体臭 酸っぱい 原因。 酸っぱい体臭の原因は◯◯にあった!自宅で簡単にできる対策法を伝授!

病気が原因の体臭の種類「酸っぱい・生臭い・甘い・アンモニア臭」

体臭 酸っぱい 原因

体臭は、汗をかいたときなど、誰にでも起こることのある身近な感覚です。 しかし、いつも臭いが気になる、臭いが強いような場合には何らかの病気が原因となっていることもあります。 汗をかいていなくても体臭が強い• 汗の量が異常に多く、臭いの原因になっているような気がする• 最近になって突然体臭が気になるようになった このような症状がみられた場合、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 体臭を引き起こす病気 体臭は皮膚や体の病気が原因で生じることや、心の病気によって実際に体臭がなくても体臭があると感じる場合もあります。 皮膚の病気 体臭を引き起こす病気のうち、皮膚の病気は主に以下が挙げられます。 多汗症 とは、全身もしくは特定の部位に異常な量の汗をかく状態のことです。 汗腺(汗が分泌される線)のひとつであるアポクリン腺から出る汗には、水分以外にも有機質が多く含まれ、この有機質が細菌などで分解されると臭いの元となる揮発性成分(ガス)が発生します。 アポクリン腺は脇の下や性器などの体毛が多い部分に集まっているために、体毛の多い部分に大量の汗をかくと体臭が強くなることがあります。 肝臓や腎臓の病気 肝臓や腎臓のはたらきは多岐に渡りますが、主に肝臓では物質の分解、腎臓では老廃物の排泄などの役割を担っていることから、肝臓や腎臓の機能が低下して、正常に代謝やろ過などができなくなることでも不快な体臭が引き起こされることがあります。 病気によって症状は異なりますが、肝臓・腎臓の病気に共通してよくみられるのが、体のだるさや吐き気・嘔吐、、むくみなどです。 肝臓の病気では、 黄疸 おうだん (皮膚が黄色くなる)、腎臓の病気では尿量減少もよくみられます。 心の病気 皮膚や体の病気以外にも、心が原因になっていることもあります。 自臭 じしゅう 症 実際に生じていないにもかかわらず、自分が口臭や鼻臭、体臭を放っていると思い込んでしまう状態を自臭症といいます。 その臭いが周囲の人に嫌な思いをさせ、他人から嫌がられると恐怖を感じる人が多く、心因性または精神疾患が背景に存在することが多いとされています。 受診の目安とポイント 体臭が強くなっている場合や体臭以外にも何らかの症状があれば、原因を特定するためにも一度病院を受診しましょう。 また、体臭によってストレスを感じている場合にも、病院を受診しておくのがよいでしょう。 原因によって専門の診療科が異なる場合がありますが、体臭が主な症状であれば、まずは皮膚科への受診でよいでしょう。 受診時に、いつ頃から体臭を感じるようになったのか、どのような臭いか(酸っぱい・甘い・腐ったような臭いなど)、体臭以外の症状などを具体的に伝えると医師の参考になります。 日常生活上の原因と対処法 日常生活においては、主に年齢や食生活が体臭に関係しています。 年齢特有の体臭 思春期には性ホルモンの影響によって、アポクリン腺から分泌される汗の量が増加します。 アポクリン腺から分泌される汗には、独特な臭いの元になりやすい有機質が多く含まれていることから、発汗量が多くなる思春期に体臭が強くなる場合があります。 また、体臭には、後頭部・頭頂部・うなじを中心に使い古した油のような臭いを放つミドル脂臭、体の中心部から脂臭くて枯草のような臭いを放つ加齢臭があります。 いずれも加齢に伴う体の変化によって生じ、ミドル脂臭は30~40代、加齢臭は40~50歳代以上くらいから現れるようになるといわれています。 年齢特有の体臭への対処法 アポクリン腺から分泌される汗は、体外に排出されたあとに細菌などで分解されて独特な臭いが出るようになります。 脇の下など、アポクリン腺が集まる部分の汗をこまめに拭くなどして清潔に保つようにしましょう。 加齢による体臭は、ミドル臭・加齢臭ともにストレスによって強くなるといわれています。 ストレスを溜めないよう心がけるとともに、ストレス発散に取り組むようにしましょう。 また、加齢臭においては脂質を控え、ビタミンC・Eを多く含む食材を摂取することで臭いが少なくなる場合があります。 食事の極端な偏り 動物性タンパク質や脂肪の多い食品は、体臭のもとになるばかりか、過剰に摂取すると腸内で悪玉菌が増えるなどして腸内環境の悪化を招きます。 腸内環境が悪化すると毒素や有害物質が作られ、それが血液を通って口や皮膚などから排出されると口臭や体臭を引き起こします。 バランスのとれた食事とは バランスのとれた食事とは、炭水化物や脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど体の必要な栄養素を過不足なく摂取することを指します。 体臭を抑えるためにも健康のためにも、1日の食事で主食(ごはん・パンなど)、副菜(野菜・キノコ類・海藻類など)、主菜(肉・魚・卵・大豆製品など)、牛乳・乳製品、果物を組み合わせて、さまざまな栄養素を過不足なく摂取するようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対策をとってもよくならない場合には、思いもよらぬ病気が隠れているかもしれません。 一度、皮膚科で診てもらうようにしましょう。

次の

体臭の原因と改善する方法|男の体臭は元から断たなきゃダメ!

体臭 酸っぱい 原因

ドブのような臭い• 便の臭い• すっぱい臭い• タマゴが腐ったような臭い• 魚が腐ったような臭い• 尿の臭い ドブのような体臭の原因 肝臓の機能が低下してしまった場合に、ドブのような匂いの体臭になってしまうことがあります。 これは肝臓で有害な物質が分解されずに血液に取り込まれて体をめぐり、有害なまま汗と一緒に体から排出されるためです。 さらに肝臓の状態が悪くなっていくと、体臭はアンモニアに似た匂いに変化する、といわれています。 便の臭いような体臭の原因 便秘により、便が体内に長い期間残ってしまうと、腸内では悪玉菌が増加し、便の腐敗や発酵が進みます。 この腐敗した便からは有害な物質が発生することがあり、腸壁から吸収されて血液に溶けだします。 全身に行き渡った有害な物質の一部は肝臓で処理されますが、皮膚や息からも排出されます。 これが体臭の原因となってしまう、というしくみです。 このときに発生する臭いは、もともと便であることから、便に近い臭いとなってしまいます。 この場合原因は便秘となるため、便秘が解消することで体臭も改善されます。 すっぱい臭いの原因 糖尿病 糖尿病の場合、りんごが腐ったときのような、あまずっぱい臭いの体臭になることがあります。 通常、食事により摂取された糖質はインシュリンの働きによりエネルギーとなります。 しかし糖尿病になると糖質からではなく、脂肪などからエネルギーを作るようになるのですが、その際に「ケトン体」というものが発生します。 この「ケトン体」には、特有のあまずっぱい臭いがあります。 そのため、糖尿病で症状が進むと、あまずっぱい体臭がするようになるのです。 糖質制限ダイエット なお極端な 糖質制限などによるダイエットをした場合も、体内に「ケトン体」が増えて、同じ臭いがする場合があります。 この場合は、食事制限をやめることで体臭は改善されます。 過度な食事制限は身体にも負担がかかるため、十分注意しましょう。 タマゴが腐ったような体臭の原因 胃や十二指腸などに炎症などがあるなどの理由で消化不良が起きると、食べたものが体内で発酵を起こしてしまいます。 このとき発生する臭いが体内に吸収されて血液に溶けだすことで、「タマゴが腐ったような臭い」の体臭がすることがあります。 魚が腐ったような体臭の原因 食べ物を消化する際に発生したトリメチルアミン、という物質を肝臓で分解できないという病気に、「 トリメチルアミン尿症」というものがあります。 「トリメチルアミン尿症」の場合、肝臓で分解できないトリメチルアミンは、汗や尿、息から排出されてしまいます。 このとき、魚が腐ったような臭いの体臭が発生します。 「トリメチルアミン尿症」は魚臭症とも呼ばれおり、先天性の場合と、肝機能障害や、肝機能の低下によって発生する場合があります。 尿のような体臭の原因 腎臓の機能が低下してしまうと、尿が出づらくなってしまいます。 それにより体内の毒素や老廃物が尿から排出されずに、汗から体外に排出されるようになってしまいます。 このとき、体臭が、尿のような臭いになってしまうことがあります。 病気ではないのに体臭が変化したら生活習慣の見直しを 病気ではありませんが、• 運動不足• 偏った食生活 などの 不規則な生活習慣は、臭いのもととなる皮脂の分泌を増やしてしまいます。 また、 強いストレスも、体内の活性酸素を増やすため、体臭の原因につながる、と考えられています。 そのため、病院を受診しても理由が見当たらないにも関わらず体臭が変化したという場合は 生活習慣を見直してみましょう。 適切な運動をし、バランスの良い食生活を送ることで、体臭が改善する場合があります。 さらに、 汗をかいたまま放置しておくと、雑菌が繁殖し、体臭の原因となります。 汗をかいたら、こまめに汗を拭くようにしましょう。 まとめ 体臭の変化につながる病気には、いろいろなものがあります。 しかし、ある程度進行した状態になってから体臭が変化する病気も少なくありません。 そのため、まずは、日ごろから自分自身の健康に注意することが大切です。 普段と違う強い体臭が発生したら、病気である可能性を考慮して早めに病院に行ってみましょう。 病気自体が改善されれば臭いが落ち着くものもあります。 また、体臭が変化したらすぐに気が付くことができるように、日ごろから体臭のケアをする、ということも大切です。

次の

体臭が酸っぱい原因は?病気の可能性も!

体臭 酸っぱい 原因

体臭が酸っぱいニオイになる原因 もともと汗はほとんどニオイがありませんが、体臭が酸っぱいニオイになってしまうのは 汗自体に多くのアンモニアを含むようになることで汗そのものが臭うようになることが原因です。 そしてこの汗に多くのアンモニアを含むようになってしまう主な原因は 血行不良と肝機能の低下にあります。 血行不良による酸っぱい汗 普段、体はTAC回路という酸素を使った完全燃焼系によって、食事で得た栄養分をエネルギーに変換しています。 しかし、血行不良になると、汗腺などの消耗組織への酸素供給が減少して酸素不足になります。 すると、体は酸素を使わない解糖系という不完全燃焼系によってエネルギーを供給することになります。 解糖系では副産物として疲労物質の乳酸が発生し、一緒にアンモニアも生成されます。 その結果、アンモニアが入った臭い汗が発汗されてしまうのです。 血行不良による酸っぱい汗は、体に酸素不足を起こす過度な運動やストレス、食事制限のみの間違ったダイエット、運動不足による汗腺機能の低下などが要因になります。 この汗は、アンモニアを多く含むので、肌環境を雑菌が繁殖しやすい弱アルカリ性にしてしまいます。 アルカリ性に傾いた環境は雑菌にとって繁殖がしやすい環境です。 そのため、汗をかいたら早めに拭き取るなどして対処しなければニオイが直ぐに発生してしまいます。 とてもニオイが生まれやすい汗といえるでしょう。 特に食事制限のみの 間違ったダイエットによる体臭には注意が必要です。 悪化すると甘酸っぱい臭いがするようになります。 これは、糖尿病と同じケトン体という物質が原因です。 そのまま放置すると呼吸や息が臭くなりますし、自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなるので、体への影響がでてきます。 肝機能の低下による酸っぱい汗 アンモニアは体内でタンパク質が分解されたときに生成され、通常は肝臓で無毒化して体外に尿として排出されます。 しかし、肝機能が低下すると分解しきれずに残った アンモニアが血中に混ざって全身をまわります。 するとその血液が汗腺に届いてアンモニア濃度が高い汗を発汗するようになるのです。 肝機能の低下による酸っぱい汗を発生させやすくする主な要因以下のようなものがあげられます。 疲労を溜めている• ストレスを溜めている• 暴飲暴食をしている• 喫煙をしている• 便秘がち• 睡眠不足が続いている 中でも便秘は便がたまって腐敗・発酵することでアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などのニオイ物質を発生させてしまいます。 当然、体内で発生するニオイ物質が多くなればそれだけ体臭が強くなりやすなる可能性も高まります。 そのことについては以下のページで対策方法も合わせて解説しているので確認してみて下さい。 (新規タブで開きます) 体臭から酸っぱいニオイする場合の予防と対策 体臭にはいろいろなニオイがありますが、特に酸っぱいニオイがする体臭の場合は、ニオイ原因物質がアンモニアということから以下のような予防と対策が効果的です。 有酸素運動を心がける マラソンやウォーキング、サイクリング、ヨガなど酸素をしっかり取り入れる有酸素運動を心がけましょう。 もし普段の運動が無酸素運動のような過度な運動であれば、有酸素運動に切り替えると酸っぱい汗をかきにくくなります。 程よい運動は爽やかな印象を受けますが、それはニオイにおいても同じことみたいですね。 それに適度な運動はストレス解消効果もあり、いいこと尽くしです。 基礎代謝を低下させる間違ったダイエットを避ける 体に必要な栄養を取らずに痩せてもいいことはありません。 代謝が落ちて逆に痩せにくくなりますし、体臭もクサくなります。 なので、必要な栄養はしっかりと摂取して筋肉を付け、 代謝を上げて痩せることが体にも体臭にもいいのです。 乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などを積極的に摂取する 肝機能が悪化する原因には、腸内環境の悪化があります。 肝臓と腸はお互いにいろいろなやり取りをしているからです(腸肝循環)。 そのため、 肝機能低下による酸っぱい体臭を防ぐためには腸内環境を整える必要があります。 なので、便秘がちや肉食中心の食生活の場合は、腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖を積極的に摂取すると効果的です。 普段の食事でこれらの栄養を摂取することで少しづつ解消されるでしょう。 参考 消臭サプリを利用する 手っ取り早くニオイを消臭したい場合は、消臭力が高い体臭対策サプリを利用すると効果的です。 酸っぱいニオイ全般の臭い対策には「メンズデオ8400」 酸っぱい臭いや刺激臭、メチルメルカプタン系の消臭には、鉄クロロフィンナトリウムが有効だと言われています。 この成分が使われているサプリはメンズデオ8400です。 他にも消臭力が高い茶葉エキスや柿タンニン、整腸作用があるオリゴ糖やシャンピニオンエキス、デオアタック、センスピュールも含まれており、酸っぱい体臭対策には効果的と言えるでしょう。 参考 代謝低下による酸っぱいニオイ対策には「アセッパー」 アセッパーは消臭だけでなく汗の発汗を抑え、汗の質を良くすることでニオイを弱くしてくれるサプリです。 消臭成分には柿渋や緑茶、整腸作用があるシャンピニオン、クロレラの4つが配合されており、高い消臭力があります。 また、4つのポリフェノールによって、代謝低下によるにおう汗を予防します。 そのためアセッパーは、汗っかきの方の汗対策や代謝低下による酸っぱい体臭の対策に向いています。 参考 入浴剤として酢を入れる 入浴剤として酢をいれて湯船に浸かることで、汗腺で発生する 乳酸とアンモニアの発生を抑えられるといわれています。 他にも殺菌効果や発汗効果があり、体臭改善効果も期待できるスグレモノなのです。 また、天然の入浴剤を使った薬用風呂も体臭対策に効果的と言えます。 詳細は以下のページで解説しているので確認してみてください。 (新規タブで開きます) 弱酸性の石鹸素地が洗浄成分のボディソープを使う アンモニアを多く含む汗はアルカリ性寄りなので、弱酸性のボディソープであれば中和してニオイを効果的に無力化できます。 弱酸性のボディソープは多くありますが、洗浄力が高すぎると逆にニオイをきつくする原因になることもあるので、洗浄力が強すぎない石鹸素地を主成分としたボディソープがおすすめです。 参考 まとめ 酸っぱい体臭の原因は、血行不良や肝機能低下によって体内のアンモニアが増えることにあります。 なので、最近体臭が酸っぱいと感じたらここで紹介した対策と予防を実践してみるといいでしょう。 また、対策方法としていくつか紹介しましたが、根本を直すにはやはり食生活と適度な運動です。 ただ、実際に実践するのは難しいかもしれません。 そんなときは一気にやらずに少しづつ実践すると負荷が軽減して続けやすいと思います。 運動も普段の生活で意識するだけでも違ってきます。

次の