キャロウェイ マーベリック サブゼロ。 「マーベリック」登場! キャロウェイの最新モデルの性能をドライバーからFW&UT、アイアンまで徹底調査した

キャロウェイ MAVRIK SUB ZEROドライバーの試打&評価/叩いただけ飛んでくれる│楽しい GOLF LIFE

キャロウェイ マーベリック サブゼロ

キャロウェイによるMAVRIK の3タイプのドライバーの紹介動画です。 スタンダードと名前が付けられている点からも、空力を取り入れたMAVRIK スタンダードドライバーを標準モデルとして推しています。 3つのモデルの特徴と違い 3種類のヘッドについては、以下の特徴があります。 MAVRIK ドライバー ウェイトは後方に1つのスタンダードタイプ。 ヘッド後方が持ち上がった空気抵抗を抑えるサイクロン形状が特徴で、最も速いスピードが出る。 MAVRIK MAX LITEドライバー ウェイトは後方に1つとフロントのヒール寄りに1つのドロー仕様モデル。 ヘッドはシャローでヒール寄りが膨らみ、つかまりが良く、直進性の高いモデル。 MAVRIK サブゼロドライバー ウェイトは後方に1つと前方に1つの低スピンモデル。 ヘッドはディープ形状で浅重心設計。 低く強いライナー弾道が出る。 なお、ソールにはペリメーター・ウェイティングが搭載されていませんので、EPIC FLASHのようなドロー・フェードをダイレクトに操作する機能は搭載されていません。 それでは、各モデルについて詳しく解説していきます。 MAVRIK ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Diamana 50 for Callaway MAVRIK ドライバーの発売価格・発売日 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税 MAVRIK MAX ドライバーの特徴 こちらがマーベリック MAXドライバーです。 ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方にウェイトが搭載されています。 ターゲットゴルファーは、スライサー、アクティブシニアとなっています。 ウェイトを2つ搭載し、つかまりと寛容性が高い MAVRIK MAX ドライバーは、10gと2gのウェイトが、ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方に搭載されています。 深重心でドロー仕様のウェイト配分となっていますので、ボールのつかまりを良くし、打点のバラツキへの許容性を高めた設定となっています。 ウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでドローバイアス重視か寛容性重視かを切り替えることができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、ドローバイアス・高MOIの特徴を強弱つけることが可能です。 ヘッド形状はストレッチが長く、シャロー MAVRIKドライバーと打って変わって、こちらはヘッド後方が地面を這うように低くなっていて、一般的なものに近い形状です。 ストレッチが長くシャローな深重心のヘッド形状で、ヒール側も厚めになっていますので、ヘッドターンのしやすさを高めた設計となっています。 スライサーやボールをつかまえたいゴルファーに適しています。 こちらがマーベリック サブゼロ ドライバーです。 前方と後方にウェイトが一つずつ搭載され、サブゼロの最大の特徴はそのまま継承されています。 ヘッド体積は他のモデルよりも10cc小さい450ccで、中・上級者に多いヒール寄りのヒットに強さを発揮し、思い切り振りきれるタイプのドライバーです。 低スピンで強い弾道がでるウェイト配置 14gと2gのウェイトが、ヘッド前方と後方に搭載されています。 サブゼロを特徴付けるヘッド前方に重量を掛けた構造は、重心が浅く、スピンが抑えられ、低く強い弾道で飛ばすことができます。 前後のウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでスピン量・打ち出し角を調整することができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、サブゼロの特徴に強弱をつけることが可能です。 ヘッド形状はディープ こちらもマーベリックMAXドライバーと同様に、ヘッド後方は低くなっています。 ストレッチは短めでフェース高がある典型的な浅重心設計のディープヘッドです。 重心が浅いことでバックスピンを相殺する方向に働きますので、低スピンで強いライナー性の弾道で飛ばすことができます。 MAVRIK サブゼロ ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Tour AD SZ-5 Type II MAVRIK サブゼロ ドライバーの発売価格 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税• TENSEI ORANGE CK PRO 6:104,000円+税 MAVRIKの意味 モデル名の「MAVRIK」の意味ですが、そもそも「MAVRIK」という言葉は存在しません。 では、この造語はどこから来ているかですが、「MAVERICK」という言葉が元となっています。 この点について、キャロウェイは以下の通り説明されています。 「型破りな」という意味を持つ単語、となっており、驚愕の飛びとやさしさを兼ね備えた、まさに型破りなドライバーです。

次の

キャロウェイ「MAVRIKサブゼロ」ドライバー

キャロウェイ マーベリック サブゼロ

キャロウェイによるMAVRIK の3タイプのドライバーの紹介動画です。 スタンダードと名前が付けられている点からも、空力を取り入れたMAVRIK スタンダードドライバーを標準モデルとして推しています。 3つのモデルの特徴と違い 3種類のヘッドについては、以下の特徴があります。 MAVRIK ドライバー ウェイトは後方に1つのスタンダードタイプ。 ヘッド後方が持ち上がった空気抵抗を抑えるサイクロン形状が特徴で、最も速いスピードが出る。 MAVRIK MAX LITEドライバー ウェイトは後方に1つとフロントのヒール寄りに1つのドロー仕様モデル。 ヘッドはシャローでヒール寄りが膨らみ、つかまりが良く、直進性の高いモデル。 MAVRIK サブゼロドライバー ウェイトは後方に1つと前方に1つの低スピンモデル。 ヘッドはディープ形状で浅重心設計。 低く強いライナー弾道が出る。 なお、ソールにはペリメーター・ウェイティングが搭載されていませんので、EPIC FLASHのようなドロー・フェードをダイレクトに操作する機能は搭載されていません。 それでは、各モデルについて詳しく解説していきます。 MAVRIK ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Diamana 50 for Callaway MAVRIK ドライバーの発売価格・発売日 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税 MAVRIK MAX ドライバーの特徴 こちらがマーベリック MAXドライバーです。 ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方にウェイトが搭載されています。 ターゲットゴルファーは、スライサー、アクティブシニアとなっています。 ウェイトを2つ搭載し、つかまりと寛容性が高い MAVRIK MAX ドライバーは、10gと2gのウェイトが、ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方に搭載されています。 深重心でドロー仕様のウェイト配分となっていますので、ボールのつかまりを良くし、打点のバラツキへの許容性を高めた設定となっています。 ウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでドローバイアス重視か寛容性重視かを切り替えることができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、ドローバイアス・高MOIの特徴を強弱つけることが可能です。 ヘッド形状はストレッチが長く、シャロー MAVRIKドライバーと打って変わって、こちらはヘッド後方が地面を這うように低くなっていて、一般的なものに近い形状です。 ストレッチが長くシャローな深重心のヘッド形状で、ヒール側も厚めになっていますので、ヘッドターンのしやすさを高めた設計となっています。 スライサーやボールをつかまえたいゴルファーに適しています。 こちらがマーベリック サブゼロ ドライバーです。 前方と後方にウェイトが一つずつ搭載され、サブゼロの最大の特徴はそのまま継承されています。 ヘッド体積は他のモデルよりも10cc小さい450ccで、中・上級者に多いヒール寄りのヒットに強さを発揮し、思い切り振りきれるタイプのドライバーです。 低スピンで強い弾道がでるウェイト配置 14gと2gのウェイトが、ヘッド前方と後方に搭載されています。 サブゼロを特徴付けるヘッド前方に重量を掛けた構造は、重心が浅く、スピンが抑えられ、低く強い弾道で飛ばすことができます。 前後のウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでスピン量・打ち出し角を調整することができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、サブゼロの特徴に強弱をつけることが可能です。 ヘッド形状はディープ こちらもマーベリックMAXドライバーと同様に、ヘッド後方は低くなっています。 ストレッチは短めでフェース高がある典型的な浅重心設計のディープヘッドです。 重心が浅いことでバックスピンを相殺する方向に働きますので、低スピンで強いライナー性の弾道で飛ばすことができます。 MAVRIK サブゼロ ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Tour AD SZ-5 Type II MAVRIK サブゼロ ドライバーの発売価格 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税• TENSEI ORANGE CK PRO 6:104,000円+税 MAVRIKの意味 モデル名の「MAVRIK」の意味ですが、そもそも「MAVRIK」という言葉は存在しません。 では、この造語はどこから来ているかですが、「MAVERICK」という言葉が元となっています。 この点について、キャロウェイは以下の通り説明されています。 「型破りな」という意味を持つ単語、となっており、驚愕の飛びとやさしさを兼ね備えた、まさに型破りなドライバーです。

次の

キャロウェイ マーベリックサブゼロドライバー ミスヒットがミスにならないアスリート系

キャロウェイ マーベリック サブゼロ

マーベリックの浅重心仕様 キャロウェイから発売するマーベリックのドライバーシリーズの中で、唯一フェースの後ろにウェイトが配置されている マーベリックサブゼロ。 前作のローグでも同じように、フェース裏のウェイトがありましたね。 ザンダー・シャウフェレ選手が早くから導入していて話題となりました。 シャウフェレが使うのはツアー支給モデルである マーベリックサブゼロ ダイヤモンド です。 これは後々キャロウェイエクスクルーシブから限定で発売されるでしょう。 また、非常に大きなトピックとしては、ケプカがテストしているということです。 マーベリックサブゼロのトリプルダイヤモンドに、おそらくプロトタイプであるテンセイAVホワイト75TXを組み合わせています。 慣性モーメントの高いシリーズですが、同じキャロウェイのエピックフラッシュで初採用されたフラッシュフェースをバージョンアップして採用。 曲がり幅を抑えつつ、飛距離アップを図った模様。 試打データ マーベリックサブゼロの打ち出し角は低めで、スピン量は少ないです。 ミーボは少し多めのスピン量になるので2000rpmは非常に少ない値です。 同じ条件で試打したSIMよりも平均して少ないので、かなり低スピンであることが分かりました。 また、飛距離性能に関しても、 マーベリックサブゼロがSIMよりも飛んでいたのでGC2でキャリー300yオーバーも現実的でしょう。 動画を絶対に見たくない人のために文章でも説明してあげます。 大きな特徴はごくわずかにオープンフェースになっているということです。 ヘッドサイズはエピックフラッシュサブゼロと大体同じです。 シャローバックなのもそっくりです。 マーベリックサブゼロ向きなユーザー かなりの ハードヒッター向きなドライバーであることは間違いないです。 それ以下の人にとっては高い技術が求められますので注意が必要です。 まぁ多少ロフトやウェイトで調整が出来るのでどうしても使いたい人はフィッティングしてみてください。 マーベリックサブゼロは捕まりがやや弱いのでスライサー向きではないでしょう。 スライサーの方はマーベリックをおススメします。 マーベリックサブゼロでカスタム組むなら マーベリックサブゼロはかなり低スピンのモデルなので、ロフト角は慎重に選択することをおススメします。 ヘッド重量がまずまず重いですから、シャフトはカウンターバランスも合いそう。 テンセイCKプロオレンジとか話題のディアマナDリミテッドなど。 マーベリックサブゼロは国内だと販売できるショップが限られているので、お近くに無い場合はフェアウェイゴルフなど海外のサイトから買うのがリーズナブル。 シャフトの種類も多いですし、安い。 私も最近しょっちゅうフェアウェイゴルフを利用していますが、メールや対応はおそらく日本人がやっていますから、安心しています。 データチャート 性能面はかなり高評価ですが、易しさを感じることは出来ないので、その点だけは評価を下げました。 ただ、ある程度のレベルの人が打てば、確実に前作のローグよりも飛びますしヒールヒットへの強さはあるので、買い替える価値はあると思います。 ただ一つ、ローグサブゼロよりも打感が硬くなったのでそこだけは打ち比べる必要があると思います。 総評 私はこういうドライバー、嫌いじゃないです。 とにかく球が低くてスピンが少ない、尚且つ形状は無難で曲がりに強い。 マーベリックも良いですが、 真のハードヒッターはサブゼロの方が安心して使えるだろうと想像できます。 万人受けするモデルでないのは百も承知ですが、非常に評価したいドライバーでした。 おススメ度.

次の