韓国 ドラマ 病院 船 あらすじ。 病院船 37話・38話と39話・40話(最終回) あらすじと感想

韓国ドラマ「病院船」のあらすじ、キャスト、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

韓国 ドラマ 病院 船 あらすじ

病院船 あらすじ概要 まずは概要って事で「病院船」の大まかなあらすじです。 病院や薬局のない島々の近くに停泊し、往診や船内での診察を行う。 病院船は町のかかりつけ医のようなもので診療科は、内科、歯科、韓方科があり、緊急を要する重度の治療や手術などは、海洋警察のヘリコプターで設備の整った病院に搬送される。 船内は診察室や薬剤室、倉庫、他に仮眠できるベッドや、簡単な食事が作れるキッチンがある。 乗船するのは医療スタッフと船の運航を受け持つ船員たち。 総勢20名ほどのスタッフになる。 宿泊は港の近くに設けられた寮に泊まり、一般病院のように夜間の救急対応ができないので、夜勤もなく規則正しい生活が送れるが、なんといっても揺れる船上での勤務は、海が荒れたときには船酔いとの戦い。 地味で過酷な業務を志願する者などほとんどなく、公保医は兵役に行く医者の中から抽選で選ばれることが一般的である。 ソウルデハン病院の凄腕外科医ソン・ウンジェは並外れた集中力で、迷いなく冷徹ともいえるほど、どんな瀕死の患者を診ても躊躇なく最善を尽くし、死人をも生き返らせるといわれるスペシャリスト。 彼女のおかげでデハン病院の名声は世に知られていると言っても過言ではなく、外科科長のキム・ドフンは記者会見など美味しいところを横取りし、世渡り上手なウンジェは、最年少女性外科科長を目指して、師匠キム・ドフンに可愛がってもらう。 ウンジェの母オ・へジョンは、ヘシム島でペンションを営む妹の家に居候させてもらっていた。 借金を膨らませた夫は妻子を置いて逃げ、苦しい生活のなか自力で大病院の外科医になったウンジェは自慢の娘。 しかし親子関係は最悪で、ゆっくり話も聞いてくれない娘との接点は、島から患者を送り、「おめえの娘はすげえな」と言われることが唯一の生きがいだった。 大病院勤務のウンジェにとって、母に押し付けられた患者はお金もなく、デハンで手術を受けさせるのは大変なこと。 可愛がって貰っている師匠に頭を下げ、手柄と交換に手術許可をもらうこともしばしばだった。 出世の肥やしにならない島の患者は、ウンジェの昇進の妨げとなり、親子関係は一層悪くなる。 最近、胸焼けが長く続き、時々心臓に痛みを感じていたウンジェの母は、病院船の内科医クァク・ヒョンに勧められ、精密検査を受けようとデハン病院にやってくるが、母がまた島から患者をつれてきたと思ったウンジェは、まともに話もきかず電話を切ってしまう。 院内を走り回る娘の姿を見た母は声をかけることもできず、診察を受けずに帰ってしまい、それが母の声を聞く最後のときとなる。 島に帰った母は狭心症の発作で倒れ、そのまま帰らぬ人となる。 母を死なせてしまったウンジェは、島の病院ともいえる病院船に志願し、そこには兵役でハズレくじを引いた歯科医のチャ・ジュニョン、韓方医のキム・ジェゴル、そしてウンジェのように病院船を志願してやってきた内科医のクァク・ヒョンがいた。

次の

病院船~ずっと君のそばに~(韓国ドラマ)フル動画を日本語字幕で無料視聴するには!

韓国 ドラマ 病院 船 あらすじ

今作には国民的オーディション番組『 PRODUCE X 101 プロデュース X 101 』に最年長練習生として参加していた パク・ソンホさんも出演していることで話題沸騰中! そんな話題の作品がなんと 12月10日から 火 からBSテレ東で毎週月曜日から金曜日午前8時15分から放送スタート!! オクニョの次は、これかぁ。 今、ちょうど観てるんだよねー。 手術の腕前は天才的な反面、自分の気持ちを表すのが下手で、人付き合いは大の苦手。 離島で暮らす母親との間には長年の確執を抱えていた。 一方、離島を回る病院船に内科医のヒョン(演:カン・ミンヒョク)が着任する。 ヒョンは消化不良を訴える一人の中年女性に、念のため病院で精密検査を受けるよう促す。 その頃、ウンジェの元に母から電話がかってくる。 多忙を理由に冷たくあしらうウンジェだったが、間もなくして母は心臓発作で倒れ、駆けつけたウンジェの目の前で息を引き取ってしまう。 ウンジェはソウルの病院を去り、母の面影をたどって病院船に赴任。 他人と距離をおくウンジェは病院船で孤立していくが、不器用ながらも芯の強いウンジェの姿にふれたヒョンは、次第に惹かれていく。 恋とは無縁の生活を送ってきたウンジェもまた、ヒョンに惹かれつつも自分の気持ちに素直になれずにいた。 そんなある日、ウンジェはヒョンの診察室で、カルテの中にあった母親の記録を目にする。 そして、母親を最後に診察したのがヒョンであったことを知ってしまう。 これをウォンゴンと共に確認したウンジェは、「 私骨肉腫でしょう?」と尋ねます。 ウォンゴンは「 組織検査をしてみなければならないよ!」と答え、ウンジェは「 他の人に秘密にしてほしい」とお願いするのでした。 次の日にウンジェの検査結果が出て、残念ながら結果は骨肉腫。 結局、ウンジェは辞職届を提出せざるおえませんでした。 ウンジェはヒョンに自分が骨肉腫だという事実を言えないまま、闘病のために病院へ向かいます。 1ヶ月後。 ヒョンはずっと連絡ができないウンジェを心配し続けていました。 偶然、ヒョンはウォンゴンの事務室を訪れ、ウンジェのレントゲン写真を見てしまうのです。 そこでようやくヒョンは、彼女が骨肉腫にかかったという事実を知ることに! 急いで、ヒョンは、ウンジェが闘病中である病院に訪ねます。 ウンジェはこのように大越で言いました。 「ここになぜ来たの? 見なかったことにしてください。 行ってという言葉が聞こえないの?」 ヒョンは急いでトイレに入って嘔吐するウンジェを見守りながら、「 あなたの願い通りにします」とお願いします。 ウンジェは島民の映像で「 帰ってきてください。 私たち皆が待っています」と話した姿を見て涙が止まりませんでした。 1年後。 ウンジェは手術を受けて回復し、再び病院船へ戻った姿が描かれ幕を閉じました。 個人的に時代劇のハ・ジウォンさんが強くたくましい女性を演じていたことから、今作での恋愛音痴っぷりには新鮮な姿で見入ってしまいました。

次の

病院船韓国ドラマキャスト相関図!出演登場人物を画像付きで紹介!

韓国 ドラマ 病院 船 あらすじ

2017. 投稿者: 病院船 37話・38話と39話・40話 最終回 あらすじと感想 【PR】 しまった!第〇話を見逃してしまった! そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル! 病院船 병원선 全40話 60分番組 37話・38話が19話にあたります 第37話 視聴率 7. ウンジェは、自分が執刀できるように、キム院長に直訴する。 しかし、ウンジェを排除しようとしているドゥソングループと提携を結んでいるキム院長は、首を縦に振ることができず悩む。 また、ドゥソンの会長は、ウンジェの執刀を許可することと引き換えに、理不尽な条件を出す。 重要なのは病院の将来か患者の命か、キム院長は決断を下す。 daisySSさんより 37話・38話 感想 コジェジェイル病院の院長は、不足している資金面を補助するためにドゥソングループとの契約を結んだことで、病院の存続か患者の命かを選択する難しい立場に置かれていました。 ウンジェは、何とか手術ができるようドゥソングループの会長を説得しようとしますが、失敗。 資本主義と医療の結びつきなどを語る会長に、人の命は一つしかないことを主張するウンジェが、カッコよかったです。 このまま手術ができないとあきらめていた時、ジェイル病院の院長は難しい決断を下します。 ドゥソングループとの契約を破棄し、ウンジェに手術室を開けます。 移植手術は成功し、移植に必要な肝臓を提供した看護師のピョ・ゴウンを観ていて、人の命を助けるためとは言え、ためらわず自分の臓器を提供することができた彼女の勇気に感動しました。 病院船で生まれた赤ちゃんの容態が急変し、医師としてできることがない状態でヒョンが取った行動に、ヒョンの人間としての温かさが十分に伝わる出来事でした。 病院船が始まって以来、感動や喜び、医療の在り方など、考えさせられる場面が多かったですが、これまでで一番心に響く一話だったと思います。 最終話のみ残すことになりましたが、ウンジェが癌に?意外な展開で最終話を迎えそうです。 突然ウンジェが病気になるって設定が必要なのかは疑問ですが、最後まで期待を込めて見守りたいです。 それを見た看護師のアリムは、ウンジェにレントゲンを撮るように促す。 一方、ジェゴルとジュニョンは、ロンドンの病院から寮に届いた、ウンジェ宛ての郵便物を見つける。 その事について何も知らされていないヒョンは戸惑い、ウンジェと話そうとするが、避けられてしまう。 そして、ようやく2人きりで休日を過ごしている時、ヒョンはぼんやりとするウンジェに、隠し事があるのではないかと問う。 daisySSさんより 39話・40話 最終回 感想 多くの感動をもらった「病院船」が最終話を迎えました。 出航が止められていた病院船が再び動き出した喜びを味わってすぐ、足の痛みが続くことから検査結果、ウンジェが骨肉腫(骨にできる悪性腫瘍)だと分かります。 病院船に同僚とヒョンに迷惑をかけたくないウンジェが取った行動は、すべてを秘密にして一人病院船を離れることでした。 誰にも頼ることなく何事も一人で解決しようとしたウンジェですが、偶然ヒョンが彼女のチャートを目にしたことで、病気のことを知ることになります。 何があってもウンジェへの気持ちが変わらないヒョンの愛の強さに感銘しました。 ヒョンの強みは、医師としてだけではなく人間として、温かいこと。 ヒョンが準備してきた彼女へのプレゼントは、ウンジェがこれまで助けてきた患者からのメッセージでした。 一人じゃないことに勇気づけられたウンジェは無事手術を受け、病院船に復帰する姿を最後に、ハッピーエンドを迎えることができました。 ただ、これまでとは違う、差別化された医療ドラマを展開するとの意気込みがあったのとは違い、最終話で突然ウンジェが癌に侵されることになる展開には少し無理があったような気がしました。 個人的には最後に少しガッカリした面もありましたが、人の命の重さや医療の在り方、一人ですべてを抱え込むべきではなく、助け合うことで生まれる絆の大切さなどを知ることができました。 「浪漫ドクターキム・サブ」以降、観てよかったと思える医療ドラマの一つだったと思います。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し 管理人より コメントありがとうございます。 「花遊記」は面白そうですね。 ただ、1話. 2話はドタバタ劇でその後の放送が危ぶまれましたが、、、 >カン・ミンヒョクがステキで、 好きな俳優リクエストも随時募集していますので、よかったらリクエストしてくださいね。 >これからたまってしまった「魔女の法廷」を見ます。 こちらの作品のあらすじ、感想とも「quetalsurino」さんが作成していますので是非見てみてくださいね。 管理人のコメントの返信はたまにしかできませんが、ご自由にコメント入れて頂いて構いません。 今後ともよろしくお願いいたします.

次の