原」駅より徒歩18分。 ・春日井方面からお越しの方 1. JR中央本線「鶴舞」駅下車。 地下鉄鶴舞線赤池方面に乗り換え。 地下鉄鶴舞線「原」駅で下車。 「原」駅より徒歩18分。 アクセス• ご注意とお願い• 東海祭会場内には駐車場はございません。 お越しの際は公共交通機関のご利用をお願いします。 アクセス• ・名古屋方面からお越しの方 1. 東山線「伏見」駅もしくは、桜通線「御器所」駅で鶴舞線赤池方面に乗り換え。 鶴舞線「原」駅で下車。 「原」駅より徒歩18分。 ・金山方面からお越しの方 1. 名城線「上前津」駅で鶴舞線赤池方面に乗り換え。 鶴舞線「原」駅で下車。 「原」駅より徒歩18分。 ・豊田市方面からお越しの方 1. 鶴舞線「原」駅で下車 名鉄豊田線から直通 2. 「原」駅より徒歩18分。 ・春日井方面からお越しの方 1. JR中央本線「鶴舞」駅下車。 地下鉄鶴舞線赤池方面に乗り換え。 地鶴舞線「原」駅で下車。 「原」駅より徒歩18分。

次の

建学祭とは

東海祭

この講座は,「一人一人が輝く活力ある学校づくり」の一環としての体験型講座であり,将来の生き方及び生活の基盤となる健康管理についての関心・意欲の向上と社会性や豊かな人間性を育む資質や能力の育成を目的として実施しました。 大学や 専門学校などから心身の 健康・スポーツに関する専門家を講師としてお招きして 全8講座を開設,生徒たちは希望した2講座を受講しました。 昨年に引き続き,最高賞を受賞することができて部員一同大きな喜びを感じております。 今回の結果を糧に,今後も精力的に活動していきたいと思います。 今後ともEOJOをよろしくお願いいたします。 【大会結果】 〇 JAJE理事長賞 〇 優秀プレイヤー賞: 浅川美紗希(A. 集会に先立って,まず部活動や検定等の各方面で活躍した生徒が紹介されました。 表彰された生徒は以下のとおりです。 校長先生,生徒会長の 大内くんからのはげましの言葉のあと,生徒全員からの拍手で激励されました。 応援よろしくお願いします。 全校集会では,校長先生からの新年のあいさつのあと,生徒を代表して 美馬翼くん 1年 , 品川友哉くん 2年 , 佐藤玲華さん 3年 が今年の抱負を発表しました。 生徒たちは,希望する4つのコースに分かれ大学や専門学校の概要説明を受けたり,施設を見学したりしました。 学校の雰囲気に触れる機会を通して,進路選択を考える上で貴重な時間を過ごせました。 見学した学校・施設は以下のとおりです。 本日の最初の行程は 首里城守礼の門です。 首里城は,残念ながら先日の火災で中までは見ることが出来ませんでしたが,門や焼け残った屋根や外壁を見学できました。 守礼の門ではクラスごとに 集合写真を撮りました。 次に 沖縄県立博物館・ 美術館を見学し,昼食は おきなわワールドでビュッフェを頂きました。 これが沖縄での最後の食事です。 ゴーヤや ソーキソバ, タコライス, もずくの天ぷら, ジーマミー豆腐など,さまざまな沖縄料理が並びました。 事前アンケートで,修学旅行で楽しみなことに「食事」を挙げる生徒も多く,四日間,茨城県ではなかなか食べられない美味しい沖縄の料理を堪能することができました。 沖縄銘菓や沖縄のグッズを家族や後輩にお土産を購入し,旅の思い出としていました。 また,おきなわワールドでは, エイサーショーの鑑賞もしました。 おきなわワールドを出ると,那覇空港に向かいました。 四日間の修学旅行もこれで最後です。 最後まで大きな怪我や病気もなく,二学年は元気で修学旅行を終えることができました。 各民家の皆さんにさまざまな体験をさせて頂きました。 貝殻を使ったアクセサリー作り, サーターアンダギー作り, 三線体験, 海釣り, 城山に連れて行って頂いた生徒もいました。 伊江島の澄んだ美しい海の皆さんの優しい人柄に包まれて,生徒には良い体験になりました。 離島式では,女子生徒のグループが民家さんに教えて頂いた伊江島の 伝統舞踊を披露しました。 そして生徒を代表して,生徒会副会長の 小林大斗くんが「民泊で教わったことをこれからの学校生活に活かしていきたいです」とお礼の言葉を述べました。 民家さんからは「伊江島を第二の故郷だと思って,またいつでも遊びに来てください」との言葉を頂きました。 一泊二日の体験で,民泊のお家の方々とはとても良い関係を作れたようで,船での見送りの際には目に涙を浮かべる生徒の姿が見られました。 船が伊江島を出発した後も,生徒たちは民泊の方々が見えなくなるまで手を振っていました。 人との繋がりにおいて,大切なことを学べた民泊になったようです。 本島に戻った後は, 美ら海水族館を訪れました。 美ら海水族館では, イルカのショーや, ジンベイザメの餌やりショーなどを見学しました。 生徒たちは茨城県では見られない亜熱帯の海の生物を楽しんでいました。 夜は ラグナガーデンホテルに宿泊です。 修学旅行もあと1日,生徒たちは疲れも見えてきましたが,全員元気で三日目を終えました。 今日も元気に沖縄生活を楽しんでいます。 今日の最初の行程は, ガマ追体験です。 4つのグループに分かれて,山城本部壕,轟壕,糸数壕,アンティラガマを訪れました。 ガイドの方から当時の凄惨な話を伺い,生徒たちは非常に感銘を受けてました。 次に, 体験別研修を行いました。 シュノーケリング,シーカヤック,文化体験,ビオスの丘湖水鑑賞舟に分かれての研修です。 生徒たちはそれぞれのグループで体験を楽しんでいました。 体験別研修の後は,フェリーに乗って 伊江島に向かいました。 本日は良いお天気で海が綺麗に見えます。 伊江島に到着後は 民泊です。 伊江島の方々に非常に歓迎して頂きました。 入島式では生徒会長の 大内健太郎くんから,お世話になる民家の方々に向けての挨拶がありました。 その後,各家庭に分かれての民泊となります。 お天気にも恵まれ,無事に茨城空港を出発し那覇空港に到着しました。 離陸の際には,機内で 歓声が上がっていました。 まず,一日目の最初の行程は ひめゆりの塔資料館です。 各クラスで心をこめて作成した 千羽鶴を奉納して,資料館を見学しました。 次に 平和祈念公園で 戦争講話をお聞きしました。 講師は 長田勝哉先生です。 長田先生は国民学校四年生の時に戦争を体験しました。 今の私たちには想像もできないお話を伺うことができ,改めて 平和の大切さを考えさせられました。 一日目の最後は,国際通りにあるレストラン「 とぅらばーま」で 島唄ライブを聞きながらの夕食です。 体調をくずす生徒もなく, みんな元気に沖縄を満喫しています。 有意義な一日目を終えました。 阿南統久指導主事 高校教育課 , 小林正士指導主事 教育研修センター はじめ,県内13の高校から 26名の先生方に参加していただきました。 「スマートフォン依存と電車内の通話」についてをテーマに, 「仮説を考え方向性を見つけ出す」授業を行いました。 たくさんの先生方を前に,生徒たちも 緊張していた様子でしたが,「先生のご指導のもと,生徒の皆さんは 主体的に取り組んでいた」とたくさんのお褒めの言葉をいただきました。 ご来校くださった先生方,ありがとうございました。 ボランティア講座は,本校で 10年以上行われている行事で, 東海村社会福祉協議会をはじめ 地域の方々のご協力のもと全4回(計8時間)総合的な学習の時間に行われます。 1.福祉・介護コース 2.手話コース 3.読み聞かせコース 4.物作りコース 5.認知症・災害コース 6.民話・歴史・観光コース の6コースに分かれて体験活動を行います。 どの活動も学校生活では体験できない貴重なもので,生徒は 目を輝かせて活動に参加しています。 貴重なお時間を割いてご協力を頂いている講師の方々に深く感謝申し上げます。 朝から降り続いていた雨も午前中に上がり,スカイツリーとソラマチを見学しました。 その後錦糸町に移動し,レバント東京で美味しいビュッフェの昼食をいただきました。 最後は浅草散策で,浅草寺へお参りをしたり,お土産を買ったり楽しい時間が過ぎました。 行き帰りのバスの中では,ガイドさんの軽妙なおしゃべりやゲームで盛り上がり笑いの絶えない和やかな雰囲気で親睦も深まりました。 天候にも恵まれ, 出井委員長さんはじめ 教養委員の皆さんのお骨折りで 新旧の文化に触れることが出来た有意義な研修になりました。 今回は 3年3組が一番早く避難報告完了です。 1年生の教室は最上階なので避難が困難です。 4階から 避難袋による脱出訓練も行いました。 2,3年生と先生方は消化器による 消火訓練です。 ひたちなか消防署の方からお話がありました。 「 命は自分で守ること」「火災の時,自然災害の時, 万が一の時のために,今できることは何か」 日本各地で多くの人が台風19号により被災したばかりです。 那珂川,久慈川流域も大きな被害を受けました。 大変忙しい中私たちのために時間を下さりありがとうございました。 7:00過ぎから ボランティア生徒約50名の点呼打合せを行いました。 8:30より本校 ジャズバンド部による歓迎演奏がありました。 9:00より開始式があり本校生徒会長 鈴木健人君が歓迎あいさつを述べました。 12:10少年女子1回戦 茨城県対 京都府の試合が始まりました。 京都府のスピードと正確なパスで自陣での戦いを強いられた茨城チームは, 清水(本校3年)によるゴールで1点を返したものの8点を奪われ敗退しました。 満員のスタンドからは大きな声援や拍手が送られました。 応援,ありがとうございました。 茨城少年男子チーム(本校男子ホッケー部)の試合は, 10月1日(火)10時40分~ 同じく本校多目的グランド ホッケー場)です。 引き続き,応援よろしくお願いします。 「これまでの練習の中では,辛く苦しいことも多かったのではないかと思います。 間近に迫った国体では,これまでの練習の成果を精一杯発揮し, 勝利にこだわって頑張って欲しい」 との激励のお言葉をいただきました。 続いて,本校を代表し女子ホッケー部部長の 松本弧音(3年)が決意表明をしました。 「茨城代表として恥ずかしくないよう,また,県民の皆様に喜んでいただけるよう, 感謝の気持ちを胸に全力を出して闘います。 応援よろしくお願いいたします」 最後に試合前に行う <円陣>を副知事と共に作り,国体への気持ちを新たにしました。 残すところ一ヶ月を切りました。 みなさまの 声援を力に, 勝利に向けて頑張ります。

次の

東海ラジオ大感謝祭2019が開催!豪華出演者が登場する|ナイスタイム(NICE TIME)

東海祭

(3)• (5)• (4)• (2)• (4)• (4)• (4)• (5)• (4)• (5)• (4)• (4)• (4)• (4)• (4)• (3)• (4)• (3)• (5)• (4)• (4)• (5)• (4)• (5)• (4)• (4)• (3)• (3)• (4)• (3)• (4)• (4)• (5)• (4)• (4)• (5)• (4)• (4)• (3)• (4)• (4)• (4)• (4)• (4)• (5)• (4)• (4)• (4)• (4)• (4)• (4)• (2)• (3)• (6)• (4)• (4)• (5)• (3)• (5)• (4)• (4)• (4)• (4)• (2)• (5)• (4)• (4)• (5)• (4)• (3)• (5)• (4)• (2).

次の