我々 だ mmd。 オンライン展示会の需要と広がり

[メーカー公式]MMDモデル

我々 だ mmd

少し前にののじゃおじさんが界隈に叩かれてたの思い出しら書く。 まずに、で作られたやのを貶すつもりはないとだけ言っておくし、が言い過ぎならと言い換えてもいもしれない。 のはじゃないと観てもらえない で一番影響力のある(あった)といえばだと思うんだが、では「の = 」という図式が定着してった。 だが高いで作ったようなっぽいにも「でこんなことできるんだスゲー」「これじゃねえよ」みたいながよく付いてる。 それゆえ、のーが歌って踊るだとかみたいなを観たいに見るは「」になってう。 だったりだったり、あるいはCINEMA4Dとかみたいなにをやるで作られたはにヒットしない。 なんだかんだででを公開する、数がベになるわけだこれは致命的だ。 ではがだけに流れ込んでいく 投稿者が数を欲しがるように、の作者はを使ってもらいたいの。 だ作者もに向けにを作らない。 魅力的な向けを他ので利用したいはするがあるわけだが、しても正常に扱えないが発生する。 objなどで配布されたらどれだけので利用できとだろうか。 で、結局ってどういうなの?で作ったらなの? そんなにが有利なら、で作ればいいじゃな。 そう思っていた時期が私にもあった。 ほど不便だ。 じゃなくのでない。 などなの大半では、とが1で完結する。 もちろん向きなと向きなのようなは生じてら、を使い分けることもある。 それでも、を作るでのをいじることができる。 一方、はを読み込んでを付けるためのだ。 他の人のを借りてくるなら手軽だが、で触リたい(通常のだとそうなることが多い)には非常に不便になる。 はあたりのでし、それを用の「PMX Editor」に読み込む。 そしてPMX Editor上でを仕込んでし、そのをに読み込ませる。 一回やってみると分かるが、中にをしたくなったらその手順をもう一度踏むがある。 たった一箇所の色を変えるでさえ、だ。 また、なでは「レンダ」というがする。 光や反射などなをして通じてな画を出したり、あるいはを捨象してのだけをし、風の画を出したりといっともできる。 出力されるやの質はレンダが握っていると言っても過言ではない。 一方ではが映し出す低な出力できない。 の用がしていたような。 作者のとによるのが不便さに追い討ちを掛けている ほど不便だがは多いとなると、の中にするのが改良を加え始めてもくない。 実際、何度かを出しているの方は、の有志によってどんどんが向上してきた。 一方、はこれほどと影響力を誇るウェアなのに完全にだ。 がならともかく、のPMDのも元々はだったの。 はPMXという後継のが主流だが、これはではない(PMX Editorの)がし、側がこれを取り込んだ。 、の不便な点を補うような関連も多数する。 し、それらはが多大なをして解析した結果。 明ら不なだと思うのだが、それをするは界隈に見られない。 作者M氏のをするerは居ない。 年齢層が低いこともあってか、過度にされているようにすら思う。 をしたのじゃおじさん氏が叩かれたのもそれのせいだ。 M氏すると、で作ったウェアがここまで大きな影響力を持つとは思わなかったのだろう。 、で支えられるはとうの昔に超えているのだし、を公開してに委ねてもよかったのではなかろうか。 これほど多数のが公開されたり、PMXがされたりといった現状を見て、作者が一番の力を実感しているはず。 のがに縛られすぎている もちろん、がへのを下げたのはだ。 はだよなんて言ったところでなに難しそうなを使ってみようなんて思うは少ないはずだ。 そういう点ではのを読み込ませたり、のモーションを読みこませるだけでができるはな。 ただ、を広げたにのは縛られすぎていると思う。 例えるなら、のせいでメン店が続々と潰れていっているという感じだろうか。 の人には、「」が幅を利かせていると例える方がいもしれない。 これののがどうなるかは分ない。 がになってを大幅に向上させ、の膨大なを活かしてや商用を追撃するようなもと思うが、はそうもないだろう。

次の

[メーカー公式]MMDモデル

我々 だ mmd

Youtubeやニコニコ動画の登場で、誰もが自分の"作品"を手軽に公表したり、動画でコミュニケーションしたりする時代。 しかし、いざ「何か作ってみたい」、「表現してみたい」と思っても、絵が描けたり曲が作れたりしないと、なかなか動画には手が出しにくいというのが、多くの人が思っていることでした。 そんな2008年、ひとつのフリーソフトが公開されました。 その名は 「MikuMikuDance」(ミクミクダンス/MMD)。 樋口 優さんの開発したこのソフトは、当初、その名のとおり、クリプトン社の開発したボーカロイド「初音ミク」のキャラクターを踊らせるための3Dダンスツールとして登場しました。 その売りは、3DCGソフトとしてはめずらしく、あにまさ氏制作の初音ミクモデルが内蔵されており、モデリングといった専門的な技術を持ち合わせなくても、簡単に動画が作れてしまうことでした。 MMDを起動して、付属する初音ミクモデルを読み込んだところ。 つまり、たとえばユーザーが、座る(画面の0の部分)、立つ(10の部分)の2つのポーズを作りさえすれば、ミクさんが勝手に立ちあがるアニメーションが作成できちゃうのだ(下)。 発表当初から話題を呼んだMMDですが、その後、バージョンアップを重ね、周辺ツールも充実していくにつれ、おそらく作者の樋口さんもあまり想像していなかった方向へ事態は進展します。 ひとつは、モデル製作環境が整ったことにより、ボーカロイドを含む、ありとあらゆるキャラクターが、MMDのモデルとして登場することに。 あまり大きな声では言えませんが、有名なアニメのキャラクターがMMD作品に登場することによって、MMDの知名度を大きく引き上げたのも事実でしょう。 もうひとつは、巨大なステージの登場です。 それまでも、ダンス用のステージはいくつも配布されていたのですが、ポンポコPによる「ゲキド街」は、まさに街ひとつをMMD用にモデリングしてしまったことで、そこを舞台として数多くのドラマ作品も登場してきました。 こうなると、もはやMMDは、「初音ミクをダンスさせるツール」ではなく、「想像した世界を映像化できる万能の3Dアニメーションツール」であると言っても過言ではありません。 今では、膨大な数のモデルや、街などのステージ、そして周辺ツールがユーザーによって制作、公開され、MMDコミュニティーも拡大の一途をたどっています。 さまざまなユーザーモデル(ユーザーが作成して、公開・配布しているモデル)を読み込んだところ。 ボーカロイドだけでなく、それこそさまざまなモデルが公開され、作品に使うこともできる。 ポンポコP作成の、ゲキド街(げきどがい)。 400メートル四方の広大なステージ(背景)で、MMDで表現できる世界を一躍大きく広げた。 このほか、多数の街や、ダンスで使えるステージなどが配布されている。 MMDの始め方から、配布されているモデル、アクセサリ(背景、小物)、ダンスモーションなどなどを網羅した、MMD情報サイト「VPVP Wiki」。 このサイト自体も、有志のMMDerによって行われている。 MMDの利用法はさまざま。 公開されている動画作品でも、 PV、ダンス動画、ドラマ、コント、一発芸、ニコニコやアニメを題材にしたネタ動画など、ジャンルに制限はありません。 また、テレビで流れる商用アニメーションにMMDを使うといった試みも始まっていますし、初音ミクをはじめとする3Dライブイベントにも、MMDが使われています。 変わったところでは、何かを説明する動画作りにもMMDは最適。 AEDの使い方をMMDで解説した動画を作られた方もいます。 さらには、動画に関わらず、イラスト制作にMMDを使用するといったこともひんぱんに行われています。 おもわず壁紙にしたくなるようなイラストから、はたまた、壁に貼る案内板まで、こちらも用途はさまざまです。 使い古された慣用句になりますが、まさに、 "アイデア次第で使い方は無限"というのが、MMDの魅力のひとつです。 同梱されている、クリプトン社が原著作権を保有するボーカロイドのモデルデータも、非商用など条件を満たせば、公の利用が認められています。 くわしくは同社の「ピアプロライセンス」をご覧ください。 プロが使う専用の3Dソフトは確かに高機能です。 しかし、専門的な知識が必要だったり、ハイパワーなパソコンが必要だったり、なにより高価なのが玉にキズです。 MMDは、できることが正直、多くはありません。 半面、覚える、教わるといった場合、シンプルであることは、非常に力を発揮します。 同様に、MMDで作れる動画の画面も、新版ソフトに比べると見劣りするかもしれません。 ただ、MMDでは、レンダリングという出力作業に数時間~数日かかる市販ソフトとは異なり、 リアルタイムに画面を確認し、短時間でファイルに出力することが可能です。 これらは、従来のプロを対象とした3Dソフトではできない、いわば逆転の発想で、その手軽さから、一気に人気を集めました。 その結果、MMDはおそらく現在、世界中でももっとも多く作品が発表される3D CGソフトであると言っても過言がないぐらいに、広く使われていますし、今後もますますユーザーが増えると予想されています。 あなたがMMDで何かを作ってみたいと思った場合、一番簡単にできるのは、 配布されているモデルを使って、公開されているダンスモーションをお借りして、背景もお借りして、ダンス動画を作ることでしょう。 これだけならば、MMDを触り始めて10分もすれば、おそらく完成してしまします。 もちろん、これだけでは公開するにはオリジナリティに欠けますが、好きなモデルを見つけ、好きなモーションで躍らせてみる楽しさを味わえることでしょう。 現在、ニコニコ動画では、およそ1万2千人のMMD作品投稿者がいるといわれていますが、私見では、動画を投稿せずに、自宅のパソコンでMMDをこっそり楽しんでいる人は、その30倍はいると思われます。 また、見る専門でMMDを楽しんでいる人もたくさんいて、そうした人がいるからこそ、現在のMMDの活況があると信じています。 なので、まずは肩肘張らず、MMDをダウンロードして楽しんでみるところから始めるのがいいと思います。 これを読んだあなたがもし、「MMDを使って作品を作りたいなー」と思うのであれば、それは、MMDのコミュニティーに参加することと同義かもしれません。 なぜならば、おそらくは公開されているモデルを使って、ダンスモーションを借りて、背景を(そしてもちろん、MMDもそうですが)、動画を作ることになるからです。 さらには、さまざまなハウツーや情報も、たくさんのユーザーがネットで紹介しています。 MMDの世界は、そうしたギブアンドテイクで成り立っていることを、ぜひ記憶の一部にとどめてください。 また、たとえMMDそのものを使うことなくても、MMDのコミュニティーに入ることは可能です。 "?????"っと思われるかもしれませんが、たとえば、モデルだけを作るモデラーさんや、情報をまとめてくれる人もそうですし、プログラミングの技術をいかしてMMD関連のツールを作っている人もいます。 また、各種イベントを開催する人もいます。 そして、MMDがより使いやすくなることイコール、MMDコミュニティーの存在そのものが、MMD最大の魅力なのだと考えます。 もちろん、MMDの作者である樋口さんも、ほかのMMD関係者もみな、素晴らしい、面白い、感動的な作品がMMDで作られることを、最も望んでいます。 それこそが、MMDコミュニティーへの最大の貢献であることも、事実なのです。

次の

MMDユーザーモデルとは (エムエムディーユーザーモデルとは) [単語記事]

我々 だ mmd

バーチャルYouTuberのMMDモデル一覧と詳細 バーチャルYouTuberがYouTube内にて嵐を巻き起こしていますね。 いち早くその存在に気が付き、2017年内にチャンネルを立ち上げている人がいれば、1月になって参入したVtuberもいます。 そんなVtuberたちですが、 MMDでダンス動画が上げられていたりしますよね。 一部のVtuberは モデルを 公開・配布しており、利用規約の範囲内において制作が認められているのです。 そんな MMDやそれ以外の モデルを一覧にしてまとめています。 また、Vtuberを目指す方でも使用可能な 無料配布MMDモデルをいくつか紹介します。 使用する前に必ず最新の利用規約を熟読してください。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご自身の責任の元、ご利用ください。 バーチャルYouTuberのモデル一覧 モデルが公開・配布されているバーチャルYouTuber Vtuber のモデル概要です。 以下に、表で示しています。 名前 デザイン モデリング 商用 DLページリンク キズナアイ 森倉円 トミタケ 問い合わせ ミライアカリ KEI Digitrevx 問い合わせ 電脳少女シロ Appland, Inc. Appland, Inc. 問い合わせ のじゃロリ 本人 本人 問い合わせ ばあちゃる 記載なし 記載なし 問い合わせ もちひよこ 本人 本人 問い合わせ ニーツ 本人 本人 条件あり 届木ウカ 本人 本人 お問い合わせ 世界クルミ 本人 本人 記載なし 春瀬ぽぽ 本人 本人 問い合わせ モスコミュール 港 本人 本人 問い合わせ みゅみゅ、ありしあ 黒星紅白 雨刻 個人に限り可 (みゅみゅ、ありしあのモデルは無料配布モデルのニコニ立体ちゃん) それぞれ詳しく下にまとめていきます。 利用規約など、変更される場合や私の記載ミスがある可能性があります。 必ずご自身で調べてからお使いください。 モデルを仕様することで生じる一切の責任を負いかねますのでご注意ください。 商用利用に関してはProject A. の承認が必要。 ライセンス表記を表示すること。 2.ミライアカリ モデラー: Digitrevx イラスト:KEI keigarou ダウンロードページ: 利用規約:DLしたファイルにテキストファイルで添付 最終改定日:2017. 25 Ver1. 0公開 ライセンス表記: c Mirai Akari Project 商用:商用利用など対価が発生する利用については、事前に問い合わせが必要 その他: 二次創作物の公開・頒布が許可されている。 その際、ライセンス表記は必要。 モデルの転載・再配布は禁止。 頂点数: 95,909ポリゴン数: 171,549。 3.電脳少女シロ モデリング・デザイン:Appland, Inc. ダウンロードページ: 利用規約: 最終改定日:【2017年12月 制定】 ライセンス表記: c Siro YouTuber 商用:事前の承認が必要 その他: ハロウィンver. と、冬服ver. 二次創作物の公開・頒布が許可されている。 モデルの転載・再配布は禁止。 ライセンス表記は必須。 4.バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん モデリング・デザイン:本人 ダウンロードページ: みここ ねこま 利用規約: 最終改定日:記述なし ライセンス表記:指定なし? fbx とMMD. pmx の2形式配布されています。 商用利用や二次創作の範囲など、で詳しく解説されています。 ライセンス表記についての言及なし? 5.ばあちゃる モデリング:Appland, Inc. ダウンロードページ: 利用規約:MMDモデルをDLするとテキストが添付されてきます。 0:初回リリース ライセンス表記: c Virtual YouTuber 商用:事前にお問い合わせが必要。 その他: データを転載・再配布はNG。 頂点数: 10,797、ポリゴン数: 19,308。 6.もちひよこ モデラー・デザイン:もちひよこ ダウンロードページ: 利用規約:MMDモデルをDLするとテキストファイルが添付されてきます。 その他: ライセンスの表記は必須。 頂点数: 13,244ポリゴン数: 18,348。 最終改定日:記載なし ライセンス表記:条件ありで表記なしで利用可。 商用:個人利用かつYouTuberの収益化・スーパーチャットに限り可能。 その他: バーチャルYoutuber及びVRchatのアバター制作用の素体として提供。 8.届木ウカ モデラー・イラスト:届木ウカ ダウンロードページ: リンク先はニコニコ静画です。 説明欄にDLリンクと、DLする際に必要な鍵が記載されています。 利用規約:ダウンロードした際、Readme. txtファイルが同梱されています。 wpblog. ライセンス表記:記載なし 商用:禁止 9.世界クルミ モデラー・デザイン:世界クルミ ダウンロードページ: YouTubeの紹介文の部分に、ダウンロードページへのリンクが貼ってあります。 利用規約:ダウンロードした際、テキストファイルが添付されています。 ライセンス表記:必要 商用:記載なし 10.春瀬ぽぽ(はるぽぽ) モデラー・デザイン:春瀬ぽぽ(はるぽぽ) ダウンロードページ: 利用規約:ダウンロードした際、テキストファイルが添付されています。 商用:事前に承諾を得る必要あり。 モスコミュール 港のモデル モスおじさん自体のモデルではなく、港のモデル pmx が配布されています。 ダウンロードページ: こちらのYouTubeの説明欄に、ダウンロードページへのリンクが掲載されています。 12.みゅみゅ、ありしあ 使用しているのは無料配布モデルのニコニ立体ちゃん。 以下の項目を参照。 その他の無料配布MMDモデル 無料配布されているモデルをいくつかご紹介します。 名前 デザイン モデリング 商用 DLページ ニコニ立体ちゃん 黒星紅白 雨刻 個人に限り可 ウェザーロイド さぼてん 田上俊介(しゅく) 不可 密機ひびき 記載なし 記載なし 許諾が必要 結月ゆかり 文倉十 ままま 許諾が必要 Tuneちゃん 記載なし 銀獅 OK ハッカドール げそいくお おんだ OK もちろんここに記載されているキャラクター以外にも無料配布されているものはあります。 個人で制作・配布している方もいるので、興味のある方はご自身でお調べになってください。 また、再三となりますが、注意事項です。 利用規約など、変更される場合や私の記載ミスがある可能性があります。 必ずご自身で調べてからお使いください。 モデルを仕様することで生じる一切の責任を負いかねますのでご注意ください。 1.ニコニ立体ちゃん アリシア・ソリッド デザイン:黒星紅白 モデラー:雨刻 ダウンロードページ: 利用規約: 最終改定日:2014年10月31日 制定 ライセンス表記:必要なし 商用:個人に限り利用可 その他: ニコニコ動画が公式で配布している商用・改変・再配布が可能なモデル。 FBX, MMD, Unity Packageの三種類がある。 モーションファイルも添付されている。 2.ウェザーロイド モデル制作者:さぼてん デザイン:田上俊介(しゅく) ダウンロードページ: 利用規約: 最終改定日: ライセンス表記: C weathernews inc. 商用:許可していない その他: 著作者人格権の不行使が書かれている。 改変も許可されていない。 3.密機ひびき モデリング:記載なし ダウンロードページ: 利用規約: 最終改定日:2016. 13 ライセンス:株式会社丸安精機製作所 商用:許諾が必要 その他: ライセンス表記必須。 FBXとMMDモデルが配布されている。 4.結月ゆかり モデリング:ままま デザイン:文倉十 ダウンロードページ: 利用規約: キャラクター モデル ライセンス表記:不要 商用:許諾制。 その他: キャラクター使用の利用規約とモデル使用の利用規約の2つを守る必要がある。 法人での使用は要相談。 5.Tuneちゃん モデリング:銀獅 ダウンロードページ: 利用規約:DLフォルダにテキストで添付。 最終改定日:記載なし ライセンス表記:モデルを使用していることを明記の上、MMDモデル配布ページへの誘導を書くこと。 商用:OK その他: マウスコンピューターが提供する無料モデル。 Gちゃん、Tuneちゃんの2種類。 ,Ltd. 商用:OK その他: 二次配布、商用利用の制限なし。

次の