般若心経 全文。 般若心経の内容全文と解説まとめ|知れば心が楽になる「空」の思想|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

般若心経全文 ふりがな

般若心経 全文

スポンサーリンク 般若心経は多くの宗派で読まれる経典 般若心経の正式名称は 『般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう 』と言います。 要約すると 『空 くう 』の思想を説いた全262文字の経典です。 世界的にも大乗仏教の重要な経典として位置づけられ、日本以外の仏教国でも読まれています。 >>> 日本の数ある仏教宗派。 >>> これらの宗派の垣根を超えて読まれているのが般若心経です。 一方で般若心経は謎が多く、 経の解明が完全にはできていません。 宗派ごと、地域ごとなどでも解釈に差異が認められています。 いったい般若心経はどのような意味を持つのか、全文を分解しながら見ていきましょう。 般若心経の全文と意味 般若心経の全文を見てみましょう。 先にも書きましたが、般若心経は全262文字の漢字で構成されています。 摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舍利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是 舍利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 これだけでは さっぱりわからないですよね 笑 それでは区切りながら、読み方と意味を考えてみましょう。 訳し方には様々な考え方がありますが、今回はわかりやすく直訳しています。 摩訶般若波羅蜜多心経• 読み方:まかはんにゃはらみったしんぎょう 般若心経の正式なタイトルです。 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時• 読み方:かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ• 意訳:観音様が智慧の修業を注意深く行っていた時、 観自在菩薩とは「観音様」のことです。 菩薩には「修業中」という意味もあります。 >>> 般若は「智慧 ちえ 」、波羅蜜多は「修業中の菩薩が行う項目」を指します。 特に重要な波羅蜜多を六波羅蜜といい、「智慧波羅蜜多」は六波羅蜜の1つです。 照見五蘊皆空 度一切苦厄• 読み方:しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく• 意訳:色、受、想、行、識の5つがすべて空であると見極め、一切の苦しみや災厄から解放された。 五蘊皆空 ごうんかいくう とは人の存在を表す5つの集まりのこと。 色 物質• 受 感受• 想 表想• 行 意思• 識 識別 これらすべてが空である、という意味です。 照見は「物事の本質を見極めること」なので、上記を見極めると訳すことができます。 度はそのままではわかりにくいですが「渡すこと」仏教では救済 解放された の意味を持ちます。 一切苦厄はそのまま「一切の苦しみや災厄」のことです。 舍利子• 読み方:しゃりし• 意訳:シャーリプトラよ、 舎利子はシャーリプトラというお釈迦様の弟子のことです。 色不異空 空不異色• 読み方:しきふいくう くうふいしき• 意訳:色と空に違いはない、空と色に違いはない。 色と空に違いはない、空と色に違いはない、という繰り返しになります。 色即是空 空即是色• 読み方:しきそくぜくう くうそくぜしき• 意訳:物質は空であり、空は物質である。 先ほどの文と同じ繰り返しです。 受想行識 亦復如是• 読み方:じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ• 感受、表想、意思、識別もまた空である。 受想行識は五蘊皆空の色以外の4つ 受、想、行、識 のことです。 亦復如是は「また同じこと」なので色以外の4つも空であるということです。 スポンサーリンク 舍利子• 読み方:しゃりし• 意訳:シャーリプトラよ、 先ほども出てきましたね。 舎利子はシャーリプトラというお釈迦様の弟子のことです。 是諸法空相• 読み方:ぜしょうほうくうそう• 意訳:あらゆるものは実体がない。 諸法は「あらゆるもの」、空相は「実体はない」ことです。 不生不滅 不垢不浄 不増不減• 読み方:ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん• 意訳:生きることも滅びることもなく、よごれることもきれいになることもなく、増えることも減ることもない。 この3文は漢字の意味の通り読むことができます。 是故空中 無色 無受想行識• 読み方:ぜこくうちゅう むしき むじゅそうぎょうしき• 意訳:それゆえ空である場合は、物質は存在せず、感受、表想、意思、識別も存在しない。 空である場合は、先ほどの五蘊皆空がすべて無と言われています。 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法• 読み方:むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう• 意訳:目・耳・鼻・舌・身体・意志が存在せず、形・音・香り・味覚・触覚・心の対象も存在しない。 漢字の通り、目・耳・鼻・舌・身体・意志がなく、形・音・香り・味覚・触覚・心の対象もないということです。 この二文の6項目はつながっています。 無眼界• 読み方:むげんかい• 意訳:目で見て感じることもできない。 眼界とは「目に見える世界 物質 を見て感じる」ことです。 無がついているため、感じることができないという意味になります。 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽• 読み方:ないしむいしきかい むむみょう やくむむみょうじん• 意訳:また世の中のすべてを感じることもなく、迷うこともなく、迷いがなくなることもない。 意識界は「世の中のすべてのことを感じること」 無明は「煩悩により迷っている状態」 無明尽は「無明をなくすために尽くすこと」です。 すべてに無がついているため、否定となります。 乃至無老死 亦無老死尽• 読み方:ないしむろうし やくむろうしじん• 意訳:また老いて死ぬこともなく、老いて死ぬことがなくなることもない。 老死は言葉の通り「老いて死ぬこと」です。 先ほどの文章と同様ですね。 無苦集滅道• 読み方:むくしゅうめつどう• 意訳:苦しみもその原因もなくすこともなくすための方法もない。 苦集滅道は四諦 したい と言われています。 苦 「生きることによる苦しみ」• 集 「苦しみの原因である迷いの集まり」• 滅 「苦しみの原因である迷いを滅すること」• 道 「理想な状態になるための方法」 を表します。 無智亦無得• 読み方:むちやくむとく• 意訳:知ることもなければ得ることもない。 智は「知ること」、得は「得ること」です。 以無所得故• 読み方:いむしょとくこ• 意訳:よって得ることがないから、 所得は「得ること」です。 スポンサーリンク 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙• 読み方:ぼだいさつた えはんにゃはらみったこ しんむけいげ• 意訳:菩薩は智慧に依存するがゆえ、心にさまたげがない。 菩提薩埵は「悟りを求めているもの 菩薩 」のことです。 般若波羅蜜多は「智慧」を指します。 罣礙 けいげ はむずかしい読み方ですが意味は「覆うもの」です。 無罣礙故 無有恐怖• 読み方:むけいげこ むうくふ• 意訳:心にさまたげがないゆえ、恐怖がない。 有恐怖はそのまま「恐怖がある」ことです。 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃• 読み方:おんりいっさいてんどうむそう くうぎょうねはん• 意訳:あらゆる誤った考えから遠く離れているので、心が安らいだ状態に行き着くことができる。 顛倒 てんどう は「さかさま」を意味するのでここでは「誤った考え」と訳せます。 究竟は「行き着く」こと。 涅槃は「心が安らいだ状態」のことです。 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提• 読み方:さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ とくあのくたらさんみゃくさんぼだい• 意訳:過去・現在・未来の仏は、智慧に依存するがゆえ、完全な悟りを得る。 三世は「過去・現在・未来」を指します。 諸仏は「もろもろの仏」です。 阿耨多羅三藐三菩提 あのくたらさんみゃくさんぼだい はむずかしいですが「完全な悟り」と訳すことができます。 故知般若波羅蜜多• 読み方:こち はんにゃはらみった• 意訳:ゆえに知るべきである。 智慧は、 今までの文と同様に読むことができます。 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪• 読み方:ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ• 意訳:偉大な神 仏 の真言であり、偉大な悟りの真言であり、この上ない真言であり、他と比較できない真言である。 是は「これ」という意味でここでは「智慧」のことを指します。 似たような文が並んでいますが、それぞれ以下の意味を持ちます。 大 「偉大」• 神 「神様」• 呪 「真言」• 明 「悟り」• 無上 「この上なき」• 無等等 「比較できない」 呪は「呪い」ではなく「呪文 真言、マントラ 」のことで、ネガティブな意味ではありません。 能除一切苦 真実不虚• 読み方:のうじょいっさいく しんじつふこ• 意訳:あらゆる苦しみを取り除く効果があり、真実である。 この文は漢字そのままの意味です。 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰• 読み方:こせつはんにゃはらみったしゅ そくせつしゅわっ• 意訳:最後に智慧の真言を述べる。 次のような真言である。 いよいよ結論です。 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶• 読み方:ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか• 意訳:往きて往きて 彼岸に往きて 彼岸に到達した僧侶は 悟りである。 ここは真言の中身なので、訳してはいけないとも言われています。 とはいえそのままだとただの呪文になってしまうので、訳してみました。 だいたいの意味は上記のようになります。 観音様が智慧の修業を注意深く行っていた時、 色、受、想、行、識の5つがすべて空であると見極め、 一切の苦しみや災厄から解放された。 シャーリプトラよ、物質は空ではなく、空は物質ではない。 物質は空であり、空は物質である。 感受、表想、意思、識別もまた空である。 シャーリプトラよ、あらゆるものは実体がない。 生きることも滅びることもなく、よごれることもきれいになることもなく、増えることも減ることもない。 それゆえ空である場合は、物質は存在せず、感受、表想、意思、識別も存在しない。 目・耳・鼻・舌・身体・意志が存在せず、形・音・香り・味覚・触覚・心の対象も存在しない。 目で見て感じることもできない。 また世の中のすべてを感じることもなく、迷うこともなく、迷いがなくなることもない。 また老いて死ぬこともなく、老いて死ぬことがなくなることもない。 苦しみもその原因もなくすこともなくすための方法もない。 知ることもなければ得ることもない。 よって得ることがないから、菩薩は智慧に依存するがゆえ、心にさまたげがない。 心にさまたげがないゆえ、恐怖がない。 あらゆる誤った考えから遠く離れているので、心が安らいだ状態に行き着くことができる。 過去・現在・未来の仏は、智慧に依存するがゆえ、完全な悟りを得る。 ゆえに知るべきである。 智慧は、偉大な神の真言であり、偉大な悟りの真言であり、この上ない真言であり、他と比較できない真言である。 あらゆる苦しみを取り除く効果があり、真実である。 最後に智慧の真言を述べる。 次のような真言である。 往きて往きて 彼岸に往きて 彼岸に到達した僧侶は 悟りである。 ほぼほぼ直訳しているので、これでも少しわからない部分はありますよね。 般若心経の捉え方、訳し方は人によって異なるので、様々な考え方があります。 今回は基本に忠実に文章の通りに訳してみました。 言っている内容がわかると、お経を聞いた時の印象も変わるかもしれませんね。

次の

般若心経とは?専門用語を使わない和訳と、その意味

般若心経 全文

全国の 葬儀場• 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 全国の 火葬場• 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 葬儀の 知識• 01 02 03 04 05 06• 07 08 09 10• 般若心経とは? 般若心経は仏教経典です。 欧米諸国でも数多く翻訳されており、 "世界で一番有名なお経"とも、いわれています。 仏教経典とはお釈迦さまが説いた教えを記録した書物のことで、浄土真宗や日蓮宗を除くほとんどの宗派で法要の際には必ずと言ってよいほど般若心経が唱えられます。 般若心経の意味 般若心経は仏教のうち、大乗仏教の"般若"や、 "空"(くう)という思想を説いた経典です。 "般若"とは "悟り"の意味を指します。 般若と聞くと、鬼のような形相をした、恐ろしい顔を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? しかし、実は、般若とは、もともとサンスクリット語で、 「悟り」や 「智慧」という意味です。 なぜ、般若=鬼をイメージさせることになったかは諸説があるようですが、必ずしも定説はないようです。 ですので、般若心経とは、悟りを得るための経典という意味となります。 また、"空"とは、すべての存在は因縁によって生じたものであり実体のないものであるとする思想のことをいいます。 内容は、深く知ろうとすればするほど、複雑で理解が難しいものとなりますが、何千年も前から、宗教として考えられている深い考えなので、難しくて当たり前ですよね。 ものすごくシンプルに言うと、あらゆるものは、 「からっぽ」、 「無」なのである、だから、目の前にある苦しみや迷いも存在しない、恐れることなく、悟りの境地に向かおう、とする思想を表しています。 "空"に関しては、『 色は空に異ならず。 空は色に異ならず。 色は即ち是れ空。 空は即ち是れ色。 受想行識もまたかくの如し。 』という、 「色即是空」という言葉が一番有名です。 その意味は、『 物質は「空」と異なるところはありません。 「空」も物質と異なるところはありません。 物質は、「空」であり、「空」はすなわち物質のことです。 感覚、自分の考え、意思、行動、あらゆるものの実体は存在しないのです。 』というものとなります。 こうした般若心経をご葬儀であげることには、二つの意味があります。 1つ目は、亡くなった方へのご供養という趣旨と、2つ目は、こうした経典により残された方を励まし、教え導く意味を持っています。 般若心経の歴史と由来 般若心経において、実際に教えを説くのは観音菩薩であり、釈迦如来が本尊として登場します。 なお、菩薩や如来というのは良く聞きますが、どのような意味なのでしょうか?実は、「悟り」と一口に言っても、低いさとりから高いさとりまで、全部で52の位があり、こうした位がある中で、如来は最高位であり、菩薩は如来になるために努力している人を指しますので、如来の方が偉いということとなります。 そもそも宗教には、 「経(教え)」「律(戒め)」「論(道理)」の3つの種類があり、その中の 「経」が、仏が教えを説いたものとされます。 釈迦は弟子に教える時に文書に残さず、口伝していたので弟子たちの間で教えへの解釈に矛盾が生じました。 そこで弟子たちは、 「結集」という会議を開いて、釈迦の教えである 「仏典」の整理を行いました。 結集は、仏滅後約500年の間に4回ほど行われ、そこで 「経」「律」「論」の三蔵が生まれたといわれています。 そして後に、古代インドのパーリ語やサンスクリット語で書き残されたのです。 般若心経の漢訳 かんじざいぼさつ 観自在菩薩 ぎょうじんはんにゃはらみったじ 行深般若波羅蜜多時 しょうけんごうんかいくう 照見五蘊皆空 どいっさいくやく 度一切苦厄 しきふいくう 色不異空 くうふいしき 空不異色 しきそくぜくう 色即是空 くうそくぜしき 空即是色 じゅそうぎょうしき 受想行識 やくぶにょぜ 亦復如是 しゃりし 舎利子 ぜしょほうくうそう 是諸法空想 ふしょうふめつ 不生不滅 ふくふじょう 不垢不浄 ふぞうふげん 不増不減 ぜこくうちゅうむしき 是故空中無色 むじゅそうぎょうしき 無受想行識 むげんにびぜつしんに 無限耳鼻舌身意 むしきしょうこうみそくほう 無色声香味触法 むげんかいないしむいしきかい 無限界乃至無意識界 むむみょう 無無明 やくむむみょうじん 亦無無明尽 ないしむろうし 乃至無老死 やくむろうしじん 亦無老死尽 むくしゅうめつどう 無苦集滅道 むちやくむとく 無知亦無得 いむしょとくこ 以無所得故 ぼだいさった 菩提薩垂 えはんにゃはらみった 依般若波羅蜜多 こしんむけいげ 故心無圭礙 むけいげこむうくふ 無圭礙故無有恐怖 おんりいっさいてんどうむそう 遠離一切転倒夢想 くきょうねはん 究境涅槃 さんぜしょぶつ 三世諸仏 えはんにゃはらみつたこ 依般若波羅蜜多故 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい 得阿耨多羅三藐三菩提 こち 故知 はんにゃはらみった 般若波羅蜜多 ぜだいじんしゅ 是大神呪 ぜだいみょうしゅ 是大明呪 ぜむじょうしゅ 是無上呪 ぜむとうどうしゅ 是無等等呪 のうじょいっさいく 能除一切苦 しんじつふこ 真実不虚 こせつはんにゃはらみつたしゅ 故説般若波羅蜜多呪 そくせつしゅわつ 即説呪曰 ぎゃていぎゃていはらぎゃてい 羯帝羯帝波羅羯帝 はらそうぎゃてい 波羅僧羯帝 ぼうじ 菩提 そわか 僧莎訶 はんにゃしんぎょう 般若心経 般若心経の和訳 観音菩薩が深遠な知恵を完成するための実践をされている時、人間の心身を構成している五つの要素はいずれも本質的なものではない事を見極めて、そしてすべての苦しみが取り除かれたのである。 そして舎利子に向かい、次のように述べた。 舎利子よ、形あるものは実体がないことと同じことであり、実体がないからこそ一時的な形あるものとして存在するものである。 したがって、形あるものはそのままで実体なきものであり、実体がないことがそのまま形あるものとなっているのだ。 残りの、心の四つの働きの場合も、まったく同じことなのである。 舎利子よ、この世の中のあらゆる存在や現象には、実体がない、という性質があるから、もともと、生じたということもなく、滅したということもなく、よごれたものでもなく、浄らかなものでもなく、増えることもなく、減ることもないのである。 したがって、実体がないということの中には、形あるものはなく、感覚も念想も意志も知識もないし、眼・耳・鼻・舌・身体・心といった感覚器官もないし、形・音・香・味・触覚・心の対象、といったそれぞれの器官に対する対象もないし、それらを受けとめる、眼識から意識までのあらゆる分野もないのである。 さらに、悟りに対する無知もないし、無知がなくなることもない、ということからはじまって、ついには老と死もなく老と死がなくなることもないことになる。 苦しみも、その原因も、それをなくすことも、そしてその方法もない。 知ることもなければ、得ることもない。 かくて、得ることもないのだから、悟りを求めている者は、知恵の完成に住する。 かくて心には何のさまたげもなく、さまたげがないから恐れがなく、あらゆる誤った考え方から遠く離れているので、永遠にしずかな境地に安住しているのである。 したがって次のように知るがよい。 知恵の完成こそが偉大な真言であり、悟りのための真言であり、この上なき真言であり、比較するものがない真言なのである。 これこそが、あらゆる苦しみを除き、真実そのものであって虚妄ではないのである、と。 そこで最後に、知恵の完成の真言を述べよう。 すなわち次のような真言である。 往き往きて、彼岸に往き、完全に彼岸に到達した者こそ、悟りそのものである。 めでたし。 知恵の完成についてのもっとも肝要なものを説ける。 ーこの訳は、故花山勝友氏によるものです。 これは人間の感覚についても同じである。 そして実体がないのであれば、 生まれることもなく消えることもなく 汚れることもなく清らかでもなく 増えもせず減りもしないのだ" と、呼びかけています。 真の世界では、目に見えるものやそれによって感じたこと、思ったことは全て存在せず、無知からくる悩みもありません。 しかしその悩み自体は尽きることはなく、苦しみも、それを解決する方法も、それを知る方法もない事を第3ブロックでは書かれています。 苦しみを知る観音菩薩だからこそ、全ての夢想・欲から離れることでニルヴァーナへと至ることができたのでしょう。 "往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ" この言葉により、苦しみは解き放たれるとされています。 苦しみから解き放されること、それこそが般若心経なのです。 【空】の思想とは? 般若心経の 「空」の思想を理論化したのは、古代インドの哲学者ナーガルジュナです。 ありとあらゆる物事は、全て 「空」なのです。 たしかにそこに 「空」は在るのです。 在るのは現象だけであって、その実体は存在しない。 この世に存在するあらゆる物事は絶えず移り変わり永遠不変なるものは存在せず、全ての物事には必ずそれが起こった原因がありあらゆるものは他との関係が縁となることで存在する。 この世の全ての存在は 「空」であると理解されるのです。 【真言】の修行法と意味 般若心経の後半でも唱えられる 「般若波羅蜜多」。 この修行は 「真言」を繰り返し唱える 「念誦法」と呼ばれる方法で行う修行です。 「真言」を繰り返して唱えてそれ自身に集中し瞑想し一体化し、自分が普段体験していることや外界の存在など 「現実」を対象にして観察する。 そして実際には存在しないこと、すなわち 「空」であることを認識して理解する修行である。 そもそも 「真言」とは、 「いつわりのない真実の言葉、秘密の言葉」という意味を持つ。 「呪」や 「神呪」と理解される場合もある。 般若心経についてのまとめ 知れば知るほど般若心経は興味深く、そして魅力的な意味を持つものでした。 「空」の考え方に身を置くと心が解かれ楽になる気がします。 それこそが般若心経の教えであり、救いなのではしょうか。 新型コロナウイルスの鎮静を願う「僧侶読経・法話リレープロジェクト」 当社、ライフエンディングテクノロジーズ株式会社は、全国の僧侶と連携し「医療崩壊を防ぐために新型コロナと向き合ってくださっている医療関係者」へのチャリティーを行います。 新型コロナウイルス鎮静を祈願するため、100人僧侶般若心経読経・法話リレープロジェクトを行い、本プロジェクトにより得た収益は全額「医療従事者の方へのマスクなどの寄付」として使用させていただきます。 賛同を頂ける寺院・僧侶の募集も行っております。

次の

般若心経の全文と読みかたと分かりやすい意味はこのとおり

般若心経 全文

般若心経 般若心経は、非常に有名なで、「 天下第一のお経」ともいわれます。 を開いたは、「 簡にして要、約にして深し」と言っています。 と以外なら、でもでも、でもでもでもよく読まれたり、写経されます。 大変親しまれているため、あのラフカディオ・ハーンの「 耳無芳一」の体に書かれた経文も般若心経です。 しかしその内容は初心者向けではなく、まるで仏教の教えを否定しているかのような危険な側面もあります。 一体どんなお経なのでしょうか? 般若心経の特徴 『 般若心経』は詳しく言うと『 般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう)』です。 略して『 心経(しんぎょう)』ともいわれます。 まず、タイトルの『 般若波羅蜜多心経』はどんな意味かというと、「 般若」とは、のことです。 「 波羅蜜多」はの「 波羅蜜」と同じことで、意味は「 に到る」ということです。 「 彼岸」とはのことですから、浄土へ渡る、ということです。 「 心」とは、要を抜き出したということです。 実際、『 大品般若経』30巻や『 大般若波羅蜜多経』600巻の中には、大変よく似たところがあります。 それらの膨大な般若経の核心を簡潔に説き明かされたお経であり、私たちを彼岸へ導こうとされたお経なのです。 般若心経の種類 漢文の『 般若心経』には、実は8種類の異なった翻訳が現存しています。 翻訳された時代順に並べると以下のようになります。 1.『 摩訶般若波羅蜜大明呪経』鳩摩羅什訳 2.『 般若波羅蜜多心経』玄奘訳 3.『 仏説般若波羅蜜多心経』義浄訳 4.『 普遍智藏般若波羅蜜多心経』法月 5.『 般若波羅蜜多心経』般若・利言譯 6.『 般若波羅蜜多心経』智慧輪訳 7.『 聖佛母般若波羅蜜多経』施護訳 8.『 般若波羅蜜多心経』法成訳 この中で、普通『 般若心経』として広まっているのは、2番目の(げんじょう)が翻訳したものです。 インドのサンスクリット語の般若心経には、最澄が中国から伝えた小本と、ネパールで発見された大本の2つがあります。 大本というのは、小本にはない最初と最後の部分があります。 漢訳経典の1と2は小本に対応し、4から8は、大本に対応しています。 ここでは、一番一般的な玄奘訳の『 般若心経』を解説していきます。 般若心経の全文 まず最初に、以下が『 般若心経』の全文です。 仏説・摩訶般若波羅蜜多心経 ・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。 色不異空、空不異色、、空即是色。 受・想・行・識・亦復如是。 舎利子。 是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。 是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。 無眼界、乃至、無意識界。 無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。 無苦・集・滅・道。 無智、亦無得。 以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。 三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。 故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。 故説、般若波羅蜜多呪。 即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。 般若心経 玄奘の翻訳には「 遠離・一切」の所の一切がなく、260字ですが、よく広まっているのは、上記のような、一切を加えた262字です。 これを書き下すと以下のように読みます。 般若心経の書き下し文 、深般若波羅蜜多を行じし時、五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度したまえり。 、色は空に異ならず、空は色に異ならず。 色はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち色なり。 受想行識もまたまたかくのごとし。 舎利子、この諸法の空相は、不生にして不滅、不垢にして不浄、不増にして不減なり。 この故に、空の中には、色もなく、受想行識もなし。 眼耳鼻舌身意もなく、色声香味触法もなし。 眼界もなく、乃至、意識界もなし。 無明もなく、また無明の尽くることもなし。 乃至、老死もなく、また老死の尽くることもなし。 苦集滅道もなし。 智もなく、また得もなし。 無所得を以ての故に。 菩提薩埵の、般若波羅蜜多に依るが故に、心に罣礙なし。 罣礙なきが故に、恐怖あることなし。 一切の顚倒夢想を遠離し究竟涅槃す。 三世諸佛も般若波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり。 故に知るべし、般若波羅蜜多のこの大神呪、この大明呪、この無上呪、この無等等呪を。 よく一切の苦を除き、真実にして虚しからず。 故に般若波羅蜜多の呪を説く。 すなわち呪を説いて曰く、 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 般若心経が説かれた場面 この『 般若心経』はどんな意味なのでしょうか? まず『 般若心経』がどのようなときに説かれたのかというと、そのことが『 般若心経』の大本の冒頭部分に説かれています。 お釈迦さまが、お弟子たちやと共に、当時インド最強だったマガダ国の首都・王舎城の、霊鷲山という山におられたときのことです。 お釈迦さまは、三昧という心を一つにした状態にに入っておられました。 そのとき、のを表す菩薩であるが、般若の智慧を実践して一切は空であると見抜き、一切の苦しみから救われました。 すると、釈迦の一人である尊者が、「 般若の智慧を完成したいときにはどうすればいいのでしょうか」と観音菩薩に質問します。 その時、観音菩薩が舎利弗尊者に説かれたのが、『 般若心経』です。 般若心経の目的 まず最初に、「 観自在菩薩、深般若波羅蜜多を行じし時、五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度したまえり」と説かれています。 まず、「 観自在菩薩」とは、観音菩薩といっても同じです。 インドの言葉で説かれているお経を中国の言葉にするときの翻訳の違いです。 (くまらじゅう)の翻訳では「 観音菩薩」といわれますが、の翻訳では「 観自在菩薩」といわれます。 観音菩薩は、阿弥陀如来のを表す菩薩です。 「 深般若波羅蜜多を行ずる」とは、般若の智慧を完成されたということですが、それは、六波羅蜜を実践されたということです。 「 六波羅蜜」とは、 1.(ふせ)、 2.(じかい)、 3.(にんにく)、 4.(しょうじん)、 5.(ぜんじょう)、 6.(ちえ)の6つです。 その結果が、「 五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度したまえり」ということです。 『 般若心経』が目的としているのは、ここに説かれているように、「 一切の苦厄を度する」ことです。 つまり、一切の苦しみを救う、ということです。 そもそも仏教の目的が、すべての人の苦しみを救うことなのです。 『 般若心経』もそのために説かれているのです。 これを忘れてしまうと、お経の表面的な意味を理解したとしても、要の抜けた頭だけの遊びになってしまいます。 このことをよく心に置いて、意味を理解するようにしてください。 般若心経の心臓部分 この「 五蘊皆空(ごうんかいくう)」が、般若心経に説かれる内容を一言で表した心臓部です。 有名な「 」もこの一部分に過ぎません。 五蘊(ごうん)とは 五蘊とは、人間を構成している5つのものです。 「 蘊」とは、積集(しゃくじゅう)ということで、集まりのことです。 その5つとは、色蘊、受蘊、想蘊、行蘊、識蘊の5つです。 「 色蘊(しきうん)」とは、肉体や、その他の物質のことです。 「 受蘊(じゅうん)」とは、苦楽を感受する働きです。 「 想蘊(そううん)」とは、認識する働きです。 「 行蘊(ぎょううん)」とは、意思をはじめとする、受蘊、想蘊以外の心の働きすべてです。 「 識蘊(しきうん)」とは、心のことです。 このように、色蘊は肉体や世界、受蘊・想蘊・行蘊は心の働き、識蘊は心のことですので、五蘊とは、心身のことです。 その五蘊は、「 皆空」である、というのが「 五蘊皆空」です。 皆空とは 「 空」とはどんなことでしょうか? それを知るには、仏教の根幹である、因果の道理を知らなければなりません。 因果の道理とは、この世のすべては、因と縁がそろって生じている、ということです。 これをお釈迦さまは、 「 一切法は因縁生なり」(大乗入楞伽経) と説かれています。 「 一切法」とは万物のことです。 因縁生とは、因と縁がそろって生じている、ということです。 「 因」とは直接的な原因で、 「 縁」とは間接的な原因のことです。 例えば、米という結果を得るためには、因はモミダネです。 ところが、モミダネを机の上に置いていても、米にはなりません。 他にも、水や土、温度、栄養など、色々なものが必要です。 これらを縁といいます。 因だけでも結果は起きませんし、縁だけでも結果は起きません。 すべてのものは、因と縁が結合して生じている、ということです。 したがって、一切に固有の実体はありません。 これを分かり易く教えた歌が、 「 引き寄せて 結べば柴の庵にて 解くれば 元の野原なりけり」 「 庵」とは、テントのようなものです。 野原で草を引き寄せて、上の部分を縛ると、簡単な庵を作ることができます。 ところが、その庵には、固有の実体はありません。 草という因と縛られたという縁がそろって、一時的に庵になっているだけで、上の部分がほどかれると庵はなくなります。 しかし、無になるのではありません。 元の野原になります。 これは、どんなものでも同じです。 例えばパソコンにも固有の実体はありません。 色々な部品が組み立てられて、一時的にパソコンになっていますが、分解すると、パソコンはなくなります。 しかし無になるのではありません。 ディスプレイやキーボード、演算処理装置、記憶媒体などの部品になります。 それらの部品も、一時的にディスプレイやキーボードなだけで、分解すると、ディスプレイもキーボードもなくなります。 しかし無になるのではなく、別の何かになります。 現代物理学では、そうやって分解していった一番小さい要素は、素粒子になります。 素粒子には大きさはありません。 ではなぜこの世に大きさがあるのかというと、大きさのない素粒子の相互関係によって、大きさのある世界ができています。 つまり、物理学でもこの世に実体はないのです。 従って、五蘊にも実体はありません。 私たちの心にも体にも、実体はないのです。 これは仏教の根幹である因果の道理から必然的に出てくることです。 観音菩薩は因果の道理にしたがって六波羅蜜を実践し、五蘊皆空と知らされ、一切の苦しみの解決を体験されたのです。 色即是空とは? 次に、有名な「 色即是空」が出てくるところです。 ここで「 五蘊皆空」を、このように詳しく説明しています。 「 舎利子、色は空に異ならず、空は色に異ならず。 色はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち色なり。 受想行識もまたまたかくのごとし」 「 舎利子(しゃりし)」とは、釈迦十大弟子の一人、智慧第一の舎利弗(しゃりほつ)尊者のことです。 観音菩薩が、舎利弗から質問を受けたので、呼びかけられたのです。 「 色」とは、色蘊のことで、物質的なものです。 「 色は空に異ならず」というのは、物質的なものに実体はないということです。 では何も無いのかというと、そうではありません。 次に「 空は色に異ならず」といわれています。 によって物質的なものが生じているということです。 このことを言葉を変えて、「 色はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち色なり」と解かれています。 「 受想行識もまたまたかくのごとし」とは、色蘊以外の、受蘊も想蘊も行蘊も識蘊も同じことである、ということです。 例えば受蘊でいえば、 「 受は空に異ならず、空は受に異ならず。 受はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち受なり」 ということです。 識蘊でいえば、 「 識は空に異ならず、空は識に異ならず。 識はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち識なり」 ということです。 一切は生ずることも滅することもない 次に、この五蘊皆空を別の側面からこのように教えられています。 「 舎利子、この諸法の空相は、不生にして不滅、不垢にして不浄、不増にして不減なり」 「 諸法」とは、万物のことで、五蘊と同じです。 万物の空である姿は、生ずることも滅することもないというのは、因縁が結合したり離れたりするだけで、無から有が生じたり、有ったものが無くなったりしているわけではない、ということです。 「 不垢にして不浄」とは、汚いとかきよらかということも因縁によるもので、汚い実体とかきよらかな実体はないということです。 例えば、唾液は、吐き出すとみんな汚いと思いますが、口の中にあるときは、殺菌作用で口の中をきれいにするものです。 誰もが汚いと思う排泄物も、体内にあるときは、食べ物だったり、腸内環境をよくする善玉菌だったりします。 体の外に出た途端、みんな汚いと思います。 このように、すべては因縁によって生じているのであって、汚いとかきよらかな実体というものもないのです。 「 不増にして不減」というのも、「 不生にして不滅」と同じように、すべては因縁がくっついたり離れたりしているだけで、何かが増えたり減ったりしているのではない、ということです。 その結果、どうなるのでしょうか? この世のすべて(十八界)に実体はない 次に、このように説かれています。 「 この故に、空の中には、色もなく、受想行識もなし。 眼耳鼻舌身意もなく、色声香味触法もなし。 眼界もなく、乃至、意識界もなし」 まず、「 この故に、空の中には、色もなく、受想行識もなし」は、五蘊皆空を繰り返されています。 「 空の中には」とは、すべては因縁によって生じているのだから、ということです。 「 色もなく」とは、今あると思っている物質(色蘊)も、因縁が離れたら別のものになるので、なくなってしまう、ということです。 「 受想行識もなし」とは、今あると思っている苦楽の感覚(受蘊)も、イメージ(想蘊)も、意思(行蘊)も、心(識蘊)も、因縁が離れたら別のものになるので、なくなってしまう、ということです。 この世のすべてに実体はないのです。 次の「 眼耳鼻舌身意もなく、色声香味触法もなし。 眼界もなく、乃至、意識界もなし」も、この世のすべてに実体はないということを、少し別の角度からさらに詳しく説かれたものです。 一言でいうと、認識の働きも、認識の対象も、認識の主体も、実体がないということです。 まず「 眼耳鼻舌身意」とは、認識する働きである六根のことです。 次の6つです。 眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根 「 眼耳鼻舌身意もなく」とは、これらの認識する働きも、たまたま因縁がそろって存在しているだけで、因縁が離れるとなくなる、ということです。 たとえば、視神経が損傷して目が見えなくなったり、聴覚神経がやられて耳が聞こえなくなったりします。 認識の働きにも実体はないということです。 次に、「 色声香味触法」とは、六根が認識する対象の六境のことです。 次の6つです。 色境・声境・香境・味境・触境・法境 「 色声香味触法もなし」とは、これらの六境も、たまたま因縁がそろって存在しているだけで。 因縁が離れるとなくなります。 目に見えるものも、耳に聞こえるものも、実体はないことを「 色声香味触法もなし」といわれているのです。 次に、「 眼界もなく、乃至、意識界もなし」の眼界とか意識界とは、六根と六境に、認識する主体である、六識を加えたものです。 六識とは次の6つです。 眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識 これらの18は、以下のように対応しています。 例えば目が見えなくなれば眼識はなくなりますし、耳が聞こえなくなれば耳識はなくなります。 死ぬと、これらの心はすべて滅びます。 このように、これらの十八界すべてに実体はないことを「 眼界もなく、乃至、意識界もなし」といわれているのです。 12の迷いの原因(十二因縁)にも実体がない 次に「 無明もなく、また無明の尽くることもなし。 乃至、老死もなく、また老死の尽くることもなし」といわれています。 「 無明」とか「 老死」とは「 」のことです。 十二因縁とは、私たちの12の迷いの原因を教えられたものです。 お釈迦さまは、この十二因縁を発見され、さとりを開かれた、と説かれています。 その十二因縁とは、1無明・2行・3識・4名色・5六処・6触・7受・8愛・9取・10有・11生・12老死のことです。 この一番最初の「 無明」と最後の「 老死」を挙げて、途中を「 乃至」で省略して、十二因縁を表しているのです。 「 無明もなく、老死もない」というのは、これらの「 十二因縁」に実体がないということです。 すでに五蘊皆空と説かれ、識にも受にも想にも行にも色にも、この世のすべてに実体がないことを明らかにされましたので、十二因縁にも実体はありません。 十二因縁に実体がない以上、十二因縁が尽きるということにも実体がありません。 そのことを「 無明もなく、また無明の尽くることもなし。 乃至、老死もなく、また老死の尽くることもなし」と説かれているのです。 4つの真理(四聖諦)にも実体がない 次に「 苦集滅道もなし」と説かれています。 「 苦集滅道」とは、のことです。 四聖諦とは、4つののことで、 「 苦諦」……「 人生は苦なり」という真理 「 集諦」……苦しみの原因を明かした真理 「 滅諦」……真の幸福を明かした真理 「 道諦」……真の幸福になる道を明かした真理 の4つです。 略して「 苦集滅道」といいます。 「 苦集滅道もなし」とは、これら四聖諦にも実体はない、ということです。 智慧も所得もない 次に「 智もなく、また得もなし。 無所得を以ての故に」と説かれています。 「 智」とは智慧のことです。 『 般若心経』の「 般若」は、智慧のことですから、ここまで説かれてきた、十八界も十二因縁も四聖諦も実体がないという五蘊皆空が智慧だろうと思います。 ところが智慧は、六波羅蜜を行じて体得するものであり、もせずに頭だけで考えてイメージするようなものではありません。 知る私が空なのです。 それで「 智もなく」と否定されているのです。 智慧ばかりではありません。 次の「 得もなし、無所得を以ての故に」とは、五蘊皆空ですから、何かを知ったり得たりする私も空なら、得る対象も空なので、得るということもない、ということです。 六波羅蜜を実践して高い悟りを開くと、無所得の境地に至るのです。 般若波羅蜜多の功徳 次に「 菩提薩埵の、般若波羅蜜多に依るが故に、心に罣礙なし。 罣礙なきが故に、恐怖あることなし。 一切の顚倒夢想を遠離し究竟涅槃す。 三世諸佛も般若波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり」 と説かれています。 「 菩提薩埵」とは、菩薩のことです。 「 般若波羅蜜多」とは、「 般若」とは智慧のことで、「 波羅蜜多」とは、彼岸に到ることですから、彼岸に渡る智慧です。 菩薩は六波羅蜜を行じて、彼岸に渡る智慧が完成すると、心に罣礙がなくなるということです。 罣礙とは、さわりということで、のことです。 「 罣礙なきが故に、恐怖あることなし」とは、煩悩がなくなると恐怖がなくなるということです。 恐怖の中でも最大の恐怖は、かという恐怖です。 その死のもなくなります。 「 一切の顚倒夢想を遠離し究竟涅槃す」からです。 「 顚倒」とは逆立ちしていることで、間違った考えです。 「 夢想」も同じことで、妄想であり間違った考えです。 智慧を完成すれば、一切の間違った考えを離れて、死ぬと究極のに入ると教えられています。 次に「 三世諸佛も般若波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり」と説かれています。 三世の諸仏とは、過去、現在、未来の一切の仏のことです。 地球上ではを開かれた方は、お釈迦さまただお一人ですが、大宇宙には、数え切れないほどのたくさんの仏様がおられるとお釈迦さまは説かれています。 それらの沢山の仏方を三世諸仏といわれています。 「 阿耨多羅三藐三菩提」とは、仏のさとりのことです。 過去、現在、未来のすべての仏さまも、彼岸に渡る智慧によって、仏のさとりを開かれたのだ、ということです。 般若波羅蜜多のまことの言葉の素晴らしさとは? 最後に、般若波羅蜜多のまことの言葉を説かれています。 「 故に知るべし、般若波羅蜜多の この大神呪(だいじんしゅ)、 この大明呪(だいみょうしゅ)、 この無上呪(むじょうしゅ)、 この無等等呪(むとうどうしゅ) を。 よく一切の苦を除き、真実にして虚しからず」 まず、「 呪」というのは、のことではありません。 真言のことです。 真言とは、まことの言葉ということです。 私たち人間の言葉は嘘偽りばかりですが、仏の言葉には「 仏語に虚妄なし」といわれるように、決してはないのです。 「般若波羅蜜多のまことの言葉」を4通りにすばらしいといわれています。 「 大神呪」とは、なまことの言葉 「 大明呪」とは、明らかなまことの言葉 「 無上呪」とは、この上ないまことの言葉 「 無等等呪」とは、並ぶもののないまことの言葉 ということです。 「 般若波羅蜜多」とは、彼岸に渡る智慧ということですから、次の 「 よく一切の苦を除き、真実にして虚しからず」とは、観音菩薩のように六波羅蜜を実践し、彼岸に渡る智慧を完成すれば、自分の苦しみも他人の苦しみも本当に除くことができる、ということです。 般若心経の結論とは? では、般若波羅蜜多のまことの言葉とは具体的には何でしょうか? 次にこのように説かれます。 「 故に般若波羅蜜多の呪を説く。 すなわち呪を説いて曰く、 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」 これは「 般若波羅蜜多のまことの言葉」とは、「 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」である、ということです。 「 羯諦」とは行くということです。 「 波羅」とは、向こうへ、ということです。 般若波羅蜜のまことの言葉ですから、向こうというのは彼岸であり浄土のことです。 ですから「 波羅羯諦」は彼岸へ往くことです。 次の「 波羅僧羯諦」の「 僧羯諦」は、到達するということですから、浄土へ往くということです。 「 菩提薩婆訶」の「 菩提」は仏のさとり、「 薩婆訶」は成就ということです。 ですから、このまことの言葉の意味は、「 仏道を求め、完成して、浄土へ往って仏に生まれた」ということです。 こうして観音菩薩は、舎利弗のどのように般若の智慧を完成すればいいのかという質問に答え終わったのです。 それは、五蘊皆空の因果の道理を信じて、彼岸へ向かって布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧の六波羅蜜を実践しなさい、ということです。 それを聞かれたお釈迦さまは「その通りだ、そのように実践しなさい」といわれています。 これが般若心経の結論です。 般若心経の位置づけ この『 般若心経』で気をつけなければならないのは、「 十二因縁」や「 四聖諦」などの仏教の基本的な教えをあたかも否定しているかのように誤解しやすい所です。 ですから『 般若心経』は、仏教を初めて学ぶ人に対して説かれたお経ではありません。 お釈迦さまは、まず『 阿含経(あごんきょう)』で、因果の道理を説かれ、十二因縁や四聖諦を教えられます。 これを幼稚園のようなものだとすれば、いつまでもそこに留まっていればいいのではありません。 次にお釈迦さまは「 方等経(ほうどうきょう)」を説かれます。 これは小学校のようなものです。 その次に説かれるのが「 般若経」です。 これは中学校のようなものですが、そのエッセンスが『 般若心経』なのです。 ですから、一番初歩的な『 阿含経』よりは高度ですが、まだ高校、大学があります。 お釈迦さまは六波羅蜜の実践を勧めて、私たちに苦悩の根元を知らせ、断ち切られて本当の幸福になるところに導こうとされているのです。 では、ブッダが導こうとされている本当のとはどんなものなのか、 どうすれば本当の幸せになれるのかについては、小冊子とメール講座にまとめておきました。 一度見てみてください。 メニュー•

次の