小嶋 花梨 マラソン。 NMB48 キャプテン小嶋花梨が初マラソンに込めた想い 『走り切った姿をグループの未来につなげたい』後編

NMB48 キャプテン小嶋花梨が初マラソンに込めた想い 『走り切った姿をグループの未来につなげたい』後編

小嶋 花梨 マラソン

キャプテン小嶋花梨(20)が、沖縄で約25キロのマラソンに挑戦することが15日、分かった。 ABCテレビ朝の生情報番組「おはよう朝日です」(月〜金曜午前6時45分=関西ローカル)でリポーターを務めており、40周年記念生特番(21日午前11時放送)での企画。 小嶋といえば、3月1日に丹波篠山ABCマラソンでフルマラソンに挑戦予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止となっていた。 今回の挑戦に「すてきな機会をいただけてありがとうございます」と感謝。 「1度チャンスがなくなり、走るという挑戦もできないのかと本当に悔しい思いをしました。 その分、全力で走りきりたいと思います」と意気込んだ。 同番組は79年4月にスタート。 40周年を迎え「挑戦」をテーマに、この1年、多様な企画に取り組んできた。 その集大成となる21日の特番でも、5つの「挑戦」を行う。 その中で、小嶋はマラソンに加えて、番組公式ツイッターの史上最多の「いいね」獲得にも挑戦する。 公式ツイッターで、これまでの最多「いいね」は7617。 40周年の総決算として、小嶋が生放送中に史上最多数を目指し、マラソンに挑む。 特番では、小嶋が国連の幸福度ランキング世界1位の国フィンランドに取材に行く様子も放送される。 大家族ほど幸福度が高いとされているフィンランドの中で、最も幸せな町に住んでいる大家族はどれほど幸福なのか、その秘密に小嶋が迫る。 小嶋は昨年1月から同番組のリポーターを務め、同12月にはアシスタントの川添佳穂アナウンサー(29)が休暇取得のため、その代役にも挑戦していた。

次の

NMB小嶋花梨がマラソン初挑戦「自分に勝ちたい」

小嶋 花梨 マラソン

ランナーの数だけ、走る理由がある。 健康管理、やりがい、達成感など様々な要素がありますが、限界を超えた挑戦の先にこそ、描ける未来があると信じて走るランナーもきっといる。 3月1日に行われる『丹波篠山ABCマラソン』に並々ならぬ決意を持った女性が、NMB48キャプテンの小嶋花梨さん。 残念ながら、コロナの影響で『丹波篠山ABCマラソン』は中止になってしまったが、ABCテレビ『おはよう朝日です40周年記念特番 THE挑戦~みんな第一歩を踏み出そうSP~』で25キロマラソンに挑戦し、見事完走した。 そんな彼女がNMB48 10周年に向けて新しい挑戦を宣言し、その果てに描いている理想のキャプテン像やグループの未来予想図とは。 初マラソンに向けて突き進んでいた、胸中に迫った。 *注 インタビュー時は、2月9日。 仕事上、体型も意識しますけど、私は食べる事が大好きなので、走ったらその分食べれると思うと嬉しいですね 笑。 どれだけ食べても体の余分なお肉が無くなっている感じもしますし、いい影響しかないですね。 それと私は話す事が好きなので、一人で走るよりは誰かと走る方が好きで、それが楽しみになっています。 同じ商品でもちょっとずつ柄が違うからいいなって。 いつもはモノトーンが好きだから、そっちを選びがちですけど。 「ちょっと目立っていかないとな」と思ってピンクにしました 笑。 帽子とかも本番は真っピンクのものを被っていると思います。 目立つと思いますので、応援してもらえたら本当に力になりますね。 やっぱり5時間くらい走るって時に、何も応援無いっていうのは悲しいんですけど、篠山は「なかなか来にくい場所だから」って言ってるファンの方も多くて。 メンバーも「行きたい!」とは言ってくれていますし、ゴールで待っててくれたら励みになるので,皆さんが来てくれるといいなと思いますね。 いつも一緒に走ってくれるマネージャーさんとNMBの事を話しながら走ってます。 コンサートが控えているので演出考えたり、グループ内でこういう事があってこういうのは注意した方がいいのかなとか。 自分はそういうのが好きと言うか、グループの事を考えるのが苦ではないのでそういう話ばっかりしてます。 一時間で10キロくらい走るんですけど、そういう話をしてたらあっという間です。 いや、一緒に走ってくれるんですよ。 前に練習に上西怜ちゃんと山田寿々ちゃんが来てくれて。 みんなグループ愛があるので「うちらNMBですけど何か?」みたいな堂々とした大阪らしい強さというか。 自分達はMCとかも強みだと思います。 「自分を変える時なんだなと」思ったので、この間はメンバー全員を集めてミーティングさせてもらったりとか、メンバーと一対一で話し合ったりとか、今はそういう事もしています。 今は戦っています。 自分とも戦っていますしグループとも戦っている感じです。 自分達はこの一年全然伸びなかったのに、彩さんは一人でここまで頑張っているんだなと思って、卒業してからも私達にカッコいい背中を見せてくれています。 でもそれに比べて自分達は何も変わってないな、このままじゃダメなんだなと思うし、いい刺激を与えてくれています。 ラジオとかがすごく好きなので、MCアシスタントなど、そういうお仕事を少しずつ増やせていけたらと思ってますし、ちょっとずつ単独の仕事も増えてきているので、NMBを知ってもらうキッカケになれればと思います。 加入してからの目標だったのは、「NMBの魅力を伝えたい」ってのがあったので、キャプテンという立場になってから凄くやりやすくなりましたし、個性を活かしながらやっていけたらと思っています。 取材、文章/池田鉄平 写真/長田慶 PROFILE.

次の

NMB“2代目キャプテン”小嶋花梨 フルマラソンに初挑戦「目標は4時間半」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

小嶋 花梨 マラソン

キャプテン小嶋花梨(20)が、沖縄で約25キロのマラソンに挑戦することが15日、分かった。 ABCテレビ朝の生情報番組「おはよう朝日です」(月〜金曜午前6時45分=関西ローカル)でリポーターを務めており、40周年記念生特番(21日午前11時放送)での企画。 小嶋といえば、3月1日に丹波篠山ABCマラソンでフルマラソンに挑戦予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止となっていた。 今回の挑戦に「すてきな機会をいただけてありがとうございます」と感謝。 「1度チャンスがなくなり、走るという挑戦もできないのかと本当に悔しい思いをしました。 その分、全力で走りきりたいと思います」と意気込んだ。 同番組は79年4月にスタート。 40周年を迎え「挑戦」をテーマに、この1年、多様な企画に取り組んできた。 その集大成となる21日の特番でも、5つの「挑戦」を行う。 その中で、小嶋はマラソンに加えて、番組公式ツイッターの史上最多の「いいね」獲得にも挑戦する。 公式ツイッターで、これまでの最多「いいね」は7617。 40周年の総決算として、小嶋が生放送中に史上最多数を目指し、マラソンに挑む。 特番では、小嶋が国連の幸福度ランキング世界1位の国フィンランドに取材に行く様子も放送される。 大家族ほど幸福度が高いとされているフィンランドの中で、最も幸せな町に住んでいる大家族はどれほど幸福なのか、その秘密に小嶋が迫る。 小嶋は昨年1月から同番組のリポーターを務め、同12月にはアシスタントの川添佳穂アナウンサー(29)が休暇取得のため、その代役にも挑戦していた。

次の