満月 お 財布。 満月に金運アップの願いを込めて…月の光に財布をかざして金運が上がる? ラッキーショップ ブログ

金運・開運日が分かる開運カレンダー 財布を買う日、使い始める日を決める!

満月 お 財布

もくじ• 新月の日のエネルギー 新月と言えば、新しい月のサイクルが始まる日となるため、スタートの月のエネルギーをたっぷりと享受できる日になります。 新しく何かを始めたり、意思決定をするのに適した日が新月の日になります。 これから何かが育っていく、という理由からも、新月の日にお財布を新調したり購入したりするのはとってもオススメの日になります。 満月の日に向けて、どんどんお財布が育っていき、パンパンに膨らんでいきますように。 などという願いを込めて、お財布を使い始めるのがオススメの日なのです。 新月の日にお財布を購入したらすること 新月の日は、 お財布の購入にも使い始めにも適しています。 しかしながら、新月の日にお財布を購入してそのまま使うのは、エネルギー的にNGとされています。 まずは、自分自身がお気に入りの、長く使っていきたい、大切にしたいと思えるお財布を購入します。 あくまでも私の考えですが、以前は開運財布などもいいなと思ってたのですが、やはり一番オススメなのは自分がテンション上がる、そんなお財布です。 好きなブランドのお財布でも良いですし、たまたま目にしてこれだ!と思ったお財布でも構いません。 もちろん開運財布でも、これだ!と直感で感じるものがあれば、それでもOKです。 新月の日にお財布を購入したら、まずする事は お財布にお金を記憶させる事になります。 スピリチュアル的に言うと、 お財布をプログラミングするということになります。 プログラミング?なんだか難しそう。 と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全くそんなことはありません。 プログラミングしていくことで、これから先金運がどんどんアップしていくそんなお財布を作っていくことができます。 まずは、いつもこれ位お財布に入ってたらいいなと思える金額を準備します。 オススメなのは、 100万円ほどをお財布に入れておくことです。 そうすることで、お財布は「このお財布は、いつも100万円入ってるお財布なのね。 」ということを認識します。 つまり、プログラミングされる訳です。 そんな方にオススメなのが、紙幣を1万円と同じ大きさにし、1万円と1万円の間に98枚挟んで100万円にするという方法です。 これを行い、タンスの中など暗い場所にしばらくの間眠らせておきます。 オススメなのは、7日以上は眠らせておくと良いでしょう。 そうすることで、お財布が100万円の財布という認識をします。 お財布の使い始めにもオススメ 新月の日は、お財布の購入にもオススメですが、お財布の使い始めにもオススメの日になります。 お財布を新月に使い始めることで、どんどんお財布の中のお金が育っていきます。 新月の日にお財布を購入して、次の新月までさすがに待てない! と言う方は、 毎月縁起の良い日がたくさんあるので、そういう日を選んで使い始めてみるというのもオススメの方法になります。 例えば、一粒万倍日や寅の日などもお財布の使い始めにはオススメの日となります。 さらに、天赦日と呼ばれる日もとってもお日柄の良い日になるので、そのような日を選ばれてみるのも良いですね。 お財布の買い替え時は、お財布のお役目が終わったかなと感じる時です。 なんとなくテンションが上がらなくなった時、くたびれてるなと感じた時にお財布の買い替えを行うと良いでしょう。

次の

新月の日のエネルギーはお財布の購入とお財布の使い始めにオススメの日

満月 お 財布

満月に秘められた金運パワー 満月は、言わずとしれたまんまるな月のこと。 望月、十五夜、フルムーンなど、さまざまな名称がありますね。 もともと月には、人を魅了する不思議な力がありました。 ギリシャ神話のアルテミス、日本神話のツクヨミなど、月を神格化した神の話は、世界中に存在します。 そんな満月に秘められているのが、ものを 「満たす」ちから。 月が満ちるに従って高められた力は、満月の日に降り注ぎます。 そして、満月の光を受けたものには、「満たす」力が宿ると信じられています。 つまり、お金にまつわる物を、満月の光にあてれば金運パワーも上昇するのです。 財布や通帳、キャッシュカードなどに「満たす」力が宿れば、中身も満ちていくことでしょう。 満月と財布のおまじない 満月の力で、財布の金運効果を上昇させるものは、いくつかあります。 好みの方法を実践しても良いですし、組み合わせて相乗効果を狙ってみるのも良いでしょう。 ポイントは、満月への感謝の心を持って行うことです。 財布に月光浴をさせる 愛用の財布を、満月の光がよく当たる場所に、一晩置いておきます。 このとき、中身を出しておくと、「満たす」力が充填されやすくなります。 クレジットカードや領収書など、出費につながる物にパワーを与えることを防ぐ意味もあるので、忘れないようにしましょう。 財布を振る こちらは、中身を出した財布を、満月の光の下で振るものです。 振る回数は、数回ほどで十分なので、月光浴よりお手軽ですね。 「収入がありました。 ありがとうございます。 」など、お金に関する願いを完了形で口にすると、さらに良いと言われています。 どちらの方法も、月に1回、満月の前後24時間という時間帯に行うのがベストです。 ちなみに、満月のパワーは天候には左右されません。 雨でも台風でも大雪でも、財布に届きます。 気分的には、キレイな満月が見える日のほうが、効果がありそうですけどね。 日本人には相性バツグン? 日本には、古来より月を愛でる 「月待ち」という風習があります。 夜の明かりが増えた現代でこそ、少なくなりましたが、十五夜のお月見などが伝えられていますね。 このほかにも、十六夜(いざよい)・十七夜(たちまちづき)・十八夜(いまちづき)といった、月に関する表現が豊富なことも、日本人と月の関係が深かったことを物語っています。 月との付き合いが長い日本人なら、満月のパワーも、より受けやすいかもしれません。 満月~神秘のおまじないで財布の金運効果がアップ!~ まとめ 満月の持つ神秘のパワーで、財布の金運効果アップ。 おまじないの手順を守って実行してみましょう。 月を愛でるための「月待ち」の風習だけでなく、金運的な意味でも月を待つことになりそうです。 わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。 私の友人は、ロト6の攻略をしていました。 ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。 しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。 そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。 そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。 これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。 それは 「金運アップしてどうするのか?」ということです。 金運アップできる人、できない人、全ては「原因と結果」があるはずです。 わたしは、これを みなさまと一緒に省察していきたいと思い、メルマガを配信することにしました。 開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。 これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。

次の

満月の日に金運アップのためにすると良いことまとめ

満月 お 財布

満月の夜に財布を空にする (レシートやクレジットカードも) 2. 表にでる 3. 財布のお金を入れる場所を お月様に向かって開く 4. 財布の端をもって振る 満月お財布フリフリのやり方は ただこれだけでした。 よく調べてみると 「今月も臨時収入がありました ありがとう」 と満月に声をかけるって事を付け加えるのが一般的なようです。 それにしても簡単 これだけで金運が上がるって効果がでたらいいですね。 満月お財布フリフリってホント広いがってるようです 長澤まさみさん主演のテレビドラマ 「都市伝説の女」でも 主人公の女刑事・音無月子がやってるのを見ました。 けど、この行為の満月の時間てホイドタイムとかはないのかなぁー 満月って昼間のこともありますね。 行う時間など詳しい説明は見つかりませんでしたよ。 因みに満月の日程や時間は こちらのページに書いてます。 お財布フリフリの方法が 子供が駄々こねてるようなやり方に思えたんです 月に向かってカラの財布を振るって 「ホレホレ、財布からなんよー お金頂戴、入れてヨー」 って、ムチャ振りに見えますよね お財布にお金が入っていたら わざわざ出して空にするんですよ! コレって騙してませんか? そう思うと 私にはお月様に対して失礼な態度に思えたんです。 なのでそれから満月お財布フリフリしてない これが私がやめた理由です。 でも、 お月様って私みたいに心狭くないですね。 駄々こねてる子供でも世話を焼いてくれるでしょう 「月は何でも知ってる!?」 ダマされるなんてありえませんね。 まとめ 「満月お財布フリフリ」は私はあまり好ましく思いませんが お月様のパワーを頂く 満月にお願いごとをするって考えで 礼儀正しくするならコレもありかなって思います 私は考える所があって止めてしまいましたが 継続することに意義があると思いますよ 満月にお願いしたからと言って 毎月臨時収入があるものではありません いつか叶う時がると思って続けましょうね。 そして、効果があったら次の満月にはお礼をいいましょう。

次の