吉 高 由里子 ドラマ 服。 吉高由里子 出演ドラマ(一覧)ランキング

吉高由里子に刺激!? 大島優子が不倫妻役で“むき出しの乳首”を見せる確率は?|日刊サイゾー

吉 高 由里子 ドラマ 服

吉高由里子のプロフィール 【名前】:吉高由里子 【読み方】:よしたかゆりこ 【出身】:東京都 【誕生日】:1988年7月22日 【星座】:かに座 【年齢】:26歳(2015年現在) 【身長】:158cm 【体重】:49kg 【スリーサイズ】:B85-W63-H88cm 【カップサイズ】:Bカップ(推定) 【血液型】:O型 【デビュー】:2004年 【所属】:アミューズ 【趣味】:テレビゲーム、競馬、食べること、音楽鑑賞、絵画 【特技】:新体操、そろばん、水泳 【好きな食べ物】:もつ鍋、焼肉、牡蠣、巨峰、チーズケーキ、餃子 【嫌いな食べ物】:ホタルイカ 【好きな酒】:ハイボール 【好きなアーティスト】:LOVE PSYCHEDELICO 【好きな映画】:ジブリ映画(特に天空の城ラピュタ) 【好きなブランド】:moussy、PAGEBOY 【尊敬する映画監督】:園子温(そのしおん) 【学歴】• 東京都立深沢高等学校• 堀越学園高等学校 スポンサーリンク 吉高由里子の経歴 東京都で生まれ育った吉高由里子は、2人兄妹の長女で兄がいるようだ。 幼少時代はお笑いタレントになりたいと思っていた吉高由里子。 幼稚園時代に先生に初恋をしたそうだが、周囲の友達からは 「死んだ魚の目のような顔をしている」 と言われイジメられていたという。 そんな吉高由里子は中学校時代からモデルをしており、芸能界でデビューするきっかけになったのは、 16歳の時に原宿でショッピング中にスカウトされたのがきっかけである。 その後2006年に映画「紀子の食卓」で女優デビューすると、この時の高い演技力が評価されて「ヨコハマ映画祭最優秀新人賞」を受賞している。 2008年には映画「蛇にピアス」で主演を演じ、 日本アカデミー賞新人賞を受賞している。 テレビドラマにも多く出演し「ガリレオ」や「連続テレビ小説花子とアン」など人気作品にもたびたび出演している。 またテレビCMにも非常に多く出演しており、「任天堂」や「ケンタッキーフライドチキン」「サントリートリスウイスキー」など2015年現在まで契約した企業は30社を数える。 まさにCM女王と呼べるほどの活躍である。 そんな吉高由里子の出演したCM集の動画をご覧いただこう。 基本的にインドア派であり一日中オンラインゲームで遊ぶこともあるという。 1人行動が好きな吉高由里子は、1人で馴染みの店に行くのが好きであり、焼肉店にもよく1人で行くそうだ。 スポンサーリンク 本名はなに? 吉高由里子を検索で調べてみると、「 本名」というワードが引っかかる。 実は吉高由里子は芸名であり、彼女の本名は 早瀬由里子というのだ。 ところが彼女が芸能界でデビューする前に在籍していたとされる劇団「HOT CAT COMPANY」の 出演者名簿に早瀬由里子の名前があり、出演時期もちょうど合っていたため、 本名で間違いないという結論に達したということだ。 なんとも家族思いなエピソードだ。 スポンサーリンク 在日疑惑の真相は? さて女優としてドラマやCMに大活躍中の吉高由里子だが、 その一方で彼女には在日ではないか?という疑惑があるようだ。 ナゼこの疑惑が出たのかというと、吉高由里子はデビュー当初から本名を非公開にしていたため、 在日だから本名を公開できないのではないか?という疑惑が湧いていたのだ。 さすがにそれだけではただの言いがかりになるが、彼女が韓国ドラマに出演したことも理由の1つとして挙げられそうだ。 出演した作品は「 ヴァンパイア検事~残された赤い記憶」であり、このドラマ出演を吉高由里子は 「原点に帰ったようです」 とコメントしたことでさらに疑惑が加速したようだ。 だが冷静に考えると本名を非公表にすることは芸能人では多々あることであり、さらに韓国ドラマに出演する俳優はほかにもいる。 原点に帰るというのは、役者としての原点を見つめ直したという意味で十分通じるだろう。 こういったことを考えると、彼女が在日だという疑惑は無理やりこじつけられた疑惑でしかない。 熱愛彼氏の噂は? さてここまで吉高由里子の様々なことを書いてきたが、 彼女のことで最も気になることといえばやはり熱愛彼氏の噂ではないだろうか? このことに関して調べてみると、過去には玉木宏や生田斗真、二宮和也や松山ケンイチなど数々の芸能人と熱愛の噂があった。 しかし彼女は現在 野田洋次郎と熱愛中のようだ。 野田洋次郎といえば人気ロックバンド「 RADWIMPS」のボーカル兼ギターであり、吉高由里子の3歳年上にあたる。 RADWIMPSとはこんなバンドである。 その後一度は破局のニュースが流れたが、2014年5月に復縁し、現在は半同棲生活だという。 今後結婚の可能性もあるということで、近々2人の結婚ニュースが流れても不思議ではなさそうである。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の

吉高 由里子

吉 高 由里子 ドラマ 服

吉高由里子さんの経歴プロフィール• 1988年7月22日生まれ。 東京都出身。 高校1年生時に原宿でスカウトされたのをきっかけに、芸能界入りします。 2018年4月放送の「正義のセ」主演にあたり、オリコン運営サイト<eltha>で「今までの人生ではじめて長く続いたものが「女優という仕事」」とコメントを寄せるなど、自然体のキャラクターに注目を集める女優さんです。 2014年には映画「ユリゴコロ」で 第41回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞。 その他にも、映画「蛇にピアス」で 第18回日本映画批評家大賞 新人賞、連続テレビ小説「花子とアン」で 第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞を受賞するなど、その演技力と女優としての存在感に注目が集まっています。 その中でも、代表的な作品を抜粋してみます。 ZOO「SEVEN ROOMS」(2005年3月19日公開) — ROOM7の女 役• 紀子の食卓(2006年9月23日公開) — 島原ユカ 役• 渋谷区円山町(2007年3月17日公開) — 瀬田 役• 歌謡曲だよ、人生は 第6話 ざんげの値打ちもない(2007年5月12日公開) — 少女 役• 転々(2007年11月10日公開) — ふふみ 役• 夕映え少女「イタリアの歌」(2008年1月26日公開) — 咲子 役• 僕の彼女はサイボーグ(2008年5月31日公開) — ミエ(22世紀の学生) 役• きみの友だち(2008年7月26日公開) — 花井恭子 役• 蛇にピアス(2008年9月20日公開) — ルイ 役• 重力ピエロ(2009年5月23日公開) — 夏子 役• カイジ 人生逆転ゲーム(2009年10月10日公開) — 石田裕美 役• すべては海になる(2010年1月23日公開) — 椚しず子 役• GANTZ(2011年1月29日公開) — 小島多恵 役• 婚前特急(2011年4月1日公開) — 池下チエ 役• GANTZ PERFECT ANSWER(2011年4月23日公開) — 小島多恵 役• 探偵はBARにいる(2011年9月10日公開) — 近藤恵 役• カメリア「kamome」(2011年10月22日公開)• カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年11月5日公開) — 石田裕美 役• ロボジー(2012年1月14日公開) — 佐々木葉子 役• ヒミズ(2012年1月14日公開) — ミキ 役• 僕等がいた 前篇(2012年3月17日公開)・後篇(2012年4月21日公開) — 高橋七美 役• 横道世之介(2013年2月23日公開) — 与謝野祥子 役• 真夏の方程式(2013年6月29日公開) — 岸谷美砂 役• ユリゴコロ(2017年9月23日公開) — 美紗子 役[26]• 検察側の罪人(2018年公開予定) — ヒロイン・橘沙穂 役[27] 吉高由里子出演ドラマ一覧• 金曜ナイトドラマ 時効警察 第6話(2006年2月、テレビ朝日) — 真弓 役• ドラマW チルドレン(2006年5月、WOWOW) — 青木美春(高校時代) 役• PS -羅生門- 第2話(2006年7月、テレビ朝日) — 園田ゆかり 役• 愛の劇場 いい女(2006年、TBS) — 中村美香 役• 素晴らしい世界 スバセカ劇場 今夜もワンダフルバーで3(2007年8月、北海道テレビ〔ローカル〕) — 小日向結花 役• 日曜劇場 冗談じゃない! 第8話(2007年6月、TBS)• あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜(2008年1月 — 3月、関西テレビ) — 宵町しのぶ 役• 大河ドラマ 篤姫 第4回・第12回(2008年、NHK) — 於哲 役• 紺野さんと遊ぼう(2008年3月 — 4月、WOWOW) — 紺野美雪 役• 太陽と海の教室(2008年7月 — 9月、フジテレビ) — 屋嶋灯里 役• サタデーTVラボ トンスラ(2008年10月 — 12月、日本テレビ) — 柏葉ミカ 役• アベレイジ2(2008年10月11日、フジテレビ) — B子 役• 吉高由里子20歳、奈良着。 〜小さな恋のお手伝い〜(2008年12月14日、関西テレビ〔ローカル〕)• ほんとにあった怖い話 血ぬられた旅館(2009年2月3日、関西テレビ) — 安田萌 役• 白い春(2009年4月 — 6月、関西テレビ) — 西田栞 役• イケ麺新そば屋探偵〜いいんだぜ! 〜 第5話(2009年8月1日、日本テレビ) — 祖師谷グリコ 役• 恋時雨コイシグレ〜恋はときどき泪が出る〜(2009年9月、フジテレビ) — 朗読、PV出演• 東京DOGS(2009年10月 — 12月、フジテレビ) — 松永由岐 役• 豆腐姉妹(2010年7月 — 8月、WOWOW) — 三姉妹 役• 美丘-君がいた日々-(2010年7月 — 9月、日本テレビ) — 峰岸美丘 役• 私が恋愛できない理由(2011年10月 — 12月、フジテレビ) — 小倉咲 役• ヴァンパイア検事2(2012年9月 — 11月、OCN) — ルナ 役• ガリレオ(2013年4月 — 6月、フジテレビ) — 岸谷美砂 役• ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫 最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)(2013年6月22日) — 岸谷美砂 役• 連続テレビ小説 花子とアン(2014年3月31日 — 9月27日、NHK) — 村岡花子 役[28]• スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年10月18日、NHK BSプレミアム)• 東京タラレバ娘(2017年1月18日 — 3月22日、日本テレビ) — 鎌田倫子 役[29]• 正義のセ(2018年4月11日 -、日本テレビ) — 竹村凜々子 役[30] 吉高由里子さんの出演作品オススメ5選 「蛇にピアス」 2008年9月公開の日本映画。 「19歳、痛みだけがリアルなら 痛みすら、私の一部になればいい。 」がキャッチコピーのR-15指定作品で、主役のルイ役を務めました。 初主演で、第18回日本映画批評家大賞 新人賞・第32回日本アカデミー賞 新人賞・第51回ブルーリボン賞 新人賞のトリプル受賞を果たした、吉高由里子さんの代表作ともいえる作品です。 映画発表にあたり、雑誌「文藝春秋」によせたエピソードによると、監督の蜷川幸雄氏に「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」と言い放ったことでも有名です。 度胸たっぷりの吉高由里子さんを堪能できる一作です。 この映画は最強だと思ってる。 《蛇にピアス》 — てひゅ。 この作品で、第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞を受賞しました。 モンゴメリの児童文学「赤毛のアン」などを翻訳した村岡花子さんの半生をモチーフにした作品で、主役の安東はな(村岡花子)を演じました。 大ヒットした「あまちゃん」(20. 人気作品で実力をいかんなく発揮した吉高由里子さんの女優ぶりを満喫できる一作です。 吉高由里子さんは、第2シリーズで、福山雅治さん演じる頭脳明晰・スポーツ万能・容姿端麗の3拍子を兼ね備えた大学准教授・湯川学の元に数々の事件を持ち込み、捜査協力を依頼する女性刑事、岸谷美砂役を演じました。 第1シリーズでヒロインを務めた柴咲コウさんに続き、どんな手腕で湯川学の推理欲を引き出すのか、吉高由里子さんの刑事ぶりをもう一度見てみたい作品です。 木村拓哉さん演じる東京地検の検事・最上毅の元に配属された新人検事・沖野啓一郎(二宮和也さん)が担当することとなった事件がテーマとなってストーリーが展開する映画で、沖野の立会事務官・橘沙穂役を演じるのが吉高由里子さんです。 雫井脩介氏の小説を原作としています。 原作小説は元検察官の郷原信郎氏が取材協力していることでも有名な本格ミステリーで、2013年には「週刊文春ミステリーベスト10」の国内部門4位に選出されるほどの話題作。 事件の核心に迫るヒロインとして知的な吉高由里子さんを見られるとあって、注目を集めています。 主題歌を担当する福山雅治さんと主役を演じる吉高由里子さんのタッグは、吉高由里子さんのテレビドラマ初主演作「美丘」以来の8年ぶりとあって、話題となっています。 記念すべき第1話の平均視聴率は、11. 0%(ビデオリサーチ調べ)。 検察の仕事にもスポットが当たるきっかけとなった「正義のセ」で、初の検事役に奮闘する吉高由里子さんの姿に注目の一作です。 これからのメディア出演にも期待しています。

次の

吉高由里子、ズボラな性格が判明「翌日に着る服を着たまま寝る」

吉 高 由里子 ドラマ 服

新水曜ドラマ『知らなくていいコト』(同系)の番宣でやってきた吉高。 すると鬼越トマホーク・坂井良多から、関係者から聞いた話として、吉高は「オフの日は丸2日寝続ける」という暴露が飛び出した。 この真相を追及された吉高は、「トイレも行かずに、ずっと寝ちゃいます」とあっさり認め、しかも2日ではなく、最長3日寝続けたことがあると自ら告白。 さらに坂井から、吉高にまつわるエピソードとして「早朝からの撮影前日は少しでも長く寝たいので、パジャマではなく、翌日に着る服を着たまま寝る」という話も。 吉高はこれについても「ギリギリまで寝たい」「(特に)冬は脱ぐのも寒いので、(そのまま)着てそのまま外に出た」と語った。 この彼女の行動に坂井が「プロ意識がある」と強引にまとめようとすると、いつものように、金ちゃんとイザコザが勃発。 その間を割って入り、喧嘩の仲裁に入った吉高だが、金ちゃんから「うるせえな! こっそりドラマのプロデューサーに連絡して、噛みやすいセリフ削ってもらってんじゃねえよ!」と、思わぬダメ出しが突き付けられた。 このネタは本当だったようで、吉高は「ダメですね。 これアカンですよ、アカンですよ」と苦笑いしていた。 《杉山実》.

次の