島木 譲二 ギャグ。 島木譲二さん死去。往年のギャグ、流血事件など思い出

島木譲二のギャグ動画は?パチパチパンチやポコポコヘッドが見たい!

島木 譲二 ギャグ

「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られる吉本新喜劇の役者、島木譲二(本名=濱伸二、はましんじ)さんが16日午前9時6分、脳溢血のため入院先の大阪市内の病院で亡くなった。 72歳だった。 同日、所属事務所が発表した。 島木さんは兵庫県出身。 元プロボクサーで、現役時代には「西日本ミドル級新人王」を獲得したこともある。 1980年にNSCに入社。 島木さんは体調不良のため2011年1月から、大阪市内の病院に通院し治療を受けており、同年2月には早期の回復を目指すため、休養し、自宅で療養に専念することを発表。 その後は入退院を繰り返し、2010年12月26日のNGKでの吉本新喜劇出演が最後の舞台となった。 所属事務所によると「本日、体調が悪化し、最期は病院で奥さまに看取られました」とコメントしている。 通夜は17日午後7時から、葬儀告別式は18日正午から、いずれも新大阪典礼会館(大阪市淀川区野中北1-1-77)で執り行われる。 喪主は妻の昭子さん。 島木譲二さん.

次の

島木譲二の死因の病気は?嫁や子供など家族について!

島木 譲二 ギャグ

島木譲二 プロフィール 氏名:島木譲二 生年月日:1944年9月13日 出身地:兵庫県尼崎市 所属事務所:吉本興業(よしもとクリエイティブエージェンシー) デビュー:1980年 同期:とんねるず など 持ちネタ:パチパチパンチ、ポコポコヘッド、カンカンヘッド、クルクルマシーン など 島木譲二 どんな芸人? 子どもの頃から野球少年で、高校は地元の強豪校である興國商業高等学校(現:興國高等学校)に進学するも、肩を壊して断念、ボクシングを始めます。 ライセンスを取得して大阪新和所属のミドル級プロボクサーとしてデビュー、西日本新人王を獲得するなど活躍するも、目のケガでボクシングをあきらめ、ボクシングでの裏方の仕事や警備員をして生計を立てます。 しかし、その警備員の際に高所から転落して大けが、そのときのリハビリの先生の紹介で、時代劇の切られ役の仕事を貰い、その縁から吉本興業の地方巡業に呼ばれるなどをしました。 1980年には吉本新喜劇で芸人デビュー。 36歳からの芸人デビューと遅咲きながら、パチパチパンチをはじめとする身体を張ったギャグが大うけになり、新喜劇の看板役者になります。 ブレイクのきっかけ やはりブレイクのきっかけは、吉本新喜劇。 強面な顔面でおちゃめなギャグを放つギャップが大うけとなり、チャーリー浜さん、間寛平さん、池乃めだかさんらと並び吉本新喜劇の看板役者となります。 その後90年代には、吉本新喜劇が大阪のみならず東京でも人気を博し、全国区の人気者となっていきます。 パチパチパンチ ギャグの評価は? 良い評価 パチパチパンチに、ぽこぽこヘッドや!!!ありがとー! パチってなぁ~~に??あっ!大阪名物!パチパチパンチね!把握!!! 悪い評価 大阪名物パチパチパンチって一体何だったんだろうな……考えてみればさっぱり意味がわからなかったが、何も語らずに島木譲二さんは逝ってしまった。 最近の子は大阪名物パチパチパンチも知らんのやろうな… 島木譲二さんは本当は良い人? 島木譲二さんのイメージは、その強面フェイスから怖い人だと思いがちなのですが、本当に良い人だったという逸話も残っています。 たむけんことたむらけんじさんが行っていたのですが、その昔沖縄のロケで、島木譲二さんのお決まりギャグのひとつ「カンカンヘッド」をやるときにトラブルが起きました。 本来、カンカンヘッドは、金属製の一斗缶の上下を持ってひたすら頭に打ち付けるギャグで、持ちやすいように底の部分を切って穴を開けるのですが、ロケのスタッフはそれを知らず、島木さんの手は終わった後大流血をしてしまいました。 それでも、「言うてましたがな」と穏やかに不満を言うだけで笑っていたという、真のプロ魂を感じる一場面でした。 」っと脅して相手の顔の前で人差し指を立てて回して目を回させようとするが逆に自分の目が回ってしまい倒れるギャグ おわりに 今回は、島木譲二さんの「パチパチパンチ」をお送りしました。 島木譲二さんらの吉本新喜劇のギャグは、落語のように何度聞いても同じように面白いですよね!大阪から世界に広まっていって欲しいギャグです。

次の

島木譲二(しまきじょうじ)さんが死去!!年齢•結婚•家族•死因が気になる!?

島木 譲二 ギャグ

Sponsored Link どうも、こんばんは。 夜、突然の訃報が流れてきました。 吉本新喜劇で活躍した役者さんの島木譲二さんが 2016年12月16日午前9時6分にお亡くなりになりました。 島木さんといえば、「大阪名物パチパチパンチ」というギャグを思い出しますね。 アルミの灰皿で頭をパチパチ叩いくやつです! 知らない人はいないんじゃないでしょうか? 小さい子供からお年寄りまで、みんなに愛されていたギャグです! 今回は哀悼の意を込めて島木譲二さんについて調べてみたいと思います。 島木譲二さんのプロフィール 本名 : 濱伸二(はま しんじ) 生年月日 : 1944年9月13日 1946年9月13日 没年月日 : 2016年12月16日(没72歳) 出身地 : 兵庫県尼崎市 血液型 : AB型 身長・体重 : 173cm・98kg 事務所 : よしもとクリエイティブ・エージェンシー 特技 : 殺陣 島木さん、体が大きかったですが、 見た目通り、体重がありますね。 この辺りが今回の訃報の原因になっているのかもしれないですね。 島木譲二さんの経歴 島木さんは9人兄弟の6番目だそうです。 島木さんの学歴は 私立興國(こうこく)商業高等学校(現:興國高等学校)卒業しています。 この高校は、大阪の天王寺区にある高校で、スポーツがとっても盛んです。 プロボクサーの 井岡一翔(いおか かずと)選手をはじめ、多くのプロボクサーやプロ野球選手、サッカー選手を輩出しています。 また、芸能界に進んでいる卒業生も多く、 「ジャニーズWEST」の 桐山照史さん、 藤井流星さん、演歌歌手の 中村美津子さん、 「ザ・ぼんち」の 里見まさとさん、 ぼんちおさむさんなども通っていた高校です。 で、島木譲二さんは 高校時代は野球部で活躍していたんです。 が、高校2年の時に 肩を壊して、野球を断念。 そして、高校卒業後の10代後半からからボクシングを始めました。 元大阪新和所属プロボクサーだったんですね! その実力は、「 西日本ミドル級新人王」を獲得するほどだったそうです! が、また、怪我でボクサー生命も絶たれます。 20歳半ばで 右目の負傷をおってしまうんです。 でも、ボクシングが大好きだったんです! なんと 世界タイトルマッチのタイムキーパーの経験があるんです! しかもその時のボクサーは「 ガッツ石松」さんや「 具志堅用高」さんだったんですよ! で、とうとう、 1992年にはボクシングのレフェリーの資格を取得してるんです! そして、 MBS(毎日放送)千里丘放送センターで警備員として働き始めます。 なんでも、敷地内に入ってきた暴走族を一人で撃退したこともあるんだそうですよ。 さすが、元ボクサーだけありますね!!! が、また、また怪我をします。 この怪我が、また島木譲二さんの人生に大きく影響するんです。 今回は骨折。 そのリハビリのために「殺陣(たて)」を始めるんですね。 その縁で、演技をするようになり、 その頃に間寛平さんと知り合い、寛平さんに気に入られたんです。 そして、1980年(36歳) 寛平さんの紹介で吉本新喜劇に入ることになったんですね! また、 映画やドラマにも出演していて、 ハリウッド映画の『ブラック・レイン』で マイケル・ダグラスや 高倉健さんや 松田優作さんと共演しています。 なんと、豪華な! こんな映画に出れるなんて、すごいですよね〜 また、2008年頃には、焼肉店を経営していたこともあるんだとか! 今は、閉店しているそうです。 プロボクサーだったのは知っていましたが、 中々の腕前だったようですね! 島木譲二さんの死因の病気は? 島木さんの今回の死因は「 脳溢血(のういっけつ)」ということです! 「脳溢血(のういっけつ)」というのは「脳出血」とも言われていて、 頭蓋骨内で脳の血管が破裂して出血するという症状です。 脳溢血(のういっけつ)は、何の前触れもなく突然に起こることが多いんだそうです。 主な原因は高血圧だそうです。 なるほど、島木譲二さん、血圧高そうですよね! それ以外の原因は ・塩分や脂肪が多い食生活 ・お酒の飲み過ぎ ・コレステロールが低すぎる ・血液をサラサラにする薬(ワルファリン) 島木譲二さんといえば、 2011年1月から体調不良のために治療を続けていて 2月5日からは、早期回復のために、自宅療養に専念することを発表し、休業宣言していました。 島木譲二さん本人のコメントは 「心配かけてごめりんこ。 また元気になって舞台頑張りますのでよろしくお願いします。 」 ということで、復帰に対しても意欲的でしたが、 その後、入退院を繰り返し、 残念ながら、復帰することは出来なかったんです。 その休業の原因になった 病名は「糖尿病」を患い「肝臓」もかなり悪かったようです。 最後の新喜劇の舞台の時は、「パチパチパンチ」も「ぽこぽこヘッド」もせずに、 舞台裏では横になっていて、 かなりしんどそうだったみたいですね。 きっと、随分と無理をしていたんだと思います。 島木譲二さんは、街で素人さんに「パチパチパンチ」をせがまれたら、どんな時でもやってくれるほどの優しい人で プロ意識のある人だったようなのに、 その人が、自分の1番の見せ所のギャグをすることができないなんて、 きっと肉体的にも精神的にも弱っていたんですね。 Sponsored Link 島木譲二さんの結婚している嫁や子供は? 島木さんの奥さんは濱昭子(はま あきこ)さんとおっしゃいます。 一般人の方のようなので、詳しいことはわからなかったです。 島木さん、お亡くなりになった時は、病院で奥様に看取られたそうですが、 島木さんが既に70歳を超えてますから、奥様もそこそこの年齢だと思われます。 奥さんの喪主としてのご挨拶は 最後まで、こうしてたくさんお見送りいただいたことを譲二さんも心から感謝していると思います。 (譲二さんの)「ありがとう。 ありがとうと言っといてね」という声が聞こえてくるような気がします。 本当に、ありがとうございました。 ということでした。 お二人の愛情の深さが伝わってくるような気がしますよね。 また、子供さんですが、全く情報がないことから 子供さんはいなかったのではないかと言われています。 奥さんは、体調の悪い島木譲二さんを献身的に支えていたということですから 今回はかなり憔悴しているのではないかと推測します。 子供さんのいないご夫婦の絆は強いと言われてますから、 奥さんの体調も心配ですね。 島木譲二さんについて調べてみました。 私は吉本新喜劇の大ファンです。 もちろん、島木譲二さんも大好きでした。 「大阪名物パチパチパンチ」以外にも「しまったしまった島倉千代子」なんていうギャグもありましたよね! 「まいったまいったマイケル・ジャクソン」とか、 「困った困ったこまどり姉妹」 「待った待った松田聖子」てのもあったな笑 そして、内場さんに「クマ」と間違えられたり、 池乃めだかさんとのやりとりも面白かったです。 もう、島木さんのパチパチパンチが見れないなんて、本当に残念です。 いっぱい笑わせてもらいました。 老若男女に愛された島木譲二さん、ご冥福をお祈りいたします。

次の