虹の女神。 虹の女神

女神アイリス&フラワーオブライフブレス

虹の女神

それ以外にもこの女神ヒナには、夜の虹・ナイトレインボーにまつわるお話があるので、ご紹介しますね。 女神ヒナが、人間の男性と結婚していた頃のお話です。 夫のアイカナカは、働かずにヒナに命令ばかりしていました。 重労働の水汲みや、海老取りをさせられています。 そんな生活に嫌気がさしていた彼女のもとに、ある日、夜にかかる虹・ナイトレインボーが現れました。 それは、彼女の生まれ育った月まで延びています。 ヒナは神様なので、上れます。 チャンスを見計らって上り始めますが、夫に見つかり、足首をつかまれてしまいます。 彼女は必死にその手を振り払い、やっとの思いで月に逃げました。 そして末永幸せに暮らしたということです。 虹はメネフネが作ったの!? 日本では7色と言われている虹ですが、ハワイでは6色と言われています。 この虹は、ハワイの神話に出てくる小人族のメネフネが、それぞれに集めた材料を混ぜて作られたと言われています。 宮殿のカヒリ(鳥の羽根を使った王族の象徴)から、赤い羽根を。 イリマという植物から、可愛らしいオレンジ色のお花を。 バナナの木から、良く熟れた黄色のバナナを。 山や谷から、緑色のシダの葉っぱを。 深い海から、青い水を。 女王様のシルクのドレスから、紫色の布を。 友達のカフナ(神官)がこれらを混ぜて、そのしずくを矢に付けて空に放つと、空には見事な虹が輝いたということです。 虹の女神が住むマノア渓谷。 オアフ島のマノア渓谷には、ケアーヌエヌエという女神が住んでいました。 ある時、彼女のもとに、ワイアナエに住むマカハという酋長の漁が上手らしいという噂が伝わってきました。 彼女は彼の功績をたたえて、マノアからマカハの住むワイアナエに、二重の虹・ダブルレインボーを架けて祝福をしました。 それを見たマカハや町の人々は、お礼に女神をたたえたヘイアウ(神殿)を建てようとしますが、彼女は辞退して、自分の住んでいた土地にマカハという名前を付けたそうです。 他にもマノアには、別の虹の女神カハラオプナの伝説も伝わっています。 伝説の地マノア渓谷に、虹の女神を訪ねてみるのもいいですね。

次の

Amazon

虹の女神

それ以外にもこの女神ヒナには、夜の虹・ナイトレインボーにまつわるお話があるので、ご紹介しますね。 女神ヒナが、人間の男性と結婚していた頃のお話です。 夫のアイカナカは、働かずにヒナに命令ばかりしていました。 重労働の水汲みや、海老取りをさせられています。 そんな生活に嫌気がさしていた彼女のもとに、ある日、夜にかかる虹・ナイトレインボーが現れました。 それは、彼女の生まれ育った月まで延びています。 ヒナは神様なので、上れます。 チャンスを見計らって上り始めますが、夫に見つかり、足首をつかまれてしまいます。 彼女は必死にその手を振り払い、やっとの思いで月に逃げました。 そして末永幸せに暮らしたということです。 虹はメネフネが作ったの!? 日本では7色と言われている虹ですが、ハワイでは6色と言われています。 この虹は、ハワイの神話に出てくる小人族のメネフネが、それぞれに集めた材料を混ぜて作られたと言われています。 宮殿のカヒリ(鳥の羽根を使った王族の象徴)から、赤い羽根を。 イリマという植物から、可愛らしいオレンジ色のお花を。 バナナの木から、良く熟れた黄色のバナナを。 山や谷から、緑色のシダの葉っぱを。 深い海から、青い水を。 女王様のシルクのドレスから、紫色の布を。 友達のカフナ(神官)がこれらを混ぜて、そのしずくを矢に付けて空に放つと、空には見事な虹が輝いたということです。 虹の女神が住むマノア渓谷。 オアフ島のマノア渓谷には、ケアーヌエヌエという女神が住んでいました。 ある時、彼女のもとに、ワイアナエに住むマカハという酋長の漁が上手らしいという噂が伝わってきました。 彼女は彼の功績をたたえて、マノアからマカハの住むワイアナエに、二重の虹・ダブルレインボーを架けて祝福をしました。 それを見たマカハや町の人々は、お礼に女神をたたえたヘイアウ(神殿)を建てようとしますが、彼女は辞退して、自分の住んでいた土地にマカハという名前を付けたそうです。 他にもマノアには、別の虹の女神カハラオプナの伝説も伝わっています。 伝説の地マノア渓谷に、虹の女神を訪ねてみるのもいいですね。

次の

虹の女神ロケ地Part3。

虹の女神

それ以外にもこの女神ヒナには、夜の虹・ナイトレインボーにまつわるお話があるので、ご紹介しますね。 女神ヒナが、人間の男性と結婚していた頃のお話です。 夫のアイカナカは、働かずにヒナに命令ばかりしていました。 重労働の水汲みや、海老取りをさせられています。 そんな生活に嫌気がさしていた彼女のもとに、ある日、夜にかかる虹・ナイトレインボーが現れました。 それは、彼女の生まれ育った月まで延びています。 ヒナは神様なので、上れます。 チャンスを見計らって上り始めますが、夫に見つかり、足首をつかまれてしまいます。 彼女は必死にその手を振り払い、やっとの思いで月に逃げました。 そして末永幸せに暮らしたということです。 虹はメネフネが作ったの!? 日本では7色と言われている虹ですが、ハワイでは6色と言われています。 この虹は、ハワイの神話に出てくる小人族のメネフネが、それぞれに集めた材料を混ぜて作られたと言われています。 宮殿のカヒリ(鳥の羽根を使った王族の象徴)から、赤い羽根を。 イリマという植物から、可愛らしいオレンジ色のお花を。 バナナの木から、良く熟れた黄色のバナナを。 山や谷から、緑色のシダの葉っぱを。 深い海から、青い水を。 女王様のシルクのドレスから、紫色の布を。 友達のカフナ(神官)がこれらを混ぜて、そのしずくを矢に付けて空に放つと、空には見事な虹が輝いたということです。 虹の女神が住むマノア渓谷。 オアフ島のマノア渓谷には、ケアーヌエヌエという女神が住んでいました。 ある時、彼女のもとに、ワイアナエに住むマカハという酋長の漁が上手らしいという噂が伝わってきました。 彼女は彼の功績をたたえて、マノアからマカハの住むワイアナエに、二重の虹・ダブルレインボーを架けて祝福をしました。 それを見たマカハや町の人々は、お礼に女神をたたえたヘイアウ(神殿)を建てようとしますが、彼女は辞退して、自分の住んでいた土地にマカハという名前を付けたそうです。 他にもマノアには、別の虹の女神カハラオプナの伝説も伝わっています。 伝説の地マノア渓谷に、虹の女神を訪ねてみるのもいいですね。

次の