無月経 改善 食べ物。 生理不順を改善するための11の方法。病気が隠れている可能性も… | 女性の美学

生理がこない!無月経の原因と体質別の解決法

無月経 改善 食べ物

引用元: 特に効率良く体を温めるれる場所は 『仙骨』。 仙骨は、お尻のわれめがはじまるちょっと上あたり。 上半身と下半身をつないで、 背骨の土台になっている重要な骨の一部。 お腹と比べて 脂肪が少ないから子宮を効率よく温められるよ。 腹巻 冬だけじゃなくて、一年中腹巻を愛用 冬は厚手、夏は薄手と1年中腹巻をしてるんだ。 夏場は冷房がきつい場所もあるけど、お腹をあたためているだけでどこでも快適にすごせるよ。 シルクの下着 靴下、腹巻、トップスインナー、レギンスなどを着用 「冷えとり」でも知られるシルク素材。 シルクは 吸湿性と放湿性があって、綿や他の素材に比べてあたたかく感じる素材で 人の肌と同じ タンパク質から構成されてるから、触り心地もよくてお肌とも相性もいいよ。 遠赤外線マット 体の芯からじんわり温まる遠赤外線のマットを愛用 寒い時期は座るときにも膝にのせたり、腰に当てたり、寝るときも10分くらいベットに入れてるよ。 毎年冬になるとこのマットにお世話になってます! 食事から体を温める 食事からも体を温める方法を試していたよ。 生姜 生姜は 加熱すると 『ジンゲオール』という成分が 『ショウガオール』に変化するから 生の状態と、加熱した状態では効果に違いがあるよ。 生の生姜:解熱作用、解毒・殺菌作用 加熱した生姜: 体を温める、脂質分解促進、胃の粘膜保護 粉末生姜は『ショウガオール』の成分も含まれてるし、手軽に毎日取り入れやすいからオススメ! わたしは、紅茶、汁物、カレーなどに入れてるよ。 食事から女性ホルモンアップ 女性ホルモンアップが期待できる食べ物を普段の食事にとりいれていたよ。 オイル 女性ホルモンの材料は タンパク質と コレステロール。 食事で摂った油がコレステロールに変わるから 「オリーブオイル」「エゴマオイル」「亜麻仁オイル」「サチャインチオイル」を食事に取り入れてるよ。 わたしはアレルギーで食べれなかったけど 「アーモンド」「クルミ」「卵」にも良質な油が含まれてるみたい。 キャベツ キャベツに含まれる 『ボロン』という成分は女性ホルモンの1つ 「エストロゲン(卵胞ホルモン)」を活性化させる働きがあるみたい。 この「ボロン」は豊胸サプリにも使われている成分みたいだね! わたしはキャベツで作る ザワークラウトを食べて、手軽にボロンを摂取してるよ。 このクラリセージは女性に嬉しい効果があるんだ! クラリセージの香りは独特で苦手な人もいるみたいだから、興味がある人は実際にお店で香りを確認してみてね。 わたしはほんのり甘く感じて、わりと好きな香りだよ。 クラリセージの効能• 女性ホルモン系のトラブルに効果的• 生理痛や筋肉痛の緩和• 免疫系を高める• 鎮静効果がありリラックスを誘う• 不安を和らげ、幸福感を与える 女性であることを楽しむ ファッション スカートやワンピースなどを積極的に着る 一時期は、動きやすいという理由でパンツを履くことが多かったけど スカートなど、 より女性を意識する服装を心がけていたよ。 女性的な服装をすると、自然と立ち振る舞いもより女性らしいものになっていくよ。 なによりお気に入りのスカートをはくと、気分もウキウキするしね! 色の力を利用する ピンクの力で女性ホルモンアップ! ピンクを認識することで、脳が女性ホルモンの分泌をうながすという研究結果が! 特に淡いピンク色は自律神経をととのえて、血行促進や美肌効果も期待できるとされてるみたい。 洋服やカバンなど面積が大きいものに取り入れるのは、わたしには合わなかったから インナーや財布、ハンカチ、携帯の待ち受け画像などで、身につけたり、よく目にするところにできるだけピンクを取り入れていたよ。 特に効果を感じた方法はコレ! 基礎 体を温める!! 体内温度が上がると、女性ホルモンが活性化するだけじゃなくて、免疫力も高まるよ! 体温を 1度上げると、免疫力は 5~6倍にアップするみたい。 これはオススメ! 女性であることを楽しむ!! 物理的に工夫をすることも大切だけど、気持ちが体に影響する部分も大きいと思うんだ! 今のままじゃいけない! アレしなきゃ! コレしなきゃ! そんな風に思ってたら、せっかく効果があることをしても、ストレスがかかって逆効果になっちゃかもしれないよね。 これらのことを続けていたら、低かった女性ホルモン値も基準値内に入って、生理も復活したからけっこう効果はあったんじゃないかな。 もし、あなたも試してみようと思うものがあったら、ぜひ楽しみながら実践してみてね! 次回は治るきっかけになったと思える大切な言葉と、関節リウマチと無月経の関連性についてお話しするね! もちろん睡眠など、基本を整えることも大切だよ。

次の

生理不順を改善するには?原因別の方法を紹介!

無月経 改善 食べ物

女性ホルモンのバランスが乱れると 女性のカラダは、『エストロゲン(卵胞ホルモン)』と『プロゲステロン(黄体ホルモン)』という二つの女性ホルモンによって操られています。 このホルモンのバランスが乱れると、以下のような症状が現れることがあります。 ひどい生理痛 生理中に分泌される『プロスタグランジン』というホルモンには、痛みや炎症を引き起こす作用があります。 ホルモンのバランスが崩れてくると、この『プロスタグランジン』が必要以上に分泌され、子宮が大きく収縮して生理痛が強く出ることがあります。 PMS PMSとは、心やカラダに現れる不調のことで、生理が始まる7日前くらいから起こります。 症状は『プロゲステロン』の分泌量によって個人差があります。 便秘・頭痛・腰痛・乳房の張り・眠気・痛み・肩こりなどの身体的症状や、気分のむらが出る・イライラしやすくなる・集中力が低下するなどの精神的な症状が起こります。 不妊 『プロゲステロン』の分泌が減少すると、排卵後に子宮内膜を分厚くする働きが衰え、『黄体機能不全』を引き起こす原因にもなります。 また、出産後に母乳が出るように分泌される『プロラクチン』というホルモンが分泌異常を起こすと、『無排卵(生理があるが排卵はしていない状態)』という症状が起こります。 その他、生理不順・更年期症候群・自律神経失調症・不正出血などが起こる可能性があります。 女性ホルモンに効果的な食べ物 大豆食品全般(大豆イソフラボン) 『イソフラボン』は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きがあり、納豆や豆腐・みそなど日本人が昔から日常的に食べてきたものに多く含まれています。 黒豆・黒ゴマ・ひじきなどの黒い食材は、女性ホルモンを作り出す賢臓の作用を活発にしてくれます。 かぼちゃ カボチャは、ビタミンとミネラルが多く含まれていて栄養の豊富な野菜です。 ビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化成分も含まれています。 中でもビタミンEは、脳下垂体や卵巣に働きかけ、ホルモンの分泌を操作する役目があります。 また、ビタミンEが不足してしまうと、体内の過酸化脂質が増加し老化の元にもなり、さまざまな生活習慣病や肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまいます。 カボチャ以外に、ほうれん草やキウイフルーツにも多く含まれています。 ざくろ ざくろは、天然植物性エストロゲンを多く含む『子宝の果実』とも呼ばれることがあるほど、女性にとってありがたい果物です。 特に、種子の部分に天然植物性エストロゲンを多く含みます。 また、エラグ酸という美白への効き目がある物質も含んでいるので、シミの予防や美白の効果が大いに期待できます。 油 女性ホルモンの主な材料は、タンパク質とコレステロールです。 食事で摂取した油がカラダの中でコレステロールに変化し、女性ホルモンに変わるのです。 そのため、女性ホルモンにとって大切なことは、質のよい油を摂取することです。 おススメの油は、魚油・エゴマ油・オリーブオイル・アマニ油などが挙げられます。 ほかにも、良質な油が含まれている食物には、クルミ・アーモンド・卵などがあります。 ホルモンバランスを改善する最善の策は、生活習慣を整え、ストレスをためずに過ごすことです。 今回紹介した食べ物においても、「しっかり摂取してちゃんと実行しなくては…」と頑張りすぎてストレスになってしまったら、本末転倒です。 できることから少しずつ、無理なく継続していくということが何より大切なのかもしれません。 生活習慣を見直し、ホルモンバランスを整えて健康的に過ごしましょう。

次の

PMS(月経前症候群)を緩和する食べ物は?6種類の栄養素を意識しよう!

無月経 改善 食べ物

低体温や無月経にまでなってしまうと、残念ながら 体を普通の状態に戻すのに、かなり時間がかかることを 覚悟する必要があります。 低体温や無月経は通常、何ヶ月もかけて陥ってしまう 症状です。 長い間の栄養の悪さ、カロリー制限、 また、それも極端なことをすることによって引き起こされた 結果です。 低体温は食事制限が原因で、体が食べ物を エネルギーとして燃焼させるのを控えるように なってしまったために起こります。 無月経は痩せすぎて脂肪細胞が足りなくなって しまい、エストロゲンの分泌不足で起こります。 そして、低体温も無月経も太りやすい体質の 表れでもあります。 できたら、こうなる前に何とか もとに戻して欲しいのですが、 いったんこうなってしまったら、戻すのは可能なので、 しっかり食べていくしかありません。 食べないことが 原因で起きたことは、食べて治すのが一番ですから。 あと、低体温も無月経も、極度のストレスが原因で 起こる場合もあります。 あるいは、食事制限と重なって 起こることもあります。 もしストレスが原因ならば、それを取り除くのが 一番です。 ストレスが原因なのに、食事を調整しても 的外れですし、無理に食事を調整すれば、 体までおかしくなります。 特に精神的ストレスの場合は、時間が解決する 場合もありますので、時間が過ぎるまで待つのも ひとつの手ですね。 --- 食べても太らないシリーズ ---.

次の