き ゅ ん です 元 ネタ。 元セクシー女優の明日花キララ、とろサーモン久保田かずのぶに苦言|ニフティニュース

ザ・ニュースペーパー

き ゅ ん です 元 ネタ

日本に回転ずしが誕生したのは、東京タワーが完成した1958年。 大阪の「廻る元禄寿司」が草分けとされる。 特許が切れるまで元禄寿司の独壇場だったが、1978年に特許切れすると、回転ずしはチェーン店から個人経営まで、全国津々浦々、爆発的に広まった。 「バブル崩壊から平成不況という苦しい時期も含めて、外食産業の中で、売り上げを伸ばしているジャンルは唯一、回転ずし業界だけ。 だから、最強の外食産業と呼ばれているんです」(外食業界紙記者) 「安くてうまい店だけが生き残る」というシンプルで苛烈な競争を経て、回転ずしは独自の文化を築いてきたという。 その1つが、徹底した「原価主義」だ。 「一般的な飲食業の原価率は15~30%です。 そんな中で、回転ずし業界は40~50%と驚異の原価率の高さを示しています。 1皿100円だとしたら、仕入値が平均50円だということ。 この数字はほかの業界ではまず不可能です」(前出・外食業界紙記者) 調達・購買業務コンサルタントの坂口孝則さんがその秘密を明かして言う。 「人件費の安さと廃棄率の低さが大きな理由です。 近頃は『ハイブリッドレーン』と呼ばれる、通常のレーン以外にタッチパネルで注文したネタを直接客に届けるシステムを採用する店舗も増えていますが、これは無駄になるすしを減らせるうえ、席まで運ぶためのホールスタッフの人員も削減できるのです」 人件費を下げる、無駄な出費を抑えるといった企業努力が実を結び、高い原価率ながら利益を出せているわけだ。

次の

【ネタの書き方のコツ】を知りたいあなたに元お笑い芸人がお答えします|ZUMIBASE

き ゅ ん です 元 ネタ

PCで書く方も多いかもしれませんね。 PCなら後々(ブログやYouTubeをやるとき)のことも考えるとMacBook Proが良いですが、高いし無理に買う必要はありません。 初心者はネタをパクって感覚をつかもう コンビでもピンでも、最初は『 ネタ』といっても何をどうしたら良いのかわかりませんよね。 なのでネタの書き方がわからない場合「 どうしようネタが書けない」と悩む前に、まずプロのネタを丸パクリしてしまいましょう! これふざけてるんじゃなくて 大事です。 第一線で活躍している芸人さんのネタという『 最高の教科書』があるのに、これを使わない手はありませんよ。 もうここで終わりにしてもいいくらいです笑。 いや、もうちょい行きましょうね。 ネタ自体は間違いなく面白いので、自分たちが完コピしたネタを 動画に撮って確認をしてみてください。 本物に勝てるわけはありませんが、より近づけば近づくほどに『 漫才やコントの感覚』がつかめてくると思います。 この 感覚を掴むのが目的です。 それと、ネタを文字に起こすと ネタの書き方や展開の仕方がなんとなくわかってくると思うので一石二鳥です!• ボケ:〇〇• ツッコミ:〇〇 って感じで書いていきましょう。 やみくもにネタを作って練習する前に、まずは プロのネタをパクリましょう。 そのほうが効率よくレベルアップできますよ。 もちろん、実際にネタをパクってはいけません笑。 感覚を掴みましょう。 ネタの書き方のコツ• 漫才(喋りだけ/例:銀シャリ・ミキなど)• 漫才コント(喋りで入ってコントを挟む/例:千鳥・和牛など)• コント(衣装や小道具を使い役に入る:ロバート・バイきんぐなど)• ピンネタ(バカリズム・ゆりやんレトリィバァなど) のどれでいくのかを考えましょう。 決まっているならOKです。 ネタの流れはオリジナリティな部分(ギャグとか強烈なキャラ)がすでにあれば、それを突き詰めていくのが1番だと思います。 受け入れられないリスクもありますが、やり続けることが大切だし、 ハマれば一気に売れる可能性もありますよ。 なので型にはまる必要もないと思います。 正直、面白ければいいので。 漫才もコントも基本の型としては• 小ボケ• 中ボケ• 大ボケ• オチ のように、最初にお客さんの心をつかんだあと、徐々に盛り上げていって最高潮のところでオチにする感じになります。 プロの芸人さんのネタを文字に正確に書き起こしてみればよくわかると思いますよ。 笑いは『緊張と緩和』がめちゃくちゃ大切 ネタを書くときに必ず意識して欲しいのが『 緊張と緩和』です。 緊張と緩和の漫才の例 【ボケ】:おれ最近彼女とうまくいってなくてさぁ…はぁ・・・( 緊張) 【ツッコミ】:だから最近お前元気なかったのか・・・( 緊張) 【ボケ】:いや、元気ないのは仮想通貨で損したからだよ!ちくしょーっ!( 緩和) 【ツッコミ】:心配して損したわ!( 見ている人の代弁と共感) みたいな感じです。 適当なので面白いかは別として笑。 なんとなくわかってもらえましたかね。 最後のツッコミでお客さんの『 代弁と共感』を言う感じです。 テクニックは必要ですが、緊張が長ければ長いほど緩和したときに面白いです。 『 代弁と共感』とは、先ほどのツッコミでいうと「 心配して損したわ!」のツッコミに対して「 そうそう」というのが『 お客さんの気持ち』ですよね。 お客さんに「 そうそう」と共感してもらい、「 心配して損したわ!」とお客さんの代わりにツッコミを入れる感じです。 いろんな芸人さんのネタを見ると『 緊張と緩和・代弁と共感』が必ず使われているのがわかると思います。 コント設定の考え方 設定は 日常にありえそうなことに 非日常を入れることが基本ですが、これも決まりはありません。 型はあるけど無いんです。 面白ければいいんです。 例えばベタなところでいうと、コントならコンビニ店員と客とかでもいいです。 次に、店員と客のどちらがボケでどちらがツッコミなのかですね、それによっても違ってきます。 店員がボケだとしたら、次は店員の人物像を作っていきます。 名前は?• 男か女か?• 口癖は?• 職業は?• 年齢は?• 性格は? など、役の設定をできるだけ細かく考えましょう。 この場合、客(ツッコミ)はまともなほうがいいです。 そのほうが メリハリがついてお客さんも見やすいです。 Wボケもありですが笑。 次に、例えば『 レジでのお会計時のやり取り』で展開していくのか『 立ち読みをしている客に店員が注意』する所で展開していくのかなど、コンビニという設定の中のシチュエーションを考えます。 あとは、店員と客の面白いやり取りを書いていけばいい感じです笑。 コントも『 緊張と緩和』です。 例えば『 客が店員にクレームしている最中に店員がオナラしちゃう』なんてのも『 緊張と緩和』です。 ボケがめちゃくちゃする中で、ツッコミはそのボケにちゃんとツッコミましょう。 ツッコミの役割は、 見ているお客さんの代弁者です。 僕はTVを見ながらツッコミを入れていたんですが、まさにそれですね。 ツッコミを入れる( ボケを正す)ことによって、お客さんは「そうそう!笑」と 共感し、笑いを取ることができます。 ここ大事です。 ネタの時間と練習方法 プロのネタを実際にパクっていれば感覚はつかめているでしょうから、ここからはとにかくネタを書きまくって何回も練習してブラッシュアップしていきましょう。 一般的なネタ時間は3~4分なので、その中で作りましょう。 1日1ネタは最低でも作りましょう。 僕は中学生の頃、楽しくて1日に3〜4個は作っていました(そのネタが面白いとは言っていない笑)。 ネタ見せ(オーディション)の場合は1〜2分のネタを作らないといけない時もありますが最初は難しいと思うので気にしなくてOKです。 というのもネタを書いていると最初のころは長くなりがちなんですよね。 あのボケも入れたい、このツッコミも入れたいと書いて行くうちにダラダラと長くなります。 必要ない部分は思い切って削る勇気も必要ですね。 練習場所は、大声を出しても迷惑にならない場所でやりましょうね。 カラオケBOXとかでもいいと思います。 僕たちは公園で毎日やってました。 公園にいる人たちにネタを見てもらったりすることで度胸もつきましたね。 「 僕たちお笑い芸人目指してるんですけど、ネタ見てもらってもいいですか?」って言うと結構見てもらえます。 自分たちのネタを動画で撮って客観的に見る目を持つのも大切です。 ネタ見せ(オーディション)に行くのが一番ですが、最初のうちは多分なかなか行く気になれないと思うので、ある程度度胸がついたら挑戦してみましょう。 まとめ お笑い芸人を目指すあなたに今回僕が伝えかったことは、 ネタの書き方のコツです。 天丼(同じことを繰り返すボケ)とかテクニックもありますが、書き方の中身はぶっちゃけ自由です。 それと、つねに『 面白いことないかな』とお笑いレーダーはオンにしておきましょうね。 そうすることで日常の 面白いことに気づけるはずですし『 ネタのネタ探し』になります。

次の

学級通信を毎年100号出した元教員の僕がネタを紹介【学級だより】|もちおスクール

き ゅ ん です 元 ネタ

PCで書く方も多いかもしれませんね。 PCなら後々(ブログやYouTubeをやるとき)のことも考えるとMacBook Proが良いですが、高いし無理に買う必要はありません。 初心者はネタをパクって感覚をつかもう コンビでもピンでも、最初は『 ネタ』といっても何をどうしたら良いのかわかりませんよね。 なのでネタの書き方がわからない場合「 どうしようネタが書けない」と悩む前に、まずプロのネタを丸パクリしてしまいましょう! これふざけてるんじゃなくて 大事です。 第一線で活躍している芸人さんのネタという『 最高の教科書』があるのに、これを使わない手はありませんよ。 もうここで終わりにしてもいいくらいです笑。 いや、もうちょい行きましょうね。 ネタ自体は間違いなく面白いので、自分たちが完コピしたネタを 動画に撮って確認をしてみてください。 本物に勝てるわけはありませんが、より近づけば近づくほどに『 漫才やコントの感覚』がつかめてくると思います。 この 感覚を掴むのが目的です。 それと、ネタを文字に起こすと ネタの書き方や展開の仕方がなんとなくわかってくると思うので一石二鳥です!• ボケ:〇〇• ツッコミ:〇〇 って感じで書いていきましょう。 やみくもにネタを作って練習する前に、まずは プロのネタをパクリましょう。 そのほうが効率よくレベルアップできますよ。 もちろん、実際にネタをパクってはいけません笑。 感覚を掴みましょう。 ネタの書き方のコツ• 漫才(喋りだけ/例:銀シャリ・ミキなど)• 漫才コント(喋りで入ってコントを挟む/例:千鳥・和牛など)• コント(衣装や小道具を使い役に入る:ロバート・バイきんぐなど)• ピンネタ(バカリズム・ゆりやんレトリィバァなど) のどれでいくのかを考えましょう。 決まっているならOKです。 ネタの流れはオリジナリティな部分(ギャグとか強烈なキャラ)がすでにあれば、それを突き詰めていくのが1番だと思います。 受け入れられないリスクもありますが、やり続けることが大切だし、 ハマれば一気に売れる可能性もありますよ。 なので型にはまる必要もないと思います。 正直、面白ければいいので。 漫才もコントも基本の型としては• 小ボケ• 中ボケ• 大ボケ• オチ のように、最初にお客さんの心をつかんだあと、徐々に盛り上げていって最高潮のところでオチにする感じになります。 プロの芸人さんのネタを文字に正確に書き起こしてみればよくわかると思いますよ。 笑いは『緊張と緩和』がめちゃくちゃ大切 ネタを書くときに必ず意識して欲しいのが『 緊張と緩和』です。 緊張と緩和の漫才の例 【ボケ】:おれ最近彼女とうまくいってなくてさぁ…はぁ・・・( 緊張) 【ツッコミ】:だから最近お前元気なかったのか・・・( 緊張) 【ボケ】:いや、元気ないのは仮想通貨で損したからだよ!ちくしょーっ!( 緩和) 【ツッコミ】:心配して損したわ!( 見ている人の代弁と共感) みたいな感じです。 適当なので面白いかは別として笑。 なんとなくわかってもらえましたかね。 最後のツッコミでお客さんの『 代弁と共感』を言う感じです。 テクニックは必要ですが、緊張が長ければ長いほど緩和したときに面白いです。 『 代弁と共感』とは、先ほどのツッコミでいうと「 心配して損したわ!」のツッコミに対して「 そうそう」というのが『 お客さんの気持ち』ですよね。 お客さんに「 そうそう」と共感してもらい、「 心配して損したわ!」とお客さんの代わりにツッコミを入れる感じです。 いろんな芸人さんのネタを見ると『 緊張と緩和・代弁と共感』が必ず使われているのがわかると思います。 コント設定の考え方 設定は 日常にありえそうなことに 非日常を入れることが基本ですが、これも決まりはありません。 型はあるけど無いんです。 面白ければいいんです。 例えばベタなところでいうと、コントならコンビニ店員と客とかでもいいです。 次に、店員と客のどちらがボケでどちらがツッコミなのかですね、それによっても違ってきます。 店員がボケだとしたら、次は店員の人物像を作っていきます。 名前は?• 男か女か?• 口癖は?• 職業は?• 年齢は?• 性格は? など、役の設定をできるだけ細かく考えましょう。 この場合、客(ツッコミ)はまともなほうがいいです。 そのほうが メリハリがついてお客さんも見やすいです。 Wボケもありですが笑。 次に、例えば『 レジでのお会計時のやり取り』で展開していくのか『 立ち読みをしている客に店員が注意』する所で展開していくのかなど、コンビニという設定の中のシチュエーションを考えます。 あとは、店員と客の面白いやり取りを書いていけばいい感じです笑。 コントも『 緊張と緩和』です。 例えば『 客が店員にクレームしている最中に店員がオナラしちゃう』なんてのも『 緊張と緩和』です。 ボケがめちゃくちゃする中で、ツッコミはそのボケにちゃんとツッコミましょう。 ツッコミの役割は、 見ているお客さんの代弁者です。 僕はTVを見ながらツッコミを入れていたんですが、まさにそれですね。 ツッコミを入れる( ボケを正す)ことによって、お客さんは「そうそう!笑」と 共感し、笑いを取ることができます。 ここ大事です。 ネタの時間と練習方法 プロのネタを実際にパクっていれば感覚はつかめているでしょうから、ここからはとにかくネタを書きまくって何回も練習してブラッシュアップしていきましょう。 一般的なネタ時間は3~4分なので、その中で作りましょう。 1日1ネタは最低でも作りましょう。 僕は中学生の頃、楽しくて1日に3〜4個は作っていました(そのネタが面白いとは言っていない笑)。 ネタ見せ(オーディション)の場合は1〜2分のネタを作らないといけない時もありますが最初は難しいと思うので気にしなくてOKです。 というのもネタを書いていると最初のころは長くなりがちなんですよね。 あのボケも入れたい、このツッコミも入れたいと書いて行くうちにダラダラと長くなります。 必要ない部分は思い切って削る勇気も必要ですね。 練習場所は、大声を出しても迷惑にならない場所でやりましょうね。 カラオケBOXとかでもいいと思います。 僕たちは公園で毎日やってました。 公園にいる人たちにネタを見てもらったりすることで度胸もつきましたね。 「 僕たちお笑い芸人目指してるんですけど、ネタ見てもらってもいいですか?」って言うと結構見てもらえます。 自分たちのネタを動画で撮って客観的に見る目を持つのも大切です。 ネタ見せ(オーディション)に行くのが一番ですが、最初のうちは多分なかなか行く気になれないと思うので、ある程度度胸がついたら挑戦してみましょう。 まとめ お笑い芸人を目指すあなたに今回僕が伝えかったことは、 ネタの書き方のコツです。 天丼(同じことを繰り返すボケ)とかテクニックもありますが、書き方の中身はぶっちゃけ自由です。 それと、つねに『 面白いことないかな』とお笑いレーダーはオンにしておきましょうね。 そうすることで日常の 面白いことに気づけるはずですし『 ネタのネタ探し』になります。

次の