大阪から淡路島。 関西空港・大阪・神戸・三宮から淡路島・沼島への行き方

淡路島へフェリーでいこう!所要時間や運賃など詳細を徹底解説

大阪から淡路島

淡路島へ渡る手段は二通り。 明石海峡大橋を使うかフェリーを使うかです。 明石海峡大橋の完成以降、フェリーの需要が減り、一度は廃線になってしまいましたが、現在は再びフェリーが運行しています。 原付バイクや自転車も運ぶことができるフェリーを使って淡路島サイクリングやツーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか? たこフェリー(明石淡路フェリー)について 明石市街地と淡路島を結んでいた明石淡路フェリーは、明石海峡大橋が開通するまで地元の交通の要としての重要な役割を担っていました。 毎日の通勤通学に使う乗客だけでなく、夏休みの観光シーズンなどには淡路島に渡るたくさんの観光客の交通手段としても大活躍しました。 航路の愛称として明石海峡の特産品であるタコにちなんで「たこフェリー」の名前が使われ、船体にもオリジナルキャラクター「たこファミリー」が描かれ、大変親しまれた航路でした。 たこフェリーの廃止 交通の要であった「たこフェリー」は、明石海峡大橋の開通の後も、橋では大回りを強いられる方々や、橋を利用出来ない 125cc以下の小型バイクに乗る乗客などに重宝され、運営は継続されましたが、原油価格の高騰による燃料費負担増や、明石海峡大橋を含む神戸淡路鳴門自動車道の通行料金の割引などの影響で徐々に収益が悪化し、 2010年 3月より運休、 2012年には惜しまれながら正式に廃線となりました。 現在は淡路ジェノバラインが運行! たこフェリーの廃線によって、ながらく淡路島は 125cc以下のバイクの輸送手段がない状況が続き、原付バイクでの観光客は、島から閉め出されるかたちとなっていました。 原付バイクでの観光が再び可能に! そして観光にも、生活にも、交通の要であったこの航路をなんとか復活させたいと、なんと淡路市が新造船を導入して航路を復活させることを発表。 自転車と小型バイクを輸送出来る 100トンほどの高速旅客船を使用し、淡路ジェノバラインとして営業が開始されました。 就航した高速船「まりん・あわじ」は旅客 180人に加えてバイク 8台と自転車 20台の輸送が可能。 船は小さくなりましたが、淡路島と本州を結ぶ船として地元の方々や観光客に親しまれています。 高速船「まりん・あわじ」の就航によって、125cc以下のバイクでの淡路島ツーリングが再び可能に!綺麗な海を見ながら風を切って走るのは最高の気分です。 明石から淡路島までの所要時間は? 明石のフェリー乗り場から淡路島まではフェリーで約13分。 あっという間です!少し潮風を感じている間に到着してしまいます。 ちなみに、明石海峡大橋を使えばこれよりも少し早く淡路島へ渡れます。 しかしせっかく淡路島へ行くのであれば、フェリーで旅行感を味わいながら移動するのも楽しいでしょう。 おすすめキーワード• その他• ただし、比較する料金は世の中で誰でも確認できる一般公開したプランのみが対象となります。 copyright c All rights reserved ASOVIEW Inc.

次の

淡路島への交通アクセスガイド|淡路島WEB「あわじウェブドットコム」

大阪から淡路島

魚から肉、野菜まで、極上素材がてんこ盛りの 淡路島へグルメなドライブ! 大阪市内から神戸まで行くのとそう変わらない距離。 なのに旅情&美味しいものてんこ盛りという夢のような場所。 そう、それが淡路島! 明石海峡大橋をちょいと渡れば、そこは新鮮で激ウマな食材があふれる夢の島なのです。 今回は淡路島の北側、いわゆる北淡に上陸。 おいしいものをサクサクッと食べて参りました。 グルメアイランドの旅へいざ! 阪神高速神戸線から第二神明へ。 すぐに分岐が出てくるので、左へ入って少し行けば…来ました〜、 明石海峡大橋です。 しかし、いつ見ても大きい! 立派! 橋長3,911m、中央支間長1,991mという世界最大の吊橋だけあります。 こんな身近に世界一の建造物があるのは、関西人としてはうれしいところ。 2014年から通行料金も大幅値下げされてるの、知ってました? ETC搭載車なら、以前は平日1500円以上してたのが、なんと今や900円に! 往復しても2,000円でお釣りが来る! これは行くしかありますまい。 いや〜、淡路島も近くなったもんですよ、ホントに。 まずは「お食事処 渡船」で生しらす丼! では早速参りましょう。 明石海峡大橋を渡り、ひとつめの淡路ICで高速道路にさようなら。 国道28号線を南下して、しばらく行くと…。 見えてきました、本日の1軒目。 「 お食事処 渡船」さんです。 こちらでは、生しらす丼をいただくことにしましょう〜。 店向かい側を入ったところに駐車場もしっかり完備されており、車でのアクセスもばっちり。 15台ほどのスペースがあります。 テーブル席が並べられた店内。 調理場で忙しそうに働くスタッフの姿が見えます。 ちなみに、こちら「渡舟」さんは、現在二代目の女将が切り盛り。 漁師のご主人が毎日水揚げする新鮮な魚を、いろいろな料理で食べさせてくれる人気の食堂なのです。 なるほど。 おかずは棚に置いてある、いわゆる食堂のスタイルというわけですね。 こちらの棚ってどんな棚かしら…? ままま、まぶし〜!どれを取ってもおいしそうなおかずがズラ〜リと並んでおります。 魚を使ったものもたくさんありますな〜。 麗しきおかずの数々から、いくつかチョイスしてみました。 地元でとれた新鮮な魚を使った刺し身や煮物、揚げ物、淡路牛のローストビーフなど、まあどれもおいしそうなことこの上なし。 車で来た&生しらす丼のことを一瞬忘れて「ビール一本!」と叫びそうになりました。 が、ここは初志貫徹。 しらすの入った玉子のお吸い物付きで900円という納得価格。 うず高く積まれたしらすが、キラキラと輝いております。 もはや新しい淡路島名物といっても過言ではない、この生しらす丼。 今年は島内で53店舗が提供。 ちなみに小鯛などのお魚が丸ごと入った「地魚の味噌汁」250円とセットにすることも可能。 このボリュームたっぷりの味噌汁との組み合わせは、特に人気とのこと。 ただ仕入れによってはない場合もあるため、出会えたらラッキーですよ! 早速、実食。 柑橘系の「白ポン酢」で味付けされた生しらすがたまりません! ご飯との相性も当然完璧。 添えられたわさび菜もいい味出してます。 2016年は11月末まで提供される予定のこの生しらす丼。 例年シーズン中の休日ともなると、お客さんの9割がオーダーするというから、恐ろしいほどの人気ぶりです。 生しらすのおいしさに箸が進み、あっという間に完食しました〜! 住所:兵庫県淡路市楠本112 電話:0799-74-3432 営業時間:10:00ごろ〜14:00(L. 13:50)、16:30〜20:00 L. 19:40 休日:月曜(祝日の場合火曜)、不定休あり 「淡路蒲鉾工房 鯛おどる館」でおみやげをゲット! 続いては、今来た道を少し戻る形で北上しましょう。 同じく国道28号線沿い海側にあるのが、こちらの「 淡路蒲鉾工房 鯛おどる館」。 こちらで早くもおみやげをゲットしようっちゅー寸法でございます。 こちらは創業約80年という老舗、あき山蒲鉾の直販店として2000年にオープン。 館内には様々な魚介を使った練り物と、淡路島の特産品が販売されているほか、2Fでは蒲鉾の手作り体験もできるのです。 「体験は事前に予約してくださいね。 料金は1,500円、約50分ほどの体験になります」と話してくれたのは、代表取締役の鯛 久茂さん。 ほかにも残念ながら取材日には見ることができませんでしたが「週に3〜4回は1階の売り場横で竹ちくわを作る工程を見学することができます」と鯛さん。 おすすめの商品をお聞きすると…。 名物竹ちくわのミニサイズ「ころころ」と、もうひとつは1年半ほど前から販売され評判を呼んでいるという「かまぽこ」。 早速開けてみましょう。 なんとかわいい! 「ころころ」のサイズ感、そして「かまぽこ」の愛らしさよ。 「かまぽこ」は、トマトやオニオンなどの天然野菜を練りこみ、濃厚なチーズを中に入れた、マカロン風の蒲鉾なのです。 これは、女子に喜ばれそう。 淡路島に来たら大量購入せねばなりますまいて! 住所:兵庫県淡路市岩屋2942-26 電話:0799-73-2300 営業時間:9:30〜17:00 休日:無休 「淡路カントリーガーデン」でボリューム満点の淡路バーガーを! 第一弾のおみやげをゲットした取材班。 ふと気が付きました。 「なんだかお腹が空いてきた…」。 ついさっき生しらす丼を食べたばかりだというのに、罪な胃袋よね〜ウフフ。 というわけで、ふたつ目のグルメを食すべく、やってきたのがこちら「 淡路カントリーガーデン」です。 入り口横にあるこの建物。 こちらが今回我々が目指したお店、淡路バーガーが食べられる「safsaf」です! こちらの「 あわじ大地のバーガー」は、その味、ボリュームでとにかく人気。 多い日にはなんと500個近くも出るというから驚きでございます! 淡路牛8割に国産豚2割のバランスで配合されたパティを鉄板でじっくり焼き上げます。 淡路島特産のタマネギ、大阪から取り寄せるバンズも鉄板でカリッと焼き上げたら…。 大人気の「あわじ大地のバーガー」のできあがり〜! バーガーは単品だと550円。 写真のポテトにドリンクとミルクモナカのAセット、ミルクソフトのBセットは、どちらも1,000円ぽっきりでお得ですよ。 さて食べてみましょう。 肉汁あふれるパティに自家製テリヤキソース。 分厚くカットされ、程よく焼かれた淡路産タマネギ。 レタスももちろん淡路産。 そしてカリッとした香ばしさがたまらんバンズ。 旨さが何層にもなって押し寄せてくるぅぅ〜! 今回はミルクソフトのセットを選んだので、バーガー&ポテトを完食後、渡してもらっていた引き換え用のチケットとソフトを交換。 しっかりデザートまで楽しみました。 これがまたマイルドでうまいのよ!! 激ウマバーガーを提供してくれたスタッフの皆様。 右から安田さん、ハマさん、おきたさんです。 あわじ大地のバーガーが発売されたのは、7年ほど前からとのこと。 オーダーが入ってから調理されるため、待ち時間もそれなりにありますが(特に混雑時は長めになってしまいます…)、それだけ待っても食べる価値ありのおいしさですよ! バーガー以外のおすすめとしては「自家栽培しているイチゴを使ったソフトクリームですね!」とのことで…。 しっかりいただいちゃいました。 イチゴの実をすり潰して作るイチゴソフト400円。 ナチュラルな甘さでこれまたうまい。 ただし5月末ごろまでの限定なので、食べたいアナタは急ぐべし! 住所:兵庫県淡路市野島常盤1463-6 電話:0799-82-2953 淡路カントリーガーデン) 営業時間:10:00〜16:30(早じまいの場合あり) 休日:水曜(春・夏休みは営業、天候により休業あり) 「あさじ」で、穴子丼をゲット しっかりデザートもいただいた取材班。 いや〜満腹満腹…になってない…。 ていうか、満腹中枢が淡路島とシンクロしあって、私にもっと食べろ、もっと食べろって言ってくるぅぅ〜。 この誘惑に打ち勝てるのか否か! ああ、もう意識が朦朧と…そこに現れたお店は…。 ほれ、ご覧あれ! ん? 何書いてるかわからない? 仕方ないな〜、今日だけサービスしちゃう。 「炭焼あなご あさじ」って書いてるんですよ〜。 淡路と言えば穴子も外せませんわよね。 というわけで、焼き穴子丼が人気のこちら「 あさじ」さんで、 穴子丼をゲットしちゃいましょう。 自らの意志とは関係なく食欲が暴走する…。 恐ろしい島ね、淡路島って…ウフフ。 こちらは約30年前から焼き穴子を販売している人気店。 1年ほど前まで、焼き穴子丼は土日祝のみの販売だったのですが、なんと今では平日も購入OKに! さらに現在イートインスペースを作っている最中で、2016年6月には完成予定だとか。 またまた大勢のお客さんが訪れそうな予感です。 使う穴子は活穴子のみで冷凍は一切使わないとのこと。 毎朝捌き、丁寧に炭火で焼いていきます。 甘さ控えめの自家製タレを付けながら焼いていきます。 香ばしい香りがもうたまりまセブン! できあがったのがこちら! 「あなご丼」並盛760円です。 ひとつに一尾以上の穴子が使われているそうで、ボリュームもしっかり。 ちなみにもっと食べたい人には大盛1,080円も用意されております。 女将さんの倉本智美さんにお話を聞いてみたところ、このあなご丼、やはり人気が高く、多い日には1日100食ほど売れるんだとか。 甘さを控えめにしたあっさり味のタレにしている理由は「穴子自体が持っている旨味を味わってほしいから」とのこと。 店舗ではあなご丼以外にも、肝煮やしぐれ煮なども販売。 もちろん、焼穴子単品も扱っていて「30cmを超える特大2尾で1,944円です。 ほかに、大や中のサイズもありますよ」ということで、お好みのサイズを選んで、おみやげにするのも吉かと思われます。 お礼を言ってお店を出た取材班。 今日は快晴。 せっかくだからすぐ近くの海辺に行って、この絶品あなご丼をいただこうじゃあ〜りませんか! う〜ん、この開放感よ! ラリホー!! ひと口食べると、肉厚の穴子の旨味が口いっぱいに広がります。 あっさりとしたタレと香ばしい穴子がひとつになって、これはたまりません! 無論あっという間に完食です。 なんだかやっと胃袋も落ち着いた様子。 やれやれ…。 住所:兵庫県淡路市浅野南101-6 電話:0799-82-0757 営業時間:9:00〜17:00 休日:火曜(祝日の場合営業) さいごは「藤本水産」でおみやげ! 楽しかった淡路グルメツアーもいよいよラスト。 最後にもう一発おみやげ買って、帰ってからみんなに喜ばれよう…うそ。 見せびらかすだけで誰にも渡してやらないのだから! とか言いつつ、やってきたのが北淡ICからすぐの場所にある「 藤本水産」さんです。 水産会社に併設された直売所です。 これは新鮮な魚介類などなど、淡路の海の幸がいろいろありそうな予感…。 淡路といえば絶対外せない くぎ煮も豊富にラインナップ。 味見も用意されているので、好みの味を見つけましょう。 くれぐれも食べ過ぎないように(私だけ?)。 ほかにもちりめんじゃこや干しダコ、ワカメなど、海の幸がてんこ盛り。 どれを買おうか迷っちゃう〜! というわけで、買ってきたおみやげがこちら。 ちりめんだけでも何種類もあるし、あまり見かけない魚もあるなど、本当に大阪と目と鼻の先にあるとは思えないほど魚介類が充実。 本当に近くなのに旅情満載の淡路島なのでした。

次の

大阪から淡路島へ高速バスで行く方法!安い行き方と早い行き方の2通りをご紹介!

大阪から淡路島

「大阪」から「阪神高速で」ということでしたら、ルートは一つしかありません。 大阪市内から3号神戸線に抜けて、神戸をスルーして月見山から第二神明垂水、明石大橋のルートです。 ・・・宝塚線とか北神戸線とかのバリエーションもありますが、一般的にはこのルートでしょうね。 という事で、このルートで行くと、阪神東線700円+阪神西線500円+第二神明200円+垂水・淡路間2,300円合計3,700円ですね。 一応、自分でも調べられるように阪神高速のURLと西日本高速道路のURLを貼っておきます。 私、関西に住んでいた頃は、淡路島のドライブは大好きでした。 では、良い旅を。 ・阪神高速のルートマップ ・阪神高速の料金 ・西日本高速のハイウエイナビゲータ 大阪の出発地によって阪神高速のルートは変ります。 阪神高速神戸線で来られると仮定した場合、そのまま道なりに走れば、第2神明道路須磨料金所に着きますので、そのまま第2神明に入ります。 第2神明に入ってしばらくすると名谷JCTがありますので、ここを第ニ神明道路北線方面(左側に分岐・淡路方面の標識)にすすみ、垂水JCTから神戸淡路鳴門道に入ります。 通行料金は、 阪神高速神戸線500円 第ニ神明200円 神戸淡路鳴門道垂水~洲本3400円 の合計4100円になります。 これに阪神高速芦屋までの料金が別途必要です。 節約ルートは、阪神高速神戸線芦屋料金所で料金支払い時に申し出て乗り継ぎ券を受け取り柳原ランプで降り、一般道で神戸山手線神戸長田ランプに向い、神戸山手線に入り、白川JCTから北神戸線に入ります。 そして布施畑JCTから神戸淡路鳴門道に入り洲本に向います。 こうすると料金は次のようになりますので100円節約できます。 阪神高速神戸線500円 神戸淡路鳴門道垂水~洲本3500円 A ベストアンサー 残念ながら阪神高速湾岸線から明石海峡大橋(神戸淡路鳴門自動車道)へは直通していません。 どうしても湾岸線から行かれるのであれば、六甲アイランドに入る前の「住吉浜」で一般道へおりて、阪神高速神戸線の「麻耶」へ乗り継ぐ方法が一般的です。 「住吉浜」と「麻耶」は阪神高速の乗り継ぎ指定ポイントですので、下記リンク先をご覧のうえ両方の出入り口を乗り継いでください。 一般道経由の乗り継ぎを避けたい場合は、大阪市内から神戸線をご利用ください。 hepc. hepc. html A ベストアンサー 中国道、山陽道経由のほうが、わかりやすいと言えばわかりやすいかもしれませんが、かなり遠回りですよ。 50キロ近く遠回りですし、浜寺なら堺インターも遠いでしょうから、1時間は余計にかかるんじゃないですかね。 近いのは、阪神高速湾岸線に乗って神戸方面を目指します。 神戸の手前の料金所を過ぎたら右のレーンを走ってください。 住吉浜という出口がありますからそこを出て、摩耶、ポートアイランド方面へ行きます。 そのまま道なりに走っていたらハーバーハイウェイに入ります。 やがて道路が2階建てになったら新港出口というのがありますからそこを出ます。 出口の信号を直進して、二つ目の信号を右折したら正面に阪神高速神戸線の京橋インターがありますので、左方向の姫路方面へ行きます。 それから第二神明の料金所を過ぎてトンネルをくぐって垂水サービスエリアを過ぎて少し行くと、左に徳島、淡路方面の分岐があります。 そしてすぐに垂水ジャンクションなので、徳島、淡路方面の標識にしたがって進んでください。 堺から淡路に入るまで、1時間ちょっとあれば行けると思います。 淡路に入ってすぐの淡路サービスエリアには大きな観覧車があります。 それから花さじきもいいですね。 淡路七福神巡り、なんてのもありますが、道が不案内なら難しいかな。 中国道、山陽道経由のほうが、わかりやすいと言えばわかりやすいかもしれませんが、かなり遠回りですよ。 50キロ近く遠回りですし、浜寺なら堺インターも遠いでしょうから、1時間は余計にかかるんじゃないですかね。 近いのは、阪神高速湾岸線に乗って神戸方面を目指します。 神戸の手前の料金所を過ぎたら右のレーンを走ってください。 住吉浜という出口がありますからそこを出て、摩耶、ポートアイランド方面へ行きます。 そのまま道なりに走っていたらハーバーハイウェイに入ります。 やがて道路が2階建てになっ... Q 8月17日に大阪府摂津市から和歌山県の白浜に日帰りで遊び行く予定です。 午前5時出発でなるべく高速道路を使わないで行きたいと思ってます。 高速代高いので… でも、高速道路使わないと遊ぶ時間なくなっちゃいますし… 最低限だけ高速道路使ってかつ、なるべく早く目的地に着くルートを教えて下さい。 当日は、レンタカーで行くのでナビ有りです。 調べたら片道高速代だけで4千円以上かかるみたいなんで、半額か何割かくらいは安く行きたいです。 教えて下さい。 前に和歌山から全て高速道路を使わずに帰ろうとしたら、細い山道を行かされて大変苦労しました。 詳しくはわかりませんが、高速道路って区間短いのに料金発生したり、するじゃないですか。 とりあえず、安くかつなるべく早く和歌山県白浜まで行けるルート教えて下さい。 A ベストアンサー ETCカードを持ってるのなら、ETC付きレンタカーを借りて、早朝夜間割引や通勤割引をフル活用。 高速は、必ず有田まで乗ってください。 有田より手前で降りてしまうと、国道は箕島とか遠回りしてるし、山越えの道は激狭酷道なので勧められません。 有田から先は、てくてく下道を走ればいいでしょう。 ) ETC使えないなら、前出の龍神越えがいいです。 ETCカードを持ってるのなら、ETC付きレンタカーを借りて、早朝夜間割引や通勤割引をフル活用。 高速は、必ず有田まで乗ってください。 有田より手前で降りてしまうと、国道は箕島とか遠回りしてるし、山越えの道は激狭酷道なので勧められません。 A ベストアンサー 京都の美山はちょっと遠すぎるし、他の方々もいいところを紹介してますし・・・ 他の方が紹介していない場所を思い出しました。 近江八幡の水郷めぐりはどうでしょう。 舟に乗っていたのは正味1時間あまりでしたが、半日以上の時が過ぎたようなゆったりした気分になれました。 TVの時代劇のロケでよく使われるところなので、後々、TVや映画を見る楽しみにもなります。 舟は、乗合でもいいですが、貸切をしても1万円以下だったと思います。 その辺りの見所では、安土城の東にある「安土城天守・信長の館」がお薦めです。 幻の安土城の天守を最高の技術で再現したもので、今まで案内した人は大いに満足してくれたようでした。 grn. mmtr. 友人が近々大阪から高知に遊びに来るとのことで、どうしても車で来ると言うので最短コースとどのくらいの時間がかかるのかを調べているのですが、どなたかご存知ないでしょうか? 高速道路があるところは高速使って移動するとのことですが、岡山から四国に下りてくるのがいいか、それとも明石大橋を渡るのがいいのか、もしくは、私の知らないコースがあるのか・・ 車でそんなに長い距離を行き来したことがないので、検討もつきません。 ご返答のほど、よろしくお願いいたします。 ちなみに、金曜日の夜の7時に大阪を出るとのことで、割と道はすいているのかも知れないので、昼間の移動はよりは早く来れるのではないかと思っています。 しかし、どれくらいの時間がかかるのかは・・??.

次の