ゴーストダイブ 当たる技。 【ポケモンウルトラサンムーン】戦闘中に持たせて効果があるもの 一覧まとめ

ゴーストタイプ (ごーすとたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

ゴーストダイブ 当たる技

状態異常系 混 乱や痺れの判定はフォルムチェンジした後に入ります。 つまり、ブレードフォルム状態で身動きがとれない状態に持ち込みます。 混乱状態で自分へのダメージが発生すれば、ブレードフォルムで固定できます。 オススメは、クレッフィがオススメ。 でんじは 最遅にすることの多いギルガルドに電磁波はあまり有効ではないと考える人もいます。 麻痺の判定はフォルムチェンジ後に入るので、ブレードフォルムで固定できます。 ねむりごな・キノコのほうしなどの催眠技 ギルガルドは、素早さが遅いので催眠技を上から当てやすいです。 シールドフォルムだと、特防・防御ともに150の種族値のため簡単には倒せません。 どのくらいの火力なら確定1発で落とせるか見てみましょう。 ギルガルドの調整は最も多い、HP252振りを想定します。 ゴースト技 物理 攻撃特化ギルガルド シャドークロー (持ち物なし)62. また、ゴーストで一番攻撃種族値の高いメガジュペッタのゴーストダイブが86. ゴースト物理は技の火力が低いので、基本的に確定2発です。 特殊 補正なしC252振り メガゲンガー シャドーボール 69. 眼鏡ゲンガーは0. 堅すぎる。 特殊 特攻特化ニドキング 球だいちのちから 90. 不一致ならまず落ちない。 炎技 レートで使用率の多い炎ポケモンは、メガバシャーモ・ファイアローです。 サブウェポンでは大文字・熱風の採用が多いですがびくともしないです。 むしろ弱点保険が発動し、起点にされてしまうことも。 物理 攻撃特化ファイアロー フレアドライブ (持ち物なし)69. 特殊 特攻特化ウルガモス オーバーヒート 105. 悪技 はたきおとすが流行中です。 じゃくてんほけん持ちにはたきおとすをすると弱点保険が発動し、AC2段階上昇です。 物理 ・ 攻撃特化キリキザン 球持ちはたきおとす 98. 肝っ玉 補正なしA252振り メガミミロップ とびひざげり 98. 参考 起点系 キングシールドを間に挟むギルガルドにとって 一番の有効打は、起点系 みがわりを搭載するだけで、処理しやすくなる。 トリック トリックを押し付ける事で、キングシールドを打たせない。 めいそう+みがわり スイクン・ライコウなどの瞑想型が非常に有利。 瞑想を2回つめる事ができれば、特攻特化ギルガルドのシャドーボールで身代わりがつぶれなくなります。 参考 りゅうのまい・つるぎのまい ガブリアス・メガボーマンダは 積み技+じしんでギルガルドを突破します。 アンコール ギルガルドのキングシールドをしばることができれば起点に出来ます。 流し系 ゴーストタイプのギルガルドは、かげふみ無効なためほろびのうたが決定打にはなりにくい。 しかし、キングシールドで場に居座りやすいのでほろびのうたは有効打です。 ほろびのうた ギルガルド対策 オススメポケモン 上記をふまえると、次の3点にギルガルドがよわい。 毒守ギルガルド 毒守ギルガルドは、ギルガルドミラーに強いです。 先制でみがわりを貼ったあとに、相手のブレードフォルムを釣り出し。 みがわり起点or上から攻撃という相手が不利な選択肢に持っていけます。 参考 スカーフロトム ギルガルドとセットに多いファイアロー・マリルリにも有利です。 トリックでギルガルドを縛ります。 スイクン ねむかご瞑想スイクンは、 めいそう+身代わりでギルガルドを起点にしやすいです。 毒守型・弱点保険型・ラムのみ型であろうが、すべての型のギルガルドに有利です。 鉢巻ガブリアス 鉢巻ガブリアスクラスの火力であれば、ギルガルドも確定1発です。

次の

シャドーダイブ

ゴーストダイブ 当たる技

ダブルでは非常に重要度が高い。 厄介な敵の動きを止めて、味方に攻撃をさせることで相手の牙城を崩すことができる。 読まれて交代やまもるを誘発する可能性もある点に注意。 ダイマックスにも怯みが通じないので注意。 最低限、ねこだましを覚えるポケモンは記憶しておきたい。 ワイドガードなどで対策を。 味方を巻き込みシングルより火力は落ちるが、それでもなおメジャーな技。 ダイマックスわざの起点にすれば単体化できる。 覚えるポケモンも多い。 相手の素早さを下げる。 相手の特攻を下げる。 いかくと合わせて両受けも。 HPによって威力が変化。 タスキ潰しにも。 また、シングルと違い相手にとってはどちらに攻撃が行くかわからない。 片方の隙を晒すことができる優秀な妨害技。 ダブルでは敵の攻撃を防いでいる間に、相方のポケモンで敵を倒す事や味方からの攻撃を防ぐ事が多いので非常に有用。 ただし、連続で使用すると成功確率が減るため乱用すると逆に攻撃対象になりうる。 みきりはPPが少ないが、ふういんされにくいというメリットがある。 主に鈍足高火力のポケモンを暴れさせるため使われる。 シングルより格段に強力であり、専用パーティが組まれるほど。 味方が使った全体攻撃技にも効果がある。 相手の攻撃を完全に防ぐという点では有用だが、読まれてみがわりを使われたりとデメリットも多い。 擬似的に味方をかばう手段となる。 読まれて入れ替わり先を攻撃されたり全体攻撃技には意味がなかったりと完全な手段ではない。 いばるとのコンボも。 ただし最近はミストフィールドにお株を奪われつつある。 軽減率が三分の二になるので注意。 メンタルハーブで対策可。 使用機会は多い。 メンタルハーブ、特性どんかん・アロマベール、補助技のZ技化で対策可。 いかりのこなは草タイプと特性「」のポケモンには無効なので注意。 格闘弱点の味方に使う。 状態異常はもちろん、ちょうはつやアンコールなども防ぐ。 仕様はまもると同じ。 現在専用。 優先度0、場に出た時にしか使えないと制約はあるが、決まれば一気にアドバンテージを取れる。 ねこだましやに。 ねこだましと優先度が同じなので、必ず防げるとは限らない。 いたずらごころ持ちのなら確実。 2体同時に出すダブルではシングルよりも格段に強力。 まもるやトリックルームを封じる事が多い。 使い手は多くないが、居座っている限り相手は2体ともまもるを使えなくなるので強力。 自分も含めた場の全てのポケモンに効果があり、まもる・みがわり貫通。 タスキやがんじょうも無視するので、発動されると特性ぼうおんくらいでしか防げない。 フィールド系・天候系・いかくは「その特性を得た時」にも発動する。 そのため油断しているとフィールドや天候を取り返された上、強力な特性を取られてしまう事も。 実質ダブル専用技。 アタッカーの味方が自分で積まなくとも暴れさせられる。 まけんき・かちきには注意。 味方を攻撃からまもるだけでなく、味方の攻撃をわざと受けて自分の特攻を上げるという戦法も取れる。 ふくろだたきとのコンボが主流。 単体技も無効化する。 2体同時に出せる関係上、味方も活用しやすい。 優秀なねっぷうを強化できるのが強み。 2体同時に出せる関係上、味方も活用しやすい。 すいすいを持つ強力なポケモンが多いのが強み。 ほろびのうたとのコンボも。 ゴーストタイプ・とんぼがえり・ボルトチェンジには無効。 先制技を無効化し、エスパータイプの技の威力が1. ひこうタイプ、特性「」のポケモンは恩恵を受けられない。 状態異常を無効化し、ドラゴン技の威力を半減。 ひこうタイプ、特性「ふゆう」のポケモンは恩恵を受けられない。 ダメージは受ける。 ちょうはつやアンコールを防げるため、天候技などを使いやすい。 いかくを再発動させたり、天候を再び変えるなどに利用できる。 いかく持ちがひしめくダブルでは発動機会はかなり多い。 ねこだまし、いたずらごころでの補助技を防げる。 複数対象にすると威力が下がる全体技をてだすけでカバー。 てだすけに素早さは関係ないのもポイント。 相手2体にダメージを与えつつ味方はダメージを受けない。 無効・吸収側がてだすけする場合もより強力。 特性+ほうでん、タイプ+じしん等。 てだすけコンボの上位互換。 さいはいを相方に使い、全体攻撃技を連発させる。 はテレパシーなので味方の攻撃に巻き込まれない。 はらだいこ、からをやぶるなど、耐久が削られるわざでも可能なのが強みだが、全体攻撃に弱い。 用いられるのはキーのみ、、しんぴのまもり、ミストフィールド等。 とのコンビが最も有名。 ただし炎タイプと特性マジックガードのポケモンはこのダメージを受けない。 4ターンの間、場にが架かり味方の技の追加効果発動確率が二倍。 いかくに注意。 相手の強特性も消せる。 シンプルビームとの組み合わせも。 当然味方にダメージが入るため、リスクもある。

次の

【ポケモン剣盾】相手の攻撃を防ぐ技

ゴーストダイブ 当たる技

大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。 小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。 大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。 大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。 大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。 大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。 小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。

次の