エルドラド 映画。 エル・ドラド〈1966年〉

エル・ドラド(1966)

エルドラド 映画

All rights reserved. All Rights Reserved. 『拳銃無宿 #70』 c 1958-1960 FOUR STAR - MALCOLM A JOINT VENTURE 『ミッドウェイ』 c 1976 Universal Pictures. All Rights Reserved. 『特急二十世紀』 c 1934, renewed 1962 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. 『我が家の楽園』 c 1938, renewed 1966 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. 『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』『ビッグ・リトル・ライズ』『KIZU-傷-』『DEUCE/ポルノストリート in NY』 c 2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO R and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc. スターチャンネルWEBサイト内に掲載中の情報・写真・映像等を、権利者の許可なく使用、加工、複製、アップロード、ダウンロード、転載、転送、その他の不正使用をすることを固く禁じます。 また、スターチャンネルWEBサイトは、日本国内居住者を対象にしています。 All rights reserved.

次の

エル・ドラド(1966)

エルドラド 映画

エル・ドラドの紹介:1966年アメリカ映画。 ハリー・ブラウンの『The Stars in Their Courses』を原作に、テキサスの町エル・ドラドの水場の利権を巡る争いを描きます。 エルドラドのネタバレあらすじ:起 名の知れたベテランガンマンのコール・ソーントン(ジョン・ウェイン)は、テキサス新興牧場主バート・ジェイソン(エドワード・アズナー)に用心棒として雇われ、エル・ドラドの町へとやってきました。 コールはこの町の保安官である旧友のJ・P・ハラー(ロバート・ミッチャム)と再会を果たしますが、この土地の古くからの牧場主であるケヴィン・マクドナルド(R・G・アームストロング)が持つこの地で唯一の水場の権利をジェイソンが狙っており、ハラーはコールがジェイソン側につくのなら戦わなければならないと告げてきました。 ジェイソンから何も説明を受けていなかったコールは仕事から手を引くとハラーに約束しました。 元恋人で娼婦のモーディ(シャーリーン・ホルト)とも再会したコールはジェイソンに報酬を返して仕事を断りましたが、マクドナルドは息子ルーク(ジョニー・クローフォード)にコールの見張りを命じていました。 コールは帰り道、ルークに岩の上から狙撃され、反撃して怪我を負わせました。 コールはルークの手当てをしようとしましたが、助からないと思ったルークは拳銃自殺を遂げてしまいます。 コールはマクドナルドの元にルークの遺体を引き渡し、事情の説明を受けたマクドナルドは納得するものの、マクドナルドの娘ジョーイ(ミシェル・ケリー)はコールを逆恨みし、帰路についたコールを待ち伏せして狙撃しました。 背骨にまで銃弾が達するほどの重傷を負ったコールは町のミラー医師(ポール・フィックス)治療を受け、回復すると銀鉱山の町ソノラへと旅立っていきました。 その際、酒場にいた凄腕ガンマンのネルソン・マクラウド(クリストファー・ジョージ)はコールとミシシッピに酒をおごり、自分は7ヶ月前にコールが断ったあのジェイソンに雇われていることを明かしたうえで手を組もうと持ちかけましたがコールは断りました。 しかし、マクラウドからハラーは酒と女に溺れて今や腑抜けになっていると聞いたコールはエル・ドラドへ向かうことにし、ミシシッピも同行することになりました。 ミシシッピはナイフが得意な反面、拳銃の腕前が全く下手なことから、彼を心配したコールは馴染みの銃器店でショットガンを買い与えました。 エルドラドのネタバレあらすじ:転 エル・ドラドに到着したコールはモーディからハラーの事情を聞き、彼が本当に娼婦にのめり込んだ末に捨てられ、酒浸りになってしまったことを知らされました。 コールとミシシッピは保安官事務所に向かい、酔っ払って牢屋に入れられたハラーと対面、薬を飲ませて強制的に酒を絶ち切らせました。 我に返ったハラーはジェイソンとマクラウドにプライドを傷つけられ、改めてマクドナルド側につくことを決意しました。 ちょうどその頃、マクドナルドの息子がジェイソンの部下に襲われ、コールとミシシッピ、ハラー、保安官補のブル・トマス(アーサー・ハニカット)を連れて教会に逃げ込んだ襲撃犯たちを追い詰め、銃撃戦の末に襲撃犯たちを射殺、襲撃の首謀者であるジェイソンを逮捕しました。 保安官事務所に駆け付けたジョーイはジェイソンを逮捕したコールたちに感謝、7ヶ月前のわだかまりが解けました。 そしてコールとミシシッピは保安官補に任ぜられ、町の見回りへと出かけました。 その時、コールとミシシッピはジェイソンの部下と遭遇して銃撃戦となり、駆け付けたハラーは足を撃たれてしまいます。 ハラーはミラー医師の治療を受け、ミラー医師はコールに専門医を紹介して一連の事件が解決した後に古傷を手術させることにしました。 エルドラドの結末 モーディの知らせを受けたコールとミシシッピがジェイソンの部下を追って酒場に向かいましたが、コールはかつてジョーイに撃たれた時の古傷が痛み出し、マクラウドに捕まってしまいました。 マクラウドはコールとジェイソンの身柄の交換を要求、ハラーは受け入れざるを得ませんでした。 コールはハラーの行動を非難しましたが、ジェイソンはマクドナルドの息子ソール(ロバート・ロスウェル)を捕らえ、解放条件としてマクドナルドが有する水場の権利の引き渡しを要求してきました。 コールやハラー、ミシシッピ、ブルはジェイソン一味との決着を付けるため彼らがいる酒場へと向かい、コールが囮となって正面から突入、マクラウドと交戦している隙にハラーやミシシッピが裏口から突入しました。 ミシシッピは見張りを倒し、コールはマクラウドを倒しましたが、ミシシッピの撃った流れ弾がコールの足に当たり、怪我を負ったコールが銃弾の補充に手間取っている間にジェイソンがとどめを刺そうとしましたが、駆け付けたジョーイがジェイソンを射殺しました。 ミシシッピとジョーイはすっかり恋仲となりましたが、コールはモーディから愛想を尽かされてしまいました。 ハラーはブルと酒を酌み交わして労をねぎらい合い、コールとハラーは共に松葉杖をつきながら平和が戻ったエル・ドラドの町を歩いていました。 以上、映画「エル・ドラド」のあらすじと結末でした。

次の

スピリットは何故 不人気なの?

エルドラド 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 ガンファイターのコール(ジョン・ウェイン)はテキサスのエル・ドラドに久しぶりにやって来た。 迎えたのはシェリフになった旧友ハラー(ロバート・ミッチャム)のライフル銃と、昔の恋人、酒場の女主人モーディー(シャーリン・ホルト)のキスだった。 コールは牧場主ジェイスン(エドワード・アズナー)に頼まれ、水利権の争いの助太刀にやって来たのだ。 しかしハラーがシェリフになっているのを知ると、旧友のために手を引くことにした。 ジェイスンの牧場に助太刀を断わりに行った帰り、狙撃してきた男に応戦、重傷を負わせた。 男はジェイスンと水利権を争っているマクドナルド(R・G・アームストロング)の息子で、彼は苦痛にたえかねて自殺した。 コールは事情を説明しにマクドナルドの牧場へ行った帰り、今度はマクドナルドの娘ジョーイ(ミシェル・ケーリー)に撃たれ重傷を負った。 彼女は仔細を知らなかったのだ。 コールは傷がなおるとエル・ドラドを去ったが、マクロード(クリストファー・ジョージ)というガンマンがジェイスンにやとわれ、エル・ドラドへ行くことを知り、ハラーの身を案じて再びエル・ドラドへ戻った。 マクロードはマクドナルド一家にいやがらせをはじめ、町には銃弾が飛びかった。 結果は、ジェイスン側にマクドナルドの息子ソール(ロバート・ロスウェル)が捕らえられ、水利権の書類との引きかえを要求される破目になってしまった。 情勢はマクドナルド一家に不利となった。 そこで最後の決戦が開始されることになった。 コールは古傷でまだ体の自由がきかなかったが、マクロードを撃ち倒した。 ハラーたちはソールを助けだした。 ジョーイはコールを狙ったジェイスンを撃ち倒した。 翌日、エル・ドラドには平和がよみがえった。 コールはモーディーと、コールに手助けしたミシシッピー(ジェームズ・カーン)はジョーイと結ばれることになった。

次の