キャンプ バーベキュー コンロ。 キャンプのバーベキューコンロで焚き火はOK?焚き火台を買う理由は!

【使いやすいのはどれ?】バーベキューコンロのおすすめ人気ランキング20選

キャンプ バーベキュー コンロ

バーベキューコンロのイメージでは最も一般的なコンロです。 四角いコンロに脚がついたタイプで、日帰りバーベキューならこのタイプがオススメです。 脚付きのコンロはテーブルから離して設置できるので、大人数の時や小さな子供がいる場合に便利です。 引き出しのようにスライド式で炭を入れるタイプや、炭入れを外せる便利なタイプもあります。 高さを段階調節(5段階調節機能など)できたりと用途も広いので、バーベキューをする人数に合わせてコンロの大きさを選ぶと良いでしょう。 このタイプのコンロは、大きいものだと持ち運びや収納の不安があるかもしれませんが、脚がたためるタイプも多いので、あまり気にせずに最適なものを選びましょう。 多用途タイプのバーベキューコンロ・グリルは、1台あればいろんな方法で活用できるものが多いのが特徴的です。 肉を焼くだけのバーベキューだけでなく、例えばダッチオーブンを使った料理やカマドとして使うなど、いろんな料理にチャレンジしてみたい方にオススメです。 煙突が付いていてオーブンとして使えたり、焚き火台としても使えたりと大変便利で面白いタイプのものが多いです。 卓上タイプの大きさで蓋が付いた多用途タイプでは蒸し焼きやスモーク料理も楽しめます。 バーベキューの楽しみ方を1ランク上げて、いろんな料理に挑戦しましょう。 食事の後に焚き火を囲んで団欒をしたり、楽しみ方がグっと広がるのが多用途タイプの魅力と言えるでしょう。 簡易タイプ(インスタントグリル(使い捨て))のバーベキューコンロ・グリルはちょっとBBQを試してみたい方におすすめです。 コンパクトサイズで着火や片付けも楽にでき、軽いので持ち運びも簡単。 1つの簡易コンロで楽しめるのは、1~2人までの想定です。 人数に応じて複数運用しやすいのもおすすめポイント。 焼面が小さいので少人数用で短時間しか使えませんが、メインの料理とは別にサブ的な位置づけのバーベキューコンロとしても簡単で使いやすいです。 燃料などすべてがセットされているので準備・炭火起こしの手間いらず。 さらに片づけも楽なので初心者が多いBBQでも活躍します。 ただしテーブルの上では使用しないで下さい。 (テーブルの素材によっては、熱に強い・弱いがあります。 ) どういうシーンで使いたいか、そして人数も一緒に考えて選んでみましょう。 省スペースで小さく収納できて軽いところが嬉しいですね。 卓上タイプは食事をしながらのコミュニケーションもとりやすく、座りながら食材を焼けるところが人気です。 BBQの初心者に適しており、少人数の大人が焼肉屋のように使うには便利ですが、子供がいる場合は火傷などケガをしないよう、配慮が必要です。 そんな大人のロースタイルのバーベキューには「」のバーベキューコンロ・グリルがおすすめです。 本格的なキャンプの雰囲気とBBQと両方が楽しめます。 直火禁止が多い日本のキャンプ場でも焚き火を楽しみたいキャンパーは多く、焚き火台と網焼きがセットになったバーベキューコンロが人気となっています。 焚き火台タイプ(ロースタイル)は暖をとるための焚き火台にもなるので食後の団欒にもピッタリです。 あまり人数が多いと火が遠くなったりしますので、少人数の時の方が使いやすいかもしれませんね。 比較的コンパクトに持ち運べるものが多く、 車に積み込むにも容量をとらないのも人気となっている理由の1つです。 スタンダードタイプには高さ調節ができるものがあり、用途も広がるので無難な買い物になります。 引き出しのようにスライド式で炭を入れるタイプや、炭入れを外せる便利なタイプもあります。 高さもあり脚付きなのでテーブルから離して使用できるためテーブルでゆったり食事が取れます。 離れたところに火を置けるので小さなお子様が一緒でも安心です。 さらにいろいろ楽しみたい方は、のバーベキューコンロ・グリルと組み合わせると良いでしょう。 大きな食材や時間のかかる料理の出来上がりを、テーブルでおつまみを焼きながら待つなんて贅沢ができます。 これなら料理のバリエーションも広がって盛り上がります。 スタンダードタイプに燻製器(スモーカー)を組み合わせるというパターンも楽しみが広がっておすすめです。 卓上タイプの中には燻製がつくれる蓋つきタイプもあるのでぜひチェックしてみてください。 さらに人数が多い場合には、サブ的なグリルも用意しておくと対応できるレパートリーが増えます。 ただ、同じものを2つ揃えるよりも、幅を広げた楽しみ方をするには「」や「」などがおすすめです。 メイングリルと組合せてを楽しめるスペースを作ったり、でBBQ、ダッチオーブン、鍋もやれるようにすると、の幅が大きく拡がります。 バーベキューに参加したメンバーもアウトドアライフを満喫し喜んでくれることでしょう。 また、サブ的な位置づけのバーベキューコンロとして「」も使いやすいです。 さっと焼いて食べられるものが安心です。 燃料などすべてがセットされているので準備・炭の火起こしの手間いらずです。 キャンプ場やバーベキュー場は、平らに整地されていたり、水やその他の設備が整っているところもたくさんあります。 駐車場もあり荷物も運びやすい所などですと、より手軽にバーベキューが楽しめますね。 こういった場合は、一緒に行く人数やどんな料理にチャレンジするのかによって大きさや高さなどを考慮し、より使いやすいタイプを選ぶと良いでしょう。 それと同時にそのキャンプ場やバーベキュー場では、どんな設備が整っていて、どんなものを現地調達できるのかをよく調べておきましょう。 薪や炭が無くて火を起こせない、なんて事がないように注意しましょう。 キャンプ場やバーベキュー場のように、それなりに整備された場所で行うバーベキューと、まったく未整備の河原や山などで行うバーベキューとでは、同じバーベキューと言っても事情が大きく違ってきます。 ワイルドなキャンプに挑戦するのであれば、入念な準備が必要です。 ベテランのキャンパーと一緒に行くようにしてください。 くれぐれも無理をしないように気をつけましょう。 バーベキューコンロ・グリルの大きさは、 【焼く面積・人数】によって選びます。 使うシーンや収納性が関係するので、しっかりと使うシチュエーションに合った大きさをイメージしてみましょう。 焼く面積が大きいということは一度に大人数で楽しめる、または大きなものを焼くことができるとも言えます。 逆に小型のコンロ・グリルであれば、2~3人分の食材を少燃料で効率よく焼くのにピッタリです。 焼面サイズはBBQ参加人数により必要な面積が変わりますが、大体の目安としては以下の通りです。 人数だけでなく、 どんな料理に挑戦するのかというように、料理から焼く面積を考えてみるとバーベキューのイメージが広がり、コンロ・グリル選びも楽しめます。 それぞれのサイズに合った適性人数は、下記を目安にしてください。 S 2〜3人 人数が多ければ単純に大型のコンロ・グリルが欲しくなりますよね。 その方がたくさん焼けるし、スムーズにバーベキューができそうです。 ただし、いくら大型でも人数が増えればそれだけ1つのコンロに対する密集度が増します。 一緒にバーベキューを楽しむ人数によっては、通常サイズを複数用意したり、違うタイプのコンロをサブ的に用意してそれぞれ違う料理を楽しむ、といった選択肢もありです。 大型バーベキューコンロは、持ち運びや収納に苦労することや、燃料を多く必要とする、また焼き場が広いせいで、焼いている食材の全体に目が届かなくなり大切な食材を焦がして無駄にしてしまうなどの難点もあります。 気をつけましょう。 いろいろ楽しみたい方は、「」や「」「」など、現在持っているコンロと組み合わせて購入するコンロの大きさを考えてみるのも良いでしょう。 大きな食材や時間のかかる料理の出来上がりを、焚き火で暖を取りながら乾杯をして待つ、そんな贅沢ができますね。 これなら料理のバリエーションも広がって盛り上がりそうです。 製品の「収納サイズ」もチェックしておきましょう。 またキャンプ場の駐車場からキャンプ・バーベキューサイトまでの移動距離なども事前に知っておいた方が良いでしょう。 バーベキューに行く時、大きめの1BOX、ミニバン、SUVなどの車なら、「」のように一般的なサイズのバーベキューコンロ・グリルでも運べます。 小さめのコンパクトカーや軽自動車の場合、その車に積載できるサイズを第一に考えなければなりません。 あまり積載スペースがとれない場合は、「」や折りたたんでコンパクトに持ち運べる「」、使い捨ての「」などから選ぶのがオススメです。 の中でも収納性や持ち運びやすさを重視した製品もあるので探してみましょう。 車の収納以外に、ご自宅での保管も重要です。 実際はバーベキューをしていない時間の方が圧倒的に多いでしょうから、自宅で保管できないのは問題ですね。 製品の「移動・持ち運び、収納性」もチェックしておきましょう。 70㎝以上高さのあるモデルだと背の高い方でも前にかがまず調理や食事ができるので、大人が多勢集まるような場合でも使いやすくておススメです。 また脚が折りたたみ式になっていたりと、高さが調整できるタイプもありますので、その点も選ぶポイントとして考えてみると良いでしょう。 最近流行してきている低めの「ロースタイル」バーベキューなら、「」がおすすめです。 比較的コンパクトに持ち運べるものが多く、車に積み込むにも容量をとらないのも人気となっています。 バーベキューコンロの材質には、スチール製(鉄製)とステンレス製、アルミ製の3種類があり、主に 【耐久性・価格】などに影響します。 ただし、鉄製は重量があり持ち運びに注意が必要です。 また時間の経過と共にどうしてもサビが生じやすいのが特徴です。 ステンレス製の方は、軽い・サビに強い・耐久性が高いという特徴があります。 その分、同じタイプの製品でもステンレス製の方が価格帯が上がります。 バーベキューを頻繁にする予定の方には、錆びにくく、使用後のお手入れも簡単なステンレス製がオススメです。 アルミ製は軽量で扱いやすく、錆にも強いのでいろんな状況で活躍します。 ただ種類が少ないため、選択肢が限られてしまいます。 使っても、年に数回くらいという場合にはスチール製からスタートすると良いでしょう。 ただし、バーベキュー後に水洗いをしたら、サビの発生をなるべく防止するためにもしっかりと水気をふき取ってから収納するようにしてください。 定期的にバーベキューをする予定がある、最低でも、年に4~5回はやるという場合にはステンレス製を購入すると、値段に見合う使い方ができます。 基本的にはスチール製(鉄製)の方が価格帯に手頃感があり、ステンレス製の方がそれよりも高めの値段設定がされているのが一般的です。 グリル• グリルは「網焼き料理」と「網焼き調理に用いる器具」のことを言います。 肉や魚のグリルが一般的です。 家庭のキッチンで考えると「ガスコンロ」とガスコンロに付いている「魚焼きグリル」という違いがわかりやすいと思います。 バーベキューなどのアウトドア料理を考えると、持ち運びができ、火を起こして食材を焼くことが基本ですので、バーベキューコンロと言えます。 網焼きに限った場合をバーベキューグリルと呼ぶかというと、実際にはほぼ同じものとして「バーベキューコンロ」「バーベキューグリル」と呼ばれているようです。 アウトドア料理で使う調理器具でコンロやグリルと違うものとしては、燻製を作るためのスモーカー(燻製器)などがありますね。 いかがでしたか?以下の関連記事もぜひご参考ください。 関連記事.

次の

【2020年版】バーベキューコンロ・グリルのおすすめ18選。人気モデルをご紹介

キャンプ バーベキュー コンロ

キャンプの食事と言ったら、バーベキュー。 だって、簡単だし美味しいから、もう定番だよね。 毎回毎回バーベキューって訳にはいかないんですよね。 聞こえてくるんです、子供たちの助けを求める声が。。。 「バーベキューもう、飽きたよ!」 「お肉で胃がもたれた。。。 」 「また~?他のものが食べたい~」 なるべく子供達の注文には答えてあげたい。。。 『ごめんよ子供たち。。。 パパはそれでもお肉が食べたいんだ。。。 』 もう、お肉に憑りつかれたかのように、頭の中はハラミとカルビでいっぱいです。 そんな時、コンパクトな卓上コンロがあれば、ちょっとだけお肉を焼くのにとっても便利! コンパクトだから、持ち運びも場所を取らないし、何より炭の量も少なくて済むんです。 肩身が狭いパパや、カップル、もちろんソロキャンパーにもおすすめ! 目次• 卓上BBQコンロ ユニフレーム ユニセラTG-III 出典: ユニフレーム UNIFLAME の『ユニセラTG-III』は、ステンレスとセラッミクを使用したシンプルなデザインの国産の卓上バーベキューグリルです。 コンパクトに見えますが、焼き網は焼肉チェーン店とほぼ同じ大きさみたいです。 その大きさなら、ファミリーでも使うことが出来ますね。 形がV字構造なので炭の量も少なくて済みますし、効率よく遠赤外線も発生するので熱効率もとても良いようです。 出典: V字構造なので炭の着火も大変そうかなと思ってしまいますが、ロストルに着火剤を入れて差し込むだけで簡単に着火できます。 本体は2分割出来るので、とても洗いやすて良いです。 ただ、専用ケースが別売りなのが気になります。 しかし、専用ケース自体の値段は高いものではないので許せちゃうかな。 1kg ドッペルギャンガー オヒトリサマBBQグリル バーベキューコンロ 出典: ドッペルギャンガーの『オヒトリサマBBQグリル』は、見た目がなんともかわいいコンパクトサイズのバーベキューグリルです。 名前の通り1人で使うのがちょうど良いサイズ。 これもユニセラと同じくV字のなので、熱効率が良く、使用する炭も少なくて済むはず。 出典: これだけコンパクトなら、準備も片付けも簡単。 ベランダで1人BBQも楽しめちゃいます 笑 カラーは赤と黒の2種類。 両方とも可愛いので迷ってしまいますね。 8kg コールマン パックアウェイグリル 2 出典: またもや、コールマンのバーベキューグリルです。 だって、キャンプと言ったらコールマン! バーベキューと言ったらコールマン!。。。 ですよね? バーベキューグリルは四角いイメージありますが、コールマンの『パックアウェイグリル』は焼き面が丸い形。 だから、おしゃれな感じに見えちゃうのかも。 脚を出すだけで簡単に設置できます。 ステンレス製チャコールトレイの下にスペースがある為、テーブルでも使用可能です。 出典: 収納時は薄くコンパクト、本体の高さの3分の1の大きさになります。 しかもかわいらしい収納ケース付。 ちなみに、パックアウェイとは『物を箱などにしまい込む』という意味です。 商品名 パックアウェイグリル サイズ 使用時 約28. 5kg.

次の

バーベキューコンロおすすめ16選!バーベキュー芸人が選ぶ用途別おすすめは?

キャンプ バーベキュー コンロ

多くのキャンプ場で直火(地面で直接焚き火をすること)を禁止しているので、 焚き火台は必要不可欠のアイテムといって間違いないだろう。 この焚き火台は メッシュ素材なので、空気の流れがよく燃焼しやすい。 そのうえ、重量も軽く組み立ても楽。 扱いやすいのが最大の特徴だ。 私は炎をじっくりと楽しみたいとき、迷わずにこの焚き火台を使っている。 ひたすら炎を見つめるもよし、焚き火を楽しみながら食事するもよし。 炎の揺らぎや、薪がパチパチと燃える音に癒されてみてはいかがだろうか? 最後に火を育てる際の注意点だが、火が安定しないうちに大きな薪を入れると鎮火してしまうだろう。 空気の流れを妨げないよう、隙間を空けながら燃えやすい小枝・中薪・大薪の順に投入し、火を育てていくのが肝要だ。 新越ワークス 商品名 バーベキューコンロ ステンレス クールスパイダーステンレスグリル バーベキューコンロ バーベキューコンロ [温度計 蓋 付き] バーベキューコンロ フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット ビッグポータブル バーベキューコンロ ヘキサ ステンレス ファイアグリル キャリーバッグ付き コンパクト グリル 薪グリル ラージ バーベキューコンロ バーベキューコンロ バーベキューコンロ 収納ケース付き ファイアグリル バーベキューコンロ バーベキューコンロ ファイアグリル バーベキューコンロ 折りたたみ式 スモーキージョー 14インチ クールステージテーブルトップグリル ユニセラTG-3 ミニ 特徴 高コスパ!網焼きと鉄板焼きが楽しめる シンプルさの中に使いやすさが全て詰まったおすすめコンロ パッと一瞬で設置・収納 収納バッグに入れて片手で持ち運べる2. 7kgの軽量タイプ 手軽にバーベキューや燻製が楽しめる蓋付きタイプ 収納時はペッタンコ。 軽量ファイヤーグリル こんなの欲しかった!調味料ラック付 焚火台やダッチオーブンとしても使える3WAYタイプ 薪火調理にも使いやすいフォルム 火が簡単に動かせるから同時調理におすすめ おひとりさまアウトドアの必需品 SNSでも話題のバーベキューコンロ ビジネスバッグのようにスマートに持ち運べる軽量コンロ こだわりのオールステンレス 汎用性が高くコンパクトなソロキャンプのマストアイテム コスパ最強のファイアグリル 空気の流れを考えた斬新なデザイン アウトドアでのレシピの幅が広がるアイテム お手頃価格で使い勝手のいい卓上タイプ 超コンパクト設計の炭火台 最安値 タイプ 脚付き 脚付き 卓上 脚付き 脚付き・蓋付き 脚付き 脚付き 脚付き 脚付 卓上 脚付き 脚付き 卓上 脚付き 脚付き 脚付き 脚付き・卓上 脚付き・蓋付き 卓上 脚付き 目安人数 6~8人 - 1~2人 2~3人 4~6人 - 5〜15人 - 5人 - - 2-4人 - 2~4人 1~2人 - 2~3人 6~8人 - 1~2人 サイズ 約112. 5cm(収納時37. 5cm) 95. 6cm) 約44. 5cm(収納時約31. 5x8. 5cm 焼き面サイズ 約57. 5cm - 約22. 5cm - 材質 ステンレス・アルミニウム ステンレス他 ステンレス ステンレス 鉄・アルミ・クロームメッキ ステンレス ステンレス ステンレス鋼・鉄(クロムめっき) ステンレス・鉄 ステンレス鋼 ステンレス・鉄(クロムめっき) ステンレス 鉄他 ステンレス鋼板 ステンレス鋼 ステンレス・スチール - - スチール他 ステンレス、特殊セラミック 熱源 炭火 炭火 炭、薪、アルコールストーブ、固形燃料、キャンドル等 炭火・薪 炭火 炭 炭 炭火 炭火 炭火、薪 炭火 炭火 炭火 炭火 炭火・薪・アルコールストーブ・固形燃料・キャンドル他 炭火・薪 炭火 炭火 炭火 炭火 商品リンク•

次の