産み分け 岡山。 岡山県の産み分け相談ができる病院

岡山県産み分け病院一覧

産み分け 岡山

婦人科• 子宮筋腫や子宮内膜症に代表される婦人病一般、デリケートゾーンの皮膚病、その他• 子宮癌検診(ヒトパピローマウイルス検査)、卵巣癌検診、子宮体癌検診• 不妊外来(タイミング法、排卵誘発法、ED、精子検査、その他)• 男女産み分け外来• 性病外来(クラミジア、淋病、梅毒、トリコモナス、外陰コンジローマ、外陰ヘルペス、AIDS検査、その他)• ホルモン外来(生理不順、月経前緊張症、不正出血、過多月経、生理日の調整、その他)• 生理痛外来• 更年期外来• 避妊外来(低用量ピル、緊急避妊ピル、避妊リング、その他).

次の

西条レディスクリニック(岡山市中区

産み分け 岡山

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 「男の子が欲しい!」「女の子が欲しい!」そんな望みがあるかもしれませんが、産み分け法として色々な方法が検討されていることをご存じですか?なかでも今回ご紹介する「パーコール法」は、産み分法として古くから考えられている方法です。 パーコール法とは、いったいどんな方法なのでしょうか。 具体的に産み分けの方法や費用、確率をご説明します。 女の子を産み分ける試みとして、不妊治療を実施している病院でパーコール法が行われることもあります。 ただし、パーコール法自体が法律的に禁止されているわけではなく、遺伝性の重い病気を回避する目的で用いるなど、医師の裁量に委ねられている面があります。 パーコール法とは、どんな風に産み分けするの?費用は? それでは、パーコール法はどのような方法を使って、産み分けをすることができるのでしょうか? まず、生まれてくる赤ちゃんの性別はX・Y染色体の組み合わせによって決まり、卵子はX染色体だけを、精子はX・Y染色体のいずれかを含んでいます。 卵子とX染色体を持つ精子(X精子)が受精すれば女の子(XX)、Y染色体を持つ精子(Y精子)なら男の子(XY)となります。 パーコール法では、男性の精液をパーコール液という特殊な液体に入れて、遠心分離器にかけます。 Y精子よりもX精子の方が重いので、分離器の下にたまった精子を人工授精することで、女の子が産まれやすくなるというわけです。 費用は病院によって異なりますが、1回あたり5万円くらいが平均といえるでしょう。 パーコール法で産み分けが成功する確率は? この方法を使えば、100%女の子が産まれると思いがちですが、実際には、そうではありません。 精液を遠心分離器にかけることで、ある程度振り分けることができたとしても、X染色体を持つ精子だけを確実に選ぶことは難しいためです。 自然妊娠の場合、女の子が生まれる確率は50%なので、それに比べれば、多少は高い確率で女の子を授かることができるのではないかと考えられていますが、パーコール法の成功確率について、厚生労働省や日本産科婦人科学会など、信頼できる機関からの統計データが発表されているわけではありません。 パーコール法のメリット、デメリットは? パーコール法について検討するうえで、メリットもデメリットも把握しておく必要があります。 もし、男女の産み分け法としてパーコール法を考えている場合は、下記の特徴を理解したうえで医師に相談してみましょう。 パーコール法のメリット 現在、産み分けを実施している多くの病院では、自然妊娠の人には、産み分けゼリーなどを推奨しています。 パーコール法ならば、自然妊娠を望めない夫婦でも産み分けに挑戦することができます。 現在、人工授精で産み分けを試すことができる方法として挙げられるのが、パーコール法といえます。 関連記事 パーコール法のデメリット パーコール法を受けたとしても、確実性が証明された方法ではなく、100%の産み分けはできないことを理解しておく必要があります。 また、パーコール法に挑戦したとしても、必ず妊娠できるわけではありません。 そのときは、何度か挑戦する必要があり、それなりの費用がかかります。 パーコール法以外に女の子を産み分ける方法は? 先述のとおり、卵子と精子の持つ染色体の組み合わせで性別が決まるので、女の子が欲しい場合には「多くのX精子を卵子のもとに届ける」ことが必要です。 女の子の産み分けとして、パーコール法以外に次のような方法が古くから考えられています。

次の

西条レディスクリニック(岡山市中区

産み分け 岡山

病院で女の子の産み分け指導をしてもらう場合、実際に病院ではどのようなことが行われているのでしょうか。 また、生理周期あたり何回くらい通わないといけないのでしょうか。 このページでは、病院での産み分け指導について解説しています。 また、効率のよい受診方法なども併せて紹介していますので参考にしてみて下さい。 指導の内容と通院回数 病院ですることは、 エコーでの卵胞の大きさチェックと、 ピンクゼリーを使うタイミングの指導くらいです。 産み分けで女の子が欲しくて産み分け指導を希望した場合、実際に病院に行く回数は排卵日の特定のしやすい体質か、しにくい体質かによって変わってきます。 生理周期あたりの通院回数は、少なくて1回、多くても3回程度というのが一般的だと思います。 未経験者にとってはエコーは怖いかもしれませんが、 大抵の場合は痛みはほとんどないようです。 しかし、中には痛みを強く感じる人もいます。 私は毎回痛いので、ゆっくりしてもらうように予め看護師さんや医師に頼んでいます。 それだけでも痛みは全然違ってきます。 エコーの棒を入れられる時に力が入ると更に痛むので、怖くても大きく息を吐いて力をぬくようにすると痛みが和らぎます。 私はいつもこの方法で乗り切っています。 費用はどのくらい? エコーの費用は1回辺り1000円〜2000円程度です。 それにプラス、指導料やピンクゼリーの費用が掛かってきますが1万円もしませんし、あまりは次回も使うことができます。 つまり、 初めての産み分けでもトータル1万5千円あればお釣りが来ることがほとんどだと思います。 しかしピンクゼリーではなくパーコール法という方法を使うとなると、人工授精になるので費用は1回あたりたり1万〜5万くらい見ておいた方がよいでしょう。 人工授精自体は1〜3万円程度ですが、確実な排卵のために注射が行われる場合もあります。 注射をするかしないかによっても値段が変わってきます。 効率よく受診する方法 できる限り通院回数を減らす効率のよい受診方法をご紹介したいと思います。 排卵日が分からない場合は? 基礎体温表で排卵日が自分で分からない場合には、通院する2〜3ヶ月前から排卵検査薬を使うと自分の排卵のクセが分かり、生理開始から何日目で排卵するか特定がしやすくなります。 もしそれでも分からない場合は、病院のエコーで診断してもらうために、生理開始後10日目前後くらいで一度受診するとよいでしょう。 エコーで卵胞の大きさを確認して、排卵日の予想をしてもらうことができます。 しかし、病院側も患者の排卵グセを掴みきれていない状態なので、予測が外れやすくなってしまうことは理解しておきましょう。 産み分けは病院に行かないとできない? 「自分では産み分けなんてできない」 と思っている方は結構多いのではないでしょうか。 パーコール法などは、病院に通わないと絶対にできません。 でも、自分でできる方法もあります。 ピンクゼリーは通販でも購入することができますので、 使うタイミングや、使い方を正確にできれば、 病院に通うのと同じぐらいの確立で産み分けを行う事は可能です。 実際にわたしたち夫婦は、 病院に行かず、ピンクゼリーでの産み分けに成功しました。

次の