はなまる 値上げ。 はなまるうどん「かけ小」が220円に!ファンのショックは値上げ額では測れない

“かけ小”が税込130円から税別150円に値上げ! はなまるうどんが、うどん類65品の値上げを発表。価格表記も税別に変更~カレーライス単品は2円値下げ

はなまる 値上げ

うどんチェーンの「はなまるうどん」は、5月26日から『かけ(温)』各サイズの価格を改定した。 【小】は150円から220円(税別、以下同)、【中】は250円から320円、【大】は350円から420円となり、各サイズ一律70円の値上げとなる。 プレスリリースによると、〈昨今のマーケットや飲食業界を取り巻く環境の急激な変化により、企業努力のみでは現行価格でご提供を維持することが困難となりました〉とあり、コストの上昇が大きな要因となっていることがうかがえる。 『かけ(温)』【小】については、およそ5割増となる今回の値上げ。 ネットでは〈この値上げ幅、俺はちょっと敬遠しちゃうな〉、〈はなまるのかけ値上げ痛い〉などとネガティブな反応も多いが、一方で〈はなまる値上げかぁ まぁそれでも安いし問題ない〉との声も。 外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう話す。 「はなまるうどんで、定番の『ぶっかけ』、『釜あげ』、『ざる』、『冷かけ』などは、【小】290円、【中】390円、【大】490円という価格。 これらに比べて、『かけ(温)』がこれまで【小】150円、【中】250円、【大】350円という価格だったのが、そもそもが安すぎた、という印象もあります。 でも、今回の値上げで『かけ(温)』の割安感が軽減したことで、別のメニューを注文するようになる人も増えるのではないでしょうか」 はなまるうどんと丸亀製麺、グラム当たりの価格を比較 各サイズ一律70円の値上げとなったはなまるうどんの『かけ(温)』。 一方、ライバルチェーンである丸亀製麺の『かけうどん』の価格は、【並】273円、【大】373円、【得】473円となっている。 「はなまるうどんと丸亀製麺では、麺の量が異なります。 はなまるうどんは、うどん1玉が概ね200〜210g程度(茹で上がり時、以下同)で、丸亀製麺は1玉250〜260gくらい。 さらに、はなまるうどんは【小】1玉、【中】2玉、【大】3玉という分量で、丸亀製麺は【並】1玉、【大】1. 5玉、【得】2玉という分量になっています」(小浦氏) 小浦氏のコメントを参考に、はなまるうどんと丸亀製麺の「かけ」の麺の重量と価格、さらに1gあたりの価格をまとめると以下のようになる。 05円 【中】約420g(2玉) 新価格320円 1gあたり約0. 76円 【大】約630g(3玉) 新価格420円 1gあたり約0. 09円 【大】約375g(1. 5玉) 373円 1gあたり約0. 99円 【得】約500g(2玉) 473円 1gあたり約0. 「はなまるうどんは、もともと安さが大きな特徴。 また、サイズが大きくなるほどお得感が増すというのも、セールスポイントです。 これまでは『かけ(温)』【小】を頼めば価格を低く抑えられる、と考える人も多かったかもしれませんが、一律値上げしたことで【大】の方がお得だと考える人も増えてくると思います。 ちなみに、丸亀製麺の『釜揚げうどん』【並】は264円、『ざるうどん』【並】は273円、『ぶっかけうどん』【並】は273円で、それぞれはまなるうどんよりも安い。 また、丸亀製麺はネギが取り放題という点が大きな特徴です。 とはいえ、消費者にとって値上げは無視できない出来事であるのも事実。 今後、はなまるうどんと丸亀製麺のライバル関係がどう動いていくのかにも注目したい。 関連記事.

次の

はなまるうどん「かけ」70円値上げの影響は? 丸亀製麺とコスパ比較(マネーポストWEB) うどんチェーンの「はなまるうどん」は、5…|dメニューニュース(NTTドコモ)

はなまる 値上げ

Contents• 値上げ後、「はなまるうどん」は丸亀より高い? はなまるうどんのかけ小が、150円から220円になりました。 1たまが210グラムですので、1グラムあたり 1. 05円です。 丸亀は小が290円で1たまが290円ですから、1グラムあたり1. 16円となります。 ということは、 はなまるうどんのほうが未だに微妙に安いってことになりますね^^ はなまるうどんの値上げに関してネットでの反応とは? はなまるうどんが値上げと聞いて手首切ってる🔪🔪🖐😭💦 — ゆうき musyokudesu4949 はなまるうどん値上げかぁ 原材料費とコロナで限界きたんかね... 丸亀いくわ。 — ハイパーあんと [趣味垢] perfect001shiki はなまるうどん🍜、一部値上げかぁ。 ちなみに、丸亀製麺はさぬきうどんうたってるけど香川県の企業ではありません。 うどん県出身の私はやっぱり丸亀製麺より、香川県で生まれたはなまるうどん🍜に行っちゃうなぁ。 😅 — たけちゃん takemilkyway はなまるうどんのかけうどん(小)が70円値上げかー。 かけ小は天ぷら2つトッピングするくらいが自分には丁度良くて、時々食べていたのだけと、この御時世でよく150円で頑張ってくれたと思う。

次の

はなまるうどん「かけ」70円値上げの影響は? 丸亀製麺とコスパ比較(マネーポストWEB) うどんチェーンの「はなまるうどん」は、5…|dメニューニュース(NTTドコモ)

はなまる 値上げ

【小】は150円から220円(税別、以下同)、【中】は250円から320円、【大】は350円から420円となり、各サイズ一律70円の値上げとなる。 プレスリリースによると、〈昨今のマーケットや飲食業界を取り巻く環境の急激な変化により、企業努力のみでは現行価格でご提供を維持することが困難となりました〉とあり、コストの上昇が大きな要因となっていることがうかがえる。 『かけ(温)』【小】については、およそ5割増となる今回の値上げ。 ネットでは〈この値上げ幅、俺はちょっと敬遠しちゃうな〉、〈はなまるのかけ値上げ痛い〉などとネガティブな反応も多いが、一方で〈はなまる値上げかぁ まぁそれでも安いし問題ない〉との声も。 外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう話す。 「はなまるうどんで、定番の『ぶっかけ』、『釜あげ』、『ざる』、『冷かけ』などは、【小】290円、【中】390円、【大】490円という価格。 これらに比べて、『かけ(温)』がこれまで【小】150円、【中】250円、【大】350円という価格だったのが、そもそもが安すぎた、という印象もあります。 でも、今回の値上げで『かけ(温)』の割安感が軽減したことで、別のメニューを注文するようになる人も増えるのではないでしょうか」 はなまるうどんと丸亀製麺、グラム当たりの価格を比較 各サイズ一律70円の値上げとなったはなまるうどんの『かけ(温)』。 一方、ライバルチェーンである丸亀製麺の『かけうどん』の価格は、【並】273円、【大】373円、【得】473円となっている。 「はなまるうどんと丸亀製麺では、麺の量が異なります。 はなまるうどんは、うどん1玉が概ね200~210g程度(茹で上がり時、以下同)で、丸亀製麺は1玉250~260gくらい。 さらに、はなまるうどんは【小】1玉、【中】2玉、【大】3玉という分量で、丸亀製麺は【並】1玉、【大】1. 5玉、【得】2玉という分量になっています」(小浦氏) 小浦氏のコメントを参考に、はなまるうどんと丸亀製麺の「かけ」の麺の重量と価格、さらに1gあたりの価格をまとめると以下のようになる。 05円 【中】約420g(2玉) 新価格320円 1gあたり約0. 76円 【大】約630g(3玉) 新価格420円 1gあたり約0. 09円 【大】約375g(1. 5玉) 373円 1gあたり約0. 99円 【得】約500g(2玉) 473円 1gあたり約0. 「はなまるうどんは、もともと安さが大きな特徴。 また、サイズが大きくなるほどお得感が増すというのも、セールスポイントです。 これまでは『かけ(温)』【小】を頼めば価格を低く抑えられる、と考える人も多かったかもしれませんが、一律値上げしたことで【大】の方がお得だと考える人も増えてくると思います。 ちなみに、丸亀製麺の『釜揚げうどん』【並】は264円、『ざるうどん』【並】は273円、『ぶっかけうどん』【並】は273円で、それぞれはまなるうどんよりも安い。 また、丸亀製麺はネギが取り放題という点が大きな特徴です。 とはいえ、消費者にとって値上げは無視できない出来事であるのも事実。 今後、はなまるうどんと丸亀製麺のライバル関係がどう動いていくのかにも注目したい。

次の