トーク ルーム 作成。 LINEグループを作る2つの方法──グループ新規作成と複数人トークのグループ移行

トークルームにも愛車を

トーク ルーム 作成

LINEグループと複数人でのトークルームは違う! 複数人でのトークルームとLINEグループとは、少し使い勝手が違います。 複数人でのトークでは、アルバムやノート機能が使えませんが、友だちの参加を待たずにすぐ会話を始められます。 ちょっとした用事があるときや、雑談をするのにちょうどいい、井戸端会議のようなイメージです。 グループでは、招待した友だちが「参加」することが必要です。 参加する前のトークは見ることができませんが、アルバムやノートに投稿されているものなら後から参加しても見ることができます。 最も簡単なやり方は、トーク画面右上のボタンをタップしてトークを選び、友だちを選択する方法です。 作成をタップすれば このように、すぐに複数人でのトークを始められます。 また、トーク画面右上メニューの「招待」から友だちを選んでもOKです。 トークルームのメンバーなら誰でも、好きな友だちを招待できます。 LINEグループの作り方を見ていきましょう。 複数人のトークルームをLINEグループにする作り方 簡単なのは、上で作ったような複数人でのトークルームを、そのままLINEグループにする方法です。 グループにしたいメンバーが揃っているトークルームで、「 その他」をタップします。 次に「 グループを作成」をタップします。 メンバーの追加・削除を決める画面に移ります。 下に表示されているのは現在複数人トークに参加しているメンバーで、最初から自動的にグループに追加されていますが、ここでメンバーから外すこともできます。 次にグループ名やアイコンなどを決めたら、「作成」を押してLINEグループ作成完了です! 招待された側は、「 参加」をすることで、LINEグループのトークに参加することができます。 グループ名やアイコンは、メンバーの誰でも後から変更することができますよ。 「ホーム」画面でのLINEグループの作り方 「ホーム」画面からも、LINEグループを作れます。 左下の「ホーム」画面の右上をタップすると「友だち追加」画面にいけます。 「友だち追加」画面で、「 グループ作成」をタップします。 「グループ作成」画面の「追加」から、LINEグループに入れたい友だちを選んで、同じようにグループ名とアイコンを決めたら、作成完了です。

次の

【LINE】同じメッセージを複数のトークに一斉送信する方法!

トーク ルーム 作成

トークルームとは メッセージ(トーク)のやりとりは、「トークルーム」と呼ばれる画面で行います。 トークの種別にかかわらず、進行中の会話(トークルーム)はすべて「トーク」メニューから開くことができます。 このページでは、 「トーク」メニューでできることを説明しています。 トークの始め方については、 「 メッセージを送信する」 も参照してください。 スマートフォン版 1. 「トーク」メニューで任意のトークをタップします。 該当するトークルーム画面が開きます。 NOTE: トーク画面の一覧には、連絡先メニューで自分から参加したトークルームの他、招待されたトークルームが自動で表示されます。 iOSアプリ v2. 0以降をお使いの方へ: バージョンアップにより、以下の点が変更になりました。 トークとチームを作成できるようになりました。 詳しくはこちらのお知らせをご確認ください トーク画面からトークルームを作成し、トークを送信することができます。 「トーク」メニュー画面から、以下の手順でトークルームを開きます。 手順 1. 招待したい個人/組織/チームにチェックを入れ、[選択]をタップします。 チームを招待する場合については、 「 チームを作成する」 を参照してください。 NOTE: 招待したいユーザや組織が表示されない場合には、社内の管理者ユーザにお問い合わせください。 トークルームが開きます。 これで作成は完了です。 トークルームの上部には「メッセージ 参加者の人数 」が表示されます。 「トーク」メニューでは招待者がコンマ区切りで表示されます。 トークルームを非表示にする 参加中のトークルームを非表示にできるようになりました。 NOTE: 個人・組織のトークルームからは退出できませんが、非表示にすることができます。 トークルームを非表示にするには、以下の手順で行います。 手順(スマートフォン版) トーク一覧で、非表示にしたいトーク上を左にスワイプし [非表示] をタップします。 Android版で非表示にするには: 非表示にしたいトーク上でロングタップし [非表示]をタップします。 非表示中のトークルームを再表示するには、以下の手順で行います。 手順(スマートフォン版) 1. 設定メニューの「非表示のトーク」をタップします。 再表示するトーク上で左にスワイプし [非表示]をタップします。 Android版で非表示にするには: 再表示したいトーク上でロングタップし [再表示]をタップします。 NOTE: 「非表示のトーク」は、1つ以上のトークルームを非表示にした場合に表示されます。 トークルームの通知をオフにする 参加中のトークルームごとに、新着メッセージの通知のオンオフを切り替えることができるようになりました。 通知オフの使い方: 緊急を要する業務を扱わないトークルームの通知をオフにしておけば、緊急度の高いメッセージの通知により気付きやすくなります。 通知をオフにしたトークルームでも、未読カウントは有効です。 PC版またはスマートフォン版で通知オフにした場合、PC版(デスクトップ通知)とスマートフォン版(バナーまたはポップアップ通知、サウンド、バイブレーション)の両方で通知オフになりますのでご注意ください。 トークルームの通知をオフにするには、以下の手順で行います。 手順(スマートフォン版) 1. 画面右上の矢印をタップします。 [通知OFF] をタップします。 トークルームの通知がオフになり、トークルームのタイトルにミュートマークが表示されます。 また、トーク一覧にもミュートマークが表示されます。 通知をオンにするには、手順2のメニューで「通知ON」をクリックします。 iOS版では、トーク一覧からも以下の手順でトークルームの通知をオンにできます。 通知オフのトークルーム上で左にスワイプします。 [通知ON] をタップします。 トークルームの通知がオフになり、トーク一覧の日付とトークルーム名にミュートマークが表示されます。 サブメニュー.

次の

LINEグループを作る2つの方法──グループ新規作成と複数人トークのグループ移行

トーク ルーム 作成

「グループトーク」と「複数人トーク」の違い まずは、「グループトーク」と「複数人トーク」の違いについてです。 「友だち」タブ(友だち一覧画面)に表示されて、「グループ」の名前やアイコン画像を変えることができます。 複数人トークは、1対1でトークしているトークルームに別の友だちを招待したり、「トーク」タブ(トーク一覧画面)から友だちを選択して、複数人が参加するトークルームを作成します。 「友だち」タブには表示されず、「トーク」タブの「トークルーム」の名前やアイコン画像を変えることはできません。 別名「強制グループ(強制グル)」とも呼ばれています。 グループトークは、学校で部活を作って、 継続的に活動をするイメージで、 複数人トークは、休み時間や放課後に、クラスの中で友だちが集まって、 一時的に会話をするようなイメージでしょうか。 4)を使用しています。 LINEアプリを起動して、「友だち」タブの画面右上にある「友だち追加(+)」アイコンをタップします。 または、「…(その他)」タブにある「友だち追加(+)」アイコンをタップします。 「友だち追加」画面が開くので、「グループ作成」をタップします。 「グループ作成」画面が開くので、各項目を設定します。 「グループ名」欄には、付けたいグループ名(20文字以内)を入力します。 画面左上のアイコン画像をタップすると、「グループプロフィール」画面が開くので、変更したい画像にチェックを入れて、画面右上のチェックマークをタップします。 画面下の「写真を撮影」でスマホやタブレット端末のカメラで撮影した写真を、「写真を選択」で端末内にある画像を選択できます。 「+ 追加」マークをタップすると、「招待」画面が開くので、友だち一覧からグループに招待したい友だちにチェックを付けて、画面下の「招待」をタップします。 それぞれの設定を終えたら、画面右上の「保存」をタップします。 グループが作成されて、ポップアップ画面が開きます。 なお、グループには管理者のようなものはなく、 グループを作成した本人以外の参加メンバーでも、グループ名やアイコン画像を変えたり、友だちを招待したり退会させたりすることができます。 また、 作成した本人が退会してもグループは存続し、他のメンバー全員が退会すると、グループは実質的に消滅します。 グループに参加する グループに招待された側には、招待メッセージ(招待通知)が届きます。 また、「友だち」タブの「招待されているグループ」項目に、そのグループが表示されます。 画面上部に表示されたプッシュ通知の場合は、(グループに)「参加」するか「拒否」するかをタップします。 「友だち」タブのグループ名をタップすると、ポップアップ画面が開くので、「参加」するか「拒否」するかをタップします。 グループに「参加」すると、参加中のメンバーに通知が届き、グループのトークルームにも「~が参加しました。 」と通知が届きます。 」のような通知は届かず、 「招待中」のままの表示が続きます。 グループトークを行う 1. 「グループトークの作り方」見出し「4. 誰が読んだのかまでは表示されません。 ノート機能 グループトークでは、「ノート」機能を使うことができます。 「グループトークの作り方」見出し「4. 」の画面左下中央にある「ノート」、またはトークルームの画面右上にある「ノート」マークをタップします。 グループの「ノート」タブ画面が開くので、画面中央辺りの「投稿」、または画面右下の「ペン」アイコンをタップして、メッセージ等を投稿します。 また、トークルームにあるメッセージ等を長押しし、ポップアップ画面から「ノートに保存」をタップすると、そのメッセージ等をノートに保存できます。 ノート機能の特徴 ・テキスト、写真(や画像)、動画、スタンプ、Webページのリンク、位置情報、LINE MUSICの音楽が投稿できる。 ・ノートに投稿した内容には保存期限がない。 グループに途中参加した際に、参加前のトークは見られないが、ノートの内容は見ることができる。 ・ノートに投稿した内容は、タイムラインにも表示される。 自分がノートに投稿した内容だけがタイムラインに表示されたり、他のメンバーがノートに投稿した内容はタイムラインに表示されたり・されなかったり、自分が投稿したものも表示されなかったり、一度は表示されても画面を更新すると消えることもある。 アルバム機能 グループトークでは、「アルバム」機能も使うことができます。 「グループトークの作り方」見出し「4. グループの「アルバム」タブ画面が開くので、画面中央辺りの「アルバムの作成」、または画面右下の「アルバム」アイコンをタップして、アルバムを作成します。 アルバム機能の特徴 ・アルバムに登録した写真(や画像)に保存期限はない。 グループに途中参加した際に、トークルームに投稿された参加前の写真(や画像)は見られないが、アルバムの内容は見ることができる。 ・アルバム1つに1000枚までの写真(や画像)を保存でき、1つのトークに最大100個のアルバムが作れる。 ・アルバムに登録する写真(や画像)は圧縮される。 「設定」-「写真と動画」-「送信する写真の画質」で設定した画質は、トークルームに投稿する写真(や画像)に適用され、アルバムには適用されない。 例:サイズ「3. ・アルバムに登録した写真(や画像)は、タイムラインには表示されない。 メンバーの参加状況を確認する グループの「メンバー」タブ画面から、メンバーの参加状況を確認することができます。 「グループトークの作り方」見出し「4. 」の画面中央辺りの「数字 >」、または「ノート」や「アルバム」タブ画面から「メンバー」タブをタップします。 グループの「メンバー」タブ画面が開き、グループメンバーの参加状況を確認できます。 「招待中」メンバーの招待をキャンセルする 「メンバー」タブ画面で「招待中」のメンバーは、招待を「キャンセル」することができます。 「メンバーの参加状況を確認する」見出し「2. 」の「招待中」にいるメンバーのアイコン画像をタップします。 メンバー(ここでは「GalaxyS5」さん)のポップアップ画面が開くので、「キャンセル」マークをタップします。 キャンセルをする場合は慎重に行いましょう。 相手にキャンセル通知のようなものは届きません。 」と通知が届くため、他の参加メンバーにはそれが伝わります。 招待をキャンセルされた側は? 招待をキャンセルされた側が、すでに届いている 招待メッセージのプッシュ通知を開くと、「グループに参加できませんでした」とポップアップ表示されます。 追加の招待をする グループを作成した後からでも、メンバーを追加することができます。 グループの「メンバー」タブ画面にある「+ 追加」マークをタップします。 「招待」画面が開くので、追加したい友だちにチェックを入れて、画面下の「招待」をタップすると、招待メッセージが送信されます。 他の方法でも、「招待」画面を開くことができます。 退会する 1. グループの「メンバー」タブの右側にある「歯車(設定)」アイコンをタップします。 「設定」画面が開くので、「グループを退会」をタップします。 「グループを退会しますか?」のポップアップ画面が開くので、「はい」をタップします。 他の方法でも、「退会」することができます。 「退会」アイコンをタップすると、直接「グループを退会しますか?」のポップアップ画面が開きます。 なお、 グループを作成した本人が退会しても、他のメンバーが残っていればグループは存続します。 退会させる グループでは、他のメンバーを強制的に退会させることができます。 グループの「メンバー」タブ画面にある「編集」ボタンをタップします。 「メンバー編集」画面が開くので、退会させたいメンバーの「削除」ボタンをタップします。 「~をグループから削除しますか?」のポップアップ画面が開くので、「はい」をタップします。 グループを削除する LINEには、今のところ(2018年3月現在)グループを削除(解散)する機能がありません。 そのため、グループを削除するには、 「参加メンバーを全員退会させて、最後に自分が退会する」という方法で、グループを使えない状態にします。 「退会させる」見出し「2. 」と同じく、削除したいグループの「メンバー編集」画面を開きます。 各メンバーの「削除」をタップして、メンバー全員を退会させます。 「招待中」のメンバーがいる場合は、「「招待中」メンバーの招待をキャンセルする」見出しの手順で、招待をキャンセルします。 最後に、「退会する」見出し「2. 」と同じく、グループの「設定」画面を開いて、自分が退会します。 なお、 自分で退会した場合はグループのトーク履歴が消えますが、退会させたメンバーたちのLINEからはトーク履歴が消えません。 ノートとアルバムは、自分からも他のメンバーからも見られなくなります。 グループの削除を行う場合は、 ノートとアルバムも見られなくなってしまうため、残しておきたいものは別途スマホ端末内に保存してもらうなど、 メンバー全員に十分な周知と時間を取って、慎重に作業を進めましょう。 まとめ 以上、「グループトーク」と「複数人トーク」の違いと、「LINEグループの作り方」等についてまとめてみました。 複数人でトークをするのに便利な「LINEグループ」ですが、参加人数が増えれば、いろいろなトラブルも起きやすくなります。 参加メンバーが不快な思いをすることがないように、有意義に使いましょう。

次の