出勤困難症。 仕事に行きたくない!これって「うつ」?症状や対処法について

仕事に行きたくなくて震える・冷や汗が出るのは『出勤困難症』かも

出勤困難症

その時代や社会的背景による心理的要因が引き金となる場合が多い症候群。 そして、時代が移ると新しい症候群が生まれるという傾向が見られます。 【こころの心理学】-出勤困難症 出勤困難症 何らかの原因により会社に行こうとしても行けなってしまう。 以前は出勤拒否症と呼ばれていましたが、登校拒否が不登校と呼ばれるようになったのと同じく、本人が会社に行きたくても行けないという状態であるため、出勤困難症(出勤不能症・出社不能症)と呼ばれるようになってきました。 出勤困難症に共通する精神症状として、意欲低下、集中困難、不安緊張感、ときにパニック障害を伴うこともあります。 身体症状としては、動悸、呼吸困難、過敏性腸症候群などです。 通勤途中にこれらの症状が現れ出勤できなくなることも多いようです。 自分の能力以上の仕事を一人で抱え込んだり、自分の評価を気にしすぎたり、今の仕事が合わなかったり、その原因は様々です。 主な原因を以下にあげてみました。 仕事にストレスがある まず仕事上のストレスが考えられます。 自分の能力以上の仕事を一人で抱え込み、全てを完璧に仕上げようとして多くのストレスをも同時に抱え込む、職場での自分の評価を必要以上に気にする、転勤などにより希望とは異なる職種に配属される、といったことにより出勤困難になるケースが多々あります。 また、仕事上の人間関係、上司と部下の板ばさみなど対人関係も大きな原因となります。 挫折体験がある 有名大学出身者やバリバリ仕事をこなしている人が突然出勤困難になるということもあります。 有能で活発な人の中には、一人で仕事を抱え、完璧にこなさないと気がすまない人が多いものです。 そのような人にとっては、ささいなミスも重大なミスに感じられ、一気に仕事に対する自信を喪失してしまうことにもなりかねません。 また、職場での人間関係のもつれから人間関係に対する挫折を経験する人もいます。 職場に恐怖がある 出勤困難症の方の中には、職場に対して恐怖感を持っている方もいます。 例えば、上記の挫折経験からくる仕事そのものへの恐怖、対人関係に対する恐怖、あるいは通勤に利用する電車やバスに対する乗り物恐怖、エレベーターなどの閉所恐怖などさまざまな恐怖があります。 また、最近では職場のIT化により、特に中高年者にパソコンに対する恐怖も出てきています。 抑うつ症状による出勤困難 出勤困難には、抑うつ症状が伴う場合が多くあります。 上記にあげたような職場のストレスが原因となって、また、仕事とは直接関係のないこと、家族や友人、恋人関係が原因となって生じる抑うつ状態も考えられます。 <出勤困難症にならないために> まず、自分の感じているストレスについて早い段階で気付くことです。 最近イライラすることが多くなった、忙しくて趣味を楽しむ暇が無い、仕事の効率が悪くなったりミスが増えたといった初期のシグナルを見逃さないことです。 本人へのサポートとしては、 ・ ゆっくり休ませる 追いつめてしまうので叱咤激励は厳禁。 リラックスできるよう配慮。 ・ 不安を克服する手助けをする 電車に乗れない等の不安を抱えているようなら、一緒に付き添うように。 ・ 悩みを理解する 悩みや苦しみを聞き、理解してあげる。 ただし、かまいすぎるのは禁物で、つかず・はなれずの関係を。 ・ 周囲の協力 職場環境が原因なのが多いので、病気のことを理解してもらい、周囲の協力を受けるように。 時には、ストレスに耐えて仕事を続けなくてはならないこともありますが、常にストレスにさらされている状態が続くと、必ず心身に歪みが生じてきます。 休日は仕事のことを忘れ、趣味によってストレスを解消したり、のんびり過ごしたりしましょう。 入浴や睡眠、食事といった毎日行うこともストレス解消につながります。 また、仕事においては完璧を求めすぎず、全てを自分一人で抱え込まないようにすることが大切です。 Copyrightc 2006 All rights reserved.

次の

出勤困難症 : 夜分に失礼いたします。私はうつ病で障害者雇用で一般企

出勤困難症

夜分に失礼いたします。 私はうつ病で障害者雇用で一般企業に勤務させていただいております。 先日も同様のご相談をさせていただきまして、良いアドバイスをいただき、焦らずにうつ病と向き合い今できることをやってみようと近くのお寺のご住職に相談しにでかけてお話しをしてみたり、主治医の勧めで運動をはじめたりしているのですがいざ出勤となると体が動かない状態が数ヶ月続いております。 こちらでアドバイスをいただき、お寺のご住職のアドバイスもあり1日だけ出勤できたのですが お正月明けからまた出勤ができなくなってしまいました。 それも仏様のお導きで私はその中でできることをするのが一番の努力なのではないかと自分なりに解釈しているつもりですし、毎日ではないですが思い出した時には呼吸法と共に「南無阿弥陀仏」を唱えたりさせていただいておりますがふと、他のお坊さんのアドバイスも聞いてみたくなりご相談させていただいている次第でございます。 私の中ではこれも仏様が何かのアドバイスとして私に投げかけて下さっている。 あとはできることをやってみなさいとご慈悲をいただいているのだと思っておりますが…とは言えこのままの状態で良いのかどうかと迷っております。 仕事に対して嫌な気持ちも会社の人間関係にも不満はありません。 むしろ心配していただいたり、お気遣いいただいたりと恵まれた環境です。 今私が他にできることはあるのでしょうか? ちなみに友人と食事にでかけたりすることはできる状態の時もありますが、朝になると出勤ができないという状況です。 お忙しい中ではあるかと思いますがご回答よろしくお願いいたします。 拝読させていただきました。 お辛い心境、お察しいたします。 お近くの寺院様でもお話しをされておられると聞いて、見えない力がなっきぃさんを少しずつ良い方向へと進化させていますね。 最高潮に達し、相談さえもできない状態ではなく、なっきぃさんがご自身のお力で切り抜けようとする心構えが、もう暗闇から光の境目まで来ています。 ここであと一踏ん張りです。 仏教では、なぜ苦しみが生まれるのか?それは「無明(迷い 」から生じています。 自信を失ったとき、これでいいんだろうか?と、誰かが決めた世間(ルール)にハマろうとしていることはないでしょうか? 自分にはできないが、他人は皆できていると景色を見てしまうと、苦しみが生じます。 ご自身にしっかりと光をあてることが大切な時期でもあると感じます。 また、輪廻転生とも仏教ではいいまふが、来世で転生するのではなく、今起きている現実の中に輪廻があるのです。 輪廻転生 1、天道 2、人間道 3、修羅道 4、畜生道 5、餓鬼道 6、地獄道 この6つを生きている中で、繰り返していることが輪廻転生説です。 今、なっきぃさんは1〜6のどの心境におられますか?この苦しみなる「道」から解脱することで悟りである涅槃の境地へと抜け出せるのです。 今こうして知恵を振り絞り、解脱をされる心が、6から5、5から4... と向かっています。 今、心に悉有仏性煩悩即菩提が宿りました。 これは煩悩(悩ます病)があるからこそ、抜け出そうとする目的が芽生えています。 1、マイナス思考に念頭におかない。 2、他人の比べない。 3、仏や憧れの人の言葉を心に入れる。 「叶う」という字は、字の如く、「口」「+」と書いて叶うになります。 マイナスな言動、心境を普段から癖づけて捨ててしまう(断捨離)ことで、自ずと知らず知らずの間に、気を元に戻す「元気」に変化していきます。 私たちは生きていることは「一切皆苦」とお釈迦さまは説いています。 その苦しみは心の持ち方一つで変われるものです。 性格は中々変えることはできません。 しかし、考え方というものはいつでも変えることができます。 いつも迷いの連続の衆生です。 仏教はいつも明かりを灯しています。 灯を信じて頼ってきてください。 必ず良くなっていってます。 心に残るアドバイスをいただきましてありがとうございます。 確かに色々なアドバイスをいただきながらも迷いがあったように思えます。 自分の気付いていない中で比べたりどうしてできないんだろうなど考えていたのかもしれません。 ご指摘を受けて迷いを捨てるということが大切なことであることを教えていただけたように思えます。 人は人、自分は自分と考え一歩ずつでも前に進めるよう努力してみます。 改めて私には色々な方が自分の味方であり、助けようとして下さっていることにも気付くこともできました。 それは周りの人だけでなく仏様やご先祖様、こうして相談にのって下さるこちらの和尚様やお寺のご住職も同じだと思います。 そのお気持ちを胸に抱きしっかりと踏み出していこうと思います。 暖かいお言葉をいただきありがとうございました。 あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか? 友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。 そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。 なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。 心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

次の

「出勤」と「出社」の違い・対義語|退社/退勤/出勤率/出勤拒否

出勤困難症

「出勤」は簡単に言えば、仕事場に行くことです。 朝、コーヒーを啜りながら何気につけたテレビのその日の天気予報が一日太陽マークに埋まるような清々しい晴天であれば、スーツに身を包んで資料やら書類やらが入ったカバンを肩にかけて玄関のドアを開け、洗い立ての陽光に照らされた透き通るような空気を肺に満たして仕事場へ向けて足を動かしていくことです。 晴れでなくても、鉛を浮かべた空と、窒素と酸素と二酸化炭素とアルゴンとヘリウムその他成分の空気混合比が崩れ、三千メートルの山頂に立った登山家が味わう希薄で鈍重な空気が蔓延する曇天でも、冷却され凝結された水滴が重力に引っ張られて落ちてくる雨模様でも、会社に向けて足を動かすことに変わりはありません。 さて「出勤」とは上記のようなものですが、これと似た言葉に「出社」という言葉があります。 二つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 出勤 「出勤」という単語を辞書で引いてみると「仕事をするために勤務先に出ること、勤めに出ること」などが出てきます。 この勤めというのが、プログラマーならプログラミングすること、学校の教師なら生徒に授業を行うこと、宇宙飛行士ならスペースシャトルに乗り込んで遥かな宇宙に飛び立つことでしょう。 極端なたとえになりましたがそういうことです。 出勤の勤めとは、語源を探ると役人が奉公に出ることに由来しているようで、お上に勤めることからきています。 国家や朝廷のために一身をささげて尽くすことを語源といていましたが現代ではサラリーマン全般に対して、お上が会社にすり替わって使われています。 仕事をするために勤務先に出ること。 または出ていること。 休日に仕事以外の目的で会社に来ても出勤にはならず、労働日でも会社に到着しただけでは出勤にはならない。 本来は、業務を開始した時点で出勤とみなされる。 しかし実際には、始業時刻よりかなり早く出てくることを義務づけられ、かつ始業時刻前に業務を始めても、勤務した時間(早出の時間外)として取り扱われていない場合も多い。 そのため、出勤時刻というときには始業や実際の業務開始とイコールではなく、それらより前の、勤務先に到着した時刻や到着すべき時刻をさして用いられているケースが多い。 出社 「出勤」に対して「出社」とはどういう意味合いを持つものなのでしょうか。 出社とは会社に行くことです。 お上に仕えるという出勤の語源が、時の流れとともにその形を歪曲させ、崇拝の対象たり得た朝廷の意義を現代の会社が取って代わったということです。 かつての朝廷がもった神聖さはそのかけらを見つけられないほど微細な粒子となり人々の忘却の底へ沈んでいき、職務を全うするというプラグマティックな思想だけ残したものが「出社」となります。 [名] スル 会社に出勤すること。 出勤とその類義語 出勤には、出社以外にも類義語がいくつかあり、混同することがあります。 出勤の類語の意味は、どれも勤め先に出ることですが、稀に異なる意味で用いられる類語も含まれるのでいくつかご紹介しておきます。 出所 出所とは広義に意味を持つ語句であり、会社に出勤するという意もこの語の広義の中に含まれます。 そのほかの意味では、情報を得ることが可能な文書、組織、情報を提供する所など、情報の発生源に関しての意味合いを持つ語句としてもよく使われます。 そのほかにも何かを創造し、始める人、場所や人が生まれた場所を言い表す語句としても使用されます。 複数の意味合いを有する語句は使いどころを誤らないよう気を付けましょう。 (出所)事務所・研究所など、所と呼ばれるところに出勤すること。 官庁に出勤する位から生まれた語句であり、これも古くから国の政治機関のことを庁と呼んでいたことが語源とされています。 [名] スル 職員が役所に出勤すること。 「退勤」と「退社」の相違点 退勤 退勤は、「仕事が終わって仕事場を後にすること」です。 大方予想どおりというか、そのようなものであると多くの人が納得する回答でしょう。 会社で使用される退勤時間という言葉も、仕事を終わらせ、会社を出る時間という意味で使われています。 この退勤の語彙は言われればほとんどの人が首肯するところでしょう。 出勤の対義語として、職場に向かうことから、その日一日の仕事を終え、会社から退勤するというサラリーマンの生活リズムは長らく日本人の習慣となってきたところであり、出勤と退勤の繰り返しの日々が現代のサラリーマンの日常となっています。 [名] スル 勤務が終わって、勤め先から退出すること。 退社 退社は、「会社を辞めること」です。 社員としての資格を失うこと」とあります。 これは出勤と出社の意味がほぼほぼ同じであったこととは異なることです。 退勤と退社とはその意味が大きく異なり、同一のものとして捉えるものではありません。 退社には退勤と同じ会社から家に帰るという意味もありますが、その意味よりも会社を辞したという意味合いの方がこの言葉の場合は強いです。 誤って取引先の電話で「Aは退社しました」といってしまえば、実際はすでに家に帰ったのに、相手はAが会社を辞めたと勘違いしてしまう危険があります。 相手に不要な誤解を与えないよう「Aは本日はすでに退社しています」など付け加えて真意がちゃんと伝わるようにしましょう。 誤解を招きたくないなら退勤しましたというのもいいです。 似ている言葉でもその意味は全く異なるものなので使い分けて使用するようにしましょう。 勤め先へと赴くことを出社。 出先から会社に戻ることを帰社。 勤務時間が終わって会社から出ることを退社という。 退社は会社を辞めるという意味で使われる場合もある(=退職)。 帰社 退勤、退社と似た言葉で帰社というものがあります。 帰社とは響きだけ聞けば退勤とおなじように会社から家に帰ることと思われますが、「出先から自社に帰ること」なので、帰宅するという退勤、退社とは異なる意味を持ちます。 会社から家に帰るのではなく、出かけた先から会社に帰ることをさす言葉なので間違えると赤っ恥をかくことになります。 勤め先へと赴くことを出社。 出先から会社に戻ることを帰社。 勤務時間が終わって会社から出ることを退社という。 退社は会社を辞めるという意味で使われる場合もある(=退職)。 出勤率 出勤率の計算をするうえで用いられる数値の一つが全労働日といわれます。 全労働日とは、算定期間の総歴日数から就業規則で定めた休日を抜いた日数となります。 休日とは、会社によりますが一般的には土日祝日、お盆休みや年末年始の休み、会社の創立記念日などの休みのことです。 会社のカレンダーに沿った休日を抜いた日数となるので会社の規則ごとに違いがあります。 また、休日労働した日、会社を一身上の都合などで休んだ日、ストライキなどの争議により労働が全くできなかった日などは全労働日から除外されます。 有給休暇や育児休養などは全労働日に含めて計算します。 出勤日数 出勤日数は全労働日で割って出勤率の算出に用いられ、算定期間の全労働日の内出勤した日数となり、実労働日ともいえます。 全労働日に数えられる日数から実際に出勤して労働した日数のことで、当然休めば出勤日数が少なくなるということですが休暇で休んだ日数は出勤日数の内に数えられます。 休暇とは会社が就業こそ区で定めた休養日のことで、年次有給休暇、業務上の負傷・疾病などのによる療養のための休業、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇などあります。 会社ごとに異なる休暇を定めている場合もあるため確認してみるといいでしょう。 また、全労働日と同じく休日労働した日や風邪または体調不良などで会社を休んだ日は出勤日数から差し引かれます。 昇給制度 昇進や給与引き上げに伴って給与を増やす制度のことを昇給制度といいます。 辞書では「基本給部分について一定の基準で個人ごとに給与差がつくように加算する制度」とあり、ここに書いてある一定に規準というものの中に技能、熟練度、必要知識、能力発揮度などのほかに出勤率も含まれています。 もちろんこれは出勤率が高いほど昇給の可能性が高くなることであり、勤務態度の実直さを示す指標です。 勤務成績などに関係なく給与が増える部分を自動昇給または最低保証と呼び、これに加算される分(出勤率など)を査定昇給といいます。 昇進や給与引上げ 俗にベースアップという に伴って給与を増やす制度を指すこともあるが,専門用語ではこれと区別し,厳格に〈基本給部分について一定の基準で個人ごとに給与差がつくように加算する制度〉をいう。 ここにいう一定の基準とは,過去のある期間 過去1ヵ年とする場合が多い の出勤率や,技能・熟練度・必要知識・能力発揮度などを査定するために企業ごとに異なった考え方で作られる昇給率の設定法を指す。 昇給制度があるために職種は変わらないのに毎年のように給与が増えるのは日本的特性であるが,昇給のうち勤務成績などに関係なく給与が増える部分を自動昇給 または最低保障としての生活昇給 と呼び,これに加算される分を査定昇給という。 出勤停止 出勤停止を命じられ、会社で就労ができなくなるとその間の給料はどうなるのかという疑問が出てきます。 前述したように会社で就労しなくても賃金がでる特別なケースもあります。 出勤停止で会社にいかない期間の給与は支払われるのでしょうか。 答えはNOです。 出勤停止を言い渡されて会社で就労しない間、一切給与は支払ってもらえず、その分差し引かれます。 これは会社の秩序を乱した蛮行への処罰であるので給与などはもちろん出ません。 自業自得ですので出勤停止は全力で避けたいでしょう。 病気による出勤停止 懲戒処分での出勤停止を述べましたが一般的に出勤停止といえばインフルエンザやノロウィルスなどの感染症に罹った場合のことを言います。 風邪などであれば軽い症状で済みますが感染症になると生死にかかわる恐れもあるので会社に来てほしくない気持ちにもなります。 インフルエンザに罹ったら インフルエンザやノロウィルスの感染症に罹ったらすぐに会社に連絡すると、会社から出勤停止を命じられることになるでしょう。 普通の病欠とこの出勤停止は大きく異なる部分があります。 それは給与が支払われないことです。 先に書いたとおり会社の秩序を乱したとして出勤停止を言い渡させたら給与は支払われないことには触れました。 これは当人が相応の損害を会社に与えられたものとしての処罰ですが、インフルエンザなどの感染症は人智の及ばない運の領域の要素の多分にあり、情状酌量の余地もあるでしょう。 しかし、同じ出勤停止という処分なのでこれも休んでいる期間給与は出ません。 これは普通の病欠と同じと勘違いしている人が多いので会社の規則を再度確認しておくといいでしょう。 出勤停止中の行動 朝、会社に向かおうとすると両足に鎖がつながれ、その一端には鉛の砲丸がつながれたように足が動かないという状態のとき、すでに出勤困難症に陥っている可能性があります。 出勤困難症は何らかの原因により会社に行きたくない、行けない状態のことです。 これはおもに会社でのストレスが原因となり、子供が学校にいけない不登校と似ています。 過労や責任からストレスの容量を超えて発作的に起こるものである日突然会社に行けなくなることもあります。 日々の小さなストレスの積み重ねもやがては決壊してしまうもので、普段からストレスをため込まない環境づくりが現代日本の急務です。 会社と労働者が二人三脚で取り組まねばこの問題は解決しえないでしょう。 鬱病 鬱病の文字が人々の目に映るようになると日本社会全体に暗雲がかかり、人々は陰湿な表情をした天から目を逸らすようにうつむきがちに黒いアスファルトを見つめて歩いていました。 鬱病という言葉が巷に溢れるようになった二〇〇〇年代当時は日経平均株価がバブル崩壊後の最安値を叩き出し、景気の底であるといわれ、年間自殺差者も三万人以上で推移していた時代でした。 近年になって鬱病が社会問題として世間と企業に認められ、その対策が多く考え出されてきました。 しかし、そもそも鬱病の原因が社会そのものの環境や背景にあります。 日本の社会に深く広く根づいた国家国民の精神にも聯絡しているため、潜在的な病根を取り除かない限り鬱病になる方は減らないのでしょう。 出勤の現状からみる経済の進退.

次の