呼 きつね いなり 寿司。 おそらく日本でいちばん上品ないなり寿司 / 一口いなりの銀座「白金や」(ぷらちなや)

『絶品おいなりさんの持ち帰り専門店』by TOMIT : 【移転】呼きつね (こきつね)

呼 きつね いなり 寿司

いなり寿司8個入り折詰 1404円 実はジワジワと沸き起こりつつある、いなり寿司ブーム。 いや、ブームというよりも「いなり寿司の美味しさが再確認されている」と言ったほうが適切かもしれません。 甘く煮詰めたお揚げに酢飯を詰めた、シンプルないなり寿司。 ですが、シンプルだからこそ個性が出やすいともいえます。 ・個性も同時に体験したい 従来のいなり寿司の美味しさはそのままに、個性も同時に体験したい。 そんな人には、銀座「白金や」 東京都中央区銀座4-13-16 のいなり寿司を強く推奨します。 ここのいなり寿司はお土産としても愛されているんですが、実物を見れば、その理由がわかります。 ・小ぶりなサイズが広まりつつある 「白金や」のいなり寿司は、男性なら一口、女性でも二口ほどで食べられてしまうサイズ。 六本木のいなり寿司専門店「」も小さめのいなり寿司ですが、最近は小ぶりなサイズが広まりつつあるようです。 ・違う種類のいなり寿司を折詰に 目新しいのはサイズだけではありません。 「白金や」のいなり寿司は基本的なメニューで8種類あり、好きなテイストのいなり寿司を折詰にしてもらうことができるのです。 たとえば8個とも同じテイストにもできますし、逆に8個とも違う種類のいなり寿司を折詰にしてもらうこともできます。 ・心に残る味付け もちろん、いなり寿司にとって肝心なのは、サイズや種類だけではないですよね。 その味が個性に追い付いていなければ、いなり寿司としての完成度は低いと言えます。 「白金や」のいなり寿司は基本的に繊細なテイスト。 無駄に濃くせず、それでいて心に残る味付けをしています。 ・米の仕上げが絶妙 たとえば焼きいなり寿司は、香ばしさを付加した燻製のような風味を堪能できます。 そして柚子いなり寿司は、甘さと同時に柑橘の心地よい爽やかさを感じます。 おすすめは鶏牛蒡 とりごぼう いなり寿司で、お揚げのコクと肉汁のコクのダブルを堪能できます。 それなのに後味として雑味が残らないのは、お揚げの油の質と、米の仕上げが絶妙だからでしょう。

次の

いなり寿司を極めた達人が作る日本最高峰のいなり寿司 / 呼きつね

呼 きつね いなり 寿司

【偏愛フーディスト】「いなり王子」、降臨 「いなり王子」という名前を聞いたことがあるだろうか。 様々な媒体で活躍中の彼のこと、もしかしてお聞き及びのある方は多いかもしれない。 いなり寿司をこよなく愛し今まで食したいなり寿司は1万5千個以上。 日々、いなり寿司の普及のため『いな活』を行っているというそんな「いなり王子」こと坂梨カズ氏が全国から選りすぐった渾身のいなり寿司5選、早速見てみよう。 ちょっとその前に、そもそもなぜいなり寿司? 「子供の頃から大好きです。 両親とも熊本出身の我が家のいなり寿司は、五目いなりでした。 出汁で炊き上げたやや甘いお揚げに、酢飯の中にニンジン、ゴボウ、昆布などを入れたものです。 今思いますと、このいなり寿司が特別に美味しかったのではありません。 重要だったのは当時、いなり寿司が食べられたシチュエーションだったように思います。 いなり寿司が登場しましたのは、運動会、遠足などのお弁当のメニューとして、さらに、私の家では、親戚が集まる際にも、いなり寿司が食卓に上りました。 いずれも、幸せな子供時代の思い出です。 いなり寿司を食べる、それは幸せな日。 そんな経験が、心の奥底でいなり寿司を好きにさせているのかも知れません」 幸せな日々にシンクロした食べ物、それがいなり寿司。 偏愛のきっかけは? 「15年前から、ほぼ毎日食べ出したのは、集中して仕事をするためでした。 頭と体の疲れに、甘辛くて片手で食べられるいなり寿司は重宝でした。 当時、私は青山にある広告関連の制作会社に勤めておりました。 残業も多く徹夜明けの午前中などは、クライアントの近くで赤坂の豊川稲荷東京別院さんの境内にありますによく伺いました。 家元屋さんのいなり寿司は、甘さと酸味が強くジューシー。 疲れた時には特に欲しくなり、今でも月に1回は通い続けております。 いなり寿司は、美味しさと、文化と、幸せを包むもの。 これからも、美味しいいなり寿司を食べ続けていきたいと思います」 いなり王子になる前の企業戦士マストハブ栄養補給源。 片手で食べられる、2. 甘くて満たされる、3. 良質な炭水化物というパーフェクト食、それがいなり寿司。 それでは、いなり寿司5選、教えてください! いなり寿司を1. 今回は、素材や仕込みにこだわった、『これぞ!本物のいなり寿司』という5選です。 京都祇園『いづう』 【大丸京都店でのみ取扱い。 京いなり寿司 1人折詰 2,484円、5個入り 1,350円】 「まずは、京都祇園『いづう』さんです。 創業1781年(天明元年)の老舗で、鯖姿寿司の名店です。 こちらが、大丸京都店に出店する際、特別なメニューとして京いなり寿司を作られました。 決め手のお出汁には冬菇を使用されており、酢飯には椎茸やキクラゲなどが入っております。 プロでも南関あげを使用されていることが分からぬ程、手間のかかる仕込みをされ、私はまだこの上のいなり寿司が見つけられておりません」 大丸京都店でのみの取扱いながら、いなり王子イチオシいなり寿司がこちら。

次の

日本中のいなり寿司を1.5万個以上食べて選んだ必食いなり寿司5選

呼 きつね いなり 寿司

筆者がこのところ重宝している手土産が、「呼きつね」のいなり寿司。 「手土産にいなり寿司?」と首をかしげる人もいると思うが、これが本当に使えるのだ。 プライベートからビジネスまで、幾度となく使っているが、みんなの反応はすこぶるよい。 なんと言ってもおいしい。 ふわふわのおあげに相性抜群の酢飯とバラエティーに富んだ具材。 そしてひと口でぱくっとほお張れる小ぶりなサイズも高評価だ。 手土産というと、どうしても菓子類が中心になるが、たまには変化球もセレクトしたい。 ただ、ご飯ものとなると、どうしても生活感が出てしまいがちなので要注意。 こちらはルックスも申し分ない。 パッケージは、まるで漆塗りの木箱のような上質な紙の化粧箱。 「呼きつね」と書かれた白い熨斗(のし)がひと巻きされ、粋に割りばしが挟み込まれている。 熨斗同様「呼きつね」のロゴが印字された箸袋もおしゃれだ。 ふたを開けると、整然と並んだいなりがなんとも美しい。 緑の葉蘭(はらん)にくるりと巻かれた柴漬けが彩りを添える。 贈る相手ともきっと同じ感動を共有できるだろう。 自分がもらってうれしいものなら、相手も喜ぶに違いない。 とつい妄想を膨らませてしまう。 箱を開けても、酢飯がほとんど匂わない点もポイントが高い。 この細やかな気遣いと粋なルックスこそ格上げ手土産には重要だ。 油揚げは、「南関揚げ」と呼ばれる熊本の特産品で、やわらかで独得の食感があり、ほかの揚げとはまったく違う。 袋状の油揚げの中にご飯を詰めるのではなく、酢飯をお揚げで巻いている。 米はこの揚げにいちばん合う数種類の米を自家ブレンド。 ほんのりとやさしい味わいの揚げと上品な酢飯のバランスがすばらしい。 基本の具材はゴマとクルミ、それに海苔、明太子、らっきょうなど季節の具材が数種類。 ひとつ食べたらまたひとつとついつい手が出てしまう。 店は六本木駅から5分ほどの裏通りのちょっとわかりづらい場所にある一軒屋。 いなり同様、凛(りん)とした雰囲気の小さな店だ。 テイクアウト専門だが、事前の電話予約がベターだ。 定番は20個の化粧箱入り(¥2,500)。 箱入りはほかに27個入り(¥3,600)、48個入り(¥7,000)などがあり、季節ごとに替わる具材によって多少値段が異なる。 「呼きつね」という店名は、「福を呼ぶ、笑顔を呼ぶ、感動を呼ぶ」そんないなりを届けたいと名付けたそう。 自信をもって贈るためにも、自分で実食することをおすすめする。 きっと自分にも福を呼び寄せてくれるはずだ。

次の