犬 が 食べ られる 野菜。 犬が食べていい野菜・フルーツまとめ!犬に野菜・フルーツを与える時に注意すべき事は?

犬が食べても大丈夫なハーブ・食べてはいけないハーブ|メリットと注意点を解説

犬 が 食べ られる 野菜

今回は、犬に与えてもいい野菜や果物とその特徴を、犬を飼っているワンぺディア編集部員に聞いた人気順にランキングしてまとめました。 ワンちゃんには、基本的にドッグフードを与えるのが一番ですが、愛するワンちゃんのために手作りフードを作って与えたり、たまには贅沢に果物などを食べさせてあげたいとお考えの飼い主さんも少なくないはずです。 しかし、どんなものであったらワンちゃんにあげてもいいのか?という疑問を抱く方も多いと思います。 ぜひ参考にしてください! 1位:便通を良くしてくれる、食物繊維が豊富な野菜 さつまいも さつまいもには抵抗力を高めてくれるビタミン群の他、便通を改善する食物繊維も含まれており、健康的なおやつになります。 100gあたり132kcal程度ありますので、食が細くなっている犬にとっては良い栄養素となります。 カリウムの利尿作用によって塩分などの排出にも効果が期待できます。 注意点としては食物繊維が多いため、食べすぎは腸内環境に逆効果です。 生で食べてもあまり問題になりませんが、加熱したものよりも消化は悪くなりますので、ふかしたり、茹でたりと熱を通してから食べさせるようにしましょう。 加熱せず生で与えると消化不良を起こして、便が緩くなったり下痢をする可能性があります。 また、大きな状態であげてしまうと、あまり噛まずに飲み込むため消化に良くありません。 与える時は細かく切り刻んで、食べやすい状態で与えましょう。 さつまいもは糖質(炭水化物)が多く含まれていますので、与え過ぎると太る原因になります。 したがって、与える際は適量を守りましょう。 2位:ゆがけば犬に適した食物繊維が腸内環境を整える野菜 キャベツ キャベツの食物繊維は犬の胃腸によいとされています。 野菜の中ではビタミンCが特に豊富に含まれており、抗酸化作用に優れています。 また、ビタミンU(キャベジン)は胃や十二指腸の粘膜の修復を促進することから、潰瘍などに効果があります。 キャベツはデザイナーズフーズ(デザイナーズフーズとは、ガンの予防に効果のある、期待のある食品群のことです。 )としてもトップにあげられるほどの食材であり、ガン予防としての効果もあります。 ただし、生のままだと吐き戻しの原因や、腸内で発酵してガスがたまり腸内環境を乱す事があります。 また、生のまま与え過ぎると高カリウム血症(四肢のしびれ、筋力低下、吐き気、脈拍の異常(不整脈、頻脈))のリスクが高まります。 なので、与える際は、愛犬の体調に合わせて適切な量をあげることが大切です。 食べやすい大きさにカットし、茹でてからあげるか、レンジで加熱してからあげるなどすると、胃に負担がかかりません。 犬は人間の1. 6倍ものビタミンAが必要と言われていますので、かぼちゃは健康に非常に良い食べ物です。 また、食物繊維により便通が良くなるだけでなく、茹でたりすることでかぼちゃ自身が水分を多く含むので、水分が不足しているワンちゃんにとっては、水分補給の役割を果たします。 ただし、食物繊維が多いため与え過ぎは下痢の原因になります。 特に皮ごとかぼちゃを与える場合は量を少なめにしましょう。 また、炭水化物が多く、カロリーは100gで92kcal程度ありますので、食事とは別に与え過ぎると肥満になる恐れがあります。 茹でたものを潰してペースト状にすると、消化も良くなります。 また、フライパンで焼いただけでもおやつとしてワンちゃんが喜んで食べてくれます。 4位:含まれるビタミンCが免疫力を高める野菜 ブロッコリー 免疫力を高めるビタミンCと食物繊維が豊富です。 ブロッコリーには、「スルフォラファン」という成分が含まれている事がわかっており、この物質には解毒作用や抗酸化作用などの身体にとって良い働きをしてくれます。 また、89%が水分で出来ていると言われており、食物繊維はブロッコリー100gあたり3. 7g含まれていますので、水分が足りていないワンちゃんや便通を良くしたいワンちゃんに向いています。 気をつけなければならない事は、ブロッコリーはアブラナ科の野菜で、アブラナ科の野菜を食べすぎると甲状腺の機能が低下する可能性があります。 甲状腺機能が低下すると、体重の増加、肥満、毛が抜ける、脈拍が弱まる、貧血などの症状が出ることがあるので注意が必要です。 ビタミンAは眼病予防、皮膚病予防に効果的です。 また、根菜類であるために、体を温める効果があり、特に冬の寒い時期には良い野菜です。 にんじんは甘いので、軽く茹でスティックにすると、そのままおやつとしても最適です。 にんじんを与える時には、処理をしてから与えてあげましょう。 生のまま与えると、消化せずにそのまま便として出てきたり、大き過ぎると喉に詰まらせてしまうこともあります。 生のまま与える場合は、薄くスライス・刻む・茹でる・すりおろす等の処理をしてから与えましょう。 食物繊維が多い野菜ですので、茹でたり煮たりすることで食物繊維はある程度分解されますので、気になる場合は生ではなく、加熱処理をしてから与えるようにしましょう。 ごく稀に、にんじんアレルギーを持っているワンちゃんがいます。 その場合、アレルギーの度合いにもよりますが、少量食べさせただけでも、嘔吐、吐き気、下痢、目の充血などの症状が現れる事があります。 初めて食べさせるときは、少量与えて様子を見て何かいつもと様子が異なるようでしたらにんじんを与える事を控えてください。 ワンポイントアドバイス 愛犬に与えてもよい野菜をランキング形式で紹介しました。 普段の食事と組み合わせることによって、食事のバリエーションが広がると思います。 その時に、正しい与え方と、正しい量を把握して与えるようにしていきましょう。

次の

犬が食べてはいけないもの一覧

犬 が 食べ られる 野菜

犬に野菜や果物を与える際に注意する点は…「種・茎・皮・芯」 犬に野菜や果物を与える時には、「種・皮・茎・芯」を取ることが大切です。 これらをきちんと取っておかないと、喉や食道で詰まってしまい、最悪手術をして取り出さなければならなくなります。 また、「種・皮・茎・芯」に中毒物質を含んでいる野菜・果物もあるので、念のため丸ごと与えるのは避けましょう。 そして、与える量にも気をつけなければなりません。 いくら犬が好きだからといっても与えすぎては、犬の健康を害してしまうことがあります。 また、犬は雑食とはいえ、限りなく肉食に近い動物です。 そのため、犬が直接野菜や果物を食べても、その栄養素をうまく吸収できるかというと、あまり期待できません。 このことを踏まえ、食欲が落ちていて、とにかく何か食べさせたいと考えている時などに参考にしてください。 com ここでは、犬が食べてよい野菜を紹介していきます。 基本的に人間が食べている食品は犬が食べても問題ありません。 ネギ類やチョコレートなどいくつかの食品だけ気をつけましょう。 日常で使用することが多く、よく見かける野菜を紹介いたします。 レタス 水分補給ができ、ビタミンKと葉酸を含んでいます。 きゅうり ほぼ水分しかないきゅうりは、水分補給に利用できます。 トマト リコピンという抗酸化作用がある栄養素を含んでいて、水分も豊富です。 大根 大根は食物繊維を含み、葉も栄養たっぷりです。 キャベツ キャベツは水分と食物繊維が豊富で、食感も好まれます。 白菜 低カロリーでキャベツよりも食物繊維が少ないです。 じゃがいも お腹が膨れるというメリットがありますが、芽を切り取ることを忘れずに。 にんじん ベータカロチンが豊富です。 ブロッコリー ベータカロチン・葉酸・ビタミンE・ビタミンKなど栄養を含んでいます。 かぼちゃ 栄養たっぷり、やわらかな甘みもあるかぼちゃは犬が好きな野菜です。 パセリ パセリは、ベータカロチンや葉酸をたっぷり含みます。 com ここでは、犬が食べてよい果物を紹介していきます。 それぞれの果物が人に関して持っているといわれている効果について主に記載しますが、人と犬は違う動物です。 犬でも人と同じ効果が期待できるとは限らないので注意してください。 バナナ バナナは栄養価が高いですが、カロリーも多いので与えすぎには注意が必要です。 イチゴ 犬は甘みを感じることができ、甘いものを好んで食べます。 りんご シャキシャキとした歯ごたえが喜ばれるりんごですが、小さくして与えた方が喉に詰まらせるリスクを減らせるでしょう。 柿 柿は、抗酸化作用を持つベータカロチンが豊富です。 梨 水分豊富な梨は、水分補給にも活用できます。 com ぶどう、レーズンなどは中毒症状を引き起こす危険性があるため与えてはいけません。 しかし、それ以外の果物は基本的に喉や消化器官に詰まるリスクのある種や外皮などの硬い部分を除けば与えても問題ありません。 さくらんぼ アボカド・桃・梅・りんご・梨などの種子と同様に、有毒とされている物質(シアン化合物)がさくらんぼの種にも含まれています。 しかし、犬は基本的に食べ物を丸呑みしてたべる上、種もセルロースにコーティングされているため問題になることはまず考えられません。 種を噛み砕いて大量に摂取することがないよう気をつける必要はあるでしょう。 ネギ類など絶対に与えてはいけない野菜もあります。 このように、人にとって問題のない野菜や果物も、犬にとっては健康を害するものになりえることを充分に理解してください。

次の

【獣医師監修】野菜・果物を犬に与える際の注意点。食べてはいけない食材は?

犬 が 食べ られる 野菜

犬が食べても良い野菜と絶対にダメな野菜 そもそも犬はどんな野菜でも食べられるわけではありません。 野菜の中には、犬が中毒を起こすモノもあるので与える時には注意が必要です。 ここでは代表的な野菜をいくつか紹介していますが、最低でも食べてはいけない野菜は暗記しておきましょう。 犬が食べても大丈夫なおすすめ野菜 ここで紹介する野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれ、犬の健康にも良いモノなのですが、与えすぎないようにしましょう。 さつまいも やなどにも使われています。 低GIなので、血糖コントロールやダイエットにも効果的です。 紫芋のような実の部分が紫色の種類の物は、アントシアニンというポリフェノールの一種が多く含まれ、肝臓の機能が向上する事が分かっています。 かぼちゃ などで使われている野菜です。 かぼちゃはビタミンを多く含む野菜です。 かぼちゃはカロリーが高いので、与える際は、皮とワタを取り除いて、与えすぎには注意しましょう。 かぼちゃの種は、湯がいてから乾煎りすれば、栄養たっぷりのおやつになります。 大根 意外かもしれませんが、犬は大根を好んで食べます。 大根には、ジアスターゼという消化酵素が含まれており、消化をサポートします。 ただし加熱すると効果がなくなるので、生のまま与えましょう。 トマト トマトは、ビタミンや体の中の塩分を排出するサポートを行うカリウム、食物繊維も含まれる栄養豊富な野菜です。 特に、トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用に優れており、ビタミンEの100倍あると言われています。 生のトマトは、リコピンの吸収が低いため、ドライトマトのように加工してる物を利用すると吸収率が上がります。 ごぼう ごぼうは、食物繊維が豊富で、整腸作用があります。 血糖値の上昇を緩やかにする効果もあるので、にもオススメな野菜です。 与えすぎると、消化不良を起こすので注意しましょう。 たけのこ 高血圧を抑制する効果があるカリウムや、食物繊維、ビタミンEが含まれます。 切り口につく白い粉状の物は、チロシンというアミノ酸の一種です。 チロシンは、脳や神経の働きをよくすると言われています。 根元より、先端の部分の方が栄養が豊富です。 ブロッコリー ブロッコリーは、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜です。 特に、ビタミンCはレモンの2倍あります。 元々、含有しているビタミンCが多いので、調理してもビタミンCが十分に摂れる事が特徴です。 その他、カルシウム・カリウムなどを含みます。 花蕾(一般的に食べれれる部分)より茎の方が栄養が豊富です。 ビタミンCを多く含み、デンプンのおかげで加熱してもビタミンを損なう事がありません。 調理しやすく、与えやすい野菜です。 えだまめ えだまめは、大豆が熟す前の物で栄養価が高いのが特徴です。 良質なタンパク源で、カルシウム・カリウム・ビタミンB1を多く含みます。 ビタミンB1は、代謝を高め、疲労回復に効果的なので、夏バテ気味の犬にピッタリの野菜です。 犬に与えてはダメな野菜 犬が食べると、中毒や下痢を起こす危険な野菜です。 与えないのはもちろんですが、拾い食いにも十分注意しましょう。 万が一食べてしまった場合は、すぐに動物病院へ連絡してください。 玉ねぎ 犬に玉ねぎを与えてはいけない事は、よく知られています。 玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を壊してしまい、貧血や血尿などを引き起こします。 長ネギ・にら・にんにくなどのネギ類も同様です。 犬によって許容範囲が異なりますが、大量に摂取すると命に関わります。 アボカド アボカドは、人以外が食べると中毒症状が起きる可能性があります。 ペルジンという殺菌作用のある毒性の成分が含まれ、含有量はアボカドの種類や熟成度によって異なります。 毒性はあまり高くないので、すべての犬が中毒症状を起こすわけではないですが、特別な理由がない限り与えない方がいいでしょう。 アボカドを原料に使った海外の有名ドッグフードが評価されている事もあるので、一概に食べない方がいいとも言えません。 与える場合は、完全に熟した物(表面が茶色くなっている)を少量にし、与えた後は体調に変化がないかを確認してください。 キャベツなどのアブラナ科の野菜 キャベツ・ブロッコリー・白菜などのアブラナ科の野菜は、ゴイトリンという成分が含まれます。 ゴイトリンは、甲状線ホルモンにヨウ素を取り込む邪魔をするので、食べ過ぎると甲状腺の機能低下を引き起こす可能性があります。 絶対に食べてはいけない物ではありませんが、少量にしておきましょう。 ホウレン草 ホウレン草には、結石の原因となるシュウ酸が多く含まれますが、茹でた物を少量なら、特に問題ありません。 カルシウムが多い物と一緒に食べる事で、結石を予防する事ができます。 ぶどう・レーズン 意外と知られていませんが、ぶどう・レーズンは中毒を起こします。 原因はよく分かっていませんが、急性腎不全になる可能性があり、犬の体重1kgあたり32g食べると中毒になると言われています。 少量でも与えると危険です。 誤って食べしまった場合は、急性腎不全の症状が出ないか様子をみましょう。

次の