49 日 お供え。 四十九日》香典袋・服装・数え方・お供え・四十九日法要・お返し・引き出物

四十九日》香典袋・服装・数え方・お供え・四十九日法要・お返し・引き出物

49 日 お供え

………このページの内容……… 1. 四十九日の意味と、法事・法要の種類 忌明け、香典返し、四十九日の日数の数え方・日数計算の仕方 2. 法事・法要の準備と、四十九日のマナー 3. 法事・法要の流れ 4. 法要のあとの会食「お斎(おとき)」 5. 49日法事の服装と持参する不祝儀 (お香典・香典袋)について 6. 仏壇の準備(四十九日の準備) 7. 開眼供養(かいげんくよう) 8. 納骨(のうこつ) [参考ページ]下記は別ページ ・四十九日法要 準備 ・四十九日法要 挨拶 ・ 四十九日の香典の金額相場は別ページでご説明しています ・ 四十九日のお布施 書き方とマナーは別ページでご説明しています (四十九日のお布施の相場、渡すタイミング、新札でもいいの?) ・ 四十九日の数え方 宗派別、関西、ペットの四十九日 ・ 四十九日 香典返し 挨拶状 ・四十九日法要 案内文・案内状 例文 ・四十九日 服装 ・四十九日 食事 ・四十九日 引き出物 ・四十九日 納骨は? ・四十九日の挨拶状・四十九日法要の案内状 ・キリスト教式、神式では、四十九日はありません。 四十九日の法要とは 仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。 7日ごとに、最初が初七日、次はニ七日(ふたなぬか)という具合に、三七日(みなぬか)〜中略〜があり、49日目まで 七七日(なななぬか=49日法要のこと)といった名前がつけられています。 この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされます。 遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて故人が成仏できるように祈ります。 少しでも閻魔大王様に良い判定をいただくために、遺族が祈ることによって故人の善行を足していくという意味で、追善法要と呼ばれます。 ただし毎回僧侶を呼んで読経をお願いするのではなく、ほとんどの場合は、 初七日、四十九日、百ケ日、一周忌、三回忌などの、主な日にのみ僧侶を呼んで法事を行ないます。 なかでも、 四十九日は忌明けの法要のため、盛大にされることが多いようです。 最近では 初七日を、葬儀当日に済ませてしまう場合が増えているため、葬儀に続く本格的な法要として、ますます四十九日の果 たす役割が大きくなってきています。 こうした法要の際に、僧侶による読経のあと食事がふるまわれます。 この食事を御斎(お斎とも書く・おとき)と呼びます。 僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための行事です(へ)。 35日目をさします)が忌明けの場合もあります。 忌明けまでの間、七日おきに法要がありますが、初七日と四十九日以外は遺族のみで行なわれることが多いようです。 香典返しとは、葬儀や通夜で香典やお供物を頂いた方に、遺族が気持ちの上でも一段落した頃にお礼の手紙をそえて送る品をさします。 [四十九日の数え方・日数の計算のしかた] ・亡くなってからの日数の数え方については、百か日までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。 四十九日は、亡くなった日を1、翌日を2と数えて49日目に行われる法要です。 [四十九日に行われる主な行事] 1. 忌明けの法要(満中陰法要、七七日法要とも言われます) 2. ……四十九日に行なわれる場合が多い。 遅くとも三回忌までに納骨する 3. (仏壇開き)…新規に仏壇を購入した場合のみ なお、 法事の日程を決める際、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的です。 お斉…法事のあとの会食をと呼びます。 (四十九日の法要のあとで会食を行う場合と省略する場合があります) 別ページで詳細に説明をしています。 [服装] ・遺族は、三回忌までは喪服が基本です。 七回忌以降はは略式喪服や地味な色の服装で構いません。 ・参列者は、初七日〜四十九日は略式喪服を着用します。 一周忌以降の年忌法要の場合は略式礼服または地味な服装で。 七回忌以降は、地味であれば平服でも構いません。 [用意するもの] ・施主は引出物を用意します(詳細は法事・法要のページにて) ・参列者は、御供物料、御仏前、 御香料などを持参します。 なお、四十九日の法要のあと納骨されるケースが多いようです。 付塔婆の費用はだいたい3,000円くらいです。 あらかじめ施主に電話などで料金を確認することをおすすめします。 卒塔婆は、施主でなくても、親族、友人などだれでも付けることができます。 お墓の後ろに立っている、長い板のことです。 戒名や享年などが書かれています。 追善法要・追悼法要一覧 法要の名称 時期 法要の内容 初七日 (しょなぬか) 7日目 (葬儀当日に行なわれることが多い) 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。 最近は、火葬場から遺骨が帰ってきたときに遺骨を迎える還骨勤行(かんこつごんぎょう)と一緒におこなわれることが多いようです。 ニ七日忌 (ふたなぬか) 14日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 三七日忌 (みなぬか) 21日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 四七日忌 (ししちにち) (よなぬか) 28日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 五七日忌 (ごしちにち) (いつなぬか) 三十五日 (さんじゅうごにち) 35日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 その場合の法要の内容はを参照してください。 六七日忌 (ろくしちにち) (むなぬか) 42日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 七七日忌 (しちしちにちき) (なななぬか) 四十九日 (しじゅうくにち) 49日目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 法事の流れについてはこのページの別項目で説明しています。 本位牌を仏壇に納め、白木の位牌を菩提寺に納めます。 _納骨 百か日忌 (ひゃっかにち) 100日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 年忌法要一覧 法要の名称 時期 法要の内容 (いっしゅうき) 満1年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 三回忌 (さんかいき) 満2年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 七回忌 (ななかいき) 満6年目 遺族、親族で供養するのが一般的です。 一般的に、七回忌の頃から、法要の規模を縮小していきます。 十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十七回忌 (じゅうななかいき) 満26年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 仏教では死者は33年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くと言われています。 法事・法要の準備(遺族) 日程を決め、お寺の手配、引出物の手配、食事の手配などを行ないます。 項目 準備するもの 1. 日程を決める ・百か日までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。 (例:三回忌は満2年) ・法事・法要の日程を決める際、 平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般的です。 場所を決める ・自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。 料理の手配をする ・読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。 必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。 ・おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。 お寺への連絡 ・場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。 ・菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。 霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 案内状の手配 ・親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。 ・会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。 へつづく 法事・法要の準備(遺族)つづき 項目 準備するもの 6. 引出物の手配 (四十九日の参列のお礼と香典のお返しとして引き出物を手配する) ・四十九日の法要に参列して頂いた方には、お返し(参列のお礼とお香典のお返し)として引き出物を手配します。 ・引き出物ののしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・引出物として良く用いられるもの…石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 予算は@2,000〜5,000円程度が一般的です。 ・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引き出物と一緒にお渡しします。 お布施などを用意しておく ・僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事()に同席して下さる場合には、御布施または御経料、お車代の2つを用意します。 もし、僧侶がお斎を辞退されたら、御布施または御経料、お車代のほかに、御膳料を加えた3つをお渡しします。 ・金額の目安をご紹介します(2019年12月現在) 御布施または御経料は、3万円程度。 お車代は、5千円〜1万円くらい。 御膳料は、5千円〜2万円くらい。 ・お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。 半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。 郵便番号欄が無い無地の封筒を用います。 水引きをかける場合、関東では黒白または双銀となります。 関西の一部地域ではお布施を黃白の水引ののし袋(香典袋)に入れて渡す地域もあるようです。 ………四十九日のページ内容……… 3. 法事・法要の流れ 4. 法要のあとの会食「お斎(おとき)」 5. 49日法事の服装と持参する不祝儀 (お香典・香典袋)について 6. 仏壇の準備(四十九日の準備) 7. 開眼供養(かいげんくよう) 8. 納骨(のうこつ) [参考ページ] ・ 四十九日の香典の金額相場は別ページでご説明しています ・ 四十九日のお布施 書き方とマナーは別ページでご説明しています (四十九日のお布施の相場、渡すタイミング、新札でもいいの?) ・ 四十九日の数え方 宗派別、関西、ペットの四十九日 ・ 四十九日 香典返し 挨拶状 ・四十九日法要 準備 ・四十九日法要 案内文・案内状 例文 ・四十九日の挨拶状・四十九日法要の案内状 ・四十九日 服装 ・四十九日 食事 ・四十九日 引き出物 ・キリスト教式、神式では、四十九日はありません。 詳細は法要のページでご説明しています ・香典返しに添えるお礼状 ・香典返しののし.

次の

四十九日 お供え】のし・果物・お菓子 のし・花・お返し・線香・送る・お寺

49 日 お供え

中陰壇(後飾り)とは 四十九日までの間、遺骨や位牌を安置しておくための祭壇のことを、「後飾り」または「中陰壇(ちゅういんだん)」と呼びます。 四十九日までの期間を「中陰」と呼び、故人が成仏するまでの間、中陰壇という特別の祭壇を設けて供養します。 中陰壇は、 故人の冥福を祈る場であるとともに、葬式に参列できなかった人が弔問したときに、お参りしていただくための場ともなります。 中陰壇の飾り方に決まりはありませんが、3段仕立ての場合、一般的に上段、左から遺影、位牌、遺骨を飾ります。 中段には、仏飯や茶湯、お供え物、下段には左から一輪挿し、香炉、リン、燭台、線香立てを並べます。 四十九日までは何をお供えすればいい? 四十九日までの間は、どのようなお供え物をするとよいのでしょうか。 一般的には、ご飯、お水、お茶、お菓子、果物、お膳、生花などが基本的なお供え物となります。 ご飯は炊きたてのものを一番最初に、毎日取り替えてお供えします。 お花は生花を用い、枯れたら取り替えるようしましょう。 生花の種類については特に決まりはありませんが、バラのようにとげのある花や匂いのきつい花、曼殊沙華のように毒をもった花は避けるようにしましょう。 ご飯、お水、お茶については、あげっぱなしにせず、しばらくしてから下げます。 その他の供え物も、腐らせることがないように、頃合いを見計らって家族でいただくようにしましょう。 ご飯以外のお供え物としては、故人の好きなものをお供えしてもよいのか、悩むことがあります。 宗教的な意味からは、殺生にかかわる魚や肉は避けるべきですが、故人への供養という意味では、 故人の好きだったものをお供え物として選んでも特に問題はないかと思います。

次の

四十九日のお供え物は何がいい?金額の相場とのしの書き方マナーも

49 日 お供え

四十九日の法事法要とは 四十九日は、初七日から七日ごとに受けたお裁きにより来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。 故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように、家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。 そして、この日をもって、「忌明け きあけ 」となるので、法要後、忌明けの会食を開きます。 仏教では人が亡くなってから次の生を受けるまでの時間が四十九日間とされています。 日本では亡くなった方があの世へ旅立つまでの期間という解釈が多いですね。 浄土真宗では亡くなると同時に浄土(仏がいる国)へ旅立つとされているため、 四十九日までの間は故人を思う時間と捉えられています。 慌ただしく葬儀を終えたご遺族の心を慰めるには、 このタイミングでご霊前花を贈るのが最適なのかもしれません。 法要は忌日 きび の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合もあり、最近は週末に行うことが多いです。 法要の日をずらす場合は、遅れてはいけないとされています。 忌日より早めに行うならば、何曜日でもかまいません。 四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもあります。 四十九日のお花贈りについて 四十九日までは白い花のみで用意することが多く、差し色を加えるならば青や紫が無難です。 他の色を入れる際は淡い色に留めましょう。 バラなど刺のついた花や香りのきつい花、彼岸花など毒を持つ花材は好ましくありません。 しかし、故人様の生前好きな花だった場合などはこの限りではありません。 親しい友人や親族であれば故人様の好きだった色や花を取り入れても失礼にはならないでしょう。 ご遺族様の中には「白の花を用意するのが当たり前」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 そういった点にも配慮が必要です。 贈る花は枕花同様そのまま飾って頂けるアレンジメントがオススメです。 故人様との間柄によっても金額に差が出ますが、5,000円〜10,000円の予算で用意する方が多いようです。 「都合がつかず、葬儀に参列できなかった」、「葬儀に花を手配し忘れてしまった」 などの理由で後悔される方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、焦らなくても大丈夫です。 四十九日までにお花を受け取って頂ければ決して遅くありません。 御霊前 仏教の教えでは、人の死後〜四十九日までの間は、「霊」として考えられており、霊である魂をこの世で静め、仏になる準備をされていると考えられています。 ですから霊を信じる宗派の場合は、四十九日までの間は、御霊前と考えるのが一般的です。 御仏前 御仏前は、四十九日を過ぎ、霊である旅を終えられ、仏様となった時からこの御仏前という言葉を用いるようになります。 なので四十九日以降の法要は全て御仏前を用います。 しかし同じ仏教の教えであっても、浄土真宗、日蓮正宗の考えでは霊の存在を認めておらず、人はすぐ亡くなれば仏様となるとされているので、これらの宗派では通夜や告別式など、四十九日前であっても御仏前を用います。 夏季期間中は「クール便」でのお届けです 夏季期間中 5月下旬~9月下旬 は、花の鮮度保持のために「クール便」にてお届けをいたします。 クール便料金は 650円 税込 となります。 クール便料金はお客様のご負担とさせていただいております。 クール便対象商品は、生花を使った「フラワーアレンジメント」「花束・ブーケ」です。

次の