神戸 阪急。 神戸阪急

神戸阪急店

神戸 阪急

神戸阪急 旧:そごう神戸店 は、阪神の西口から直結でアクセスが抜群のところにあります。 館内にはファッション専門店や化粧品売り場などがあるほか、和菓子店や洋菓子店があるグルメフロアもあるため、お土産を購入するときにも便利ですよ。 カフェなどの飲食店もありますので、買い物ついでにゆっくりとした時間を過ごすのもおすすめです。 このページでは、そんな神戸阪急で買えるおすすめのお土産情報を紹介していきますね。 神戸阪急で販売されているお土産の一覧を見たい場合はページ下から見れますよ。 なお、この情報は2020年2月現在のものです。 神戸阪急だけでなく、神戸全体のお土産を探しているのなら、以下のページも合わせてチェックしてみましょう。 参考:• 仙太郎• 辻利兵衛本店• 一心堂• 桂新堂• 四季催事赤福• 姫鼓月• 足立音兵衛• 本高砂屋• かきたねキッチン• ハッピーターンズ• 小倉山荘• とらや• たねや• 西口屋是清• 鶴屋八幡• 宗家源吉兆庵• 叶 匠壽庵• 福砂屋• 文明堂• 小倉屋山本• 伊藤園• 山本山• 真帆屋• 御座候• シーキューブ• ワッフルケーキの店R. アンリ・シャルパンティエ• ファンドリー• モンロワール• アンテノール• ヴィタメール• 新宿高野• ショコラリパブリック• ガトーフェスタハラダ• ゴンチャロフ• 神戸風月堂• モロゾフ• ユーハイム• ケーニヒスクローネ• バトンドール• パティスリートゥーストゥース• フロインドリーブ• ヨックモック• ゴディバ• 551蓬莱• ドンク• Mini One そのほか、銘菓催では期間限定で出店するお店がいくつかありますよ。 参考: このなかで、神戸の有名店といえばユーハイムやモロゾフ、ゴンチャロフ、ケーニヒスクローネ、神戸風月堂あたりですね。 神戸は和菓子というよりは洋菓子店が多い街なので、神戸阪急でも人気の洋菓子店が勢揃いしているなという印象があります。 神戸の人気店のお土産をまとめて探したいときに便利な場所なので、ぜひ足を運んでみてください! 神戸阪急で買えるおすすめスイーツ では、ここからは阪急神戸で買えるおすすめスイーツを、【和菓子】【洋菓子】【ケーキ】【チョコレート】別に紹介していきますね。 神戸阪急で買えるおすすめの和菓子 まず、神戸阪急で買えるおすすめの和菓子から紹介します。 本高砂屋の高砂きんつば 創業明治10年の本高砂屋は、明治30年に神戸名物「髙砂きんつば」を売り出して以降、一貫して金つばの味を守り続けてきた和菓子店です。 神戸は洋菓子のイメージがあるかもしれませんが、「神戸名物の和菓子を探している」というときは、高砂きんつばをおすすめします! きんつばは、1つ1つ箱に入っているのでギフトにもぴったりですよ。 参考: たねやのふくみ天平 滋賀生まれの老舗和菓子店「たねや」といえば、代表銘菓の「ふくみ天平」が有名です。 食べる人が自ら餡と最中種を合わせることで、できたてを味わうことができるという最中は、当時画期的であり、今もなお多くの人に愛され続けています。 食べやすい形になっていて、皮のクズがあまり出にくくなっているのもおすすめポイントですよ。 参考: 叶 匠寿庵のあも 叶 匠寿庵は、昭和33年創業の滋賀に本店を持つ和菓子店です。 そんな叶 匠寿庵の代表銘菓「あも」は一見、つぶあんの羊羹に見えますが、中にはなんと、やわらかな羽二重餅が入っています。 小豆は粒の大きい春日大納言を使用し、粒をなるべくつぶさないよう、今も手炊きで作られているなど、素材や製法にもこだわっている逸品です。 参考: 桂心堂の海老づくし 桂新堂は1866年 慶応2年 に名古屋に創業した、えびせんべい専門店です。 こちらの海老づぐしは、お店の人気ナンバーワン商品で、味や形の違う6種類のせんべいが入っています。 味も見た目もバラエティに富んでいて、食べ始めたら止まらなくなり、ついつい手が伸びてしまうほど。 お茶請けやおつまみにもぴったりなのはもちろん、お中元やお歳暮の贈り物にもおすすめの品です。 参考: 神戸阪急で買えるおすすめの洋菓子 つづいて、神戸阪急で買えるおすすめの洋菓子を紹介します。 ユーハイムのバウムクーヘン ユーハイムは神戸市に本店をおくドイツ菓子のお店です。 1909年の創業から100年以上と歴史が長く、神戸を代表する洋菓子店のひとつとなっています。 そんなユーハイムの代名詞とも言えるのが、ドイツの伝統菓子・バウムクーヘンです。 しっとりとした生地は素材の風味を生かした自然な味わいで、側面のホワイトチョコレートコーティングが甘さとコクを加え、食べごたえも十分です。 参考: なお、ユーハイムで買えるお菓子一覧については、こちらを参考にしてみてくださいね。 そんなモロゾフのカスタードプリンは、お店の一番人気商品なので、どれを買おうか迷ったときは候補にいかがでしょうか。 参考: また、モロゾフではやレアチーズケーキも人気があります。 賞味期限は3日ですが、ホールサイズで1,000円 税別 とリーズナブルな価格もうれしいポイントです。 4〜8人ほどでお茶会をするときは、こう言った切り分けられるケーキをお茶菓子にするのもよさそうですね。 参考: 神戸風月堂のゴーフル 神戸風月堂は1897年 明治30年 に創業した老舗洋菓子店です。 そんな神戸風月堂といえば、薄い生地にクリームがはさんであるゴーフルがお店の代表銘菓として知られています。 ゴーフルが入った缶のデザインは、季節や行事によって限定販売されているものもあるため、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね! 参考: ケーニヒスクローネの神戸に住んでる小ぐま 「神戸に住んでる小ぐま」は、神戸・御影生まれの洋菓子店ケーニヒスクローネが手がけるサブレです。 マスコットキャラクターであるくまの形がとてもかわいく、小さなお子さんがいるファミリーへのお土産にもおすすめします。 パッケージには「神戸限定品」と表記されているので、神戸土産にもぴったりですね。 参考: 神戸阪急で買えるおすすめのチョコレート つぎに、神戸阪急で買えるおすすめのチョコレートを紹介します。 ゴンチャロフの神戸ビュースポット ゴンチャロフは神戸発祥の高級チョコレートの老舗として有名で、全国の百貨店にも多数出店しています。 そんなゴンチャロフが販売している「神戸ビュースポット」は、神戸の有名な観光地が描かれたパッケージがかわいいチョコレート菓子です。 地域限定発売の商品なので、「神戸でしか買えない商品を探している」というときは、こちらのご当地チョコレートはいかがでしょうか。 参考: モンロワールのリーフメモリー モンロワールは、昭和63年に神戸市東灘区にある阪急電鉄「岡本」駅前に創業したお店です。 創業以来、百貨店での取り扱いも増え、今では神戸の代表的なチョコレート菓子として多くの人に愛されています。 その中でも「リーフメモリー」は、小さくて食べやすいチョコレートが一包みになっているチョコレートです。 一包みで3つの味を楽しめますし、賞味期限も約6ヶ月と日持ちするところもおすすめポイントですよ。 参考: OMIYA! ライターが選ぶ神戸阪急で買える手土産におすすめのお菓子 つづいて、OMIYA! ライターが選ぶ神戸阪急で買える手土産におすすめのお菓子を紹介しますね。 ショコラ・リパブリックの神戸生チーズモンブラン ショコラリパブリックは、神戸市内に店舗をおく洋菓子店で、神戸阪急のほかに三宮本店、岡本店、摩耶ハーバー店、KITANO店の5店舗があります。 そんなショコラリパブリックのおすすめポイントは、写真映えするかわいい商品がたくさんあるところです! こちらの神戸生チーズモンブランには、表面にはかわいい花びらがトッピングされていて、食べるのが惜しくなるほど。 ケーキは1日しか日持ちしませんが、お茶会への手土産として持参すれば話題になること間違いなしのおすすめ商品です。 参考: アンテノールのラングドシャ アンテノールは、1978年に異人館で知られる神戸北野に創業した洋菓子店です。 こちらのラング・ド・シャには、口どけのいいチョコレートがサンドされていて、「サクサク」と「とろとろ」のコントラストを口のなかで楽しむことができます。 1枚1枚個包装されているため、お土産としても配りやすいところも便利ですね。 アンテノールでは、そのほかにもフィナンシェやクッキー、ケーキをはじめ、ギフトにぴったりの詰め合わせ商品もありますよ。 参考: Mini Oneのミニクロワッサン 神戸で有名なパン屋さん「DONQ ドンク 」の独自ブランドであるMini Oneでおすすめなのが、名物のミニクロワッサンです。 手のひらサイズの小さなクロワッサンで、少し甘みがあり、おやつにもぴったりのパンですよ。 量り売り販売なので、用途や贈る相手によって量や個数を購入できるところも便利ですね。 ミニクロワッサンは職場などへの差し入れとしてはもちろん、自宅用の手土産にもおすすめします! 参考: アンリ・シャルパンティエのフィナンシェ 芦屋生まれのアンリ・シャルパンティエでは、発売以来ロングセラーのフィナンシェがおすすめです。 お店を代表する定番商品なので、どれを買おうか迷ったときは、こちらのフィナンシェを買っておけば、まず間違いありません。 バターやアーモンドの風味と、シンプルではありながらも深い甘みが噛むほどに口の中に広がり、コーヒーや紅茶によく合いますよ。 ティータイムのお供を探しているのなら、ぜひ候補の一つにいかがでしょうか。 参考:.

次の

神戸阪急店

神戸 阪急

仙太郎• 辻利兵衛本店• 一心堂• 桂新堂• 四季催事赤福• 姫鼓月• 足立音兵衛• 本高砂屋• かきたねキッチン• ハッピーターンズ• 小倉山荘• とらや• たねや• 西口屋是清• 鶴屋八幡• 宗家源吉兆庵• 叶 匠壽庵• 福砂屋• 文明堂• 小倉屋山本• 伊藤園• 山本山• 真帆屋• 御座候• シーキューブ• ワッフルケーキの店R. アンリ・シャルパンティエ• ファンドリー• モンロワール• アンテノール• ヴィタメール• 新宿高野• ショコラリパブリック• ガトーフェスタハラダ• ゴンチャロフ• 神戸風月堂• モロゾフ• ユーハイム• ケーニヒスクローネ• バトンドール• パティスリートゥーストゥース• フロインドリーブ• ヨックモック• ゴディバ• 551蓬莱• ドンク• Mini One そのほか、銘菓催では期間限定で出店するお店がいくつかありますよ。 参考: このなかで、神戸の有名店といえばユーハイムやモロゾフ、ゴンチャロフ、ケーニヒスクローネ、神戸風月堂あたりですね。 神戸は和菓子というよりは洋菓子店が多い街なので、神戸阪急でも人気の洋菓子店が勢揃いしているなという印象があります。 神戸の人気店のお土産をまとめて探したいときに便利な場所なので、ぜひ足を運んでみてください! 神戸阪急で買えるおすすめスイーツ では、ここからは阪急神戸で買えるおすすめスイーツを、【和菓子】【洋菓子】【ケーキ】【チョコレート】別に紹介していきますね。 神戸阪急で買えるおすすめの和菓子 まず、神戸阪急で買えるおすすめの和菓子から紹介します。 本高砂屋の高砂きんつば 創業明治10年の本高砂屋は、明治30年に神戸名物「髙砂きんつば」を売り出して以降、一貫して金つばの味を守り続けてきた和菓子店です。 神戸は洋菓子のイメージがあるかもしれませんが、「神戸名物の和菓子を探している」というときは、高砂きんつばをおすすめします! きんつばは、1つ1つ箱に入っているのでギフトにもぴったりですよ。 参考: たねやのふくみ天平 滋賀生まれの老舗和菓子店「たねや」といえば、代表銘菓の「ふくみ天平」が有名です。 食べる人が自ら餡と最中種を合わせることで、できたてを味わうことができるという最中は、当時画期的であり、今もなお多くの人に愛され続けています。 食べやすい形になっていて、皮のクズがあまり出にくくなっているのもおすすめポイントですよ。 参考: 叶 匠寿庵のあも 叶 匠寿庵は、昭和33年創業の滋賀に本店を持つ和菓子店です。 そんな叶 匠寿庵の代表銘菓「あも」は一見、つぶあんの羊羹に見えますが、中にはなんと、やわらかな羽二重餅が入っています。 小豆は粒の大きい春日大納言を使用し、粒をなるべくつぶさないよう、今も手炊きで作られているなど、素材や製法にもこだわっている逸品です。 参考: 桂心堂の海老づくし 桂新堂は1866年 慶応2年 に名古屋に創業した、えびせんべい専門店です。 こちらの海老づぐしは、お店の人気ナンバーワン商品で、味や形の違う6種類のせんべいが入っています。 味も見た目もバラエティに富んでいて、食べ始めたら止まらなくなり、ついつい手が伸びてしまうほど。 お茶請けやおつまみにもぴったりなのはもちろん、お中元やお歳暮の贈り物にもおすすめの品です。 参考: 神戸阪急で買えるおすすめの洋菓子 つづいて、神戸阪急で買えるおすすめの洋菓子を紹介します。 ユーハイムのバウムクーヘン ユーハイムは神戸市に本店をおくドイツ菓子のお店です。 1909年の創業から100年以上と歴史が長く、神戸を代表する洋菓子店のひとつとなっています。 そんなユーハイムの代名詞とも言えるのが、ドイツの伝統菓子・バウムクーヘンです。 しっとりとした生地は素材の風味を生かした自然な味わいで、側面のホワイトチョコレートコーティングが甘さとコクを加え、食べごたえも十分です。 参考: なお、ユーハイムで買えるお菓子一覧については、こちらを参考にしてみてくださいね。 そんなモロゾフのカスタードプリンは、お店の一番人気商品なので、どれを買おうか迷ったときは候補にいかがでしょうか。 参考: また、モロゾフではやレアチーズケーキも人気があります。 賞味期限は3日ですが、ホールサイズで1,000円 税別 とリーズナブルな価格もうれしいポイントです。 4〜8人ほどでお茶会をするときは、こう言った切り分けられるケーキをお茶菓子にするのもよさそうですね。 参考: 神戸風月堂のゴーフル 神戸風月堂は1897年 明治30年 に創業した老舗洋菓子店です。 そんな神戸風月堂といえば、薄い生地にクリームがはさんであるゴーフルがお店の代表銘菓として知られています。 ゴーフルが入った缶のデザインは、季節や行事によって限定販売されているものもあるため、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね! 参考: ケーニヒスクローネの神戸に住んでる小ぐま 「神戸に住んでる小ぐま」は、神戸・御影生まれの洋菓子店ケーニヒスクローネが手がけるサブレです。 マスコットキャラクターであるくまの形がとてもかわいく、小さなお子さんがいるファミリーへのお土産にもおすすめします。 パッケージには「神戸限定品」と表記されているので、神戸土産にもぴったりですね。 参考: 神戸阪急で買えるおすすめのチョコレート つぎに、神戸阪急で買えるおすすめのチョコレートを紹介します。 ゴンチャロフの神戸ビュースポット ゴンチャロフは神戸発祥の高級チョコレートの老舗として有名で、全国の百貨店にも多数出店しています。 そんなゴンチャロフが販売している「神戸ビュースポット」は、神戸の有名な観光地が描かれたパッケージがかわいいチョコレート菓子です。 地域限定発売の商品なので、「神戸でしか買えない商品を探している」というときは、こちらのご当地チョコレートはいかがでしょうか。 参考: モンロワールのリーフメモリー モンロワールは、昭和63年に神戸市東灘区にある阪急電鉄「岡本」駅前に創業したお店です。 創業以来、百貨店での取り扱いも増え、今では神戸の代表的なチョコレート菓子として多くの人に愛されています。 その中でも「リーフメモリー」は、小さくて食べやすいチョコレートが一包みになっているチョコレートです。 一包みで3つの味を楽しめますし、賞味期限も約6ヶ月と日持ちするところもおすすめポイントですよ。 参考: OMIYA! ライターが選ぶ神戸阪急で買える手土産におすすめのお菓子 つづいて、OMIYA! ライターが選ぶ神戸阪急で買える手土産におすすめのお菓子を紹介しますね。 ショコラ・リパブリックの神戸生チーズモンブラン ショコラリパブリックは、神戸市内に店舗をおく洋菓子店で、神戸阪急のほかに三宮本店、岡本店、摩耶ハーバー店、KITANO店の5店舗があります。 そんなショコラリパブリックのおすすめポイントは、写真映えするかわいい商品がたくさんあるところです! こちらの神戸生チーズモンブランには、表面にはかわいい花びらがトッピングされていて、食べるのが惜しくなるほど。 ケーキは1日しか日持ちしませんが、お茶会への手土産として持参すれば話題になること間違いなしのおすすめ商品です。 参考: アンテノールのラングドシャ アンテノールは、1978年に異人館で知られる神戸北野に創業した洋菓子店です。 こちらのラング・ド・シャには、口どけのいいチョコレートがサンドされていて、「サクサク」と「とろとろ」のコントラストを口のなかで楽しむことができます。 1枚1枚個包装されているため、お土産としても配りやすいところも便利ですね。 アンテノールでは、そのほかにもフィナンシェやクッキー、ケーキをはじめ、ギフトにぴったりの詰め合わせ商品もありますよ。 参考: Mini Oneのミニクロワッサン 神戸で有名なパン屋さん「DONQ ドンク 」の独自ブランドであるMini Oneでおすすめなのが、名物のミニクロワッサンです。 手のひらサイズの小さなクロワッサンで、少し甘みがあり、おやつにもぴったりのパンですよ。 量り売り販売なので、用途や贈る相手によって量や個数を購入できるところも便利ですね。 ミニクロワッサンは職場などへの差し入れとしてはもちろん、自宅用の手土産にもおすすめします! 参考: アンリ・シャルパンティエのフィナンシェ 芦屋生まれのアンリ・シャルパンティエでは、発売以来ロングセラーのフィナンシェがおすすめです。 お店を代表する定番商品なので、どれを買おうか迷ったときは、こちらのフィナンシェを買っておけば、まず間違いありません。 バターやアーモンドの風味と、シンプルではありながらも深い甘みが噛むほどに口の中に広がり、コーヒーや紅茶によく合いますよ。 ティータイムのお供を探しているのなら、ぜひ候補の一つにいかがでしょうか。 参考:.

次の

神戸阪急 6F喫茶室

神戸 阪急

概要 [ ] ・と並ぶ阪急電鉄の基幹路線の一つであり、並行する()・と共に大阪と神戸の随一の繁華街であるとを結ぶ鉄道路線の一つである。 宝塚本線およびその支線と合わせてと総称されることもある。 阪神間を高速で走行することを前提に建設されたため、ほぼ直線的に大阪と神戸を結んでおり、阪神本線・JR神戸線よりも山手側を通っている。 沿線は文化圏に位置し、特にやの山手側を中心に関西有数のが形成されている。 そのイメージの良さと梅田と三宮に直接アクセスできる利便性の高さから、関西の「住みたい沿線」として人気路線である。 最初期の計画では付近の開発を名目に敷設免許を申請したことから、現行よりも北よりの・付近を通るルートとなっていた。 その後、阪神間の短絡を目的に現在のルートに変更されたため、を建設することとなった。 2020年7月16日に伊丹線とともに開業100周年を迎えた。 これを記念して一部電車にヘッドマークをつけ、同年9月まで運行される。 当記事において運行形態節での各種別の運行の変遷や、歴史節は当時の駅名で記述しており、「梅田駅」「三宮駅」とあるのは、それぞれ現在の大阪梅田駅、神戸三宮駅である。 また、阪急の神戸駅は1936年3月までは後の、同年4月から1968年4月までは現在の神戸三宮駅を指す。 路線データ [ ]• 路線距離():大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間 32. :1435• 駅数:16駅(起終点駅含む)• 複線区間:全線• 電化区間:全線電化(直流1500 )• :自動閉塞式• : 路線概況 [ ] 停車場・施設・接続路線 32. 3 HK-16 () HS 36 大阪梅田駅付近の路線• 1, 2:JR西:• 3:JR西:( )• ただし、の大阪方にはS字に迂回するカーブが存在する。 これは神戸線建設時、ルート上に創業者の一人、の邸宅(現・)があり、村山が近所の社長、総理事や近隣住民を誘って反対運動を行い、用地買収に難航したことによる。 大阪梅田駅 - 間はを走りほぼ平坦であるが、西宮北口駅 - 神戸三宮駅間、特に - 間は山沿いのルートでの麓を走るため、16. 7 - 30. 大阪梅田駅 - 十三駅間の方式は、はであるが、神戸本線・京都本線(厳密には宝塚本線の一部)はである。 西側の橋梁にはが設置されており、接近によるや、後の等への対策として閉鎖されることがある。 この場合、大阪梅田駅 - 間は運休(このうち大阪梅田駅 - 十三駅間は神戸本線のみ運休)となるが、過去には十三駅 - 神崎川駅間で上り線のみを利用して折り返し運転されたことや、園田駅に用意されている折り返し線を利用して園田駅 - 三宮駅(現在の神戸三宮駅)間の普通列車のみで折り返し運転をしていたこともある。 大阪梅田駅 - 西宮北口駅間の代替路線としては、(大阪梅田駅 - )・(宝塚駅 - 西宮北口駅)を経由するよう案内されたことがある。 運行形態 [ ] 阪急電鉄は神戸三宮駅 - 間のであり、自社線扱いの「」として神戸三宮駅から新開地駅まで直通運転をしている。 平日は9時 - 22時ごろ、土曜・休日は7時 - 19時ごろまでとがそれぞれ10分間隔(土曜・休日の19時以降も同様に12分間隔)での運転が基本のダイヤとなっている。 平日の夕には下りは普通に代わり通勤急行が、これに加えて西宮北口駅発着の普通が運転されるほか、平日・土曜・休日ともに22時以降は特急に代わりが運転される。 平日の朝ラッシュ時間帯は16分サイクルとなっており特急・普通のほかに通勤特急・通勤急行・準急(今津線宝塚駅から直通、大阪梅田方面のみ)も運転される。 土曜は休日ダイヤが適用されている。 以前は、月曜から土曜までが平日ダイヤ、日曜・祝日が休日ダイヤで運転されていたが、関西ではに次いで12月に宝塚線、2月に京都線で土曜ダイヤを導入しており、これに続く形で神戸線も1993年7月に土曜ダイヤを導入した。 ちなみに当時、相互直通運転を行っていた山陽電鉄と神戸高速鉄道東西線・山陽電鉄本線に乗り入れていた阪神電鉄も同日から土曜ダイヤを導入している。 のちにこの土曜ダイヤは、休日ダイヤを基本に、輸送力の不足する朝のみ西宮北口発梅田(現在の大阪梅田)行きの普通を増発するパターンとなり、2006年10月28日のダイヤ改正 以降は完全に廃止されて土曜・休日ダイヤに一本化された。 乗務員は西宮北口駅で交替することがあり、交替した運転士が西宮北口駅発車時、吹鳴を行うことがある。 日中の運転本数は次の通りである。 日中の運行パターン 駅名 \ 種別 大阪梅田 … 神戸三宮 … 新開地 直通 本数 本数 特急 6本 普通 6本 2本 列車種別 [ ] 以下に各種別の詳細を示す。 現行の各種別の停車駅は「」の節を参照。 特急 [ ] 9000系による特急新開地行き 神戸本線の最速達種別で、深夜を除きほぼ終日運転される。 基本的には大阪梅田駅 - 新開地駅間の運転だが、早朝に西宮北口発新開地行きがあるほか朝夕には大阪梅田駅 - 神戸高速線高速神戸駅間の運転もある。 平日日中と土休日終日はでの普通電車(高速神戸駅折り返し)との接続が考慮されている。 平日朝ラッシュ時は上りのみ運転される(下りは通勤特急のみ運転される)。 このうち3本は10両編成で運転されるが、神戸三宮駅で2両増結作業を行う関係で通勤特急のように女性専用車両は設定されない。 2016年3月19日のダイヤ改正以前は平日朝の下り列車も設定されていた。 の運転開始以来、と直後を除き、ほぼ一貫して設定されている。 1930年の運転開始当初の途中停車駅は西宮北口駅のみで、1937年に十三駅を追加 して以降は永らく十三駅と西宮北口駅のみであった。 阪神・淡路大震災後の1995年6月12日のダイヤ改正で岡本駅に、2006年10月28日のダイヤ改正で夙川駅に、それぞれ新たに停車するようになった。 から沿線のでが公開されており、行楽シーズンには最寄り駅であるに臨時停車することもあったが、現在では行われていない。 2006年10月28日のダイヤ改正以降、大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間は下り列車が最速27分00秒(表定速度:71. また、線形が良く通過駅が多い十三駅 - 西宮北口駅間では、下り列車が最速8分40秒、上り列車が最速8分30秒(平均速度:93. 大阪梅田駅 - 宝塚駅間は宝塚本線の急行に乗車するよりも、実際には特急で西宮北口駅まで行き、今津(北)線に乗り換えたほうが宝塚駅へ先着することも少なくない。 日中時間帯での差は1分程度である。 通勤特急 [ ] 通勤特急には10両編成の運用がある。 (にて) 特急の停車駅に、伊丹線との接続駅である塚口駅を加えた種別で、平日朝ラッシュ時にのみ運転され、この時間帯の下り優等列車は全てこの種別で運転される。 2016年3月19日のダイヤ改正以降は基本的には大阪梅田駅 - 神戸三宮駅・高速神戸駅・新開地駅間で運転されるが、上り・下りともからの出庫のため、一部西宮北口駅発の列車がある。 神戸三宮駅発着の列車と、その送り込みのための西宮北口駅発の列車の一部は8両編成(神戸三宮側)と2両編成(大阪梅田側)が固定された10両編成で運転され、神戸三宮寄りの先頭にを連結する。 1995年6月12日のダイヤ改正から運転開始し、1998年から2001年には深夜時間帯にも運転されていた。 2006年10月28日のダイヤ改正で夙川駅が停車駅に追加された。 2016年3月19日の改正で朝ラッシュ時の大阪梅田発の下り列車の優等列車が全て通勤特急に統一され、神戸三宮駅発着の列車が増加した。 2019年1月より、京都線での変更に合わせて英語表記が「 Limited Express」から「 Commuter Limited Express」に変更された。 車両側の表示は、同年10月より、LED方向幕の装備編成(7000系の7007F・7008F・9000系・1000系)を皮切りに変更が進められている。 快速急行 [ ] 8000系による快速急行 深夜における特急に代わる優等列車であり、早朝に新開地発大阪梅田行きが1本運転されるほかは22時以降の運転である。 特急の停車駅に加え塚口駅・に停車する。 基本的には大阪梅田駅 - 新開地駅間の運転だが、高速神戸発大阪梅田行きと新開地発西宮北口行きもそれぞれ2本設定されている。 1987年12月のダイヤ改正から運転を開始した。 急行 [ ] 伊丹線との接続駅である塚口駅および西宮北口駅 - 神戸三宮駅間の各駅への速達列車として、土曜・休日の早朝に神戸三宮発大阪梅田行きが1本と、平日の深夜に神戸三宮行きが2本、土曜・休日の深夜に新開地行きが1本、神戸三宮行き3本が運転される。 特急と並び、戦前から存在する種別であり、長年停車駅が変わっていない。 阪神・淡路大震災前は、平日朝夕の混雑時間帯と深夜、休日の午前・午後・深夜に運転されていた。 休日午前と午後の急行は梅田駅 - 西宮北口駅間の運転で、阪神競馬場で競馬が開催される日には梅田駅 - 間のとなり、西宮北口駅発着の急行は運休となっていた。 1995年6月のダイヤ改正から2001年3月のダイヤ改正までは、主に平日夕方以降の運転に縮小されたが、現在その時間帯は通勤急行になっている。 かつては高速神戸駅発着(平日は阪神・淡路大震災前まで朝ラッシュ時、休日は1998年2月ダイヤ改正まで深夜に1本)の列車も存在していた。 2016年3月19日のダイヤ改正以前は平日の早朝に神戸三宮発梅田行きが1本、平日朝ラッシュ時に梅田発西宮北口行きが数本(最後の1本は神戸三宮行き)運転されていた。 通勤急行 [ ] 8000系による通勤急行 伊丹線との接続駅である塚口駅および他の優等列車が通過するへの速達列車として、平日ラッシュ時中心に運転される。 塚口駅 - 新開地駅間は各駅に停車し、この時間帯の西宮北口駅発着の普通を補完する役割も持つ。 なお朝は新開地・高速神戸発大阪梅田行きのみ、夕方・夜間は大阪梅田発神戸三宮行のみの運転となる。 朝の列車は神戸三宮駅で始発の通勤特急と連絡する。 また、夕方・夜間の列車は西宮北口駅で特急の待避を行う。 1995年6月のダイヤ改正で運転を開始。 当初は平日朝の上り急行を置き換える形で、三宮発梅田行きのみの設定であったが、2001年3月のダイヤ改正では平日夕方の下りにも、急行を置き換える形で運転されるようになった。 2007年10月26日までは、神戸三宮駅7時台発の2本について座席収納装置のあるが座席収納の状態で増結車両に充当されていた。 梅田行きの一部列車は西宮北口駅から10両編成で運行していたが、2016年3月19日のダイヤ改正で8両に統一され、朝ラッシュ時の神戸三宮発の列車が新開地・高速神戸発に延長された。 これにより、運行区間が神戸高速線まで拡大された。 英語表記は、2019年1月に「 Express」から「 Commuter Express」に変更された。 準急 [ ] 8000系による準急 平日朝ラッシュ時に今津線からの直通列車として、8両編成で宝塚発大阪梅田行きのみ運転される。 なお、西宮北口駅では神戸本線とのである9号線を通過するが、9号線では乗降の取り扱いは行わないため同駅は通過扱いとなっている(但し、ダイヤの関係で約1分間する)。 また、通勤急行が停車する武庫之荘駅には停車しないため、神戸本線においては通勤急行よりも準急の方が格上というとなっている(これは通勤急行が準急より後に設定されたことによる。 但し、路線図などでは準急が格下として扱われている)。 1957年10月に運転を開始。 かつては仁川発梅田行きも1本あったが、これは後に宝塚発に変更されている。 1995年6月12日より2001年3月のダイヤ改正までは、平日夕方に3本の梅田発宝塚行きがあったが、この列車は今津線内の宝塚方面行きホームの関係上、6両編成で運転されていた(「」も参照)。 普通 [ ] 7000系による普通(付近) 各駅に停車する種別で、終日運転される。 昼間時は大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間で運転され、上下列車とも西宮北口駅で必ず特急との待避・接続を行うが、西宮北口駅出発後は大阪梅田駅・神戸三宮駅まで先着するダイヤとなっている。 なお平日ラッシュ時は・六甲駅で特急や通勤特急を待避する列車がある。 西宮北口駅発着列車が朝・夕・夜に設定されており、特に平日夕方の下りの通勤急行運行時間帯は全て西宮北口行きである。 高速神戸駅・新開地駅へは早朝・平日朝ラッシュ時・深夜のみ乗り入れる。 このほか、平日朝に1本のみ武庫之荘発大阪梅田行きがある。 2006年10月28日のダイヤ改正以降、平日日中において大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間は上り列車が最速43分00秒(表定速度:45. 早朝においては、西宮北口駅での優等列車の待避が無いため、大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間は上下列車とも最速38分40秒(表定速度:50. また、線形が良く駅間距離が比較的長い十三駅 - 西宮北口駅間では、平日昼の上り列車が最速13分30秒(表定速度:58. 2016年3月19日のダイヤ改正までは平日夕方に運行本数調整のため西宮北口発高速神戸行が3本運転されていた。 阪神・淡路大震災前の日中は、平日・土曜日のみ特急が梅田駅 - 神戸三宮駅間を最速26分で運転していたため原則六甲駅で待避を行っており、また休日では六甲駅での待避をしない(そのため後続の特急は徐行運転を強いられた)代わりに臨時列車の運転も考慮して西宮北口駅での長時間停車と園田駅での待避を行っていた。 1998年2月ダイヤ改正までは、山陽電気鉄道からは六甲駅まで直通運転を行っていたが、山陽電鉄線内の種別に関係なく、神戸本線内は普通として運転されていた。 ただし種別表示は、山陽電鉄線内の種別を表示していた(例えば山陽電鉄線内特急の場合は、特急表示のまま神戸本線内を各駅に停車していた)。 臨時列車 [ ] 直通特急 [ ] 「」も参照 元は2008年秋より運転を開始した、春・秋の行楽期限定の直通の。 各駅のホームの関係で6両編成であり、現在は7006F「」 が充当される。 2009年秋までは 臨時という種別で運転し、直通運転に充当した編成には専用のサボや、ドア側面にはその旨を表示するステッカーが用意された。 2010年春の行楽期より、新たに 直通特急という種別が与えられ、直通運転に充当される編成には専用の「直通特急」の種別幕が追加された。 運転日は、春・秋の行楽期の特定の土曜・日曜・祝日(運転日は公式ウェブサイトなどで随時発表される)で、高速神戸駅発着と今津線経由の宝塚駅発着がそれぞれ1日1往復運転される。 この列車は十三駅でしてに直通するため、梅田駅には乗り入れなかった。 神戸本線内の停車駅は、高速神戸発着が快速急行と同一、宝塚発着が準急と同一。 高速神戸行きは六甲駅で特急を待避した。 2011年より新たに「あたご」(高速神戸駅発着)・「とげつ」(今津線経由宝塚駅発着)という愛称がそれぞれ付けられたが、専用編成のうち7017Fが2015年11月から2017年11月までのイラストによる神戸の観光スポットなどがあしらわれた「爽風」となったことから 、2016年には直通特急の愛称も「爽風」として運転された。 2018年3月17日から2019年10月31日には同じ「爽風」の愛称で、のイラストによるラッピング列車を運行していた(2018年11月17日にデザイン一部リニューアル) が、ラッピングされる編成が変更されたため、嵐山駅直通の臨時列車の愛称は「あたご」に戻された。 2019年春以降は「あたご」「とげつ」の運転が取りやめられ、平日の火曜・水曜・木曜に限り「京とれいん 雅洛」による直通特急(列車愛称はなし)が西宮北口駅 - 嵐山駅間で運転されている。 この直通特急は神戸線列車で唯一、車内自動放送が行われている [ ]。 直通特急として運行される京とれいん雅洛(西宮北口駅にて撮影) 臨時特急 [ ] 毎年、開催期間中の土曜・日曜は、夜間に神戸三宮発大阪梅田行きの臨時特急が増発される。 停車駅は特急と同一。 また、開催日も同様に、神戸三宮発(一部は高速神戸発)大阪梅田行き臨時特急が増発される。 臨時特急が運転される際には、その直前に出発する普通が六甲駅で待避するため時刻が若干変更される。 過去には、山陽電鉄須磨浦公園駅までの乗り入れが廃止された直後の1998年7月19日・20日・25日・26日と8月1日・2日・8日・9日(いずれも土曜・日曜・祝日)の計8日間、等への利便を図るため、梅田発(当時)須磨浦公園行き臨時特急「ドルフィン号」が運転されたことがあり、7000系6両編成が使用された。 停車駅は十三・西宮北口・岡本・三宮・花隈・高速神戸・新開地・で、新開地駅と山陽須磨駅の間はノンストップであった。 ただ、この臨時特急の運転は1998年の僅か1年のみで終わっており、以降阪急車が新開地以西に乗り入れることはなくなった。 このほか、の本拠地であったで公式戦が開催された際には、梅田駅 - 西宮北口駅間で臨時特急が運転されることがあった。 また、に神戸沖で開催された(ポートピア '81)の期間中には、休日を中心に梅田駅 - 三宮駅間の臨時特急が運転されることがあった。 臨時快速急行 [ ] 上記の臨時特急と同じく、神戸ルミナリエ開催期間中の土曜・日曜の4日間とみなとこうべ海上花火大会開催日の深夜に、神戸三宮発大阪梅田行きの臨時快速急行が増発される。 かつて、1990年頃から阪神・淡路大震災発生前まで、春・秋の行楽期の土曜・日曜・祝日に限り、午前中と夕方に梅田駅 - 三宮駅間に臨時快速急行が運転されていたことがある(通称「大運転」)。 これ以外にも、かつて土曜日昼間時間帯が下校する高校生らで混雑していたことがあったため、1993年7月のダイヤ改正で土曜日の12時台(下校時間帯)に梅田駅 - 三宮駅間の臨時快速急行が設定された(夏休みなどの休校期間中は一部区間のみ回送列車として運転)。 この土曜日昼間の臨時快速急行は震災を機に運休となり、1995年6月のダイヤ改正で正式に廃止された。 臨時急行 [ ] での競馬開催日夕方には、今津線仁川発大阪梅田行きの臨時急行が運転される(仁川駅16:00 - 17:40発で最短10分間隔)。 途中の停車駅は塚口駅・十三駅のみであり、は準急と同様に運転停車はするが、客扱いはせず通過としている(「」の記事も参照)。 仁川発大阪梅田行きは、かつては本来のダイヤでは西宮北口始発である定期列車の急行の一部を運休させて、そのダイヤを使って仁川発の臨時急行として振り替えていた時期があった(西宮北口駅の時刻表や1993年7月発行の阪急電鉄時刻表にも明記されていた )。 言い換えれば、西宮北口駅では運休扱いだが、塚口駅以東では運転されているという現象が生じていたことがあった。 2006年までは梅田発仁川行きも運転されていた。 1980年代までは午前中に20分程度の間隔で運転されてきたが、これは1993年のダイヤ改正で廃止された。 以降は・などの阪神競馬場でのGI開催日の朝に限り3本のみ(梅田発8時37分・8時57分・9時17分)の運転となっていたが、利用客減少などの理由により、2006年10月28日のダイヤ改正で運行が中止された。 このほか、昭和50年代までは、週末の夕方に三宮または六甲発梅田行きの臨時急行が運転されていたことがあったが、これらは前面に掲げられる列車種別板には「臨急」の2文字しか書かれず、行き先などがまったく入っていなかった。 なお、「」が運転を開始した時は「臨時急行」と称され、列車表示板も2文字のみで「臨急」となっていたが、前記「臨急」と停車駅が異なり、混乱を避けるためにのちに改称された。 普通 [ ] 表示幕には『臨時』(赤色枠に白文字)の種別も用意されているが、普通列車は臨時であっても定期列車と同じ『普通』と表示されている(駅ホームの発車案内板も同じ)。 休日ダイヤで運転する8月中旬の期間と年末の平日朝に限り、混雑緩和のため西宮北口発大阪梅田行き普通が臨時で増発される。 また、開催当日夜間にも、大阪梅田発西宮北口行き普通が増発される(いずれも園田駅で特急を待避)。 使用車両 [ ] 現在の使用車両 [ ] 神戸本線の車両は原則として8両編成で運転される。 ただし、朝ラッシュ時には2両を増結し、10両で運転する列車が数本ある。 また京都本線とのは6両で運転される。 西宮車庫からの入出庫で当線を経由する伊丹線、甲陽線の車両はそれぞれ「」、「」を参照。 運行される車両は以下のとおり。 - 6016Fのみ。 2両編成で、増結用で7000Fと組んで通勤特急の10連運用に使用されている。 - 基本的には8両固定編成。 それ以外の編成は以下の通り。 7001F・7017F・7023F - 6両編成であり、基本的に大阪梅田側に8000系2両編成を繋げて8両編成として使用されている。 今津北線の予備および運用対応車。 7000F・7002F・7003F・7004F・7027F - 8両編成だが、通勤特急10連運用指定編成である。 7030F・7036F・7037F - 2両編成のため、通勤特急10連運用指定編成の大阪梅田側に組成されている。 7006F - 「」。 所属だが、直通特急で神戸本線にも不定期で入線。 - 基本的には8両固定編成。 それ以外は2両編成であり、以下の通り。 8031F・8032F・8035F - 基本的に7000系の6両編成と組んで8連で運用されている。 通勤特急10連運用指定編成の2連側および朝の10連運用特急の2連側予備である。 8033F - 朝の10連運用特急の2連側の専用車両である。 8042F - 通勤特急10連運用指定編成の大阪梅田側に組成されている。 - 増結用2両編成。 8033Fと同様、基本的に朝の10連運用の特急でしか走らない。 - 9000F・9002F・9004F・9006F・9008Fが西宮車庫に所属。 (2代) - 2013年11月28日から営業運転を開始した。 現在は1000F・1002F・1005F・1007F・1008F・1010F・1011F・1014F・1016F・1017Fが西宮車庫に所属。 3000系 山陽電鉄線からの直通車両(1998年2月まで) [ ]• - 山陽から直通した唯一の釣掛駆動車• 歴史 [ ] 開業まで [ ] 1907年、村野山人らにより神戸から芦屋・西宮・御影を経由して神戸に戻る環状路線、 灘循環電気軌道が出願される。 だが、免許が下りたのは、山側の神戸市葺合 - 芝村(西宮駅)間のみであった。 一方、にとを開業させたは、灘循環電気軌道に接続して阪神間連絡を図る目的で、に十三から伊丹を経てにいたる路線の特許を申請した。 不況などにより灘循環電気軌道の建設が頓挫すると、灘循環電気軌道の軌道敷設権を阪急が譲り受けることになり、箕面有馬電気軌道は阪神間の軌道敷設権を手中に収めることになった。 箕面有馬電気軌道はこれを機にルートの短絡を追求し、尼崎市内において現行よりもやや南よりのルートを企図したものの、伊丹市の反対に遭い、折衷案として塚口駅を経由する現行ルートに落ち着いた。 なお建設時は大阪で海運業者を営んでいたに資金援助を仰いでいる。 1918年に箕面有馬電気軌道は と社名を改め、1920年には十三駅 - 神戸駅(のちの、現在の神戸市中央区坂口通2丁目に位置した)間を開業させ、阪神間輸送に参入した。 建設時は勃発のため鉄鋼などの資材価格が高騰しており、神崎川駅 - 西宮北口駅間では鉄の使用を節約すべく、日本初の製を採用した [ ]。 さらに駅間距離も先行して開業していたより長く取られ、特に神崎川駅 - 西宮北口駅間に至っては、開業時は途中駅が塚口駅1つのみとされており、その駅間平均距離は5. 75 kmにも達していた(後の昭和期における住宅開発で、園田駅と武庫之荘駅が追加開業した)。 開業後の推移 [ ] 開業時、「 綺麗で早うて。 ガラアキ 眺めの素敵によい涼しい電車」を として大阪の梅田駅 - 神戸駅(後の上筒井駅)間を50分(開業から5日間は60分)で結び [ ]、国鉄の - 間51分、阪神の同60分に対して優位に立った。 対する阪神のキャッチコピーは「 またずにのれる阪神電車」で、その通り電車の頻発運行で対抗した。 だが、開業当初の神戸本線は、大阪側と神戸側双方のターミナルに問題を抱えていた。 梅田駅(現在の大阪梅田駅) - 十三駅間ではの宝塚本線に乗り入れていたためにボトルネックとなっており、他方神戸駅は神戸市の中心部より手前に位置していたのである。 大阪側の問題は、に梅田駅 - 十三駅間に神戸本線と宝塚本線の分離された高架線が完成したことで解消する。 一方の神戸側は、阪急が工費や地下構造物の問題から高架での三宮乗り入れを希望したが、神戸市会(現在の神戸市議会)が市内に乗り入れる鉄道路線は地下線とする原則を崩さなかったため工事が遅れていた(「」の項目も参照のこと)。 結局、省線(現在のJR神戸線)が三ノ宮駅付近を高架化すると市会は高架化に対する容認論に傾き 、1936年に現在の神戸三宮駅(開設当時は神戸駅)までの開業に漕ぎつけた。 三宮乗り入れ後、西灘駅(現在の王子公園駅) - 上筒井駅間の旧線に関しては、支線のとして1940年の廃止まで単行による折り返し運行が行われた。 沿線開発では宝塚本線開業時同様、住宅開発が積極的に進められた。 この頃になると、阪急のみならず芦屋六麓荘、などといったも開発に参入するようになり、結果として・・・・など良好な住宅地が沿線に形成され、のちにこれらのは、となった。 これらの開発はそれ独自の文化も生み出し、後にと呼ばれるようになる。 7月に発生した阪神大水害では、住吉川橋梁の橋桁が流出するなどの甚大な被害を被っている。 いったんは仮線により復旧するものの、同年8月1日に発生した豪雨で再び不通となった。 この復旧は住吉川の改良と並行して行われ、新住吉川橋梁には梅田駅の省線を乗り越える部分に使われていた橋桁を再利用している。 高速運転の開始 [ ] 1936年ごろの梅田駅。 「神戸行特急廿五分」の表記が見られる。 もともと阪神本線と比較して駅数が少ない神戸本線であるが、1922年5月には集電装置を他のに先駆けてポールからパンタグラフに交換し、同年12月には梅田駅 - 神戸駅(後の上筒井駅)間の所要時間を40分に短縮した。 1926年には梅田駅 - 十三駅間の線路別・化が完成して35分とし、そして1930年4月1日には強力な200級 を搭載するを使用して途中西宮北口駅のみ停車する特急を新設し、30分にまで短縮する。 速度向上はその後も続き、1931年10月には28分、1934年7月には25分とし 、梅田駅では駅正面に「 神戸ユキ急行電車のりば」・「 神戸行特急廿五分」と掲げてアピールした。 これは現在もなお、阪急の特急の最速である。 1936年4月には乗り入れにより距離が若干伸びたにもかかわらず、より高出力な電動機 を搭載するを投入することで、西宮北口駅のみ停車による25分運転を維持した。 この特急運転は、の戦況が悪化した1944年まで続けられた。 なお、1934年からはが運営する東海道本線でも電化の完成によって(急電)の運転が開始されており、大阪駅 - 三ノ宮駅間を途中無停車により24分で結んでいた。 また阪神では、1936年にまでの地下線による延伸が実現、高頻度運転により「大阪・神戸の中央へまたずにのれる」というアピールを行っている。 また開業時から1942年まで、梅田駅 - 十三駅間を移動する乗客は宝塚本線の電車を利用するように定められ、神戸本線の電車には乗車できなかった。 これは郊外路線の宝塚本線と、都市間路線の神戸本線を完全に分ける施策によるといわれている [ ]。 阪神電気鉄道との関係 [ ] 大阪 - 神戸間には、開業時既に国鉄(省線)とが開通しており、前者は主に中長距離の利用を中心とし、後者は駅の多さとによって棲み分けがなされていた。 での祭事時に、当時阪神地域の電力事業も行っていた阪神電鉄が電力を融通した結果、阪急が設置した()から神社までの街灯がすべて消えてしまったことへの補償を兼ねて、阪急の運行トラブルの際に阪神が臨時列車を運転したことが、現在の振替輸送の原点とされる [ ]。 また、阪神傘下のによる香枦園駅(現在の) - 間無軌道電車()敷設計画を輸送力の関係から肩代わりする形で、の建設を行っている。 時代が下り、戦後昭和40年代になると、神戸高速鉄道に阪急・阪神両社の電車が直通するようになった。 1995年ので各社とも大きな被害を受けたことから、復興支援を兼ねて、の利用に関して、梅田駅 - 三宮駅(いずれも当時)間を含む磁気式の通勤定期券を利用している場合に限り、阪急・阪神双方の梅田駅・三宮駅で、また三宮駅 - 高速神戸駅間を含む通勤定期券を利用している場合は阪急・阪神双方の三宮駅から高速神戸駅までの神戸高速線内各駅(・・)で、それぞれ乗降ができる制度 が1996年10月から実施される など、両社の協調は一層深まり、による阪神株の買い集めを経て、遂には両者の経営統合による「」および「」の誕生に至った(を参照)。 終戦後 [ ] 後の1949年、神戸本線での特急運転が再開された。 このときから全ての特急が十三駅に停車するようになった。 特急の梅田駅 - 神戸駅間の所要時間は1949年の運転開始当初30分、その後はおおむね28分で推移した。 1993年のダイヤ改正では、平日のみ停車駅を維持したまま25分台 での運転を実現した。 の()により、西宮北口駅 - 夙川駅間の高架橋や、が破壊されるなど神戸本線は甚大な被害を受け、暫定運行を強いられた。 全線復旧した1995年6月以後は、すべての特急がに停車するようになった。 これは同年3月に予定されていたダイヤ改正が遅れて実施されたもので、 同駅の利用増への対応 [ ]と、平日日中の普通が六甲駅で特急の通過待ちを行っていた のを解消し、普通の所要時間を短縮する目的があった。 同時に、通勤時間帯の需要に応じた列車種別を新たに設けている。 また2006年10月には経営統合を行った阪神とともに、2007年3月のJR開業に呼応したダイヤ改正が行われ、阪急神戸本線では特急が夙川駅に停車し、同駅における甲陽線との接続改善を実施した。 現在の神戸本線特急における大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間所要時間は、最速で上り下り共に27分(上り27分10秒、下り27分00秒)となっており、戦後の最速である1993年改正ダイヤに比べて約1分延びている。 京都本線との直通特急 [ ] 「」も参照 1949年12月3日、神戸駅 - 京阪神京都駅(現在の)間に直通特急の運転が開始された。 当時の京都本線は1500 V電化、神戸本線は600 V電化と電圧が異なっていたことから、2編成をに改造し、直通列車に充当することとした。 直通特急の停車駅は西宮北口・十三・・で、梅田駅には入線せず十三駅構内の折り返し線を用いて直通を行う形態をとっていた。 しかし通し利用の乗客数は少なく、1951年10月8日に京神間直通特急の運転は廃止された。 2008年になって前記のが運転され始め、臨時列車ながら事実上復活した。 山陽電気鉄道との直通運転 [ ] 1968年の開業後は、阪急の列車はのまで、山陽の列車はまで、それぞれ乗り入れて相互を行っていた(乗り入れ先では各駅停車)が、1998年2月に - 間での運転を開始したのに合わせて、阪急の山陽電鉄への乗り入れが中止された。 直通運転開始以来、阪急側からの列車は、ごく一部の例外を除き、終日、特急が直通していた。 ただし山陽電鉄線への乗り入れは、ホーム有効長の制約などから、6両編成に限定されていた(直通運転開始前の特急は7両が標準)。 後の8両編成化においても、山陽直通特急は6両の制約が付き纏った。 このため、輸送力が必要な平日朝夕時間帯の列車については、1970年(昭和45年)12月改正以降、三宮駅での増結・解放が行われるようになった。 山陽電鉄側からは、昼間の場合、1時間に2本が六甲駅まで直通した(阪神側も同様に1時間当たり2本が大石駅まで直通した)。 山陽電鉄側からも原則として特急が乗り入れたが(阪急線内は各駅に停車)、普通が乗り入れることもあった。 運転上は御影駅構内(神戸三宮方)の引き上げ線で折り返していた。 特急の慢性的な輸送力不足に対応するため、1984年(昭和59年)3月25日改正より、休日の山陽直通列車はすべて普通となり、特急は全列車が新開地駅・高速神戸駅発着となり8両編成化された(高速神戸駅発着の特急は阪神電鉄の車両が新開地の折り返しホームを使用するための処置であった)。 1987年(昭和62年)12月13日改正からは、平日昼間(主に9時から15時)の山陽直通列車もすべて普通となり、同時間帯の特急は新開地駅・高速神戸駅発着の8両編成に統一され、輸送力の増強が行われた。 その一方で、すべての須磨浦公園駅発着の特急が、三宮駅での増結・解放の対象になったわけではなく、最も利用客が多い平日朝夕に、須磨浦公園駅発着の特急が6両で運転されるような事態も発生した。 1995年(平成7年)ので、一部区間が不通となったため、山陽電鉄線への直通は中止された。 同年8月より山陽電鉄線への直通が再開されたが、平日の終日、土休日の梅田駅(当時)発の15時まで(15時以降は普通のみ)は特急が直通するようになり、須磨浦公園駅・東須磨駅発着の特急は6両編成で運転されるようになり(一部は三宮駅で増結・解放を行った)、1998年(平成10年)の直通運転中止まで続けられた。 現在では直通運転は行われていないが、臨時列車などの運転に対応するため、その後も乗り入れ免許はそのまま維持された。 この直通運転に見られる、他社線乗り入れによって自社の輸送力に制約が発生する問題は、直通運転開始後のに対しても指摘されている [ ]。 年表 [ ]• (大正9年):阪神急行電鉄が十三駅 - 神戸駅(のちの上筒井駅)間を開業。 (大正15年):梅田駅(現在の大阪梅田駅) - 十三駅間が高架化。 複線の別線を新設し宝塚本線と分離。 (昭和5年):特急運転開始(全線所要時間30分、西宮北口駅のみ停車)。 (昭和9年):特急の所要時間を25分に短縮、以後、「阪神間25分」は「快速阪急」の象徴となる。 (昭和11年)• 4月1日:西灘駅(現在の王子公園駅) - 神戸駅(現在の神戸三宮駅)間が開業。 西灘駅開業。 これまでの神戸駅を上筒井駅に改称、西灘駅 - 上筒井駅間は上筒井線となる。 特急は距離延伸にもかかわらず25分運転を維持。 :園田駅開業。 (昭和12年):武庫之荘駅開業。 (昭和13年)• - :により被災。 :仮復旧。 :この日の豪雨で再び不通となる。 :不通区間を徒歩連絡とし運転再開。 :複線で開通。 その後、1942年3月まで本復旧工事が行われる。 (昭和15年):上筒井線廃止。 (昭和20年):第3回により新淀川橋梁から十三駅付近で被災。 夕方から神戸線のみ復旧。 (昭和22年)4月1日:戦時中に運転休止されていた急行が復活。 (昭和24年)• 4月1日:戦時中に運転休止されていた特急が復活(所要時間30分、昼間12分間隔、十三駅と西宮北口駅に停車)。 :神戸駅 - 京阪神京都駅(現在の大宮駅)間直通の特急を運転開始。 (昭和25年):特急の所要時間を28分に短縮。 (昭和26年):神戸駅 - 京阪神京都駅間直通特急を廃止。 (昭和28年)4月1日 平日昼間の運転間隔を12分から10分に短縮。 特急・普通が昼間10分間隔で運転されるダイヤは、現在まで60年以上続いている。 (昭和32年):平日朝の今津線直通準急が運転を開始。 (昭和42年):架線電圧を600 Vから1500 Vに昇圧。 (昭和43年)• :ダイヤ改正により、神戸高速鉄道方面への直通運転(神戸駅以西は回送扱い)を開始。 :神戸高速鉄道・山陽電気鉄道と相互直通運転を開始。 神戸駅を三宮駅と改称。 (昭和45年):ダイヤ改正により、平日朝夕、三宮駅での須磨浦公園発着の特急の増結・解放運用を開始。 (昭和53年):全線をに基づく軌道からに基づく鉄道に変更。 (昭和54年):園田駅付近高架化完成。 (昭和59年)• :西宮北口駅の解消。 休日の須磨浦公園直通列車はすべて普通列車となる。 :六甲駅構内で山陽電気鉄道回送列車との発生。 :西灘駅を王子公園駅と改称。 (昭和60年):平日朝の特急10両運転を開始。 (昭和62年):ダイヤ改正。 十三駅・塚口駅・西宮北口駅・夙川駅・六甲駅に停車する快速急行の運行を開始。 特急は阪神間26 - 27分にスピードアップ。 休日昼間も10分間隔運転。 平日朝夕を除き、須磨浦公園直通列車は普通列車となる。 (平成5年):ダイヤ改正により、梅田駅 - 三宮駅間の特急25分運転が復活。 土曜ダイヤ導入。 (平成7年)• :阪神・淡路大震災で全線が不通に。 :梅田駅 - 西宮北口駅間での運転を再開。 :御影駅 - 王子公園駅間が復旧し運転を再開。 同区間で普通列車の折り返し運転を開始。 :王子公園駅 - 三宮駅間が復旧し運転を再開。 御影駅 - 三宮駅(当時)間で普通列車の折り返し運転を開始。 4月7日:夙川駅 - 岡本駅間が復旧。 同区間で普通列車の折り返し運転を開始。 6月1日:岡本駅 - 御影駅間が復旧。 神戸高速鉄道の三宮駅 - 花隈駅間復旧に伴い、夙川駅 - 神戸高速鉄道新開地駅間で普通列車の折り返し運転を開始。 :西宮北口駅 - 夙川駅間が復旧し、神戸本線全線での運転を再開。 これに合わせてダイヤ改正を実施し、特急の停車駅に塚口駅を加えた通勤特急、急行の停車駅に武庫之荘駅を加えた通勤急行の運行を開始。 岡本駅が特急をはじめとする全列車の停車駅に。 今津(北)線を経由する夕方の準急を運転開始。 座席収納車、の運転を開始。 :神戸高速鉄道東西線の新開地 - 高速長田間の復旧に伴い、山陽電気鉄道須磨浦公園駅までの乗り入れを再開。 須磨浦公園直通は平日・休日とも終日、特急が主体となる。 (平成10年):山陽電気鉄道との相互直通運転を中止し、神戸高速鉄道新開地駅までの乗り入れへと変更。 (平成13年)3月10日:今津(北)線を経由する夕方の準急を廃止。 全列車8両編成化。 また、このダイヤ改正により、梅田発仁川行きの「臨時急行」が廃止(仁川発の臨時急行は存続)。 (平成22年):これまでの路線図における「神戸線」という表記を、「神戸本線」に統一。 (平成23年) - :の影響による電力不足への懸念から、日中の普通の約4割を6両に減車し運行。 (平成25年):三宮駅を神戸三宮駅に改称、同時に全駅に導入。 (平成28年):ダイヤ改正。 10両編成通勤急行が消滅。 10両編成の通勤特急に女性専用車両を設定。 通勤急行の運転区間が神戸三宮駅から新開地駅まで拡大。 (令和元年)10月1日:梅田駅を大阪梅田駅に改称。 今後の事業計画・構想 [ ] 神戸市営地下鉄西神・山手線との相互直通運転構想 [ ] 10月の近畿地方交通審議会答申第8号で、「既存施設の改良に関し検討すべき主な事業」のうち、「乗り継ぎ利便性の向上に資する事業」として、三宮駅付近でとのが盛り込まれた。 以西を地下化して直通するというもので、実現した場合は、現在の神戸三宮駅やとの相互直通運転は廃止となる可能性もある。 もっとも、2004年時点では神戸市側が難色を示しているという報道もあり 、その後進展していなかった。 2013年12月になって、神戸市長のが阪急神戸線と神戸市営地下鉄西神・山手線の直通運転案の検討に入る考えを示したことが報じられている。 2017年11月、の取材によって、従来の神戸三宮駅で接続するルートの他、王子公園駅から地下線を建設してで接続するルート、神戸高速鉄道もしくはで接続するルートが候補となっていると報じられた。 しかしながら神戸市内はJRや阪急、阪神、山陽電鉄などが運行して東西交通の利便性が高いなどの理由から、多額の投資で得られる効果は限定的と推計され、神戸市は乗り入れ構想を撤回しないものの事業化は当面見送ることを決めた。 大阪市営地下鉄四つ橋線との相互直通運転構想 [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 また、近畿地方交通審議会答申第8号では、阪急・の提案により、(現在の) - (仮称) - 十三駅間2. 9 kmの延伸が「中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」として盛り込まれ 、2004年8月には「2015年頃を目途に、四つ橋線をまで延伸し、阪急神戸本線との相互直通運転を行う」との報道もなされた。 ただし、答申自体は阪急との乗り入れに触れられておらず、現実にはの違いや、西梅田駅とほぼ同深度にあるのトンネルが延伸の支障になるなどの問題があったことから、報道内容や実現性などが疑問視されていた。 これに関連して、2006年12月に四つ橋線の十三駅までの延伸構想に関する報道がなされており、またの整備構想もあわせて報道されたことから 、阪急神戸本線と四つ橋線の相互乗り入れに関する内容は収束の傾向にある [ ]。 なお、この答申第8号では、京都本線と神戸本線の相互直通運転が「既存施設の改良に関し検討すべき主な事業」として挙げられている。 新駅設置計画 [ ] 阪急武庫川橋梁(2011年5月撮影) 別線工法により旧鉄橋の両側に新設された、2004年3月竣工のコンクリート橋である。 神戸本線では最も駅間距離の長い、西宮北口駅 - 武庫之荘駅間の橋梁上に、新駅を設置する構想がある。 阪神・淡路大震災後、老朽化に伴う武庫川橋梁架け替え工事を行った際、旧鉄橋の両側にコンクリート橋を架橋することによって上下線間に島式ホームが設置できる程度のスペースが確保されたため、ここへ新駅を設置しようという動きが、特に西宮市側の住民により熱心に展開されている。 新駅設置に向けて、には「阪急武庫川駅誘致推進協議会」が結成され、1万人を超える署名を添えた陳情が西宮市議会で採択されたほか、西宮市長(当時)が意欲を見せ(の市議会本会議で発言)、阪急電鉄社長も前向きな意向を示すなど、具体的に動きを見せた時期もあった が、山田知市長の死去に伴う市長交代()などもありその後は暫く動きが途絶えた。 ただ、になり西宮市が新駅設置のための調査費を計上したことで、新駅設置へ向けて再び動きを見せるようになってきている。 連続立体交差事業 [ ] 西宮市は、市道中津浜線においてとなっている車庫横踏切道(東隣)など3か所の踏切の廃止を目的に、武庫川橋梁 - 西宮北口駅間において(鉄道高架化)を検討している。 通勤特急:平日の朝のみ運転。 準急:平日朝に大阪梅田行きのみ運転。 通勤急行:平日朝に大阪梅田行きのみ、平日夕に神戸三宮行きのみ運転。 普通:各駅に停車するため省略。 接続路線の 内の英数字はその路線の駅の駅番号を表す。 神戸本線のは2013年12月21日より導入。 駅番号 駅名 駅間 営業キロ 累計 営業キロ 準急 通勤急行 急行 快速急行 通勤特急 特急 接続路線 所在地 HK-01 - 0. 9 0. 5 2. 7 4. 1 7. 0 10. 1 12. 3 15. 7 18. 7 21. 4 23. 2 25. 8 27. 8 29. 5 30. 6 32. 上記のほか、春・秋の行楽期には、西宮北口駅 - 嵐山線嵐山駅間の直通特急が運転されることがある。 神戸本線内の停車駅は、塚口駅と十三駅(十三駅で京都本線に転線するため、大阪梅田駅には乗り入れない)。 神戸高速線内は全列車各駅に停車。 春・秋の行楽シーズンに王子公園駅に特急が臨時停車したことがある。 神崎川駅 - 園田駅間で大阪府を通るが、駅はない。 廃駅 [ ] 駅名は廃止時のもの。 (中津駅 - 十三駅間) - 1926年7月2日廃止• (西宮北口駅 - 夙川駅間) - 期の・参拝客を確保する目的で戦前に設置されていた 過去の接続路線 [ ]• 大阪梅田駅(当時は梅田駅):阪急 - 1949年1月1日休止• 中津駅:阪神 - 1975年5月6日廃止• 王子公園駅(当時は西灘駅):阪急 - 1940年5月20日廃止。 1936年までの神戸本線 主要駅の乗降客数 [ ] の通年平均の乗降客数は次の通り。 大阪梅田:508,862人• 十三:68,361人• 塚口:46,738人• 武庫之荘:48,895人• 西宮北口:100,207人• 夙川:27,263人• 岡本:27,865人• 六甲:29,233人• 神戸三宮:105,176人 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし十三駅で京都行急行・特急に接続する列車のみ。 全列車停車は戦後の特急運転再開時から。 (『レイル No. 47』P16)• 7017F・8042Fのみ、2019年10月以前の段階で「Commuter」入りの表示幕に交換されていた。 1993年7月発行の阪急電鉄時刻表に於ける神戸線の土曜日ダイヤのページにおいて、西宮北口駅発の急行の2本の時刻欄に「阪神競馬開催日は仁川駅発に変更となりますので西宮北口駅にはまいりません」と注釈があることが確認できる。 端子電圧750 V時1時間定格出力150 kW、定格回転数780 の芝浦SE-140を搭載。 ただし、当時の神戸本線は架線電圧が直流600 Vであったため、端子電圧600 Vとして本来の80パーセントに当たる120 kWで使用される期間が戦後も長く続いた。 端子電圧750 V時1時間定格出力170 kW、定格回転数810 rpmの芝浦SE-151を搭載。 こちらも900形のSE-140と同様、実際には端子電圧600 Vで使用されたため、136 kW級として運用される期間が長く続いた。 正確には梅田駅 - 神戸駅間25分50秒の運転であるが、時刻表は1分未満の端数を切り捨てるために、25分の表記がなされた。 10分間隔になって以降の休日日中の普通は六甲駅での通過待ちを行わなかった分、特急が途中で減速運転を強いられた。 この時は梅田駅 - 十三駅間の三複線が完成しておらず、梅田駅発着の京都本線列車は宝塚本線の線路に乗り入れる形で運転を実施しており、神戸本線から十三線(当時の十三駅 - 間の正式線路名称)へは十三駅で直接乗り入れることが可能であった。 ただ、阪急電鉄の第二種鉄道事業区間であった神戸高速鉄道東西線三宮(当時) - 西代間のうち、新開地 - 西代間の第二種鉄道事業が2010年10月1日付で廃止となったこともあり、当面は直通列車が運転される見込みはない。 1998年2月15日の改正の際、全列車8両編成化がうたわれていたが、西宮北口駅から急行として梅田へ向かい、直通準急として折り返す運用があったため、実際の全列車8両編成化はこのダイヤ改正からであった。 出典 [ ]• suumo. 2020年2月22日閲覧。 毎日新聞. 2020年7月16日. 2020年7月17日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2020年7月17日. 2020年7月17日閲覧。 阪急電鉄 2019年11月. 2019年11月3日閲覧。 - railf. jp(鉄道ファン)鉄道ニュース、2016年3月28日掲載• 阪急電鉄 2016年3月29日. 2016年4月18日時点のよりアーカイブ。 2017年12月21日閲覧。 - railf. jp、2016年5月1日掲載• - raif. jp、2018年11月18日掲載• 阪急電鉄 2018年. 2018年4月2日閲覧。 - 阪急電鉄ホームページ、2015年12月8日閲覧• 交友社「鉄道ファン」1993年11月号「POST」• 『関西の鉄道』No. 52 2007年新春号、関西鉄道研究会、2007年• - railf. jp、2013年11月29日掲載• - railf. jp、2012年12月5日掲載• 『』第66巻第4号、、2016年4月、 11頁。 『ひょうご 懐かしの鉄道』神戸新聞総合出版センター、2005年、37頁。 47』プレス・アイゼンバーン、2004年、16-17頁。 『レイル No. 47』プレス・アイゼンバーン、2004年、14頁。 - 阪急電鉄• 交通新聞社 : p. 1996年9月24日• 『レイル No. 47』プレス・アイゼンバーン、2004年、17頁。 『』第48巻第4号、、1998年4月、 110頁。 2011年7月25日. 2019年11月13日閲覧。 PDf プレスリリース , 阪急電鉄, 2019年7月30日 , 2019年7月31日閲覧。 - 神戸新聞(2004年10月09日)• Internet Archive - (2004年8月30日)• - 朝日新聞、2013年12月9日• 神戸新聞NEXT 神戸新聞社. 2017年11月24日. 2017年11月29日閲覧。 - 神戸新聞NEXT ひょうご経済プラス、2020年3月6日• 朝日新聞大阪版. 2006年12月9日. の2007年1月24日時点におけるアーカイブ。 2019年12月23日閲覧。 - 神戸新聞(2008年12月17日)• - 神戸新聞(2012年2月17日)• 2019年3月25日. 2019年3月28日閲覧。 参考文献 [ ]• 今尾恵介(監修)『 - 全線・全駅・全廃線』9 関西2、、2009年。。 鉄道局(監修)『鉄道要覧』・。 『レイル No. 47』プレス・アイゼンバーン、2004年。 『』第66巻第4号、、2016年4月。 特集:阪急電鉄神戸線 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (後の)• (ストーリーが、阪急神戸本線に沿って展開する)•

次の