交差 反応 アレルギー。 ペニシリンアレルギーの人にセフェム系は使えるか?【交差反応】

アレルギーの交差反応とは?花粉・果物などの交差抗原性一覧

交差 反応 アレルギー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年5月) アレルゲン(: Allergen)とは、疾患を持っている人のと特異的に反応するのこと。 一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となる物質を言う。 感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原についてもアレルゲンと呼ぶ。 さらに広義には、それに対するアレルギーが多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。 正確には抗体と反応してアレルギーを引き起こす物質(抗原)そのものを指すが、その抗原を含んだ物質(食品など)を指すことも多い。 たとえばにおけるアレルゲンは Cry j 1(クリジェイワン)などの花粉に含まれるが同定されているが、一般にはスギ花粉症のアレルゲンはスギ花粉として認識されている。 アレルギー物質ともいう(とくに、上記の「アレルギーの原因によくなり得る物質」のことや、「アレルゲンを含んだ物質」の意でそう呼ばれる)。 反応のひとつであるにおけるをアンチボディ antibody 、抗原をアンチゲン antigen というが、アレルゲンとはアンチゲンとアレルギーとを合成した造語である。 アレルギーという疾患()の提唱者であるの小児科医がそのように呼んだ。 種類・分類 [ ] アレルギーとアレルゲンの関係は次の様に I から V 型に分類される。 アレルギー反応の分類(GellとCoombs) 反応型 同義語 抗体 抗原 ディエーターサイトカイン 受身伝達 皮膚反応 代表疾患 I型反応 即時型 アナフィラキシー型 IgE IgG4? 外来性抗原• 、、、、TDI、TMA()、薬剤(ハプテン) ヒスタミン ECF-A ロイコトリエン PAFなど 即時型 15-20分で最大の発赤と膨疹 アナフィラキシーショック、アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支喘息、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎? II型反応 細胞障害型 細胞融解型 IgG IgM 外来性抗原(ハプテン)• ペニシリンなどの薬剤 自己抗原• 細胞膜・基底膜抗原 補体系 血清 不適合輸血による溶血性貧血、自己免疫性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、薬剤性溶血性貧血、顆粒球減少症、血小板減少症、 III型反応 免疫複合体型 Arthus型() IgG IgM 外来性抗原• 細菌、薬剤、異種蛋白 自己抗原• 変性IgG、DNA 補体系 リソソーム酵素 遅発型 3-8時間で最大の紅斑と浮腫 血清病、、、糸球体腎炎、過敏性肺炎(III+IV? )、ABPA(I+III+IV? ) IV型反応 遅延型 細胞性免疫 ツベルクリン型 感作T細胞 外来性抗原• 細菌、真菌 自己抗原 リンホカイン IL-2 IFN-r サイトカイン T細胞 遅発型 24-72時間で最大の紅斑と硬結 接触性皮膚炎、アレルギー性脳炎、アトピー性皮膚炎? 、過敏性肺炎(III+IV? )、移植拒絶反応、結核性空洞、類上皮細胞性肉芽腫 これらのうちで代表的なものは、の原因となる花粉、通年性や、の原因となる室内塵()などである。 とくに気管支喘息においては真菌も重要である。 を起こしやすいなど深刻な状態になりやすいのは、食品アレルギーにおけるや、(の)などがよく知られている。 アレルゲンとしてよく知られたものでなくとも、職業上の事情などにより、その物質と長期間接するなどすれば、だんだんと感作が進み、いずれアレルギーを発症することもあるという。 しかしながら、アレルゲンとなるのは上記のような物質中に含まれるまたはタンパクであることがほとんどで、それが人体を構成するタンパク質とは異質(異種タンパク質と呼ぶ)であるため、排除の原理が働いて抗体が産生され、それによって過剰な免疫反応であるアレルギー症状を起こすと考えられている。 その意味では、体内に入っても異物として認識され得ないものは、アレルゲンにもなり得ないと考えられている。 たとえばやなどは抗原にもアレルゲンにもなり得ない(下記のハプテンになり得るものは除く)。 食物アレルギーでは、牛肉、大豆、ピーナッツなど多様である。 日本での調査では、全年齢の食物アレルギーの原因食物は鶏卵38. なお、 原則的には即時型のI型アレルギーにおける環境由来の抗原物質をアレルゲンと呼ぶ。 すなわち、IV型アレルギーのうちの接触性皮膚炎(いわゆるかぶれ)を起こす物質などもアレルゲンではあるが、一般的にはそのようには呼ばない。 たとえばなどがよく知られているが、かぶれをアレルギーと認識することはあまりないこともあり、アレルゲンと呼ぶことは少ない。 [ ] アレルギー疾患患者においては、こうした環境中のアレルゲンを排除するなどして、できるだけ接触しないようにすることが重要とされている。 感作はしていても実際にアレルギーの発症を起こしていないならば無理に避ける必要はないともいわれるが、予防原則の立場からは若干の議論が残るところではある。 交差反応 [ ] たとえば各種のイネ科植物の花粉においては、含まれる抗原の特徴がきわめて似ているため、1種類の花粉のみに感作されていても、同種のイネ科花粉にアレルギー反応を起こすことが知られている。 こうしたことを交差反応という。 すなわち、異なる抗原もアレルゲンになり得る。 交差抗原性があるという。 また、そうした花粉症患者のうち、花粉ではないものに反応する患者もいる。 科花粉症患者によくみられるがそれで、やなど科の果物を食べるとかゆみやしびれなどを感じる。 これら果物で症状がないうちは問題ないと思われるが、かゆみ等出てきた場合ひどくなると呼吸困難等に至りアナフィラキシーショックを起こすこともあるので注意が必要である。 医療機関で果物のアレルギー検査もできる。 業務上ゴム製品に接することの多い人にみられる()アレルギーがあるが、これは、、などの食品と交差抗原性がある。 という。 仮性アレルゲン [ ] アレルゲンそのものではないが、アレルギー発症のメカニズムに関与すると同様な物質を含むなどにより、多く摂取すると症状を悪化させ得ると考えられている物質を仮性アレルゲンと呼ぶ。 とくににおいて、以下のようなものがあると考えられている(鮮度によって異なる場合があるので、不必要に恐れぬこと)。 食物アレルギー以外にはほとんど影響しないと考えられている。 実際の症状への影響において、これらを避けることを疑問視する見方もあるが、アレルギー患者ではなくとも鮮度の落ちた食材によって中毒などの食中毒を起こすことはある。 を含むもの(肉、肉、など)• を含むもの(、、など)• を含むもの(、、など)• を含むもの(、、など)• を含むもの(冷蔵のタラ、など) ハプテンとアジュバント [ ] 分子量が小さいために新たにそれに対する抗体を作ることはないとされているが、既存の抗体と反応する物質がある。 こうした物質をハプテンと呼ぶ。 不完全抗原・部分抗原ともいう。 アレルギー発症にかかわるメカニズムとしては、と結びつくことが考えられており、こうした働きをするタンパク質をキャリアと呼ぶ。 一部の金属アレルギーにおいて、その金属とタンパク質とが結び付くことによってアレルゲンとなり、アレルギーを発症するメカニズムが考えられている。 また、アレルゲンのアレルゲン性を高める、すなわちI型アレルギーであればIgEの産生能力を高める作用を持つ物質もあると考えられており、それをと呼ぶ。 くわしいメカニズムは明らかになっていない。 広義ではアレルギー症状を増悪させ得る物質のことをもアジュバントと呼ぶことがあるが、広義すぎるきらいがある。 増悪物質、刺激物質などと考えるべきであろう。 アレルゲンの失活 [ ] 上記のようにアレルゲンの多くはタンパク質であり、その性質からいって加熱すると構造が変化し、アレルゲン性を失ったり弱くなったりすることがある。 たとえば卵は生よりも加熱したもののほうがアレルギーを引き起こす力が弱いことが知られている。 なども同様であり、口腔アレルギー症候群の患者において、生のは食べられないが加熱したり缶詰などであれば症状を起こさないなどのこともある。 しかしながら、こうした感受性は個人により異なるので、注意は必要である。 補足 [ ] 現在では、にもとづき、食品のの原材料表示に、アレルギー物質として卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生が含まれる場合、使用している旨を表示しなくてはならないように定められている。 脚注 [ ].

次の

トマトアレルギーの超具体的な症状と原因!交差反応がヤバい?

交差 反応 アレルギー

アレルギーについて アレルギー概要 アレルギーとは ヒトなどの動物には、体内に侵入してきた異物に対し、それを排除しようとする生体防衛システム(免疫反応)が備わっています。 しかし、ときとしてこの生体防衛システムが適切に働かず、過剰な免疫反応によって自分自身の器官や組織を壊すことがあります。 これが「アレルギー」です。 アレルギーには、花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど、多くの種類があります。 食物アレルギーは、アレルギー全体の約1割と言われています。 近年のアレルギー事情 生活環境や生活状況および食生活の変化などにより、アレルギー症状を訴える人が急速に増加しています。 いまでは、日本人の3人に1人が何らかのアレルギーをもっていると言われています。 アレルギーの増加の理由に関しては、まだ十分解明されていませんが、衛生状態の改善によって出生児の免疫バランスの是正が不十分となり、それによってアレルギーを引き起こしやすい体質になるという説(衛生仮説)が有力視されています。 すなわち、衛生状態が良くなったことと引き換えに、アレルギーが増加したと考えられています。 アレルギーの中でも、食物によって引き起こされるものを食物アレルギーと呼びます。 食物アレルギーの原因となる食品は様々なものが知られていますが、特にわが国で多いものには、卵、牛乳、小麦、そば、エビ、カニ、ピーナッツ、大豆、魚介類、果物などがあります。 食物アレルギーは、誰もがなるわけではありませんが体質により、なりやすい人やなりにくい人がいます。 しかし、アレルギー体質に転換しても、そのことに気付かない方も増えていると言われています。 食物アレルギー クラス1食物アレルギーとクラス2食物アレルギー 食物アレルギーは、多様性があり、種々の分類があります。 その分類の一つとして、大きくクラス1食物アレルギーとクラス2食物アレルギーに分類する考え方があります。 クラス1食物アレルギーは、原因となるアレルゲンを食べたのち、消化が不十分な状態で消化管から吸収されて体内に抗体ができて(経口感作)、再度同じアレルゲンを食べて抗体と反応することで発症するものです。 症状としては、蕁麻疹、下痢、嘔吐、ショックなど全身症状をきたす場合が多く、かつ原因アレルゲンの特徴として、消化耐性や熱耐性を示すものが多いと考えられています。 このクラス1のアレルゲン惹起食品としては、卵、乳、小麦、大豆など主要タンパク質含量の多い食品が多いという特徴があります。 一方、クラス2食物アレルギーは、花粉抗原やラテックス(天然ゴム)アレルゲンによる経粘膜・経気道感作が先行し、これらに対する抗体ができてから、その後これらのアレルゲンと交差反応を示す植物性食品中の類似分子がアレルゲンとなって食物アレルギーを引き起こします。 症状的には、口腔粘膜周辺での異常(口腔アレルギー症候群:OAS)が中心であり、口の中や喉が痒くなったり、イガイガ感などが一般的ですが、重篤な症状では、気道狭窄や呼吸困難、顔面浮腫などのアナフィラキシー様の症状を起こすこともあります。 クラス2食物アレルギーを引き起こす原因食品は、果実や野菜などが多いですが、近年は大豆やクルミなどの穀類・豆類で発症する事例も報告されています。 この大豆のクラス2食物アレルギーの発症は、カバノキ科(シラカバ、ハンノキ)の花粉症に罹っている成人、特に女性に多く、豆乳類ややわらかい豆腐などの口腔内での吸収性が高い大豆加工食品が、このタイプのアレルギーを引き起こす可能性があると言われています。 タイプの異なる大豆アレルギーについてのご注意! 近年、豆乳類や大豆飲料を主として、一般的な大豆アレルギー(大豆のクラス1食物アレルギー)とはタイプが異なる大豆アレルギーの発症例が報告されることがあります。 これは、前述したような口腔内での違和感などを中心とした症状で、大豆のクラス2食物アレルギーであると考えられます。 「交差反応とは」 体内にアレルゲン(抗原)が侵入すると免疫反応によって抗体(通常はIg抗体)をつくり、抗体がある特定のアレルゲンを認識しますが、交差反応とは、抗体がつくられる元となった抗原とは別の類似の抗原にも結合することを言います。 この抗原は、一般に元となる抗原とよく似た構造をしていることによって起こります。 日本豆乳協会の取り組み 日本豆乳協会では、近年の食物アレルギー事情の実態の知見を得るため、大豆のクラス2食物アレルギーについての研究情報等の収集をつづけています。 その研究成果を公表しつつ、豆乳類に関わるアレルギーについての注意喚起や情報の発信に努めてまいります。

次の

食品別・食物アレルギーのマメ知識

交差 反応 アレルギー

食品の特徴と除去の考え方• 種実(ナッツ)類(クルミ、カシューナッツ、アーモンド、マカダミアナッツ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、ココナッツなど)は、ひとくくりにして除去をする必要はない。 個別に症状の有無を確認する。 ただし、カシューナッツとピスタチオ、クルミとペカンナッツの間には強い交差抗原性がある。 どちらかにアレルギーがあれば、両者を除去する必要がある。 クルミとカシューナッツは、アレルギー表示の推奨品目であり、表示されない場合があることに留意する。 他のナッツ類は推奨品目にもなっていない。 栄養食事指導のポイント• アーモンドやココナッツなどは洋菓子類の粉体材料(パウダー)として使用されることが多い。 製品の外見だけではわかりにくいため、必ず原材料の確認を行うことが必要である。 ただし特定原材料ではないので、表示されない可能性もあることに留意する。

次の