インターネット 接続 なし。 【Wi

インターネット(光回線)のモデムはなしでもOK?ルーターとの違いまで解説!

インターネット 接続 なし

こんにちは。 PTA用のPCの購入を検討中なのですね。 Office 2016カテゴリで質問されたので、善場 進さんも「Office 2016」でお答えになったようです。 現在、Office がインストール済みのPCの場合、Office Premium 搭載機となります。 Office Premiumの場合は、初回、インターネットを使ってセットアップしますが、その後も正常にライセンス認証されているかどうかインターネットを介して30日間おきに確認します。 Office Premium をインターネットに接続せずに使っていると、この確認ができません。 セットアップ完了後に定期的なライセンス認証ができない製品は、起動すると「サブスクリプションを確認できませんでした」というメッセージが表示されます。 このメッセージをキャンセルすると、機能制限モードになり、ほとんどのボタンと機能が無効になります。 参考: また、PTAで利用するとなると、1年ごとに役員も変わり、Microsoft アカウントがどうなっていたか?という管理が煩雑になりやすいことでしょう。 アカウントが削除されてしまうと、そのアカウントに紐づいていたOffice製品のデータも削除され、Office 製品の再インストールができなくなります。 できれば、Office がインストール済みのPCではなく、アカウントの管理がしやすい法人用 Office 365と契約して、利用することをお勧めします。 また、今から、パソコンを購入するとなると、Windows 10になることでしょう。 Windows 10も初期セットアップが済めば、インターネットに接続せずに利用することは可能です。 しかし、Windows Updateがなされていないパソコンは、セキュリティ的に問題となりやすいです。 これからのパソコンは、インターネットに接続して利用できるよう考えることをお勧めします。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。 Office 2016 などのインストールなどはインターネット接続が必須ですが、基本的な機能だけ使用するのでしたら、インターネット接続なしのオフライン環境でも使用することは可能です。 ただし、セットアップと長期間このような状態での使用は注意が必要になります。 ・Office のセットアップや更新をするために必要な Microsoft アカウント、メールアドレスの取得、管理などをどうするか。 ・Microsoft アカウントはセットアップすると紐づけされて変更できなくなることと、1年以上サインインをしないと削除されて利用できなくなります。 ・月次、その他、随時実施されている更新への対応はどうするのか。 オンライン接続が必要なテンプレート、画像、検索などについては、以下のような表示がされて利用できません。 ----- 以下署名 ----- Susumu Zenba - Microsoft MVP Office Apps & Services Word 本コミュニティはユーザー相互の情報交換・共有の場です。 質問の際は使用環境・現象・エラー内容など、具体的な状況がわかるようにしてください。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークするようにお願いします。

次の

インターネット接続なし

インターネット 接続 なし

光回線のネットサービスを使うには、あらゆる周辺機器を接続しなければいけません。 しかし、どの機器がどのような役割をしているのかわからないですよね。 またコンセント付近に設置する機器の数を減らすために、必要ないものを削りたい人もいるでしょう。 しかし、知識がないまま削る機器を判断するのは危険です。 インターネットで使う周辺機器はそれぞれ重要な役割を担っていますが、その中でモデムと呼ばれる機器はもっとも重要な役割を果たしています。 ただ、頭の中でモデムとルーターが混同してしまっている人が多いでしょう。 そこで、ここではインターネットを使ううえでのモデムの役割を詳しく解説します。 ルーターとの違いも説明するので、周辺機器の役割に疑問を感じている人は参考にしてくださいね。 インターネットのモデムが担う役割 インターネットで利用するモデムは軽視されがちですが、光回線の仕組みを見ると非常に重要な役割を果たしています。 また光回線でのモデムという言葉には若干の誤解があります。 この誤解を解くとともに、インターネットを使ううえでモデムが担っている役割を知りましょう。 モデムは回線から受信するアナログ信号をデジタルに変換する機器 モデムとは、もともとアナログ電話の回線(以下、アナログ回線)で ネット通信をするADSLで利用する機器を指します。 (ADSLをご存知でない方は、以下の記事をご参照ください。 ) モデムはアナログ回線から受信する信号をデジタルに変換し、パソコンやゲーム機などのデバイスへLANケーブルをつなぐことでネットが使えるようにしています。 図で表すと、このような形です。 ちなみにADSLの場合は、モデムの他にスプリッタも使います。 光回線ではONUがモデムとしての役割を果たしている 光回線でインターネットを使う場合、先ほどのモデムを使う必要がありません。 これだけ聞くと「光回線はモデム無しでネットが使えるんだ」と思うでしょう。 しかし 光回線は、モデムの代わりにONUと呼ばれる回線終端装置を使います。 ONUは光回線のインターネットをさまざまなデバイスで使うために、光回線から受信する光の信号をデジタルに変換させる機器です。 ADSLにあったスプリッタは必要ありません。 仕組み自体はモデムとほぼ同じなのと、モデムという名前が浸透していることが理由でONUもモデムと呼ばれるようになりました。 インターネットの契約窓口でも、モデムと呼ぶことが多いです。 (ONUは何となく言いにくい言葉ですからね…) ONUについては以下の記事で詳しく解説しています。 興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。 モデムとルーターの違い モデムとルーターは形がよく似ているので、同じものと思われがちです。 しかし、実際は機能や役割が全く違うものになっています。 ルーターの機能を見てみると、モデムとの違いががはっきりとわかります。 モデムとルーターは一体型のものがあるので、同じものと誤解されやすい モデムとルーターは同じものと思っている人が多く見受けられます。 しかし、 本来モデムとルーターは全く別の役割を担う機器なのです。 同じものと誤解されるようになったのは、モデムとルーターが一体型になっている機器が普及したことが理由でしょう。 しかし、もともとモデムとルーターは別々の役割を担っています。 モデムは光回線から受信する信号をデジタルに変換するための機器に過ぎません。 インターネットを快適に使うには、ルーターは必需品と言えるアイテムなのです。 モデムは複数のデバイスをネットに接続するための機器 1台のパソコンだけでインターネットを使うのであれば、LANケーブルでモデムとパソコンをつなげば問題ありません。 しかしスマホやタブレットが普及した今は、ネットを使うデバイスがパソコン1台だけという人はほとんどいないのではないでしょうか? モデムはLANケーブルの差し込み口が一つありませんが、ルーターはLANケーブルの差し込み口が複数あるので、同時にネットに接続できるデバイスの台数を広げてくれます。 複数のデバイスで同時にネット接続するには、ルーターは必須と言えるでしょう。 ルーターには有線と無線の2種類がある ルーターには有線と無線の2種類があり、Wi-Fi通信を利用するスマホやタブレットが普及した今は無線ルーターが主流になっています。 有線、無線ともにネットに接続台数を増やすにはルーターを購入することが必要です。 (無線LANルーターの選び方の詳細は以下の記事をご参照ください。 ) しかし契約する光回線のサービスによっては、ルーターを買う必要がなくなります。 フレッツ光の一体型ONUは、無線LANルーターの機能がある 契約しているインターネットの事業者によっては、無線LANルーターを用意せずにWi-Fiを使う方法があります。 たとえばNTTのフレッツ光は、月額100円で無線LANカードをレンタルしてONUに差し込めば、ネット回線をWi-Fiに変換できます。 フレッツ光以外の事業者も、このようなサービスを提供しています。 自宅でWi-Fiを使うためにインターネットを導入する人にはおすすめのサービスです。 またサービス会社によってはルーターと一体型のモデムがあるということを、覚えておいて損はないでしょう。 ちなみに光回線のおすすめのサービス会社は以下の記事で紹介しています。 興味のある方はこちらも目を通してみてください。 モデムは本当に必要なのか?インターネットの仕組みから解説 モデムの役割と、モデムとルーターの違いはわかりました。 しかし、本当にモデムが必要なのか疑問に思う人がいるでしょう。 インターネットの仕組みを知れば、モデムの必要性がよくわかります。 モデムはネットをするために必要不可欠なもの これから自宅にインターネットを引く場合、光回線を使う人がほとんどでしょう。 光回線は工事を行うと、自宅の壁に写真のような光回線に接続するコンセントが設置されます。 このコンセントを見ると、パソコンや無線ルーターから直接LANケーブルを接続すればネットが使えるように思えます。 しかし、 このコンセントは光コードの端子でなければ差し込みができないようになっており、光コードが接続できる機器はモデムだけなのです。 光コードとLANケーブルを見比べてみると、端子が全く違うことがわかります。 これを見ると、そもそもモデム無しでインターネットは使えないことがわかるでしょう。 また光回線から受信する信号は、モデムを通してデジタル信号に変換しなければパソコンやルーターに回線を共有できません。 モデムは光回線から送られてくる情報を、パソコンやスマホで見るために変換してくれる重要な機器なのです。 ルーターには回線の信号を変換できない コンセント付近に複数の機器を置くと見映えが悪いので、ルーターだけを設置したいと考える人は多いでしょう。 しかしルーターには光回線の信号を変換する機能がありません。 ルーターはモデムありきで利用する機器と言えます。 これらのことから、 インターネットはモデムが無ければ利用できないサービスであることがわかります。 ただモデムはルーターと違い、光回線を契約すると必ずサービス会社が貸し出しをしてくれるので、機器の購入費用がかかりません。 2台置きをしたくない人は、ルーター機能付きモデムが使える業者を選ぼう どうしてもコンセント付近に複数の機器を置きたくない人は、ルーターと一体型になったモデムがレンタルできるサービス会社を選びましょう。 先ほども解説しましたが、光回線は多くの回線事業者やプロバイダが無線ルーター機能があるモデムをレンタルで提供しています。 無線ルーター機能付きモデムのレンタルは、無線ルーターを買う必要がないうえに費用も大幅に安く抑えることができます。 無線ルーターの購入費用がネックに感じる人は、 無線ルーター機能付きモデムの提供があるNURO光などのサービス会社がおすすめです。 NURO光について詳しく知りたい方は、「」の記事もあわせてご覧ください。 モデムを設置する必要がないネットサービス 光回線はモデムが必要になるネットサービスですが、モデムが必要ないネットサービスも存在します。 ただ、専用のルーターだけは必ず必要になるので注意しましょう。 無料でネットが利用できる賃貸マンションはモデムが必要ない 賃貸マンションは、一部無料で光回線のインターネットを提供しているところがあります。 無料でインターネットが利用できる物件は、壁にLANケーブルが差し込めるパネルがあります。 LANケーブルでパソコンから無線ルーターを接続するだけでネットが使えるので、複数の機器を設置する必要がありません。 モバイル用の電波を使うネット回線はモデム要らずでネットができる 携帯電話キャリアのソフトバンクが提供するSoftBank Airは、モデムを設置せずに専用のWi-Fiルーターを置くだけでネットが使えます。 WiMAXやY! mobileが提供しているモバイルWi-Fiルーターも、持ち運び型のルーターだけでネットが利用できます。 モデムを設置することが面倒な人は、このようなサービスを利用するのも一つの手です。 しかし、この2つの方法はモバイル用の電波を使うので、回線速度が光回線に比べて劣ります。 光回線ほどの速度が必要ない人の選択肢と思いましょう。 ただモバイルルーターは最近かなり速度が速くなり光回線と変わらなくなっています。 ですのでモバイルルーターは実は相当なネットのハードユーザーでない限りはおすすめです。 おすすめの理由の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はあわせてご参照ください。 まとめ モデムは光回線から受信する信号を、さまざまなデバイスで利用できるようにデジタル信号に変換する重要な役割を担っています。 ルーターだけではネットを使うことができないので、モデムは光回線を使ううえで必ず必要なものと言えるでしょう。 インターネットを使うにはモデムとルーターの2つが必要になりますが、サービス会社が展開している一体型モデムを使えばルーターを用意する必要がありません。 もっとも使いやすいと感じるモデムをレンタルできるサービス会社を選ぶと良いでしょう。 これから光回線を契約しようと思っている方は、以下の記事で質の高いサービス会社を厳選して紹介しているので、こちらもあわせてご参照ください。

次の

パソコンなしでもインターネットの初期設定や接続をわかりやすく解説&サポート!!

インターネット 接続 なし

WiFiマークの意味 WiFiがインターネットにつながらないというのは、どのような状況なのでしょうか。 「インターネットにつながっていません」という表示には、さまざまな理由が存在しているため、一つずつ確認していきましょう。 WiFiマークの種類と意味 インターネットにつながらない状態というのは、表示されているマークによって少し意味が変わってきます。 これらのマークには、どのような意味があるのかを知っておきましょう。 WiFiアイコンに「! 」マークがついている場合 WiFiルーターには接続できているものの、インターネットだけがつながっていない状態です。 」マークはパソコンとルーターの設定には、問題がないということです。 この「! 」マークが一番よく見るマークでしょう。 同時に表記されるセキュリティ保護ありの意味 インターネットを使用すると「セキュリティ保護あり」の文字を見たことがある人も多いでしょう。 この表示はエラーというわけではなく、WiFiの接続先に、パスワードが設定されているということで、正常な状態であるということを表しています。 また、「セキュリティ保護なし」というのもたまに見かけることもあります。 しかし、これはパスワードなしでも使用できる、危険な状態であるという意味です。 WiFiに接続できない原因と解決方法 自分がいつも使用しているインターネットが、接続できなくなってしまったときに、原因と解決策を考えていきましょう。 それぞれ必ず原因があるため、一つずつ解決していく必要があります。 物理的な接続不良 インターネットにつながらない場合は、まず接続不良を疑いましょう。 初歩的なことですが、意外に見落としがちな点です。 考えられる原因 もしあなたが使用しているのが有線LANだった場合、ルーターやパソコンのケーブルがつながっていない場合もあります。 例えばルーターのケーブルに、誰かが足を引っ掛けて抜けてしまったか、もしくはケーブルがなにかの原因で、断線していることもあり得ます。 線をたぐり寄せてみて、つながっているか確認してみてください。 その場合は、ルーターのランプが消えているかどうかで判断できます。 慌てずにしっかり、パソコンがケーブルにつながっているかなども確認してみてください。 解決方法 ケーブルをしっかりつなぎなおすことで、問題が解決することが多いです。 もしケーブルが古くなってしまい、断線していたときなどは、新しいケーブルと交換すれば解決できることもあります。 ルーターのランプが点灯するようになれば、使える状態になっている可能性が高いです。 ルーターの動作不良 ルーターが原因とされる場合は、どのような問題が起こりうるのかを見ていきましょう。 考えられる原因と解決方法を学んでいきます。 考えられる原因 ルーターの動作不良として考えられることは、なにかの拍子でルーターの電源が、オフになっていることもあります。 多くの人は、ルーターを使用する際にはそのまま電源を入れっぱなしにして、そこから何年も使用し続けてしまう人もいるでしょう。 ルーターを酷使し続けながら長期間使用していると、時々フリーズしてしまうことがあるため注意が必要です。 ルーターの寿命は約5年ほどなので、5年以上使用している人は、劣化が原因の可能性もあります。 解決方法 WiFiは複数の端末で使用することもあり、制限がかかってしまってフリーズすることもあります。 一旦再接続をすると、制限が解除される場合もあるので、もう一度接続し直してみてください。 インターネットがつながらないときは、WiFiルーターの電源を入れ直してみましょう。 2~3分後にインターネットに接続して確認します。 モデムやルーターは、インターネットがつながらない場合に再起動してみると、正常に運転できるまでは数分時間がかかります。 そのため、すぐに確認しても意味がありません。 これでインターネットにつながる可能性は高くなります。 それでもまだ改善が見られない場合は、WiFiルーターを一度リセットする方法もあります。 しかし、再設定が必要になるため、一番最後に試してください。 リセットは、WiFiルーターの「RESET」か「初期化」のボタンを10秒長押しします。 ランプが一旦すべて消え、再度ランプが点灯するのを待ちましょう。 それでも改善されなかったときは、ルーター自体が寿命を迎えてしまった場合もあります。 そのときは、速やかにルーターを買い換えましょう。 再起動方法は、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。 パソコンのWiFi設定がうまく機能していない 接続できない理由がパソコンであれば、原因がわからなくなってしまうこともあります。 焦らずに、考えられることを探し出してみましょう。 考えられる原因 「インターネットなし」が表示されたパソコン以外の端末が正常につながっているときは、パソコンの接続状態の不良である可能性が高いです。 また、パソコンの設定でIPアドレスをセキュリティのために固定したことが原因の場合もあるでしょう。 これは、普段あまり使用していないパソコンに起こりうることで、昔にIPアドレスを固定していたことが原因かもしれません。 解決方法 パソコンに原因がある場合は、以下を参考にまずは再起動をしてください。 WiFiの接続をやり直す方法• ネットワークの設定を行う• 接続先をクリックして削除する• もう一度WiFiに接続設定を行いネットに接続 アドレスの固定を解除する方法• 「ncpa. cpl」と入力する• WiFiのアダプターを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択• 表示される2項目とも「自動的に取得する」を選択して「OK」ボタンをクリック• WiFiを一度「オフ」にして再度「オン」にする パソコンのセキュリティソフトがうまく機能していない パソコンがインターネットに接続できない理由の一つに、セキュリティソフトの問題があるかもしれません。 考えられる原因 セキュリティソフトが正常に動いていない状態で、インターネットに接続できなくなっている可能性があります。 また、セキュリティソフトのアップデートをしていないことが原因のときもあります。 さらに、Windowsがアップデート中の状態のときでも、インターネットに接続しづらくなります。 OSのアップデートは、なかば強制的に実行されることもあるでしょう。 インストールしているソフトウェアと、WindowsOSが競合を起こして、つながらない状態になっているのかもしれません。 自分の持っているセキュリティシステムを、よく把握することが大切です。 解決方法 セキュリティソフトが原因の場合• 使用しているセキュリティソフトを一旦削除• パソコンを再起動したあとにネットに接続する• 最新のセキュリティソフトをインストールする OSがアップデート中であった場合• とりあえずアップデート完了を待つ• Windowsをアップデートしてから「インターネットなし」の表示が出た場合は、OSをロールバックしてみる これでも解決しなかった場合、最後の手段としてデータはそのままにして、WindowsのOSだけ初期化する方法もあります。 もし、これまでなにをやっても効果がなかった場合は、初期化してみましょう。 インターネットの契約状態 インターネットの契約が切れてしまっている可能性も0ではありません。 どうしても接続できない場合は、このパターンも確認をしましょうう。 考えられる原因 ひとつの要因として、インターネットの契約状態に原因があるのかもしれません。 例えば「インターネット代をうっかり支払うのを忘れていた」ということもよくある話です。 引き落としにしていた人は、口座にある金額が足りなかったという場合もあるため確認しましょう。 解決方法 次に、支払いが滞っていないか、電話やウェブなどで確認してみましょう。 しかし、時間帯によっては、支払い当日に電話がつながらない場合もあるので、次の日にもう一度確認してみてください。 支払いがされていなかった場合は、速やかに支払いを完了しましょう。 解決方法はリスクの少ない方法から試そう 解決方法の中でも、気をつけなくてはならないのが「セキュリティソフトを削除する」「ルーターを初期化する」「PCを初期化する」の3つです。 これらを行ったら、再設定をする必要があります。 また、セキュリティソフトの入れ直しの作業漏れのリスクもあるため、できるだけ最後のほうで試すようにしましょう。 いきなりリスクを冒して難しいことをするのではなく、簡単な方法から試していきましょう。 インターネットなしの表示が出たらまずは接続状態を確認しよう インターネットがつながっていないという表示が出てしまったら、特に仕事で急いでいるときなどは焦ってしまいがちです。 そうなると簡単に解決できるものも、余計に難しくなってしまいかねません。 まずは、簡単にできる方法から試していけば、大体は解決できるものです。 インターネットにつながらなくなった場合は、今一度ルーターやモデムを確認してみましょう。 もしルーターの寿命がきてしまっていた場合は、新しいルーターに買い替えた方が良いです。 出典: ルーターを買い替えるなら、 のホームルーターが便利で使いやすいです。 最大64台まで同時接続できるので、スマホ・PC・タブレット等を同時につなぐこともできます。 さらに、ルーターをコンセントにつなぐだけでネットが使えるので、機械に詳しくない方や引越しの予定がある方でも安心です。 ソフトバンクエアーの月額料金や使い方については、こちらの記事も読んでみてください。

次の