ドラパルト 対戦。 【ポケモン剣盾】ドラパルト・ミミッキュが強すぎる!!簡単な最強パーティの作り方【対戦考察】

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ソードシールド】

ドラパルト 対戦

きあいのタスキでダイマックス対策 もちものは行動保障のきあいのタスキと相性がよく、 不意のダイマックスに対して強いのが魅力です。 相手のダイマックスポケモンを1確できなかった場合でも、タスキから2確にできればこちらがダイマックスを切らずに対処することができます。 ダイマックスの殴り合いに強くなる「クリアボディ」 現環境で汎用性を取るなら、ダイマックス技の殴り合いになった時に有利がとれる「クリアボディ」がおすすめです。 ただし、パーティ構築上で壁構築や、みがわりが重いのであれば、「すりぬけ」を優先しましょう。 単体でギャラナット対策ができたり、C振りを調整すれば 見れるポケモンが更に増えるのが魅力です。 AにもCにも下降補正を入れないで最速にするためです。 環境にあわせて対策が可能 環境に増えているナットレイ対策に有用な型で、ダイマックス後のダイバーンでH振りナットレイを確1できます。 また、今後増えるであろうコオリッポ対策としても有効です。 パーティでギャラが重ければ Cに228以上振ってHD無振りのギャラドスを10万ボルトで確1にできます。 基本構成は両刀型とあまり変わりません。 ダイマックスとのシナジーが抜群 ダイマックスでHPが2倍になるのを利用し、 ダイマックスで効果抜群を受けつつ、火力を底上げする構成です。 技構成 H220... 16n-1 B180... A特化珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え S28... 最速サザンドラ抜き C82... 最速100族抜き リザードンなど ドラパルトの強みである、 スカーフ以外のサザンドラの上を取れる素早さは最低限確保し、残りを耐久と火力に振った調整になります。 物理アタッカーに負担をかけるドラパルト アタッカーと思わせて、おにびで敵の物理アタッカーとの打ち合いを強化したドラパルトです。 Sを削って防御に振っている分、最速では抜けていたスカーフポケモンを抜けなくなる点には注意が必要です。 スカーフウオノラゴン、マンムーなど 足が速いおにび持ちというだけで、役割遂行能力が高く、ドラパルドを止めに来たパルシェンや、オーロンゲといった物理アタッカーの機能停止を狙うのが主な役割になります。 特性は一長一短 火傷ミミッキュのダイホロウを、 オボン込みで確定2耐えする調整のため、クリアボディにしていますが、攻撃が特殊型のため「いかく」耐性を持つ必要がなく、相手のみがわりに対して強く出れる「すりぬけ」、起点を作れる「のろわれボディ」も身代わりを持たせる場合にうまく機能することがあるので、どれも一長一短です。 特に素早さが 142と圧倒的に高いのが大きな特徴です。 環境にいるどのポケモンよりも元の素早さが高いため、 スカーフを持ちか、積み技、特性などでSが上がっていない限り抜かれず、確実に仕事をすることができます。 3つの特性がどれも優秀 いかく対策や、ダイマックスの打ち合いに強くなる「クリアボディ」や、アタッカーを阻害する みがわり、壁を貫通できる「すりぬけ」、こだわり系のロック、ドラパルトに関しては スカーフキラーにもなる「のろわれボディ」と、3つある特性のどれもが優秀です。 覚える技の範囲がとにかく広い 覚える技の範囲が非常に広いのも強力な部分です。 全18タイプの内、ドラパルトが打点にできるのは 10。 さらに、 A120、 C100の両刀もできる種族値を持つため、 物理、特殊技問わず火力を出すことが可能です。 今作は ダイマックスで威力を上げたり、攻撃に2ターンかかる技を即時攻撃にすることもできるため、あらゆる場面で有利タイプで上から殴れるのが大きな強みです。 主な覚える技 ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、とんぼがえり、はがねのつばさ、だいもんじ、ハイドロポンプ、10まんボルト りゅうのまい、おにび、ひかりのかべ、などなど... 上記理由から型が読まれにくい ドラパルトの一番の強みといってもいいのは、その豊富な技範囲、特性から 異常に型が多い事です。 高いAを生かした 物理アタッカー型から、 大文字、10万などの打点を増やした 両刀アタッカー型、 ゴースト、ドラゴンのダイマックス技と弱点保険の能力上昇を生かした 弱点保険型、物理アタッカー抑止にもなる 鬼火祟り目型、起点作りの壁貼り型などなど.... ポケモン対戦では、 型が多い=読まれ辛い ため、それだけで大きな強みとなります。 ダイマックスをされなければ耐久は低いので、弱点技などで突破しましょう。 ただし、ダイマックス弱点保険型の可能性を考慮して立ち回る必要があります。

次の

ドラパルト

ドラパルト 対戦

頭部がさらに発達し、とを合わせたような形状になった。 名前からしてもモチーフになっていると思われる。 形状と「ステルスポケモン」という分類から考えると、元になった機体はだろうか。 アメリカのステルス爆撃機であり、愛称は「スピリット」すなわち 魂。 かつて生息していたポケモンの 霊魂であるという設定とも関連性を感じさせる。 進化したことで手足ははっきりと指が生え、より爬虫類然とした姿になった。 ただし進化前からゴーストポケモンのためか、翼が無くとも宙に浮いている他、尻尾の先は半透明のままである(あるいは頭そのものが翼と見るべきであろうが)。 三角のミサイルポッド状になった二対の角は中が空洞になっており、野生の個体はこの空洞にを入れて生活する(ゲームモデルでは内側の大きい方に1体ずつ入っている)。 戦闘ではこのドラメシヤをミサイルのようにマッハのスピードで飛ばす「 」を得意技とし、中の子たちにとってはいい迷惑かと思いきや、 逆に撃ち出されるのを心待ちにしているとか。 ちなみに高さは 3. 0mもあり、600族では最大の大きさを誇る ただし尻尾を含めた全長だと思われるので、ゲームモデルではそこまで大きく感じない。 伝説のポケモンである 2. 9m よりもデカい。 しかし亡霊ポケモンだからか、この大きさで重さはわずか 50kgと600族最軽量。 進化レベルは 60。 これはの64に次いで2番目に遅い。 但し野生のドラメシヤ、ドロンチが50レベル代で出現し、今作はレベル上げがしやすい関係上進化はさせやすい部類ではある。 色違いは赤い部分が黄色くなる。 種族値の配分は・に似る。 140を超えるすばやさを持ち、 102 、 120 を抜いて文句無しの600族最速。 現環境でも、に次ぐ高速ポケモンである。 反面、耐久は物理・特殊共に低い。 攻撃種族値も高いがゴースト技は「」を覚えず、「」が推奨されるレベルのため状態以外での運用は癖が強い。 その他として交代技の 「」や壁破壊の 「」、持ち物に関わる技である 「」や 「」などを覚えるが、「」、「」、「」と言ったドラゴンタイプの物理アタッカーの覚える有用なサブウエポンを覚えないため、物理技が足りない。 一方特殊技ではタイプ一致技の「 」や「 」、「 」や「 」、更にサブウェポンでは、・・の三タイプの三大高威力技「 」「 」「 」、三大安定技「 」「 」「 」などレパートリーがそこそこ多い。 また、ゴーストタイプらしく「 」、「 」、「 」、「 」やタマゴ技経由で「 」、「 」、「 」など、変化技も色々と覚える。 ダイマックスを考えると、体力を倍にして耐久を補える上に、相手の攻撃を下げる事で耐久をさらに補えるダイドラグーンをタイプ一致で撃て、ゴーストダイブもダイホロウにすることで一気に扱いやすくなる。 反対にダイマックスを相手にするときはゴーストダイブでターン数を稼げるため、ダイマックスの仕様との相性は良い。 こういった点から、高い素早さ種族値から多種多様な技が繰り出されるために対応が難しいのがドラパルトの主な強みとなる。 やはり欠点としては高威力(具体的には威力80以上)な技が、特殊技は充実しているのに対し物理技が少ないために、高い攻撃を活かしにくいこと。 「」(威力60)は覚えるが「」や「(」共に威力80)は覚えず、はがね技は「」(威力70)は覚えるが「」(威力80)は覚えない。 また、高攻撃低耐久のゴーストタイプ故に 「」は天敵中の天敵であり、先制技故に高い素早さを生かせない上にで弱点を突かれる「」もまた危険。 加えて、 の技を一切覚えられないためを相手にするのは厳しい。 対バンギラス程の詰みまではいかずともバンギラス側もそれは重々承知なので意識したいところである。 こうした理由で やなどゴーストが通らない耐久寄りのも非常に苦手。 仮にバツグンをとれても、攻撃を下げて回復する超強力な技と驚異の耐久性を併せ持つ耐久ポケモンには完封される。 型さえ分かれば対処は容易なため、600族らしいポテンシャルの高さを持ちながらもそこまで理不尽さは無いと言っていい。 現時点ではに抜かれたものの、まだまだ現役である。 ただ、最大の問題点はエースバーンよりも今後DLCで が揃って登場してしまう事だろう。 更に素早さでも までもが復活したことに加え、現状オンライン対戦では使用できないものの が一般配布されてしまったので猶更安定しなくなっている。 今後の対戦環境では、「とりあえずドラパルトを出しておけば安心」とはいかなくなることは明白である。 もし今後も引き続きドラパルトを運用したい場合には、より一層の工夫や戦術の組み立てが求められることになるだろう。 平等な条件で戦う普段の対戦とは異なり、マックスレイドバトルでは元よりHPが底上げされていることに加え、ダイマックス状態の永続、不思議なバリア、ダイマックス技と通常技の使い分け、の無効化といった独自の仕様が存在するため、かなりの強敵としてプレイヤーに立ちはだかることになった。 戦術もかなり厄介なものとなっており、• 素早さが高いために 先手を取られやすく、さらに 戦闘中にも「りゅうのまい」で積極的にステータスを上げてくるので、放っておくと手が付けられなくなる。 場合によっては 1ターンで2回も積んでくることも。 特性が「 クリアボディ」の個体の場合、 バリアを割った際の防御・特防の2段階低下がなくなるため、普段以上に討伐に手こずることになる。 「ダイドラグーン」でこちらの攻撃力を下げてくるため、手をこまねいているとジリ貧になりやすい。 加えて、特性が「 のろわれボディ」の個体であった場合、接触・非接触を問わず確率でこちらの攻撃技を封じてくるので厄介。 強力な全体攻撃技こそ持っていないものの、行動回数が 3回と多い。 加えて、実質1ターンに2回攻撃可能な技である「ドラゴンアロー」を使用してくる場合もあるため、運が悪いとそれ以上の攻撃回数になる場合もある。 開幕早々バリアを展開してくるため、妨害技であらかじめ積み技を使えなくしたり、特性を書き換えたりすることが不可能。 これらの手段を使うには、 最低1回はバリアを割る必要がある。 …といった具合である。 対策としては、ピックアップ個体は 物理技一辺倒なので、「リフレクター」で相手から受ける物理ダメージを軽減できれば多少は戦いやすくなる(ただし、 特性が「すりぬけ」であった場合は意味がないので注意)。 また、積み技対策として相手の能力変化を元に戻せる「」を覚えた個体を用意するのも良い。 手強いことに間違いはないが、さすがにや色違いのようなぶっ飛んだ強さという訳ではない上、対策さえしっかり立てれば少人数でのクリアも十分可能である。 倒せればの補償されたドラパルトを手に入れることができることもあり、見かけたら是非とも挑戦しておきたい。

次の

【ポケモン剣盾】強すぎると噂のじゃくてんほけんドラパルトで対戦してみた結果…【種族値と育成論】

ドラパルト 対戦

ドラパミミッキュが最強? ドラパルト、ミミッキュの性能が頭一つ抜けています。 多くの動画や記事などを見て分かってはいましたが、実際に自分で使ったり、使われたりするとより実感しますね。 ドラパミミッキュに@1という選出がシンプルに強い。 雑に使っても強いので、初心者の方にも良いんじゃないかと思います。 剣盾から登場したドラパルト。 素早さと攻撃が高い尖った種族値に、豊富な技を併せ持つポケモンです。 専用技のドラゴンアローや、シャドーダイブ、はがねのつばさ、とんぼがえりなどの有用な技が勢ぞろい。 Cも低くなく、大文字を覚えるため役割破壊もできます。 更に、竜の舞も習得できます。 3つある特性も強力で、威嚇を無効化できるクリアボディ、相手の壁やみがわりを無視して攻撃できるすりぬけ、夢特性にのろわれボディも持っています。 欠点としては、耐久がそこまで高くないことですが、ダイマックスでカバーできます。 現在は、ダイマックスで体力を確保し、弱点保険を発動させるのが主流。 総じて、対面性能が高く、パワーのあるポケモンという印象です。 ただ、スペック的には何でもできるポテンシャルを持っているので、いずれ起点づくり型とか出そう。 そして相方のミミッキュ。 ミミッキュは第七世代の頃から暴れていたので、ご存じの方も多いかと思います。 特性ばけのかわによる、問答無用の行動保障。 種族値合計こそ控えめなものの、配分は無駄が無く、豊富な技を持っています。 圧倒的な汎用性の高さがミミッキュの売り。 現在では主にエースとしての運用がされていますね。 第八世代になり若干弱体化は受けましたが、実用には殆ど被害なし。 寧ろ、ダイマックスにより苦手な相手の強引な突破が可能になり、強化されているようにさえ感じます。 この二匹のポケモンのスペックがずば抜けているため、現環境はこの二匹を中心にメタが回っています。 ドラパミミッキュをいかに上手く使うか、ということがこれから求められるでしょう。 ドラパミミッキュのメタ ここまでスペックが高いと、必然的にメタれるポケモンの評価が高くなります。 ドラパミミッキュが暴れ、そのメタが暴れ、メタのメタが暴れ、またドラパミミッキュが暴れる。 そういった環境の循環がポケモンでは起こります。 現在は最初のドラパミミッキュが暴れている段階なので、メタポケモンが非常に優位に立ちまわれます。 ただ、そのメタがなかなか難しい。 どちらのポケモンも型が多く、対策するのが大変です。 ドラパのメタはダイマックスにより本当に大変ですね。 フェアリータイプでも、生半可なポケモンだとダイスチルで突破されてしまいますし。 輝石サニーゴやナットレイもちょっと厳しい。 明確にメタれるのはオーロンゲでしょうが、あまり使いたくないです(好きな方ごめんなさい) *追記 悪タイプがドラパルトに相性が良いようです。 詳しくはこちらの記事で。 一方のミミッキュは、メタがある程度考えられます。 有名なのは型破りドリュウズでしょうか。 そんなミミッキュメタの中で、私が個人的に注目しているのはヨクバリスです。 強力な特性に加え、ノーマルタイプなのでダイホロウによる強引な突破を許しません。 種族値もイメージほど低くはなく、割と無駄のない配分をしています。 極端などんそくによるジャイロボールで打点がかなり高い。 研究すれば結構化けるんじゃないかなと思います。 @1に何を入れるか ドラパミミッキュが強いのは伝わったかと思いますが、ここで考えるべきは@1に何を入れるか。 及び、パーティー単位で何を入れるか。 1の候補としては、受け出しが安定する サニーゴや ドヒドイデ、パワーがあり器用な動きもできる ギャラドス、環境に刺さっている ナットレイなどが使いやすいかなと思います。 個人的にはサニーゴが一番使いやすかったかも。 ドラパに炎技が無かったり、ミミッキュで強引にナットレイを突破したくないなら、ナットレイに強いポケモンを出すのも良さそうです。 パーティー単位なら、補完に優れた ウォッシュロトム、ナットレイに対して強い 火トムや ウインディ、ドラパルトに対して強い オーロンゲなどが良いかなと思います。 ブラッキーなども少し気になっています。 ドラパミミッキュの欠点を強いて挙げるのなら、耐久の低さだと思われます。 ドラパルトは並程度にはありますが、決して高くはありません。 ミミッキュも化けの皮で無理やり出すことはできますが、安定した受けとは言い難い。 そういった耐久面の低さを埋められるパーティーづくりが理想ですね。 ドラパミミッキュを基本選出とし、4匹の 1ポケモンでパーティーを埋めていくというのでも良いと思います。 本当にそれくらいドラパミミッキュが強いので。 あとがき 初心者なので甘い部分も多いとは思いますが、ドラパミミッキュについて書いてみました。 少しでも参考になれば良かったのですが。 書いていてもやはり思いますが、ドラパミミッキュは本当に隙が少ない。 明らかにスペックが他のポケモンより高いように感じます。 一応メタることも可能ですが、メタらなきゃいけないという時点で強さを示しているかと。 ただ、まだ剣盾の対戦環境は始まったばかりですし、私の様にやっと育成が終わってマルチに潜れるという方も多いと思います。 ですので、ドラパミミッキュばかりで嫌になるという気持ちも十分に分かりますが、まだ絶望するには早いかと。 今はまだ、単純なスペックの高いポケモンばかりが注目されていますが、これから研究が進んでいけばどんどん新しいメタが生まれるはずです! ホームの開放もありますからね。 自分の楽しめる範囲でゆったり楽しんでいきましょう。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の