井上陽水。 井上陽水の歌にある「余白」が私たちに問いかけるもの━ロバート キャンベルさんと読む。

井上陽水の歌にある「余白」が私たちに問いかけるもの━ロバート キャンベルさんと読む。

井上陽水

メンバー [ ]• 井上陽水(・)• 奥田民生(ボーカル・ギター) 概要 [ ] 井上の息子が聴いていたの「」の歌詞を井上が気に入り、奥田にその歌詞を書き写した手紙を送ったことが出会いのきっかけ。 その後、の「月ひとしずく」やの「アジアの純真」などの共作を経て、自然発生的にセッションを重ね、結成に至った。 にシングルとアルバムをリリースした後は、ライブツアーも行わないまま10年近くが経ち(イベント等の出演はあった)、にシングルをリリースし再始動した。 には2枚目のアルバムをリリースした後、初のライブツアーも行った。 作曲作業は合宿を行い、2人が別々の部屋で部分的に作成したものをやりとりしながら仕上げていく方法をとっている。 レコーディングは、奥田のレコーディングメンバーで行われ、そこに井上が参加する形になる。 「」の再発売盤を除き、シングルとアルバムは双方の所属レコード会社であるとからの2種類のリリースとなっている。 奥田が2007年に「」の「」に出演した際には井上も登場し、急遽「井上陽水奥田民生」としての出演になった。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• () DVD [ ]• 提供曲 [ ]• 「」(小泉も作詞に参加している)• 「」、「」、「」(共に作詞が井上、作曲が奥田) 外部リンク [ ]• (の公式サイト)• (の公式サイト) 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の

『井上陽水トリビュート』、収録全貌&全参加アーティストからのコメントを公開

井上陽水

齋藤 孝 さいとう・たかし [明治大学文学部教授] 1960年静岡県生まれ。 東京大学法学部卒業。 同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。 専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。 ベストセラー著作家、文化人として多くのメディアに登場。 著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社、毎日出版文化賞特別賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞)、『雑談力が上がる話し方』『1冊読み切る読書術』『話すチカラ』(いずれもダイヤモンド社)など多数。 アウトプットする力 数多くの情報番組やバラエティ番組に出演して、硬軟自在に的確なコメントをくり出し、全国各地で笑いの絶えない講演会をくり広げ、大学の教職課程では教師の卵たちを前に実践的な教えを展開する齋藤孝 明治大学文学部教授。 むずかしい話も、わかりやすく、ゆかいに、さらに深堀りして教えてくれる『アウトプットする力』は、まさに日本最高峰。 その齋藤孝先生が、「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する85の方法を教えてくれる。 アウトプットは練りに練った1本より「数」で勝負。 齋藤式「15秒」アウトプット術で、成果を最大化する「知的発信法」を身につけよう! 数多くの情報番組やバラエティ番組に出演して、硬軟自在に的確なコメントをくり出し、全国各地で笑いの絶えない講演会をくり広げ、大学の教職課程では教師の卵たちを前に実践的な教えを展開する齋藤孝 明治大学文学部教授。 むずかしい話も、わかりやすく、ゆかいに、さらに深堀りして教えてくれる は、まさに日本最高峰。 その齋藤孝先生が、「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する85の方法を教える。 アウトプットは練りに練った1本より「数」で勝負。 齋藤式「15秒」アウトプット術で、成果を最大化する「知的発信法」を身につけよう! Photo: Adobe Stock この章では、アウトプットをするにあたっての基本的なコツを紹介していきます。 まず意識していただきたいのは、「はじめに」でも触れた「インプット1:アウトプット9」というバランスのアウトプット優先主義です。 このことを説明するときに私がいつも思い出すのは、歌手の井上陽水さんのエピソードです。 井上陽水さんの作品に『ワカンナイ』というタイトルの曲があります。 これは、宮沢賢治の有名な詩である「雨ニモマケズ」に対して「ワカンナイ」と語る、いわば現代人からのアンサーソングです。 陽水さんの『ラインダンス』(新潮文庫)という歌詞集のあとがきに、この曲ができあがった経緯について作家・沢木耕太郎さんが触れている文章があります。 あるとき、沢木さんに陽水さんから電話がかかってきて、「『雨ニモマケズ』ってどんな詩だったっけ」と聞かれたそうです。 沢木さんは本屋さんを巡って詩集を探し出し、折り返し電話をかけ、詩の内容を読み上げました。 しかし、陽水さんは、ふんふんとうなずきながら聞くだけ。 電話越しながらも、メモを書き留めている様子が伝わってきませんでした。 沢木さんは心配になって「書き留めなくてもいい?」と尋ねるのですが、陽水さんは「いいんだ」と返します。 さらに沢木さんが、詩を書き起こしたものを送ろうかと提案しても、陽水さんは「間に合わないからいい」と答えます。 実は、この時点で陽水さんはレコーディングに入っており、その場で曲をつくらなければ間に合わない状況だったのです。 資料を探そうにもインターネットがない時代ですから、友人の中で最も宮沢賢治の詩について知っていそうな沢木さんに電話をかけたわけです。 電話口で詩を読み聞かせてもらっただけで、そこからのインスピレーションで1曲の歌詞を書き上げる。 これは井上陽水という天才だからこそなせる技なのかもしれません。 ただ、これが私たちにとって理想のアウトプットの姿であることは確かなのです。 齋藤 孝 著 <内容紹介> 本やインターネットからたくさんの知識をインプット、文化や芸術にも精通し、豊かな教養を身につけている。 なのに、それをまったく活かしきれていない……。 インプットしただけで、なんとなく満足。 それを発信したり、何かの成果に結びつけたりする意識が足りないのでしょう。 なんて、もったいないことでしょうか。 しかし、いまやスマホ片手にネット検索すれば、いつでもどこでも簡単に正確な知識が得られる時代です。 単に知識が豊富なだけでは、たいした価値を生まないようになっています。 大切なのは、その知識と知識をかけ合わせて、新しい何かを生み出すこと。 知識をただ溜め込むだけでなく、発信しているうちに、そこから新たな発想がふと生まれるのです。 広く深く物事を知っているというだけでなく、普段の会話やSNSで豊富な話題を提供し、多くの人を感心させている。 こんな、インプットとアウトプットの両面に優れた人は、いかにも「できる人」という感じがします。 そんな人になるのは、多くの人にとって理想といえるでしょう。 私が提案したいのは、「インプット1:アウトプット9」の割合を目指すことです。 本書では、「話す」「書く」「発信する」というアウトプットをするにあたってのテクニックと、SNS全盛時代に踏まえておきたい心得をふんだんに紹介します。 ぜひ、読んだだけで終わりにせず、明日からとはいわず、今日からアウトプットのスイッチを入れてみましょう。 アウトプットこそ、自分の力になります。 みなさんが日本の文化の担い手として、たくさんの優れたアウトプットをするようになることを心から願っています。

次の

『井上陽水トリビュート』、収録全貌&全参加アーティストからのコメントを公開

井上陽水

メンバー [ ]• 井上陽水(・)• 奥田民生(ボーカル・ギター) 概要 [ ] 井上の息子が聴いていたの「」の歌詞を井上が気に入り、奥田にその歌詞を書き写した手紙を送ったことが出会いのきっかけ。 その後、の「月ひとしずく」やの「アジアの純真」などの共作を経て、自然発生的にセッションを重ね、結成に至った。 にシングルとアルバムをリリースした後は、ライブツアーも行わないまま10年近くが経ち(イベント等の出演はあった)、にシングルをリリースし再始動した。 には2枚目のアルバムをリリースした後、初のライブツアーも行った。 作曲作業は合宿を行い、2人が別々の部屋で部分的に作成したものをやりとりしながら仕上げていく方法をとっている。 レコーディングは、奥田のレコーディングメンバーで行われ、そこに井上が参加する形になる。 「」の再発売盤を除き、シングルとアルバムは双方の所属レコード会社であるとからの2種類のリリースとなっている。 奥田が2007年に「」の「」に出演した際には井上も登場し、急遽「井上陽水奥田民生」としての出演になった。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• () DVD [ ]• 提供曲 [ ]• 「」(小泉も作詞に参加している)• 「」、「」、「」(共に作詞が井上、作曲が奥田) 外部リンク [ ]• (の公式サイト)• (の公式サイト) 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の