ドクターコトー 動画。 Dr.コトー診療所2004 動画

Dr.コトー診療所の特別編の動画は?あらすじや見どころを紹介

ドクターコトー 動画

個人的に利用する目的であっても、「海賊版」について、それが販売または有料配信されている音楽や映像であることと、違法配信されたものであることの両方を知りながら、自分のパソコンなどに録音または録画(ダウンロード)した場合には、刑罰として、 「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科されることになりました。 出典: 日本では著作権違反の取り締まりは年々厳しくなっているので、むやみにpandoraやdailymotionの動画は視聴しない方がいいです。 過去には実際にウイルス感染し、 個人情報やクレジットカード情報が盗まれたケースもありました。 ウイルスはどこに仕込まれているかわかりません。 感染したら最悪ですので、やはり視聴はしない方がいいです。 ドクターコトーの動画はFODプレミアムで見放題 フジテレビが運営する動画配信サービスのでは、ドクターコトーが全シリーズ見放題です。 またフジテレビが誇る名作ドラマやバラエティーも見放題。 ラインアップの一例は以下の通りです。 FODプレミアムは月額888円かかりますが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。 まずはドクターコトーをイッキ見しましょう! 五島健助(吉岡秀隆)は、将来を嘱望された優秀な医師として東京の病院に勤務していた。 だが、ある事をきっかけに健助は医師のいない孤島への赴任を志願。 南の島の村にやってきた。 だが、医者の招聘に積極的な役場の民生課課長・星野正一(小林薫)以外の村人たちは、やってきてはすぐ去って行く医者たちのことは全く信用しておらず、健助もまた単なる、「変わり者」としか見てもらえずにいた。 それでも健助は、診療所で星野の娘で看護師の彩佳(柴咲コウ)とともに患者がやって来るのを待った。 そんなある日のこと、漁師の原(時任三郎)の一人息子・剛洋(富岡涼)が急性虫垂炎になった。 健助は、至急手術が必要と判断するが、原は村の医者は信用できない!と本土の医者に診せるため剛洋を漁船に乗せるとさっさと出港してしまう。 本土までの6時間、剛洋は持ちこたえられないと思った健助は、彩佳と共に漁船に飛び乗った。 引用元: 次に視聴した人の感想をまとめてみました。 ネタバレありの感想は隠しているので、タップしてご覧ください。 このドラマはコトー先生がだんだんみんなから、信頼されていくところが印象的です。 初めは島民から嫌がられたり避けられていたけど、コトー先生の人柄や腕前が島中に浸透していくのが良かったです。 どんな噂があってもコトー先生はやさしくて穏やかなところは、本当に素敵だなと思いました。 コトー先生のおかげでたくさんの命が、救われていくのが心にグッときました。 難しい手術も島でなんとかこなしていくところは、とてもかっこよかったです。 コトー先生の真面目で器用なところが、キラキラ光っていたように思います。 お年寄りから子供たちまで、みんながコトー先生と呼んでいるのはほっこりしました。 みんなから愛されていてコトー先生が頼られすぎていたのが面白かったです。 みんなのヒーローでもあるなと思いました。 コトー先生がきっかけで剛洋は、将来医者になると決めていたのが素敵だなと思いました。 身近にコトー先生がいたことが、子供たちにとって良い影響を受けているのが素晴らしいと思いました。 いつもやさしく寄り添ってあげるコトー先生は、いてくれるだけで安心感があるなと思います。 コトー先生の存在がどんどん大きくなっていくところが、とても良かったです。 コトー診療所は、毎回録画をしてみるほど大好きなドラマでした。 それはなんと言っても、心が洗われるからです。 医師として、こんなに心が美しい人がいるのかと毎回感動していました。 そして決まって、やっぱりこんな先生に見て欲しいと思ったものです。 他の仕事よりも、人を相手にする医師という仕事は、一番信頼されることが大事です。 この診療所では、ここの村に住んでいる人たちの信頼を受けて必死で頑張る医師と看護師がいます。 そのことで、村の人たちも安心して暮らすことが出来るんですね。 医師のドラマの中でも、心を見せてくれるほっとできるドラマであることは間違いありません。 これを見た人は、こんな先生がいたらいいのになときっと思う事でしょう。 現実的には、なかなか心が通じ合う先生はいませんね。 ドラマの中では、ほっとできる場面や緊迫した場面があります。 それを見てドキドキするのですが、その後によかったと思えるところばかりなのです。 診療所で働きたいとさえ思ってしまいました。 地域の人たちの安心感を得て、ずっとこの地域で働いている先生はきっと幸せだったと思います。 人の幸せとは、働くやりがいとはと考えさせられるドラマだと思います。 見所はオペのシーンだと思います。 普通の医療ドラマだと絶対に医療設備が整った大学病院のオペ室で行うようなオペを、医療設備が整っていない診療所の一室で行うからです。 最悪の場合、診療所以外でもオペを行う場合すらあります。 そのようなオペシーンの中でも特に好きなのは初回の船の上でのオペシーンです。 この当時のコトーは島民から全く信頼されていませんでした。 患者の父親は設備が整った病院に搬送しようとしますが、それでは命が助からないと見抜いたコトーは船の鍵を隠してオペを決行するんですが、その際には父親に「もし助けられなかったら、必ず責任を取ります。 」と必死に言う姿が印象的でした。 そしてその際にサポートする看護師の星野彩佳も見事でした。 その当時の星野彩佳は看護師として成長していませんでしたが、ある技術を駆使して揺れる船でのオペをサポートする姿は本当に素晴らしいものでした。 コトーや星野以外の登場人物も個性的でした。 一番個性的なのは漁協のトップである安藤です。 最初はコトーの敵でしたが、コトーの誠実な思いを知ってからは悪友のようになっていました。 また居酒屋のママさんも島の漁師たちのマドンナ的な存在になっていました。 海の青と山の緑、自然の風景が美しいドラマです。 沖縄県の八重山諸島を舞台とし、与那国島でロケをしているので本物の自然を見せてくれます。 医療崩壊が起こる寸前の島での新任の外科医五島健助の奮闘の物語です。 島の住人たち、最初はよそ者のコトー先生を警戒してなかなか受け入れようとはしませんでした。 今まで信頼できる医者に出会ったことがないのかもしれません。 しかし受け入れた後の住人は本当に温かい人たちばかりで、行ってみたくなる島だと思わせてくれます。 垣根を取り払ったらもう家族、という雰囲気がとっても良いです。 このドラマは医療の充実していない地域における問題を浮き彫りにしています。 都会にすんでいる人と孤島に住んでいる人の命の重さ、一緒のはずなのに環境によって助かる命と助からない命に分かれてしまいます。 そして島でたった一人の医師のコトー先生は、内科、小児科はもちろんのこと、できる範囲での手術に挑み、時には出産までみなければなりません。 この状況での医師の責任の重さはきっと想像を絶することでしょう。 中島みゆきの主題歌「銀の龍の背に乗って」がとても良く合います。 温かさと厳しさが感じられる歌がこのドラマが伝えようとしていることをさらに見ている人の心に運んでくれます。 シリーズで続いたドラマですが、人の人生の流れを見ているようで次が気なってみてしまったドラマでした。 コトー診療所は、島の美しい映像が見どころですが、それだけではなく狭い島のコミュニティをリアルに描いています。 影響力のある人の発言を鵜呑みにしてしまう島の人々がいるので訳アリの人は住みにくいのです。 コトー先生も訳アリで島に来たのですが、それを払拭できるほど島の人のために奮闘するので応援したくなります。 彩佳役の柴咲コウさん、和田役の筧利夫さんとのチームワークが良く手際がいいので見ていて爽快です。 コトー先生役の吉岡秀隆さんは、どの役を演じてもナチュラルでそこに実在する人に見えるのはさすがです。 しかし、Dr. コトー診療所の影の主役は時任三郎演じる剛利とその息子剛洋親子だと思います。 突然現れたコトー先生は、剛洋にとってはヒーローのような存在です。 医者嫌いな剛利にとって息子剛洋のその態度がイラつくのも、共感できます。 ちょっと横暴に見える剛利ですが、本当はとても息子を愛しています。 でも、愛だけでは息子の夢を叶えてあげることは出来ないという惨さがありますが、島の人々の温かさが親子を救うのです。 島での暮らしは、医療など含めて辛辣ですが、同じくらい温かみもあります。 見ている側も島民のようになってだんだんと脇役のおじいたちにさえ感情移入してしまうそんなドラマです。

次の

Dr.コトー診療所 1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話/11話 無料動画 見逃し配信まとめ

ドクターコトー 動画

動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 14 ドラマ「Dr. コトー診療所」詳細 イントロダクション 南海の孤島に一人の青年医師・五島健助(吉岡秀隆)はやってきた。 満足な医療設備も整わない診療所。 なかなか受け入れてくれない島民たち。 命の尊さを何よりも大切に思う健助は、ひるむことなく誠実に病気に立ち向かっていく。 キャスト 吉岡秀隆/柴咲コウ/時任三郎/大塚寧々/石田ゆり子/千石規子/泉谷しげる/筧利夫/小林薫 ほか ネタバレ解説ドラマDr. コトー診療所(2003年第一期)は、大学病院での医療事故を発端に病院を辞めた主人公である五島健助を中心に、自然豊かな沖縄県の八重山列島に設定された実際には存在しない架空島「志木那島」で繰り広げられる離島であるがゆえの医療現場の厳しさと島の独特なゆるり感やそこで暮らす人々のおおらかな情緒が丁寧に描写されたドラマである。 島の先住民達と都会から赴任してきたドクターが互いに影響を与えあい、人間にとって本当に大切な事に気づきを与えあいながらも、ゆっくりと確実にその信頼関係を築いていく様々な過程を丁寧に描写した医療ドラマの一つである。 五島健助医師は島民からコトーと呼ばれ信頼を得る一方、最終回に向け医療事故の関係者巽謙司がある日島に現れ、波乱を巻き起こす展開となるのだ。 見どころ&感想.

次の

Dr.コトー診療所動画【Pandoraドラマ無料動画】

ドクターコトー 動画

五島健助(吉岡秀隆)は、将来を嘱望された優秀な医師として東京の病院に勤務していた。 だが、ある事をきっかけに健助は医師のいない孤島への赴任を志願。 南の島の村にやってきた。 だが、医者の招聘に積極的な役場の民生課課長・星野正一(小林薫)以外の村人たちは、やってきてはすぐ去って行く医者たちのことは全く信用しておらず、健助もまた単なる、「変わり者」としか見てもらえずにいた。 それでも健助は、診療所で星野の娘で看護師の彩佳(柴咲コウ)とともに患者がやって来るのを待った。 そんなある日のこと、漁師の原(時任三郎)の一人息子・剛洋(富岡涼)が急性虫垂炎になった。 健助は、至急手術が必要と判断するが、原は村の医者は信用できない!と本土の医者に診せるため剛洋を漁船に乗せるとさっさと出港してしまう。 本土までの6時間、剛洋は持ちこたえられないと思った健助は、彩佳と共に漁船に飛び乗った。 引用元: 次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。 ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。 見どころは人と人との心のふれあい、そして、都会から島にやってきた医師が、島の人々と交流を深め徐々に信頼関係を築いていく過程がゆっくりと丁寧に描かれている点である。 ロケ地となった与那国島の風景がとにかく壮大で、美しい。 上空や高い位置から島全体をとらえる映像も多くて、その美しい風景を眺めるだけでも、心が洗われる作品である。 私は医療従事者なので、確かに若いDrコトーの技術の高さや、すべての手術や処置がうまくいく点は、現実離れしていてドラマだなあという印象がぬぐえない。 しかも、Drコトーは、あきれるほど善人で、実際の医療の世界にこんな人いるわけないだろう、とツッコミを入れたことも数知れない。 しかし、彼の医師としての苦悩がきちんと描かれており、それを演じる吉岡秀隆さんの誠実で温かみのある演技が、たとえ現実を知り尽くしている医療従事者であっても感情移入できるレベルへと、ドラマ全体の質を高めてくれている。 実際、私も毎回、涙なしでは見られなかった。 きっと号泣してしまう人がほとんどだろう。 数多くの名キャストが出演しているが、私は特に時任三郎さん演じる父親とその息子との交流が好きだ。 不器用な父と、健気な息子の交流と葛藤、そして深い愛情。 ぜひ、見逃さないでほしい。 コトー診療所は志木那島という島に都会からやって来た五島健助という医師が島の人々とふれあい、様々な苦難に立ち向かいながら医師として成長していく物語である。 五島先生は、医師であるがどこか頼りないところが人間味があって魅力的な人物である。 ただ、心の底から「人の命」を助けるんだという熱い想いを持ち、島の人と接することで初めは五島先生をあまり受け入れていなかった島の人と心を通わせるようになっていく。 特に印象的な五島先生のセリフとして海外で研修を積み、自信に満ちあふれた医師に対し、「病気を診るのでなく、人を診るんだ」がある。 医師としてただ単に患者を治療する相手として接するのでなく、その人がどういう思いを持っているのだろうとか病気になってどういう気持ちでいるかについて寄り添う五島先生の優しさが伝わってくる言葉であった。 また、「変わってよくなるものと変わらないでよいものがある。 僕はこの島には変わらないで欲しい」というセリフも印象的であった。 都会から離れており、優れた医療設備やデパート等もない島だけど、その島だからこそ感じれる人の温かさや景色の良さに五島先生は魅力を感じ、都会からやって来た医師でなく島の一員なんだなと感じた。 医療系ドラマでも医師と患者や上司や同僚医師との葛藤等ではなく、離島に医師として赴任しその土地を愛する住人とのふれあいや個性豊かなクセのある住民たちの、口は悪いが心は暖かい人の良さがよく表現されているヒューマニズムを感じされてくれる所が見所です。 コトー先生役の吉岡秀隆さんをはじめとする豪華出演俳優さんたちの個々の良い演技や雰囲気を出している所は魅力的であると思います。 コトー先生の東京での病院での出来事をネタに与那国島に来たジャーナリストの話を本気にしてコトー先生が孤立してしまう場面で、コトー先生を先頭きって悪者扱いした泉谷しげるさん演じる重さんにもう店に来ないでと言った大塚寧々さん演じる茉莉子と両方の人の存在も現実味を感じさせてくれる事もこのドラマの良さだと思います。 柴咲コウさん演じる看護師彩佳のコトー先生をサポートする腕の良さは素晴らしく、ここに医者はコトー先生しかいないと叱咤したシーンや、東京に行った重さんの娘が一人身重の体で戻って来て無事に出産しこれまでのゴタゴタを忘れさせてくれたシーンは心を和やかにさせてくれ印象的でした。 最終的に今まで赴任していた医師と違い住民の心を掴んだコトー先生の腕の良さだけではなく、人として大切なものを忘れていない事がこのドラマの良さだと思います。 何と言っても、物語の舞台となる沖縄の離島・志木那島の綺麗な風景です。 澄み切った海上を大漁旗をたなびかせ帰港する漁船たちの姿は圧巻。 初めは島民から東京から来た「よそ者」扱いされ、避けられていたコトー先生(吉岡秀隆)も、少年・原剛洋(富岡涼)をきっかけに徐々に馴染み始め、 いつの間にか住民たちから頼りにされる存在になる様子には、思わずほっこりさせられます。 漁師の息子である剛洋がコトー先生に憧れて医師の道を志すも、父親との間で悩むという一般の小学生では味わえない難しい問題や、穏やかな日常の裏に潜む 離島の厳しい医療現場の実態を包み隠さず描いており、主演の吉岡をはじめとする豪華な役者陣によって、より緊迫感のある他にはないドラマに仕上がっています。 彼らの熱演に引き込まれて、まるで島民になって暮らしているかのような錯覚に陥ります。 村の長老で産婆のつる子を演じた千石規子、スイカと藁草履が自慢の・あきおじを演じた今福將雄ら芸能界の重鎮や、漁協の長・重雄を演じた泉谷しげるの味のある 演技に泣かされます。 特に8話のあきおじとの最期の別れのシーンでつる子が発した「あきおじよ、しあわせもんじゃ」の言葉に号泣するコトー先生に感動しました。 「わしの自慢は西瓜と藁草履」夏になると、あきおじのスイカが食べたくなります。 将来に悩む少年、我が子の夢か稼業を取るか悩む父親・剛利(時任三郎)、コトーと診療所の看護師・星野彩佳(柴咲コウ)との煮え切らない関係。 見どころ満載のヒューマンドラマです。 往診に向かう白衣のコトー先生が自転車を漕ぐ姿を見ていると、豊かな自然と相まって癒されること間違いなしです。 他人を批判のみならず平気で誹謗中傷してしまう壊れ始めた世の中に、一石を投じる教科書であり、心が穏やかになる後世に残したい素晴らしい作品です。 まず、あまりの美しさにため息が出てしまう琉球の大自然に心が洗われます。 都会から来た人に田舎の人は冷たいというのはどんな地域でもあることで、お約束どおりコトー先生も奇異の目を向けられて、そういう細かい演出にもリアリティがありました。 でもコトー先生の医療と命に対する熱意、そして人柄に触れて、どんどん島の人との距離が縮まり、ついには島の誰しもが『この島にいてくれないと困る人』という認識に。 こんなに患者に寄り添ってくれる素敵なお医者さんなら、私だってかかりつけ医にしたいくらいです。 あきおじの話では、尊厳というものを考えさせられ、今でも深く私の心の中に残っています。 コトー先生の過去の過ちを島の人たちが知ってしまい窮地に立った際、コトー先生を引き止めるために手を繋いで原親子が立っていたシーンがとても印象的。 これぞ「来ちゃった!」の体現で、胸が熱くなりました。 漁で真っ黒に焼けて力強い父親の手と、まだまだ小さくか細い可愛い手で、人と人とをつなげ絆を生むこのドラマの象徴的なシーンだったと思います。 絶対にコトー先生をコトー先生と呼ばない原さんが、ついに「コトー先生!」と呼び大号泣。 そして島に戻ったコトー先生が、あきおじの編んだ草履を使っている姿にまた泣かされました。

次の